ルポ 陰謀論者の楽園
「田布施システム」の真実(前編)

三品純 By 三品純

田布施たぶせシステム」。こんな言葉をご存じだろうか。幕末の動乱期、長州藩(現山口県)田布施村の若者、大室おおむろ寅之助とらのすけが陰謀によって明治天皇にすり替わるという典型的な「陰謀論」である。もちろん決定的な物証もなければ、裏付ける資料は何一つない。ところが意外と田布施システムの信奉者は多く、中には政治家、著名人もいる。何が彼らを惹きつけるのか。また一体、田布施システムとは何か? 現地取材を通してこの壮大な陰謀論の正体に迫った。
続きを読む

部落探訪(68)
滋賀県蒲生郡竜王町山面“笹野”

結論から言えば、おそらくここは部落ではないだろう。そう思うなら、なぜ「部落探訪」で取り上げるのか。読者の方は怪訝に思うかも知れない。 そもそも部落に厳密な定義などない。部落探訪で紹介してきた地域では、例えば新田や西成だっ […]

東京レインボープライドで見えた違和感と課題

「すべての愛に平等を」をテーマに5月5日、6日、東京・代々木公園で「東京レインボープライド2018」(TRP)が開催された。企業、自治体など様々な団体が出展し、LGBT向けファッション、商品、サービス、支援策をアピールし […]

”さよなら同和行政”に挑む 福山維新の会代表・石岡久彌市議インタビュー

同和行政の監視・チェックは長年、共産党の独壇場で保守系は後手に回ってきた。しかし広島県福山市の石岡久彌(いしおかひさや)市議は自ら福山維新の会を結成し、保守系議員ながら市の同和事業を厳しく追及している。福山市といえば広島 […]

日本人のおなまえ研究(4)
レア名字一位? 「霊界堂」の由来は

名字研究者の間でも珍名中の珍名と話題になる名字に「霊界堂」がある。「名字由来ネット」に掲載されており、「マイナビウーマン」が話題にしたこともある。 しかし、なぜそのような名字が生まれたのかは、どのような文献を見ても書かれ […]

【GW特集】女性記者セクハラの温床は「報道機関」にあり!

「胸触っていい」などとテレビ朝日女性記者へのセクハラ疑惑が報じられた財務省・福田淳一事務次官が18日、辞任を表明した。このセクハラ報道以降、福田氏そして麻生財務相の責任を問おうと「#MeToo」(ミートゥー/セクハラ体験 […]

アンチ個人情報保護①
フェイスブックの「情報流出」は
世界的人権ビジネス拡大の予兆?

いよいよ5月25日、「EU一般データ保護規則(GDPR)」が施行される。とは言っても、それが一体何のことか、分からない方も多いだろう。平たく言えば、事実上世界的な影響力を持つ、欧州発の強力な個人情報保護法制である。 日本 […]

部落探訪(67)
神奈川県相模原市中央区田名陽原
“三軒村”

前回、相模原市中央区田名(たな)の部落の場所について情報提供を求めたところ、様々な反響があった。そして、その場所を解明することに成功した。 1934年の『全国部落調査』によれば高座郡 田名村 陽原(みなばら)にあるとされ […]

現地レポート”大脱走”受刑者が尾道市向島に潜伏中!?

松山刑務所大井造船作業場(今治市)の平尾龍磨受刑者が脱走し現在、広島県尾道市向島に潜伏していると見られる。向島内では捜索が続くが、平尾の足取りはいまだ掴めていない。皮肉にも逃亡事件で全国的に注目された向島だが、なぜ格好の […]

4月14日国会前大行動 参加人数言い争う「愚」

4月14日に開催された「安倍政権は退陣を!あたりまえの政治を市民の手で!0414国会前大行動」に市民、労組運動家が多数集結。国会議事堂前は人で溢れかえった。この日、14時から始まったデモには延べ5万人集まったという。この […]

特集LGBTを斬る②
「LGBTを食い物にするピンクウォッシングという罠」

東京都渋谷区の「同性パートナーシップ条例」が2015年に施行されて以来、各自治体でLGBT施策が進んでいる。世はLGBT時代だ。LGBTを冠した団体が増加し政治集会、シンポジウム、あるいは企業・公務員の総務・人事担当者を […]

部落探訪(66)
東京都町田市相原町“中ヶ谷戸”
神奈川県相模原市緑区元橋本町“前村”

2014年の「さがみはら人権施策推進協議会」で委員から相模原市内に同和地区があるかどうか市に対して質問がされ、市が調査したことがあった。それを受けて市は調査したが、はっきりとした場所は確認できなかった。 質問の内容は次の […]

「部落差別」と言わない佐高信は何を忖度した!?

佐高信。経済評論家、『週刊金曜日』編集委員。この人物がメディアで紹介される時は「辛口評論家」などと評される。その論評スタイルは簡単だ。自身と主張や理念が異なる政治家、評論家、文化人に対してただ感情的になじる。要するに「罵 […]

部落探訪(65)
和歌山県東牟婁郡串本町西向

本州最南端の町、串本町には、和深の他にもう1つ部落がある。それが、今回訪れた西向部落である。 1943年の世帯数は137、1954年には164と記録されている。この部落は明らかに同和地区指定がされたと考えられる。

『アベ政治を許さない』にすがる高齢者たちの悲哀

森友学園・加計学園問題で攻勢を強める野党、そして各左派団体。特に文書改ざん問題が発覚してからはほぼ連日のように永田町・議員会館前など各地でデモが繰り広げられている。もちろん安倍首相夫妻、稲田朋美前防衛相、あるいは一部の保 […]

部落探訪(64)
神奈川県横須賀市浦賀1丁目

グーグルマップで行き先を横須賀市浦賀1丁目に設定して経路探索をすると、京急浦賀駅近くの、細い道があり、古い家が何軒がある一角に案内される。この場所は神権連機関紙『人権のとも』2008年2月15日号で「横須賀C地区」として […]

部落探訪(63)
神奈川県横浜市瀬谷区竹村町

横浜といえばお洒落な港町のイメージがあるが、横浜市は意外と広く、農村のような風景が広がる地域もある。 今回訪れた竹村町は外れも外れで、横浜市の西の端、大和市との境界にある。最寄り駅は相鉄線の瀬谷駅だが、駅からは2キロ以上 […]

サヨク活動家はなぜ「カタカナ」表記を好む?

ヒロシマ、ナガサキ、オキナワ、フクシマ、そしてモリカケ、アベ政治――――。左翼活動、反戦・反核、反政府、こういったシーンでは往々にして運動テーマが「カタカナ」で表記されるものだ。なぜ彼らは「カタカナ」を好むのだろう? こ […]