【富士市】無許可盛り土で 逮捕業者の背景は――

カテゴリー: 熱海土石流 | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

盛り土、不法投棄王国の静岡県…。県民には失礼だが熱海市土石流を筆頭に同種案件の事件が絶えない。今月29日、同県富士市で市長の許可なしで盛り土造成をしていたとして山梨県身延町の佐野浩信容疑者、同県南部町の美容師、若林厚子容疑者が逮捕された。容疑者らは平成30年頃から富士市大渕の山林に盛り土造成を行い、土は約5万㎥、高さは約7mに及ぶ。事件の背景を調べると他県から静岡県への残土搬入、また盛り土業者が“ 反社”と無関係ではないことが浮かび上がった。

残土処分が 厳格化する中で…

平成30年から行政指導に応じなかったため富士市㏋に氏名が公表された佐野容疑者。報道によると今年6月に現地で行政職員と話し合いが持たれたが是正されずに逮捕に至った。同容疑者らは約4年間で残土の処分費約3500万円を得ていたという。

富士市大渕は富士山の山麓に位置しており、周囲には同業者も少なくない。また富士市内を歩くと産業廃棄物の不法投棄を禁じる看板も多数設置されている。この一帯は、残土受け入れや不法投棄が多発地域というのがよく分かる。

熱海市土石流の取材の中で県内の業者の証言が奇しくも的中した格好だ。

「静岡に持ち込まれる残土の大半は神奈川か東京のもの。富士市までなら一日二往復できる」

つまり神奈川など首都圏から搬入しやすい最終地点が富士市という意味だ。そして佐野容疑者逮捕に伴い複数の業者に家宅捜索が入ったが、同容疑者を知る市内の業者はこう明かす。

「家宅捜索を受けたのは神奈川県の業者が4社、静岡県が1社、山梨県が2社。熱海の土石流を取材していればお分かりの通り、静岡に持ち込む業者の多くは神奈川県の業者ですよ」

そのうち取材に応じた一社は「うちは無関係。ダンプの運転手に確認したら“佐野という人物が無許可で盛り土をやっているから関わらないようにしていた ”と話しました」と説明する。

静岡県自体が盛り土の許可申請、残土処分に対して“ ユルい”との指摘もあるが他県、特に神奈川県からの搬入が非常に多いのも見逃せない。熱海土石流の検証も含めて静岡県ー神奈川県双方が連携して対応すべきだろう。

盛り土業者に潜む反社組織の影

同事件の逮捕後、熱海市住民または土石流に関心を寄せるSNSユーザーの間から

「なぜ富士市は逮捕されて、伊豆山(熱海市)の盛り土は逮捕されないんだ」

という憤りが散見された。もっともなことだ。盛り土の量は伊豆山の方がはるかに多い。また熱海市百条委員会でも同種案件にも関わらず業者に対して指導に“ 格差”があることが指摘された。

このため先のような疑問はよく理解できるが、本件は事情が異なるようだ。

「悪質というか巧妙というのか…」

と言葉を濁すのは市関係者だ。

「地元には佐野容疑者が使用していた屋号と同名の会社があって“隠れ蓑 ”にしていたのではないか」

と指摘した。しかも佐野容疑者の盛り土造成地と同社処分場は目と鼻の先。思わぬ“ とばっちり”を食った格好で同社にも事情を聞いたところ「本当に迷惑しております。こうしたお問い合わせも困ります」と当惑していた。

不法投棄、違法な残土持ち込みといったトラブルが多発してきた富士市。こうした土地柄を狙った可能性もある。さらに佐野容疑者が逮捕されたのは長らく是正指導に応じなかっただけでもなさそうだ。

地元事情通の話。

「佐野(容疑者)は地元暴力団の副組長だったんですよ。もし他の業者よりも対応が厳しいとすれば土石流事件後で厳格になったことと同時に“過去 ”も関係しているかもしれませんね」

盛り土や残土処分業者が「総じて」とは言わないが、やはり反社と無関係ではないということか。

富士市盛り土摘発はこれから先“ 見逃さない”という行政や警察からの警告とも受け取れるが、しかし問題は盛り土に留まらない。もう一つ残土処分、処理という難題もあり「長年、行政側が放置してきた“ツケ ”が残る」と関係業者は危惧する。

「建設残土の中間処理は杜撰な業者も存在し、また行政も書類上でしか適正な処理か否かを判断しません。こうした質の悪い土が道路資材に転用されます。大きな事故につながらないとしても資材が不良品だと発覚した場合、大騒動になると思いますよ」

土は生活、都市インフラの基礎には違いないが同時にタブー感や不透明感もある。盛り土、残土処分が厳格化するのは歓迎すべきことだが、それは関係省庁・自治体のパンドラの箱“ ”を開けかねないのだ。

各社が同事件を報道。関心の高さが伺える。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【富士市】無許可盛り土で 逮捕業者の背景は――」への1件のフィードバック

  1. 移住失敗

    いやいや、残土処理に関わる連中は100パーヤクザですよ。追求すると命に関わる。
    セミリタイヤして中山間部に移住したのですが、山に少し入ると残土以外にも不法投棄だらけ。疑問に思い地元の人に話すと、「お前さんその話すると殺されるぞ」。
    そもそも、強姦で懲役行ったような人が首長の村ですから。取材には来ないで下さい。殺されます。

    返信

関連記事

【静岡県】盛り土、産廃撤去の 措置命令、行政は 相手で 態度を 変える説!

長らくタブーな存在だった盛り土と産業廃棄物の不法投棄。昨年の熱海市土石流の発災によって政府、自治体も少なからず対応に乗り出している。だがいくら法整備したところで指導する立場の行政が変わらなければ意味がない。はっきり言って […]

【熱海市土石流】「安全対策不足を 削除して」と県に頼んだ 熱海市役所の 役人根性

昨年の土石流発災からもうすぐ一年。原因の検証は途上―――どころか行政側の本気度、誠意を疑いたくなる事態が起きていた。本来は原因究明の資料になるはずの「逢初川土石流災害に係る行政対応検証委員会報告書」。この作成過程の中で熱 […]

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(後編)「同和の名刺」の 影響は?

12日、熱海市百条委員会で証人尋問を受けた前土地所有者。もうご存知だろう。かつて同市議会で「同和系列の会社」と答弁された人物である。約2時間に及ぶ証人喚問の中で焦点はやはり“ 同和の名刺”がどの程度、行政に影響したのかと […]

【前所有者余話】熱海市百条委員会 トホホ後日談

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(前編) 後編の前所有者証言。これは強く思うところがあり、気が滅入る部分もあった。そこで読者諸氏におかれても気分転換をして頂く意味で余話。トホホな後日談をど […]

【Youtube企画】「行政、報道もおかしい!」 天野二三男氏 特別インタビュー(熱海土石流編)

当サイトも長らく報じてきた昨年7月3日の熱海土石流。土砂崩落地付近造成地の「元所有者」こと旧新幹線ビルディング元代表、自由同和会神奈川県本部前会長、天野二三男氏に責任を求める声が強く、ここにきて行政側は天野氏に責任転嫁す […]