【熱海市土石流】「同和系列の会社」天野二三男とは 何者か?

By 三品純

「逃げ足の速さも“新幹線”と言われていますよ」と失笑するのは神奈川県内の土木建設業者。伊豆山地区開発の盛り土で熱海市土石流を引き起こしたと取沙汰される旧株式会社新幹線ビルディング元社長で自由同和会神奈川県本部会長の天野二三男氏を評したものだ。同氏が関与する企業には報道陣が詰めかけ直撃取材を試みているが、現在のところ雲隠れ状態。

前稿でも指摘した通り、同地区の開発は2007年の段階で危険性が指摘されていただけに本人から説明がほしい。同社の開発が土石流の原因と断定できないが、盛り土との因果関係を指摘する意見は少なくない。渦中の天野氏を追ってみたが――。(タイトル画像は2014年、自民党本部で開催された自由同和会中央本部第29回全国大会での天野氏)。

同和の名刺を 持っていけばすぐに 許可が出る!?

MOA美術館方面に歩くと交通規制がある。報道陣も多数、訪れていた。大雨の影響で土のうが積まれた箇所も。

「熱海の温泉で原稿を執筆」「引退後は熱海で」。日本有数の温泉地であり、古くから作家、文化人、芸能人らの保養地としても親しまれてきた熱海市。ある年代までは「新婚旅行の定番」として懐かしむ人も多いのではないか。観光の町、熱海市が土石流に見舞われた。現時点で死者7人、安否不明者27人(7日現在)という大惨事だけに“ タブーなき”真相究明が必要だ。

「タブーなき」とはもちろんこの惨事の遠因が「同和系列企業」にあること。想定の範囲中の範囲だが案の定、“人権真理教徒 ”らもお怒りだ。

自身も過去、天野氏の事業で損害を被ったという男性はこう証言する。

「審査に時間がかかる開発事業も(天野氏が)同和の名刺を持っていけばすぐに許可がおります」

繰り返すが2007年の段階で危険性が指摘されながらも市役所が十分な対策、対応をしなかったのも「同和」と無関係ではあるまい。「新幹線ビルディングそのものがですね、同和系列の会社でございまして、ちょっと普通の民間会社と違いますので」(2007年8月7日熱海市議会建設公営企業委員会)の答弁が何よりそれを物語っている。

もちろん「同和関係者の企業だから悪い」という表現も控えたいが、開発の背景に「同和優遇」があった可能性は否定できない。自由同和会の前身である全日本同和会に所属するある建設業者は「地元、小田原で非常に評判の悪い不動産業者であることは確か」と証言する。同和団体関係者の目から見ても天野氏の評判は芳しくない。

事業によってはリスクが高い場合もある。それが前述した「逃げ足の速さも“新幹線 ”」につながっていく訳で大手マスコミの人海戦術をもってしても本人を直撃できていない。

地元・小田原では要注意人物との評価が強いが土地所有者や業者を信頼させたのはこんな理由があった。

「例えば地主などには手土産に国会手帖を渡すのです。なにしろ田舎のおじいちゃん、おじさんなので“ こんな貴重なものをくれるなんて”と錯覚します」(知人業者)

国会手帖とは国会議員だけの特別なアイテムではない。『国会手帖社』が発行する手帖で標準品が850円、本革製が2350円。議員会館や自民党本部の売店や一部書店、またネット通販で購入可能。天野氏は自由同和会の役員だ。同団体は陳情や会合で議員会館や自民党本部に行く機会も多かったであろう。簡単に入手できたはずだ。

タイトル画像もある通り自民党本部でも発言する。こういう活動風景も“おじいちゃん、おじさん ”を信頼させるに十分かもしれない。

ロジック合同会社と 自由同和会神奈川本部が 同じ所在地

そして天野氏の事業で特徴的なのは山林地帯の開発事業、また企業買収による転売だという。同氏が買収したという「小田原給食センター」(同市府川)前にはNHK、TBS、テレビ朝日といった大手メディアの記者が待ち構えていた。すでに社屋は廃墟同前だったが何らかの手がかりを見つけようと記者らも集まったのだろう。

そして開発事業は関係会社に任せるのが特徴的だ。下記に示すのは土石流の起点となった開発現場。赤字で囲まれた部分がそれだ。

赤線囲み部分が盛り土疑惑の宅地造成地。

同地の開発登録簿を見ると許可を受けた企業に「株式会社ランディ」の名がある。

前出の男性は「ランディは天野さんの関係会社です。鴨宮なんてそのまんまでしょ(笑)」と証言する。天野氏は小田原市鴨宮の生まれだという。その場所は部落・同和地区とはまるで無関係なのはこの際脇に置いて、複数の会社を所有しそれぞれで事業をさせるやり方だ。

『広報おだわら』(平成元年2月1日500号)より。若き日の天野氏。

すでにSNS上でも話題になっているが天野氏の関係企業に「ロジック合同会社」がある。天野氏事業の主に開発をする会社だ。同社と自由同和会神奈川本部の所在地を見てみよう。小田原市城山4丁目5番13号とある。

