年別アーカイブ: 2016年

フジ住宅『ヘイトハラスメント』裁判は左翼のブーメラン!?

三品純 By 三品純

「会長の政治主張の押し付けは許さない!」

社内の政治運動で精神的苦痛を負ったとしてフジ住宅株式会社(大阪府岸和田市・東証一部)の女性パート従業員で在日コリアン3世の李尚子(仮名)さんが同社の今井光郎会長と会社を相手に3300万円の損害賠償を求め、大阪地裁堺支部で係争中だ。今井会長は、倫理法人会の会員で、「日本教育再生機構」(八木秀次理事長)の活動にも協力するなど保守系の運動に関わっている。

続きを読む

部落差別解消推進法対応「部落問題入門 」予約開始

アバター By 鳥取ループ

ご承知の通り、部落差別解消推進法では相談・教育・啓発・実態調査が求められています。しかし、世間では部落問題への認知度は低く、しかも運動団体によって考えに隔たりがあることから、部落問題を網羅し、なおかつ中立的な入門書が求められています。

示現舎では、部落差別解消推進法が定める事業に従事される方のために、「部落問題入門」を発刊します。アマゾンで予約受付中です。

続きを読む

全国部落調査事件第3回口頭弁論当日夜にネット放送を行います

アバター By 鳥取ループ

12月12日14時の東京地裁での口頭弁論の傍聴は例によって抽選となっています。示現舎は13時に日比谷公園かもめの広場に集合します。誰でもお気軽にお越しください。

また、当日夜20時からYoutubeでネット放送を行います。音声だけなので、回線が遅い方でも大丈夫です。スマホでも視聴可能です。アドレスはこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=hcqB7xigOaU

続きを読む

大垣市同和更生資金貸付金未納の納付書の束

アバター By 鳥取ループ

岐阜県大垣市では同和厚生資金という貸付金制度が存在していた。貸付は2011年まで行われ、現在は償還のみとなっている。

示現舎では、実際に資金を借りた人のもとに届けられた納付書の束を入手した。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(20) 東京都国立市谷保

アバター By 鳥取ループ

全国部落調査事件において、裁判所に部落解放同盟東京都連合会国立支部の宮瀧順子支部長による陳述書が提出された。その中で、国立市の部落について詳細に説明されていたので、実際に探訪してみた。

国立市の部落は国立市谷保やほにある。全国部落調査によれば小字名は「下組」。1935年の時点で戸数20、人口158とある。宮瀧氏によれば「部落は20戸ほどの小さな部落」ということなので、当時から戸数は変わっていないということになる。

続きを読む

全国部落調査事件横浜地裁で4回目の保全異議審尋が行われる

アバター By 鳥取ループ

本日、横浜地方裁判所では通算4度めの審尋が行われました。現在、横浜地方裁判所では本の復刻・全國部落調査の出版禁止と同和地区Wikiの件が審理されていますが、今回は復刻・全國部落調査の件です。

続きを読む

“命のビザ”杉原千畝一族の遺言闘争の中身

三品純 By 三品純

第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に勤務していた外交官、杉原すぎはら千畝ちうねは、ナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人ら難民6000人を救出するため、外務省の方針に反し大量のビザを発給した--

同じく大戦中、大量のユダヤ人労働者を救った“シンドラーのリスト”ことドイツ人の実業家、オスカー・シンドラーになぞられ杉原の業績は、“命のビザ”や“東洋のシンドラー”と賞賛されている。戦後、杉原のビザ発給は、外務省の命令への「不服従」として長年、日の目を浴びなかった。しかし2000年、河野洋平外務大臣(当時)の顕彰演説によって正式に名誉回復がなされたのだ。

続きを読む

石井輝男前解放同盟岐阜県連執行委員長の同盟葬パンフの中身

三品純 By 三品純

先に報じた“同和の会長の殺人未遂事件”こと瑞穂市会社役員殺人未遂事件で懲役5年の実刑判決を受けていた部落解放同盟岐阜県連前大垣支部長の石井いしい涼也りょうや、同盟員で観光会社社長の下城しもじょう信彦のぶひこは、いずれも控訴せず、刑が確定したとの情報が入った。涼也は、事件後、同支部長職を解かれたが、両名とも「解放同盟員」としての処分は、どうなるのか? 同県連・古田ふるた健二けんじ執行委員長に確認してみたが、応答はなかった。

