【熱海市土石流】「安全対策不足を 削除して」と県に頼んだ 熱海市役所の 役人根性

カテゴリー: 熱海土石流 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

昨年の土石流発災からもうすぐ一年。原因の検証は途上―――どころか行政側の本気度、誠意を疑いたくなる事態が起きていた。本来は原因究明の資料になるはずの「逢初川土石流災害に係る行政対応検証委員会報告書」。この作成過程の中で熱海市から県に対して市の安全対策に関する記述を削除するよう要望があった。またA社こと旧新幹線ビルディングについて「悪質な」という文言を加えるよう県に依頼しており行政ぐるみの“印象操作 ”が行われた可能性が出てきた。まさに役人根性としか…。

見えない力が 動き出した

なんとしても責任逃れしたい、市の本音がありありと伺える。

土石流の発生起点付近の造成地、現所有者・麦島善光氏の元代理人の証言からも感じとった。

代理人から貴重な証言を得たので後日レポート。

「市側の代理人(顧問弁護士)が聞き取り調査で訪問してきましたが、まるで私が犯人のような物言いでした」

と元代理人氏は憤る。同氏は健康状態が芳しくなく百条委員会の参考人も車椅子だった。それでも聞き取りに応じたのは原因究明に貢献したいという思いだが、市側の態度は「不誠実」としか思えない。

「不誠実」というよりもむしろ「陰湿」という表現が相応しいだろうか。それが先の報告書の一件である。天野氏側の関係者はこう憤る。

「いくらなんでも役所が民間企業に対して“悪質呼ばわり ”はないだろう!」

確かに怒る理由はよく分かる。5月13日、静岡県庁で開催された「第4回逢初川土石流災害に係る行政対応検証委員会」。弁護士、専門家らが委員を務め、行政側からは難波喬司副知事、熱海市・金井慎一郎副市長が出席した。

その配布資料によれば

土地改変行為を繰り返したA社について「悪質な」との語句を付け加えた。これは、熱海市から今回(土石流災害の発生)の責任はA社にあることを強調してもらいたいとの要望があったため。

念のためだがA社とは旧新幹線ビルディング、天野二三男氏。当サイトも同氏の過去については様々な指摘をしてきた。それは適正な開発行為ではなかったのは過去記事通り。しかし土石流の原因究明を行う上で、天野氏を「悪質な」と強調する意味は何か? それは紛れもなく同氏に責任転嫁する目的だろう。

指導不足を削除して! さすがに県は突っぱねたが

旧新幹線ビルディングを「悪質な」と評したのはまだ心情的に理解できなくもない。確かに長年の指導に応じないで土採取等規制条例の再申請を繰り返し盛り土を続けてきた。また土地の所有権が移転後も天野氏関係企業が土砂搬入を行っており、市職員も把握していた可能性が強まった。悪質と言われるだけの要素は確かにある。とは言え公平性を欠く要望であるのも否定できない。ならばなぜ適正でより強い指導を行わなかったのか?

しかも同配布資料にはこんな記述もある。

県土採取等規制条例の検証中の「開発行為等中断後の現場の放置」の38ページの記述について、「少なくとも中断状態において、(中略)、必要な安全対策を講じるよう指導していれば、土石流被害を軽減できた可能性があったと思われる。」の部分を削除するよう熱海市から要望があったが、委員の意見であるので削除しないこととした。

盛り土の危険性をめぐっては施工業者らが県東部健康福祉センターや熱海市役所に安全対策をするよう再三、申し入れをしてきた。この件については百条委員会の証言でも明らかになっている。ところが当時、行政側の説明は

「現所有者が行う」

というものだった。

行政側の指導不足にはこういう背景がある。施工業者らは天野氏と対立し、天野氏を追い落とす策を講じた。そこで浮上したのが伊豆山開発だ。違法な盛り土を告発して天野氏を行政指導、あるいは摘発してもらおうという狙いである。しかし行政側としては「同和系列」と議会でも答弁され一筋縄にいかない人物がやっと伊豆山から手を引いた以上、もう関わりたくなかった。

仮に施工業者らの意見を受け入れれば再び、天野氏と接触せざるを得ない。

「開発行為等中断後の現場の放置」という削除要望は全くの見当違いで、要するに“ そのまま”である。

いずれにしても行政側の要望としては不適切で、なおかつ市の責任逃れとしか思えない。

関係者によれば

「一連の要望をまとめたのは金井慎一郎副市長」

という。そこで同副市長に質問状を送ってみた。熱海市役所秘書広報課によれば「議会対応などで回答はもう少し時間がかかります」という説明だ。

一体、どのような意図があったのかまずは回答を待つとしよう。

2010年8月、源頭部付近で発生した地滑り。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【熱海市土石流】「安全対策不足を 削除して」と県に頼んだ 熱海市役所の 役人根性」への5件のフィードバック

      1. 匿名

        質問状への回答はないのですか。
        同和案件から遠くなっても、熱海市の行政の闇を追っていただきたいです。

        返信
  1. 太郎

    テレビも見ました
    これは部落案件と言うより
    行政案件(公務員問題)でしょうね。

    返信
  2. 土石流の原因を調査している静岡・熱海市議会の百条委員会は8月26日に、追加で熱海市長ら8人の参考人招致を行う

    返信

関連記事

【静岡県】盛り土、産廃撤去の 措置命令、行政は 相手で 態度を 変える説!

長らくタブーな存在だった盛り土と産業廃棄物の不法投棄。昨年の熱海市土石流の発災によって政府、自治体も少なからず対応に乗り出している。だがいくら法整備したところで指導する立場の行政が変わらなければ意味がない。はっきり言って […]

【富士市】無許可盛り土で 逮捕業者の背景は――

盛り土、不法投棄王国の静岡県…。県民には失礼だが熱海市土石流を筆頭に同種案件の事件が絶えない。今月29日、同県富士市で市長の許可なしで盛り土造成をしていたとして山梨県身延町の佐野浩信容疑者、同県南部町の美容師、若林厚子容 […]

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(後編)「同和の名刺」の 影響は?

12日、熱海市百条委員会で証人尋問を受けた前土地所有者。もうご存知だろう。かつて同市議会で「同和系列の会社」と答弁された人物である。約2時間に及ぶ証人喚問の中で焦点はやはり“ 同和の名刺”がどの程度、行政に影響したのかと […]

【前所有者余話】熱海市百条委員会 トホホ後日談

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(前編) 後編の前所有者証言。これは強く思うところがあり、気が滅入る部分もあった。そこで読者諸氏におかれても気分転換をして頂く意味で余話。トホホな後日談をど […]

【Youtube企画】「行政、報道もおかしい!」 天野二三男氏 特別インタビュー(熱海土石流編)

当サイトも長らく報じてきた昨年7月3日の熱海土石流。土砂崩落地付近造成地の「元所有者」こと旧新幹線ビルディング元代表、自由同和会神奈川県本部前会長、天野二三男氏に責任を求める声が強く、ここにきて行政側は天野氏に責任転嫁す […]