それからロジック合同会社が許可を受けた鎌倉市への届け出書を示す。所在地は同じく小田原市城山4丁目5番13号。SNS上でも天野氏案件に関心がある人は多く、早期から登記簿などを投稿するユーザーもいたがこの住所は見覚えがないだろうか。この住所、天野氏が所有するランダムハウス。小田原城近くの集合型高級住宅だ。

一見すれば天野氏とは無関係ではないか? そう考える人もいるだろう。ところが―――。自由同和会神奈川本部の役員リストを見ると「女性部長 中央本部女性部理事」にロジック合同会社代表社員の飯高美奈子氏が名を連ねている。

測量士として天野氏の名がある。自身も被害にあった前出の男性はこう危惧する。

「あの人(天野氏)が測量士の資格を持っていたか聞いたことがありません。しかしそれより心配なのは鎌倉市も山林や斜面が多い地域。盛り土で熱海と同じような土砂を起こさないといいのですが・・・」

一部メディアには元幹部として取材に応じている天野氏だがぜひとも本人から直接、事情を聞いてみたい。そこでランダムハウスを訪問してみたが、天野氏は不在。またロジック合同会社もすでに会社のステッカーがはがされていた。

唯一、ランダムハウス一階部分に住む女性は「天野さん? 知りませんね。ロジックさんも誰もいないと思いますけど」とだけ言った。

天野氏は曲がりなりにも人権団体の役員を務める人物だ。「人権侵害をしないまちつくりをしよう」とは同会神奈川本部の標語。自身の“ まちつくり”は適正なものだったか。

【熱海市土石流】「同和系列の会社」天野二三男とは 何者か?」への14件のフィードバック

  1. 小田原土木

    天野が残土処分許可付きで土地を売ったのは地元では有名な話。大きな声で自慢してたからね。麦島がそのあと残土を引き続き入れてたのも有名。きっかけは天野!パンクさせたのは麦島!どっちも悪者だね。

    返信
  2. 久保山信彦

    上念さんとこから来ました。
    政府もマスコミもこの話は知ってるだろう。
    追及の手を緩めたらアカン。
    同和は解散したとばっかり思ってました。

    返信
  3. サトウ

    上念さん動画からきました、おどろきました。

    同和系企業が危ない場所の工事許可を求める
    →自治体は危ないからダメという
    →差別だーと怖い感じで攻め立てる
    →許可がおりる。
     ↓ 
    土石流がおきて人が亡くなる。

    というようなことなら酷い話だ。
    企業による賠償がきちんとなされることを望む。

    返信
  4. 匿名太郎

    良い記事を書かれていらっしゃいますね、興味深いです。
    続報にも期待しております。

    返信
  5. 大日本国

    同和会は、マジでクズ集団だな。 こんなインチキたかり集団は、早めに潰しましょう。

    返信
  6. Metropolitan

     昔に解放同盟の名刺を差し出した人はモンスタークレーマーだった。
     社会常識に照らし合わせて、異常な要求で、代金1000円に対して10000円分のサービスを要求されたので、当然にお断りした。
     すると顔を擦り付れるように近づけ、唾を飛ばしながら下品で粗暴な言葉を浴びせられた。
     結局、要求は拒否したが、それまで差別はなくななければならないと信じていたが、その時は差別と言うより、軽蔑と嫌悪の念が心に満ち溢れた。
     15年以上前の話である。
     結局、同和問題は解決したくない人がいることを知った。利権そのものだ。  

    返信
    1. hanhan

      この天野氏は本当に測量士なのでしょうか?測量士になるには、土木系の大学か短大を卒業した後に実務を積むか、国家試験に合格するか、測量士補から1年以上専門学校に通うかだったと思うけど、圧倒的に土木系の卒業者が多いので、天野氏も土木系の大学等を卒業したかもしれませんね。国家試験は10%程度の合格率で、それほど簡単ではないですね。
      そうなると、専門で土木を学んだ人がこの工事をしたということになります。

      返信
      1. 三品純 投稿作成者

        一応、測量事務所を経営していたのですがただ測量士の資格を有しているか
        否か疑問視している人は多いです。

        返信
  7. 天野フーミーマン

    「Taka」っていうのは同和の圧力で難癖つけて金品を「たかる」のTaka?

    返信
  8. 月岡正文

    熱海市を同和、宗教法人を駆使して蹂躙する麦島建設のZENホールディングスグループの陰の部分をお願いします。

    返信
  9. 雲上の仙人

    ネットサーフからたどり着きました。
    昔、公安関係の仕事に係り、今回の熱海土石流でお亡くなり(家屋の破壊)等になった被災関係者の方の心労から、関心を持って、注視していました。
    とても、詳しい調査、お体に注意して頑張ってください。

    応援しています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo