カテゴリー別アーカイブ: 部落探訪

学術・研究:部落探訪(174) 大阪市住吉区帝塚山5丁目、万代6丁目、住吉1丁目 “住吉地区”

大阪の同和地区は、本来の地名から変えられている場合が多いが、住吉地区はかなり昔から住吉町だったようである。明治期の地図にも住吉と記載されている。 1935年の世帯数223で小さな区域に住宅が密集していた。1900年には住 […]

学術・研究:部落探訪(158) 特別編 和歌山市“芦原地区” 前編 自治会長逮捕の背景は?

和歌山市の芦原地区は、和歌山県でも最大の同和地区であり、それだけでなく地方都市の同和地区の中では全国でも異例の規模である。 1934年の記録では1797戸という規模だったとされる。現在の和歌山市雄松町、汐見町、三沢町、島 […]