高市早苗を 支援した “安堵町第2の町長”

By 鳥取ループ

アイキャッチ画像の自民党の高市早苗衆議院議員と老紳士は、奈良県安堵町あんどちょうにある平山観光株式会社のウェブサイトから引用したものである。高市議員と親密そうな老紳士は同社の平山ひらやまわたる社長(写真撮影当時)であり、同時に自由民主党安堵町支部長、部落解放同盟安堵支部長という肩書を持っていた。

しかし、その平山社長は2019年10月17日、農地法違反の疑いで逮捕されてしまった。その後、懲役1年執行猶予3年の有罪判決(会社としての平山観光には罰金300万円)を受け、失脚した。その裁判を通じて明らかにされたのは、平山氏が安堵町において“第2の町長”と言ってもいいほどの権勢をふるい、町職員が言われるがままになっていた、異常な実態である。

安堵町の同和のドン

そもそもこの裁判に興味を持ったのは、奈良県のある不動産業者からこう言われたことだった。

「奈良県は御所市の川口正志(奈良県議会議員・解放同盟奈良県連委員長)が有名だけど、安堵町と言えば平山亘。奈良の部落は廃墟が多いって言うけど、各地に同和のドンがいて、土地を開発しようとすると平山みたいなのが出てくるから、不動産屋は面倒臭がって関わりたくないの」

そして、平山氏が特徴的なのは自民党との関係が極めて深いことだ。特に地元の高市議員とは懇意で献金もしているという。

確かに、自民党安堵町支部の収支報告書には、代表者が平山氏であることが書かれている。これだけではなく、自民党奈良県連の役員も務めていた。

そして、高市議員が代表を務める政治団体の収支報告書には、「高市早苗さんをみんなで激励する会 アフターヌーン・セミナー&懇親会」において、平山観光から30万円が献金されたことが書かれている。無論、これは平山氏から高市議員への献金の一例に過ぎない。

自民党系の同和団体と言えば自由同和会、一方で解放同盟は旧社会党系。先述の川口県議も元社民党である。しかし、平山氏は解放同盟支部長でありながら、自民党支部長であるというのは興味深いことに思えた。

長年、奈良県は奥野誠亮元法相の影響が強く「公認も奥野さんの承認なくしてありえなかった」(地元自民党議員)という。だが後継者の信亮氏(衆議院議員)の時代で奥野一族の威光も過去のものに。その中で新進党出身の高市氏は保守層からの人気を得て独自の存在感を発揮してきた。 その高市議員が、解放同盟支部長の支援を受けていたというのは驚くべきことだ。その原資が後述する通り絵に描いたような不正な土地利権がらみのものとなれば、共産党以外の左派が同和に対しては何も言えず、保守派さえも沈黙する理由が納得できるというものだ。

平山氏の安堵町における力の大きさは想像以上に絶大である。平山観光のウェブサイトには「同和対策事業への協力」として「弊社代表平山亘は1985年10月に安堵町同和対策事業 特別委員会 委員長に就任」と明記されている。その頃から町政に関わっていたことが分かるが、影響力は同和対策だけではない。

「安堵町では平山亘は町長以上の力を持っています。例えばコーナン。あれはもとは田んぼだったのを平山亘の力で転用して誘致したものです」

では、平山氏はどうやってそれだけの力を持つようになったのか。不動産業者によれば、もともと平山氏は金貸しをしていたという。昔は選挙にとてもお金がかかったので、候補者に資金を貸し付ける、そうすると当選した議員は平山氏に頭が上がらなくなる。そして、取り立てはとても厳しかったということだ。

また、暴力の影もちらつく。平山氏の兄は既に亡くなっているが、山口組直参・南一家(2011年に解散)の会長だった。このことは、この不動産業者だけでなく、複数の人物から聞いているので、安堵町では割と知られていることのようだ。そして、これは農地法違反の裁判の中でも明らかにされたが、平山氏自身にも傷害罪で前科一犯の過去がある。

こうして力を持った平山氏は高速道路インター近くなど、立地の良い場所の農地を転用して、利益を得てきたということだ。

「安堵町に貢献してきた人物」

と、ここまで読むと平山氏が安堵町を恐怖で支配した人物のように見えてしまうかも知れないが、地元での評価は全く異なる。実は昨年、安堵町を探訪した時に地元の飲食店等で平山氏の評判を聞いてみた。

