実録・淡路島5人殺害事件(3)彼女との交際と破局

アバター By 鳥取ループ

※写真は平野達彦が生活保護を受けながら暮らしていたアパート

2011年6月に明石病院から退院した平野達彦は、生活保護を受けながら通院しつつ、明石市内のアパートでひとり暮らしを初めた。この頃は、病状は安定しており、あまり問題は起こさなかった。

しかし、2013年6月頃から、電磁波攻撃を受けているといったメールを頻繁に母親に送るようになった。母親は精神病患者の家族会で精神科医に相談し、その結果再び2ヶ月ほど明石病院に入院した。平野達彦は「お前が(精神科医に)メールを見せたから入院になったんや」と母親に不満をこぼしていたが、この入院が彼にとって転機になった。平野達彦が病院で知り合った女性と交際し始めたのである。

続きを読む

芦原連合自治会長詐欺事件の 裁判始まる!

弊誌も長らく報じてきた和歌山市連合自治会長の詐欺事件。2月10日に初公判を迎えたわけだが、その前に2月4日、金井克諭暉(よしゆき)被告が15万円の業務上横領で再逮捕された。もちろん金額の多寡を問わず横領は違法行為だが、そ […]

実録・淡路島5人殺害事件(2)医療保護入院、そして措置入院

※写真は、平野達彦が措置入院させられていた「明石こころのホスピタル」(措置入院当時は明石病院) 平野達彦による殺人事件がリタリンが原因であることは裁判で否定されているが、一時期、平野達彦がリタリン依存症のようになっていた […]

学術・研究:部落探訪(171) 神奈川県足柄上郡山北町岸南原

山北町岸にある南原部落は神奈川県でも最初期に同和事業が始まり、運動が活発だった地域だが、規模はあまり大きくなく、1934年の記録では30戸である。その後、50戸以上に増えており、これは他の地域から移り住んできた人が多いた […]

実録・淡路島5人殺害事件(1)「これはちょっと、ダメですね」

2017年2月8日、神戸地方裁判所で、表題の大量殺人事件の裁判員裁判の初公判が行われた。被告人の平野達彦は背広姿で出廷。開廷前に手錠を外された。 髪型は整えられ、ヒゲもそっており、一見すると凶悪殺人犯には見えない。裁判員 […]

【新型肺炎】焦る中共、人権と個人情報に囚われる日本

感染が拡大する新型肺炎は中国で死者が300人を超えたと報じれらた。また2日、フィリピンで中国国外初の感染死亡者を出した。まさに地獄絵図! 連日のように中国・武漢では病院に殺到する人々、道端に横たわる死体、市民がマスクを奪 […]

京都市長選、野党連合という幻

あれ、「野党連合」はどうなった? 2月2日に投開票を迎える京都市長選は現職候補の門川大作氏に自公、立民、国民、社民が“全部乗り ”。これに共産党、れいわ新選組が推薦する弁護士の福山和人氏、同和事業批判で知られる元市議の村 […]

学術・研究:部落探訪(169) 大阪府摂津市鳥飼野々1丁目

特定の地名を出されて、そこが部落と言われても、その地名が実際の部落の場所とそのまま一致することはむしろ少ない。今回訪れた鳥飼野々(とりかいのの)の部落も、日頃から部落を研究していなければ、その正確の場所を特定することはで […]

「市民化」する東京新聞記者の果ては蹉跌

「部数減」「新聞離れ」「押し紙」--花形職業から斜陽産業に陥った新聞社。言論機関としても影響力を失い、また新聞由来のスクープは皆無に等しい。『週刊文春』『週刊新潮』の後追い記事に終始している。だがこの通りの厳しい状況下で […]

アンチ個人情報保護⑫ 欺瞞と矛盾の個人情報保護

何が個人情報なのか? 個人情報保護法、あるいは個人情報保護制度という枠組み全般が、非常に出来が悪いものである。多くの曖昧さ、矛盾、非現実性を含んでいる。なぜそうなってしまうのか。 その原因の1つは、「何が個人情報か」とい […]

IR疑獄・秋元司に向けられたもう一つの「疑惑」

昭電疑獄、造船疑獄・・日本史でもお馴染みの重大事件。戦後史を彩る政界汚職事件には「疑獄」とついたもの。IR事業への参入を狙った中国企業から賄賂を受け取ったとして逮捕された自民党衆議院議員、秋元司容疑者らに対して「カジノ疑 […]

学術・研究:部落探訪(167) 京都市伏見区竹田狩賀町・深草加賀屋敷町“改進”

いわゆる放送禁止歌の代表格として有名な「竹田の子守唄」。放送禁止とされた理由が部落絡みだということはよく知られているが、その部落が具体的にどこにあるのかは意外と知られていない。はっきり言ってしまうと、それは京都市の「改進 […]

学術・研究:部落探訪(166) 京都市南区吉祥院菅原町

竹田の子守唄には「久世の大根飯、吉祥(きっちょ)の菜飯」という歌詞がある。今回訪れたのはその吉祥に当たる部落である。とは言っても、吉祥院全体が部落というわけではない。 1935年の記録では吉祥院に菅原という名前の97戸の […]

同和減免、人権資料館…「芦対協」が和歌山市に仰天要求!

和歌山市の同和事業下で結成された「芦原地区特別対策協議会(金井克諭暉会長、略称=芦対協)」と同市の歪んだ関係は昨年から本誌、また一般メディアでも報じられてきた。それでは一体、 芦対協は和歌山市に対して何を要求してきたのか […]