曲輪クエスト(366) 海南市 沖野々 “西口”

1

海南市の沖野々を訪れてほしいというリクエストがあった。

この古村については、事前に図書館で調べると出てくるのは、ほとんど大正時代の「沖野々差別事件」のことである。1954年に和歌山県同和問題研究委員会が作成した『調査その一』という文書によれば、当時は165世帯であった。

その場所は、現在では田舎にしては比較的活気のある村となっている。

【津市】因縁の水道局 疑惑の“官製指定業者”が公共事業参入2年で 億越え受注の 謎に迫る

8

津市相生町自治会長事件後も市役所絡みの問題が続く。その温床の一つが公共事業だが、水道工事をめぐるトラブルで同自治会長が業者を“詰めた”音声は壮絶な内容だった。水道は市民生活に直結し工事も多いが、不可解な発注があると市職員の内部告発を取材してみると、いわば「官製指定業者」という疑惑が浮かび上がる。