月別アーカイブ: 2019年11月

国連を席巻する中国に警戒せよ

三品純 By 三品純

習近平による独裁体制が進み、強権・強大化する中国。長年、日本国内では「中国崩壊論」も取り沙汰されてきたが、「崩壊」どころか国際政治、経済、軍事、テクノロジー分野など存在感は高まっている。まさにもう一つの「超大国」に変貌しつつある中国が国際的発言権を向上させるための一手が国際連合を牛耳ることだ。ある専門家を介し韓国・中国の外交筋から入手した情報があるので紹介しよう。

もっと読む

『日本姓氏語源辞典』第二版を発売します

アバター By 鳥取ループ

ウェブサイトでおなじみの日本姓氏語源辞典の書籍第二版 を発売いたします。初版は20部のみで限定的な販売でしたが、 第二版では100部を作成し、初めてアマゾンでも広く一般販売します。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(160) 新潟県村上市海老江

アバター By 鳥取ループ

部落は行政区画と一致することは少なく、なおかつ行政区画の一部が部落である場合、部落は行政区画の中心ではなく外れにあることが多い。これは、賤民の村が本村の枝として存在したことが多かったことの名残ではないかと考えられる。

続きを読む

【協力金詐欺事件】 金井&二階写真に 同席した人物

三品純 By 三品純

これまでお伝えしてきた和歌山市の「芦原地区連合自治会長詐欺事件 」に追加情報だ! 『FRIDAY』(2019年11月22日号)に掲載された自民党・二階俊博幹事長と金井克諭暉よしゆき(金正則)容疑者のツーショット写真は話題になったが今回、本誌はモザイクなしの写真を入手。マスキングされていた一人は門博文衆議院議員の後援会元副会長、また同議員が顧問を務めた会社の元社長で、なおかつ覚せい剤取締法違反で逮捕された人物だったから驚きである。(文中敬称略)

続きを読む

学術・研究:部落探訪(159) 和歌山市園部“西山”

アバター By 鳥取ループ

和歌山市園部と言えば、30代後半以上の人は、毒カレー事件を思い浮かべるのではないだろうか。しかし、ここに部落があったことはあまり知られていない。また、魅力ある観光スポットも有る。園部の部落を探索しつつ、園部の別の魅力を探っていきたい。

続きを読む

朝鮮学校集会で見た 親北文化人の黄昏【和田春樹】

三品純 By 三品純

11月2日、東京・日比谷野外音楽堂で朝鮮幼稚園の無償化を求める集会が開催された。今年10月1日より3~5歳児クラスの幼稚園、保育所等が無償化したことを受け、朝鮮幼稚園にも適用を求め全国から朝鮮学校関係者、支援者、学生らが集まった。集会の主張自体は目新しいものはなく特に見るべき事柄もない。ないが、集会終わりに目撃した“ とある人物”に親北文化人、進歩的文化人のなんたるやを痛感させられた。
東京大学名誉教授・和田春樹氏である―――。

続きを読む

あの「破産者マップ」が復活か?

アバター By 鳥取ループ

今年の3月のこと、官報に掲載された破産者情報を電子化し、住所をもとに地図上に配置した「破産者マップ」というサイトの存在が明らかとなり、その生々しさから大いに炎上した。メディアでも取り上げられ、個人情報保護委員会がサイト運営者とみられる連絡先に行政指導を行い、サイトの阻止に向けて多くの弁護士が動き出した。

結果的にサイト運営者と見られる人物がツイッターで謝罪し、サイトは運用を停止したのだが、先月からそれがまた復活したのではないかと囁かれている。

続きを読む

【特集・香港デモ】自爆テロを決意する悲壮な若者たち

三品純 By 三品純

国内問題が重なり香港デモ情報をお伝えできなかったが、そんな矢先、本誌に取材協力、情報提供をしてくれているX氏から衝撃の情報が入ってきた。激化する香港警察に対抗するため、一部の若者たちが「自爆テロ」を実行しようというのだ。もはや香港デモは「泥沼化」などと生易しいものではなくなってきた。デモ隊は香港政府、そして中国共産党に屈するのか? それとも民主化を勝ち取るのか? もはや問題は香港だけではなく、東アジアの未来がかかっている!

*アイキャッチ画像の説明左から「こんな子供も逮捕」「白髪の老婆も逮捕」「銃口を心臓に突き付ける。これを謀殺と言わずなんと言う」という解説がついていた 。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(158) 特別編 和歌山市“芦原地区” 後編 芦原地区の特異な状況とは?

アバター By 鳥取ループ

同和地区では公営住宅に高級外車が停まっているという現象をよく見かける。1つの理由は家賃が安い分、車に金をかけられること。もう1つの理由は普通の公営住宅なら所得が基準より多い場合は出ていかなくならなくなるが、同和対策の改良住宅は代替住宅という性質があるので、そうはならないことだ。

しかし、芦原地区については特に公営住宅に高級車が顕著なわけではない。写真の通りベンツを1つだけ見かけたくらいである。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(158) 特別編 和歌山市“芦原地区” 前編 自治会長逮捕の背景は?

アバター By 鳥取ループ

和歌山市の芦原地区は、和歌山県でも最大の同和地区であり、それだけでなく地方都市の同和地区の中では全国でも異例の規模である。

1934年の記録では1797戸という規模だったとされる。現在の和歌山市雄松町、汐見町、三沢町、島崎町が含まれるとされ、また和歌川対岸の手平の一部も該当するとされるが、境界線ははっきりしない。いずれにしても千世帯を優に超える巨大同和地区であることは間違いない。

続きを読む

紀州の“同和のドン”金正則と 和歌山市の闇を追う

三品純 By 三品純

※写真は大江康弘元参議院議員のFacebookより。

関西電力幹部を屈服させた“北陸同和のドン ”こと高浜町元助役・森山栄治の衝撃ニュースの余韻が残る中、今度は紀州の同和のドンが不正蓄財!? 和歌山市・芦原地区連合自治会長 、金井かない克諭暉よしゆき(本名/金正則)が先月23日、詐欺の疑いで逮捕された。この本名の通り、在日コリアン三世でもある。金井は和歌山市の公共事業に絡み落札した業者から「協力金」という名目で現金を「騙し取った」とされる。

続きを読む

国会議事堂前で木霊した韓国「ノーアベソング」

三品純 By 三品純

左翼集まるところイタい「歌」が熱唱されるもの。活動家の替え歌、反戦歌好きについては「夏の特集 活動家たちの痛い替え歌ベスト10(前編)」を参考にして頂けるとより分かりやすい。いわゆる政治的メッセージソング、反戦ソングの中には名曲もあるが、こと活動家の自作の場合、感情と悪意が入りすぎてしまい残念な仕上がりになりがちだ。さて今回は韓国で作曲された「ノーアベソング」の日本語版替え歌が3日、国会議事堂前で披露された。なにしろ激しい政治闘争で定評がある韓国発のノーアベソング。これは心して「拝聴」する他ないだろう。

続きを読む