作成者別アーカイブ: 鳥取ループ

アバター

鳥取ループ について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

アンチ個人情報保護⑫ 欺瞞と矛盾の個人情報保護

アバター By 鳥取ループ

何が個人情報なのか?

個人情報保護法、あるいは個人情報保護制度という枠組み全般が、非常に出来が悪いものである。多くの曖昧さ、矛盾、非現実性を含んでいる。なぜそうなってしまうのか。

その原因の1つは、「何が個人情報か」ということが曖昧であることだ。個人情報という概念がもとより曖昧な上、社会情勢や技術の進歩によって概念が変わってしまうのである。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(167) 京都市伏見区竹田狩賀町・深草加賀屋敷町“改進”

アバター By 鳥取ループ

いわゆる放送禁止歌の代表格として有名な「竹田の子守唄」。放送禁止とされた理由が部落絡みだということはよく知られているが、その部落が具体的にどこにあるのかは意外と知られていない。はっきり言ってしまうと、それは京都市の「改進地区」のことである。地名で言えば伏見区の竹田狩賀町と深草加賀屋敷町にまたがっている

続きを読む

学術・研究:部落探訪(166) 京都市南区吉祥院菅原町

アバター By 鳥取ループ

竹田の子守唄には「久世の大根飯、吉祥きっちょの菜飯」という歌詞がある。今回訪れたのはその吉祥に当たる部落である。とは言っても、吉祥院全体が部落というわけではない。 1935年の記録では吉祥院に菅原という名前の97戸の部落があった。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(165) 京都市南区久世大築町・大藪町

アバター By 鳥取ループ

近畿大学の奥田均教授は「 先祖代々江戸時代は武士の出身だ、そんな人がおられたとします。あ、そうですか。でもね例えば今度京都に引っ越しをされる、その時京都の同和地区のど真ん中に引っ越しされてご覧なさい。物の40、50年そこに住む、子供が生まれる、孫も生まれる親子、孫、三代も同和地区のど真ん中に住んだら世間は間違いなくあなたを部落出身者だという風に見なし始めていきますよ」と講演で語っている。果たしてそうだろうか。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(164) 福井県三方郡美浜町南市

アバター By 鳥取ループ

今回は、福井県で最大の部落と言われる、南市を訪れた。1935年の記録では230戸の部落があったとされる。以前訪れた高浜町西三松の部落は高浜原発と密接な関係があったが、この部落も美浜原発建設の経緯と関係している。

続きを読む

アンチ個人情報保護⑪ 「個人情報漏洩」は誰にとっての危険なのか

アバター By 鳥取ループ

個人情報保護規制の強化は、弁護士にとっては格好のビジネスチャンスに思える。しかし、弁護士がこんな本音を漏らしたことがあった。

公益財団法人人権教育啓発推進センターが主催した「えせ同和」対策セミナーでのこと。セミナーでは最初に、撮影・録音禁止が呼びかけられた。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(161) 三重県桑名市下深谷部“第四区”

アバター By 鳥取ループ

桑名市下深谷部は三重県の代表的な部落の1つである。1934年の記録では「第四区」という地区名で268戸。

また1923年の「大谷派地方関係寺院及檀徒に関する調査」によれば、300戸で、寺は南楽寺とある。

続きを読む

『日本姓氏語源辞典』第二版を発売します

アバター By 鳥取ループ

ウェブサイトでおなじみの日本姓氏語源辞典の書籍第二版 を発売いたします。初版は20部のみで限定的な販売でしたが、 第二版では100部を作成し、初めてアマゾンでも広く一般販売します。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(160) 新潟県村上市海老江

アバター By 鳥取ループ

部落は行政区画と一致することは少なく、なおかつ行政区画の一部が部落である場合、部落は行政区画の中心ではなく外れにあることが多い。これは、賤民の村が本村の枝として存在したことが多かったことの名残ではないかと考えられる。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(159) 和歌山市園部“西山”

アバター By 鳥取ループ

和歌山市園部と言えば、30代後半以上の人は、毒カレー事件を思い浮かべるのではないだろうか。しかし、ここに部落があったことはあまり知られていない。また、魅力ある観光スポットも有る。園部の部落を探索しつつ、園部の別の魅力を探っていきたい。

続きを読む

あの「破産者マップ」が復活か?

アバター By 鳥取ループ

今年の3月のこと、官報に掲載された破産者情報を電子化し、住所をもとに地図上に配置した「破産者マップ」というサイトの存在が明らかとなり、その生々しさから大いに炎上した。メディアでも取り上げられ、個人情報保護委員会がサイト運営者とみられる連絡先に行政指導を行い、サイトの阻止に向けて多くの弁護士が動き出した。

結果的にサイト運営者と見られる人物がツイッターで謝罪し、サイトは運用を停止したのだが、先月からそれがまた復活したのではないかと囁かれている。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(158) 特別編 和歌山市“芦原地区” 後編 芦原地区の特異な状況とは?

