月別アーカイブ: 2019年3月

学術・研究:部落探訪(120) 東京都八王子市泉町

アバター By 鳥取ループ

最近は部落問題を扱うサイトの中に、部落差別の解消を掲げながら、実は差別の永続化を狙う悪質サイトがあることから、同和地区の地名等を掲載するサイトには 学術・研究目的を除き 削除要請をする方針を法務省が打ち出した。無論、後世に残すべき資料としての学術的価値の高い「部落探訪」シリーズは例外であることが明らかなので、他の低質なサイトを見ることなく、ぜひ本サイトを御覧いただきたい。

さて、今回は前回に引き続いて八王子市を探訪した。場所は現在の八王子市泉町、かつては福岡という名前であった部落である。

続きを読む

相模原障害者施設殺傷事件 植松聖は動物愛護の“理論的首魁” ピーター・シンガーの思想?

アバター By 鳥取ループ

2016年7月26日、相模原市の津久井やまゆり園で、元職員の植松聖がこの施設を刃物で襲撃し、入所者19人が殺害され、26人が負傷するという事件が起きた。植松聖は事件後に重度・重複障害者を殺害することを正当化する供述を繰り返していることが報道され、その考えに理解を示すような世論も少なからず見られたことから議論を呼んだ。

「ナチスの思想が降りてきた」と本人が言ったという報道もあったが、ナチス云々は後付けで出てきた話で、 植松聖本人はナチスが障害者を安楽死させた歴史は知らなかったとされる。むしろ筆者がこの事件を知って最初に思い浮かんだのは、オーストラリアの哲学者、ピーター・シンガーのことだ。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(119) 東京都八王子市小比企町

アバター By 鳥取ループ

今回は、コメントでリクエストのあった八王子の部落を探訪した。最初に訪れたのは小比企町こびきまち。1935年の記録では19世帯とある。

ここにも白山神社があるのだが、近くの稲荷神社に合祀された白山神社もあると言われており、両者の関係は事前調査では分からなかった。その謎を解くまでは帰らない覚悟で探訪してきた。

続きを読む

アンチ個人情報保護⑨ 裁判による解決とは

アバター By 鳥取ループ

裁判と言えば、非常にお金がかかるものというのが日本での一般的な認識のようである。これは正しいとも言えるし、間違っているとも言える。双方が本気になればなるほど費用も時間もかかるが、両者が妥協するか、あるいは片方が早々と降参すればすぐに終わる。また、弁護士を立てずに本人訴訟でやれば弁護士費用はかからない。しかし、全般的に裁判は面倒な手続きと言える。

続きを読む

全国部落調査事件 第5回弁論準備手続

アバター By 鳥取ループ

3月18日、東京地裁で全国部落調査事件の第5回弁論準備手続がありました。「原告が「被差別部落出身者」であることを証明する公正証書 」は今回も出てきませんでしたが、さすがに次回5月13日の弁論準備手続までには出てくると思います。

解説は動画を御覧ください。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(118) 埼玉県川越市小堤・下広谷

アバター By 鳥取ループ

現在、映画「翔んで埼玉」が大ヒット上映中である。この作品の舞台は埼玉県人が差別される架空の日本だ。原作で登場する「埼玉解放連盟」(映画では「埼玉解放戦線」)という組織は、部落解放同盟のパロティではないかと部落マニアの間で話題となっていた。

さて、そんな埼玉県には多数の部落がある。映画を機会に埼玉の部落を観光するのもよいだろう。今回訪れたのは埼玉県南部の川越市の部落である。

続きを読む

「住所でポン!」創設者が解説 「破産者マップ」は消せるか

アバター By 鳥取ループ

巷では「破産者マップ」というサイトが話題である。官報に掲載された破産者の住所・氏名等を地図上にマッピングしたもので、その生々しさから怖がれつつも「見入ってしまう」ということでアクセスが殺到している。

都市部は地図上にマークがイクラの如く表示され、これほどまでに破産者が多いものかと驚かされるが、掲載された当事者からは削除要請が殺到し、集団訴訟をしようという動きまで起こっているようである。そこで、同様に多数の個人情報を掲載した「住所でポン!」創設者である筆者が、自身の経験からこのサイトから情報を削除できる可能性について解説する。