続きを読む

全日本同和会の高鍋町役場占拠事件

アバター By 鳥取ループ

同和会分裂の原因となった愛媛県庁占拠事件の記事を見た方から、全日本同和会が集団で役所に押しかけたのは1度きりではなくて、宮崎県でも同じような事をやっていたのではないかという情報を頂きました。

今回発掘されたのは1978年の宮崎日日新聞の記事です。

続きを読む

殺人未遂事件の裏で垣間見えた「自由同和会王国・岐阜」

三品純 By 三品純

部落解放同盟岐阜県連元大垣支部長の石井涼也氏の殺人未遂事件は、同和枠融資、公共事業における同和企業の優位性といった問題を浮き彫りにした。

それとは別に、岐阜県は「自由同和会」がとても強いこと。これも今回の取材を通して痛感したことだ。まさに“自由同和会王国”と言ってもいいかもしれない。そんな岐阜の同和団体事情をお伝えする。

続きを読む

「朝鮮大学校学園祭」で見た日本の中の朝鮮半島

三品純 By 三品純

ハングルのスローガンが掲げられ、香ばしい焼肉の煙りが立ち、朝鮮舞踊が披露される。11月13日に開催された「創立60周年朝鮮大学校学園祭2016」(東京都小平市)の光景だ。同大の学生は、もちろん朝鮮中高級生、保護者、卒業生、支援者が集う一大イベント。また普段は、入場が制限され“レアスポット”な上、焼肉、チヂミなどの朝鮮料理が安価で味わえるということで朝鮮文化マニア、B級グルメマニアも訪れ、場内は大変な活況となった。キャンパス内は、まさに日本の中の「朝鮮半島」という様相である。

続きを読む

新刊『同和の会長』殺人未遂事件キンドルで発売中です

アバター By 鳥取ループ

「山口尚晃部落解放同盟岐阜県連書記長は部落出身者でない」示現舎に寄せられたメールをきっかけに、部落解放同盟岐阜県連合会大垣支部長による殺人未遂事件を徹底取材しました。

4日間にわたって行われた裁判員裁判を全て傍聴。もちろん、示現舎なので裁判傍聴レポートでは終わりません。法廷の外でも事件の関係者を徹底取材しました。

続きを読む

同和会分裂の原因となった愛媛県庁占拠事件

アバター By 鳥取ループ

1986年7月20日の全国自由同和会(現在の自由同和会)の設立により分裂した全日本同和会。分裂の原因は同時期に相次いだ「北九州土地転がし事件」等の“利権あさり”の問題だということが通説であった。しかし、同和会関係者によれば、それらは分裂の要因ではなく、本当は「愛媛県庁占拠事件」なる事件が原因だという。

具体的にそのような事件があったのか、愛媛県庁に聞いても当時を知る者がおらず、詳細は謎であったが、この度、事件の記事を発掘した。

続きを読む

【パノラマ映像】全国屈指の朝鮮部落神奈川県川崎市川崎区池上町

アバター By 鳥取ループ

いわゆる同和部落に関しては既に改善された地域が多いが、朝鮮部落に関しては自然な状態で残っている場所も存在する。

その中でも代表的なのが、神奈川県川崎市川崎区にある池上町いけがみちょうである。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(18) 岐阜県養老郡養老町三神町

アバター By 鳥取ループ

岐阜県の部落と言えば、圧倒的に養老ようろうが有名である。具体的には、養老町三神町みかみまちのことで、ここは食肉でも有名だ。

昭和初期には251世帯だった部落が、1975年には645世帯にまでになったとされる。

続きを読む

人権派弁護士業界の若手ホープは“あの両夫妻”の娘だった

三品純 By 三品純

10月29日、死刑廃止に取り組む「人権監獄センター」が主催したセミナーで「死刑も終身刑もない国・スペインの刑事施設」と題した講演をするこの女性。同団体相談部に所属する海渡双葉弁護士だ。事情通の読者ならばこの苗字を聞いてピンとくるかもしれない。社民党・福島みずほ元党首と同じく死刑廃止、慰安婦問題などに取り組む海渡雄一弁護士(監獄人権センター代表)の“ご令嬢”である。夫婦別姓制度を推進する福島・海渡夫妻は「事実婚」であり、双葉氏は父性を名乗っている。双葉氏も両親と同じく死刑廃止派の弁護士として活動しており“人権派弁護士二世”というわけだ。二世と言っても世襲ではなく、実力勝負の弁護士になるのだから才女である。

続きを読む

加藤智大死刑囚の艦これアートに何を想う!?