動画からも分かるが、驚くべきことは平山観光周辺の様子である。ただの田舎町とは思えないような団地が多数あり、それらが全て平山観光のものなのである。そして、平山氏と言えば、地元有力者であり安堵町に貢献した人物なのだと言う。

先述のコーナンの件、あれにしても結果的にはコーナンを誘致できたことで雇用が生まれたし、町の税収が増えた。実を言えば、平山氏が農地法違反で摘発されたのは、まさにその件である。コーナン等が誘致された安堵町岡崎地区の農地転用の手続きに不正があったのだ。しかし、周辺自治体の議員に聞くと、結果的に安堵町のためになったはずで、農地法違反は形式犯に過ぎないという見解であった。

さて、2019年12月26日に奈良地裁で行われた公判。平山氏の姿はアイキャッチの写真そのまま。検察官に「どうもすみません」と言い「前髪が伸びましたか?」と気さくに話しかける姿が印象的であったという。

平山氏の農地法違反の容疑は、農地転用には県知事の許可が必要なところ、その手続をせずに安堵町の農業委員会の許可だけでそれをやったということだ。元は田んぼだったところに建設残土を入れて整地し、商業施設にしたのだから、これは明らかに農地転用だというのが検察の主張だ。実際そうだろう。そして、平山氏は1978年から安堵町の農業委員の立場にあり、1993年からは同委員会会長であった。

裁判では証人として農業委員会事務局長、農業委員会副会長が出席した。両者とも「不正は分かっていたが、有力者である平山氏に逆らえなかった」と証言した。そして、町の事務方の職員は「自分は平山氏の子分のような存在」と証言した。

さらに北田秀章副町長(当時)が証言台に立ち、「良いことをやっていただいた」「(自らが同和対策課長をしていた時)小集落改良事業では解放同盟支部長として相手を説得する役割をして頂いた」と言う一方で、職員を恫喝していたかとの質問に「職員の中でそういう話も聞いているが、私はないと思っている、聞く側の受け取り方の問題」という趣旨の返答をしている。

そして岡崎地区の農地転用に伴って、銀行から平山観光に9億円が融資され、その資金で平山観光が用地を地権者から買い取ったことが明らかにされた。

裁判を通じて分かったのは、ともかく平山氏が安堵町で町長以上の力を持っていたと形容されるのは、全く誇張ではないということである。本来は法律に従って動く自治体職員に対して、それを曲げさせるだけの力を持っていたのは間違いない。北田元副町長の証言にしても、恫喝は否定しつつも、職員に恫喝と取られるようなことをしていたことは否定していないと取れる内容だ。

一方、平山氏が裁判の中で繰り返し言ったのは「安堵町のため」ということだ。あくまで町の雇用促進と税収増と経済活性化のためというのが平山氏の言い分だ。そして、自身の会社で土地を買い上げたことについては、「地権者から相場の3倍で買ったので利益はない」と主張した。

ただ、仮に平山氏の主張が事実で金銭的な利益を得られなくても、地権者等町民に利益をもたらしたことで安堵町における平山氏の影響力が強化されたことは間違いないことだ。そして、同様のことが今回だけだったということは到底考えられず、平山観光があれだけ大きくなったのは、安堵町行政に対する平山氏の絶大な影響力が背景にあることは間違いない。

前出の周辺自治体の議員が言っていた、農地法違反は形式犯に過ぎないというのは確かにその通り。ただ、形式犯であっても平山氏を摘発して失脚させなければならないほど、平山氏の町政への影響力は目に余り、民主主義を歪めていることは検察当局にとって看過できなかったのであろう。

裁判の判決では、平山氏が買収後の土地を耕作するといった虚偽の書類を提出し、その目的は土地の価格上昇のリスクを回避して早期に土地を買収するためで、そのことで利益を得るのは平山氏と平山観光であり、私利私欲のための犯行だったと断じた。一方で、農地転用は住民や町、県も歓迎していたはずで、時間をかければ正規の手続きで可能であったし、不正行為に多数の町職員が積極的に加担して隠蔽工作までしていたと指摘した。

平山氏の行動の全てが単なる悪だとは思えず、“必要悪”だった部分もあるのではということも踏まえて、平山観光を通じて平山氏への取材を申し込んだが、取材にはお応えできませんとのことだった。

高市早苗を 支援した “安堵町第2の町長”」への2件のフィードバック

  1. 白川のび太

    「高市早苗」の名前を記事に出す意味(理由)がまったく理解できない!とても不愉快です!なお、当方は高市早苗氏とは全く面識もなく、生で見たことすらありません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo