月別アーカイブ: 2018年5月

日本人のおなまえ研究(5) 西城秀樹 在日説に終止符を打つ!

インターネット上では有名人に対する「在日認定」がたびたび起こる。今年5月16日、急逝した西城秀樹も同様に「在日説」が囁かれてきた。西城といえば70年代、郷ひろみ、野口五郎と並び「新御三家」として人気を博し、一時代を築いた […]

全国部落調査事件 第1回弁論準備手続

本日5月28日11時から東京地裁民事13部で、全国部落調査事件の弁論準備手続が行われます。 これはあくまで将来の口頭弁論のための準備手続なので、傍聴はできません。裁判所に行くと当事者には会えるかも知れませんが、それ以外は […]

ルポ 陰謀論者の楽園 「田布施システム」の真実(4)

田布施に陰謀論が巻き起こるもう要因として「政治色」が挙げられる。特に町内にある新興宗教「天照皇大神宮教(てんしょうこうたいじんぐうきょう)」という存在は陰謀論だけではなく「政治と宗教」という観点でも語られる。せっかくなの […]

ルポ 陰謀論者の楽園 「田布施システム」の真実(3)

今回は田布施システムの正体に迫ろうと思う。ここでキーワードになるのは「郷土史研究家」「郷土歴史研究家」といった人々だ。大室天皇こと大室近祐翁の信奉者、支持者とも言うべき郷土史研究家がいた。そしてこの人物の主張や言動を辿る […]

ルポ 陰謀論者の楽園 「田布施システム」の真実(2)

田布施陰謀論は左右を横断すると前編で述べた。左派は安倍首相一族が日本を牛耳っているというストーリーに共鳴し、また右派は大室天皇が朝鮮のルーツを持ち今の日本は朝鮮人が牛耳っているという点で支持しているようだ。両者は信じる方 […]

ルポ 陰謀論者の楽園 「田布施システム」の真実(1)

「田布施(たぶせ)システム」。こんな言葉をご存じだろうか。幕末の動乱期、長州藩(現山口県)田布施村の若者、大室(おおむろ)寅之祐(とらのすけ)が陰謀によって明治天皇にすり替わるという典型的な「陰謀論」である。もちろん決定 […]

学術・研究:部落探訪(68) 滋賀県蒲生郡竜王町山面“笹野”

結論から言えば、おそらくここは部落ではないだろう。そう思うなら、なぜ「部落探訪」で取り上げるのか。読者の方は怪訝に思うかも知れない。 そもそも部落に厳密な定義などない。部落探訪で紹介してきた地域では、例えば新田や西成だっ […]

東京レインボープライドで見えた違和感と課題

「すべての愛に平等を」をテーマに5月5日、6日、東京・代々木公園で「東京レインボープライド2018」(TRP)が開催された。企業、自治体など様々な団体が出展し、LGBT向けファッション、商品、サービス、支援策をアピールし […]

”さよなら同和行政”に挑む 福山維新の会代表・石岡久彌市議インタビュー

同和行政の監視・チェックは長年、共産党の独壇場で保守系は後手に回ってきた。しかし広島県福山市の石岡久彌(いしおかひさや)市議は自ら福山維新の会を結成し、保守系議員ながら市の同和事業を厳しく追及している。福山市といえば広島 […]

日本人のおなまえ研究(4) レア名字一位? 「霊界堂」の由来は

名字研究者の間でも珍名中の珍名と話題になる名字に「霊界堂」がある。「名字由来ネット」に掲載されており、「マイナビウーマン」が話題にしたこともある。 しかし、なぜそのような名字が生まれたのかは、どのような文献を見ても書かれ […]