アバター By 鳥取ループ

同和地区では公営住宅に高級外車が停まっているという現象をよく見かける。1つの理由は家賃が安い分、車に金をかけられること。もう1つの理由は普通の公営住宅なら所得が基準より多い場合は出ていかなくならなくなるが、同和対策の改良住宅は代替住宅という性質があるので、そうはならないことだ。

しかし、芦原地区については特に公営住宅に高級車が顕著なわけではない。写真の通りベンツを1つだけ見かけたくらいである。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(158) 特別編 和歌山市“芦原地区” 前編 自治会長逮捕の背景は?

アバター By 鳥取ループ

和歌山市の芦原地区は、和歌山県でも最大の同和地区であり、それだけでなく地方都市の同和地区の中では全国でも異例の規模である。

1934年の記録では1797戸という規模だったとされる。現在の和歌山市雄松町、汐見町、三沢町、島崎町が含まれるとされ、また和歌川対岸の手平の一部も該当するとされるが、境界線ははっきりしない。いずれにしても千世帯を優に超える巨大同和地区であることは間違いない。

続きを読む

台風19号直撃 その時あの場所は

アバター By 鳥取ループ

令和元年10月12日、関東地方に台風19号が直撃した。台風は神奈川県を横断し、箱根では24時間雨量の日本記録を更新した。

実は示現舎の拠点は神奈川県にある。そして、 示現舎は以前から神奈川県内の河川敷に不思議な部落(あくまで集落という意味の部落である)があることを把握していたのだが、なかなか行く機会がなかった。しかしここにきて、水害に対して脆弱な場所にあるそれらの部落がどうなったのか気になったので、これを期にい実際に訪れてみた。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(154) 福井県高浜町西三松

アバター By 鳥取ループ

関西のみならず全国的なニュースとなった関電役員の金品授受問題。そのキーパーソンである故・森山栄治の地元であり、解放同盟が組織された部落として西三松にしみつまつの名前も知られるようになった。

戦前は50戸の部落で、農業と商業が主産業だったとされる。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(153) 新潟県胎内市乙

アバター By 鳥取ループ

胎内市きのとには1928年に14戸の部落があったと記録されている。 『埼玉県,山梨県,新潟県での現地研修記』 にも詳細な記述があり、1990年前後でも10戸程度の部落だったという。また、同和対策事業が行われたとされている。この文献を手がかりに場所を特定してみよう。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(152) 神奈川県南足柄市関本“下宿”

アバター By 鳥取ループ

1934年の記録によれば、現在の南足柄市関本に7軒の部落があったとされる。地図や航空写真で事前調査しても分からなかったので、とりあえず現地に行くことにした。

手がかりは、「下宿」にあるとされ、他の関東の部落の例に漏れず白山神社があり、宗派は時宗らしいということである。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(151) 新潟県村上市岩ヶ崎

アバター By 鳥取ループ

1928年の記録では、村上市岩ヶ崎には16戸の船乗りの部落がある。 大阪市立大学による『埼玉県,山梨県,新潟県での現地研修記』に 、次の通り記述された部落はこの岩ヶ崎のことと考えられる。

われわれは三面川を渡 って右岸を西に進み海岸に出る。山がす ぐ後ろに迫 っ た40戸のこの部落も未指定である。外航船の乗組員が多 くそのため婦人消防隊がしっか りしているという。部落のなかを歩いてみる。急斜面の保全工事が なされている。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(150) 新潟県村上市平林 湯ノ沢

アバター By 鳥取ループ

筆者は村上市にある湯ノ沢部落を訪れた。ここは地名表記では村上市平林の飛び地になっている。1928年の記録では75戸の部落とされる。ここでは解放同盟が「神林村差別行政糾弾裁判」と呼ぶ事件が1980年代にあった。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(149) 新潟県胎内市桃崎浜

アバター By 鳥取ループ

筆者は新発田市からさらに北東へ進み、胎内市にやってきた。大阪市立大学による『埼玉県,山梨県,新潟県での現地研修記』には下越地域の探訪記録がある。この中に「M浜」という名前で出てくるのが今回訪れた桃崎浜だ。

1928年の記録によれば32戸の部落があったとされる。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(148) 新潟県新発田市住吉町“三昧”

アバター By 鳥取ループ

今回は新発田しばた市の代表的な部落で、三昧さんまいと呼ばれた地域を訪れた。1928年の記録では18戸の部落とされる。ここは新潟県内でも珍しく、隣保館と教育集会所がセットで存在している。

続きを読む