月別アーカイブ: 2018年1月

日本人のおなまえ研究(1) “名前が左右対称なら在日”は本当?

ネット等でしばしば話題になる「在日認定」。奇しくも先日、奈良県安堵町(あんどちょう)の増井敬史(けいじ)町議が福島瑞穂、辻元清美、山尾しおり国会議員を「極悪非道の在日Korean」と認定したことがきっかけで辞任した。もち […]

ガキ使『黒塗りメイク』炎上騒動の行く末は超表現規制社会(後編)

前回に続く「ガキ使」の黒塗りメイク騒動。映像、紙媒体を問わずメディアにおける黒人描写は、たびたび論議を巻き起こす。そして「ブラック」「黒い」これらのキーワードに関しても黒人差別を助長する、といった意見も散見される。果たし […]

ガキ使『黒塗りメイク』炎上騒動の行く末は超表現規制社会(前編)

昨年12月31日、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけない アメリカンポリス24時!』(日本テレビ系)でダウンタウン浜田雅功が米黒人俳優・エディ・マーフィーの出世作『ビバリーヒル […]

学術・研究:部落探訪(55) 奈良県北葛城郡河合町西穴闇

奈良県では難読地名が多い。今回訪れる西穴闇もそうで、「にしなぐら」と読む。これは当て字で、もとは「長倉(ながくら)」だったものが「なぐら」と転訛して、今の字が当てられたらしい。しかし、なぜよりによってこの字が選ばれたのか […]

学術・研究:部落探訪(54) 群馬県前橋市粕川町込皆戸(後編)

込皆戸は、上原善広氏の『日本の路地を旅する』にも登場する。同書には地名は明記されていないが、「群馬女子高生誘拐殺人事件」の犯人の出身地ということが書かれているので、少し調べれば分かる。この中にも、タクシー運転手が「あそこ […]

奈良市環境部は永遠に“清美”されないのか!?(中編)

不祥事が相次ぐ奈良市環境部の実態に迫るレポートの中編。今回は、問題となったファミリープール(大和郡山市)売店業務を請け負った森嶋企画、そして奈良市環境部関係者への直撃取材を中心にお伝えする。結論から言えばみな一様に「取材 […]

学術・研究:部落探訪(54) 群馬県前橋市粕川町込皆戸(前編)

北関東では「チョーリンボー」という言葉が今でも知られているようである。群馬県の山奥で、とある宿の女将に「チョーリンボーという言葉を知ってますか?」と聞いてみると、「それ聞いたことある、お年寄りがあの家はチョウリンボーだみ […]

奈良市環境部は永遠に“清美”されないのか!?(前編)

昨年、奈良市環境部職員が病気休暇中に県営プールの売店で働くという不祥事が発覚した。「また奈良市環境部?」そう思った人も少なくないはずだ。自治体に限らず企業、各種団体が過敏なまでに「コンプライアンス」を掲げる中で、なぜ奈良 […]