続きを読む

反天皇に血道を上げる名古屋家裁判事の「活動歴」

三品純 By 三品純

「公正中立」であるべき裁判所にもし特定の思想に染まった判事がいたら――。果たして正当な裁判が行われるだろうか。ところが実際にそんな判事が名古屋家庭裁判所に在籍しているから驚きだ。同家裁で家事調停、家事審判を担当する柳本つとむ判事は「反天皇制」「反元号」などをテーマにした集会に出席し、時にはスピーチまで一席ぶつ。そんな“ 活動家判事 ”なのだ。

続きを読む

市民運動に「安住の地」 を見つけた鳥越俊太郎

三品純 By 三品純

かつてはテレビ、新聞、全国誌などマスメディアで活躍した文化人、ジャーナリスト、作家が晩節を汚すというのはありがちな話。公約を聞かれても答えられない都知事選、女子大生との淫行疑惑などジャーナリストの鳥越俊太郎はその最たる例かもしれない。冠番組を持ちダンディ大賞まで受賞したこの御仁も「表のメディア」の出演はめっきり減少した。しかし老いたりといえどもその知名度とタレント性は健在だから、講演会・市民シンポジウムなどの類では根強い人気を持つ。むしろ舞台は「市民運動」の方が居心地が良さそうなのである。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(117) 神奈川県厚木市 岡田4丁目・旭町3丁目

アバター By 鳥取ループ

今回は2つの部落を訪れた。互いに隣り合っているわけではないが、比較的近くにある。

岡田おかたは1934年の記録では19戸の部落であり、戦後には厚木市により同和地区指定され同和対策の集会所(岡田集会所)が設置された。一方、旭町あさひちょうは1934年に7戸の部落があったとされるが、その後同和地区指定がされた様子はない。

続きを読む

恒心教

アバター By 鳥取ループ

2015年から去年にかけて「恒心教」というものが話題となった。メディアで広く報道されたのはグーグルマップで原爆ドームに「恒心教 核実験場」と表示するなどのいたずら。そして、それより前から行われていた唐澤貴洋弁護士への大量の殺害予告。また、地方自体や公的機関への大量の無差別大量殺人予告である。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(116) 静岡県掛川市“橘・末広”

アバター By 鳥取ループ

2つの部落が隣接している例を時々見かける。それは偶然隣り合っているだけということもあるし、片方の部落が一方の部落から派生していることもあるし、もともと1つの部落だったものが2つに分かれていることもある。

今回訪れたのもそのような部落で、地名で言えば静岡県掛川市長谷と同大池の境界にまたがるようにある。1935年の記録では部落名は橘末広、169世帯とある。

続きを読む

「解放の票」は立民・福山哲郎が引き継ぐ!?

三品純 By 三品純

部落解放同盟副委員長だった故・松本龍元衆議院議員、同大阪府連執行委員長や中央書記長などを歴任した松岡徹元参議院議員らが政界から引退し、解放同盟出身の議員が姿を消した。特に松本の地元、福岡一区は“ 解放の父 ”こと松本治一郎以来「解放の議席」といわれたほど強固だったが、2012年総選挙で一区を自民党に奪われてしまう。このことは大きな衝撃をもたらした。もちろん現在も解放同盟が支援、協力する国会議員は与野党間に存在するが小粒感は否めない。そんな中、目下のところ最も解放同盟と強いパイプを持ち、ネームバリューがあるのは立憲民主党・福山哲郎幹事長ではないか。

続きを読む

日本人のおなまえ研究(6) 「明治新姓」だけじゃない! 「昭和新姓」「平成新姓」もあった

アバター By 鳥取ループ

いよいよ平成の終わりが迫っている。4月1日の新元号発表を心待ちにしている方も多いだろう。そこで、今回は特別企画として、日本でもトップレベルの名字研究者である宮本洋一氏に、元号と名字の関係を解説して頂いた。

続きを読む

全国連から「公開質問状」が送られてきました

アバター By 鳥取ループ

先日、全国連から「公開質問状」なるものが届いた。全国連のウェブサイトでも見ることが出来るが、こちらにも掲載しておく。

全国連は示現舎が逃げているというが、約3年前に糾弾状(過去記事1過去記事2)が送られてきたものの、一方的に送られてきたのでどう扱ってよいか分からなかっただけのことである。今回は公開質問状ということなので、無論、回答しておいた。その全文も最後に掲載する。

続きを読む