三品純 By 三品純

2008年6月8日、買い物客で賑わう東京・秋葉原の中央通りの歩行者天国が惨劇の場と化した「秋葉原通り魔事件」。当時、元自動車工場派遣社員の加藤かとう智大ともひろが2tトラックで突入し、通行人をはねる、ナイフで刺すなど7人を殺害、10人を負傷させた。そして昨年2月17日、最高裁で死刑が確定し、現在は東京拘置所に収監されている。

続きを読む

新・同和と在日文献の旅(2)「右翼ダイヂェスト」

アバター By 鳥取ループ

今回紹介するのは、「右翼ダイヂェスト」という本である。「窓口担当の方々の御参考に」様々な右翼の団体名、所在地、構成員、関連団体等の情報をまとめたものである。

「某当局」の調査によるとされ、いかにも怪しい代物だ。この本の注目すべき点はその内容ではなく、作者のことだ。この本の作者こそ京極公大こと坪田義嗣、つまり部落地名総鑑の作者なのである。

続きを読む

【パノラマ映像】京都府宇治市取り壊しが始まったウトロ地区

アバター By 鳥取ループ

京都府宇治市伊勢田町51番地、通称「ウトロ」と呼ばれるこの地区は、日本有数の朝鮮部落である。

もとは、現在の日産車体の源流である日本国際航空工業の土地が不法占拠されていたものだが、後に様々な事があって土地の所有権が転々とし、現在の土地は地元住民による財団、韓国政府出資の財団、大阪市の有限会社西日本殖産の所有となっている。

続きを読む

岐阜県瑞穂市殺人未遂事件2名に懲役5年判決

三品純 By 三品純

「被告両名にそれぞれ懲役5年(求刑8年)を処す」

18日、岐阜県瑞穂市の元会社役員・山崎光実てるみさんに対する殺人未遂罪を問われた判決公判が岐阜地裁で開かれた。沈痛な表情を浮かべ被告席で判決を待つ石井涼也りょうや被告、下城信彦被告。裁判長からこう告げられると神妙な面持ちで主文を聞き入った。

続きを読む

移転間近東京都人権プラザに行ってみよう

アバター By 鳥取ループ

大阪の「リバティおおさか」は、橋下徹氏が府知事時代にその展示内容を疑問視し、さらに現在は府から立ち退きを求められて裁判中であり、何かと話題に事欠かなかった。

一方、東京にも全く同じような施設があるのだが、こちらは不思議と話題になることがない。それが、台東区橋場1-1-6にある「東京都人権プラザ」である。

続きを読む

全国部落調査事件横浜地裁で2回目の保全異議審尋が行われる

アバター By 鳥取ループ

全國部落調査の出版差止の裁判が、本訴訟3件が東京地裁に併合されて係属しており、さらに横浜地裁に2件の仮処分、横浜地裁相模原支部に4件の仮処分が係属しています。

仮処分は、もともと本の出版禁止の1件が横浜地裁に、ウェブの情報削除の1件が地裁相模原支部に係属、さらに財産の差し押さえの4件が地裁相模原支部に係属していましたが、出版禁止とウェブの情報削除については示現舎側が保全異議を申し立てて、ウェブの情報削除の仮処分が横浜地裁に移送された状態になっています。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(17) 大阪市西成区出城・三開・長橋(後編)

アバター By 鳥取ループ

1963年に同和対策審議会により、西成地区の調査が行われ、「大阪市西成区出城開地区 精密調査報告書」が作成された。

この地が調査対象として選ばれたのは、大都市の部落、急激な変容、混住が著しいという特徴があったからだという。いわゆる「都市部落」の非常に顕著な事例なわけである。

続きを読む