作成者別アーカイブ: 鳥取ループ

アバター

鳥取ループ について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

学術・研究:部落探訪(200) 福岡県 北九州市 小倉南区 北方3丁目

アバター By 鳥取ループ

福岡県には多くの部落があるが、実は大規模なものは少なく、その中でも最大と考えられるのが北九州市の北方きたがた地区である。明治期の地名は「田中」その後西北方と言われ、現在では北方3丁目が部落に該当する。

1933年時点での戸数は293、人口は1177である。しかし、戦中戦後に世帯数が急増し、2015年の調査では1387世帯、2695人にも達している。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(199) 福岡県福岡市博多区大井2丁目

アバター By 鳥取ループ

福岡空港のすぐ近くに同和地区があるので行って欲しいというリクエストがあったので、行ってみた。確かに福岡空港の北の「大井」という場所に集会所と公営住宅があり、それらは同和対策によるものと推定される。しかし、戦前の記録には部落としての記載がない。

実は福岡にはそのような由緒不明な同和地区が多数ある。エセ同和地区ではないかの検証も含めて、研究が必要だろう。

続きを読む

京都市聚楽保育所 民営化中止の原因は 美少女フィギュア!?

アバター By 鳥取ループ

去る10月26日、京都市が民営化を進めてきた中京区の市営聚楽じゅらく保育所について、市議会での民営化の条例案の採決直前に受託予定の「社会福祉法人きらきら福祉会」が辞退したために採決中止になるという異例の出来事があった。NHK等は「⺠営化に反対する保護者から中傷の⼿紙を受け取り、迷惑をかけられないと判断した」と受託予定業者が説明したと報じている。

これだけでは分からないが、地元事情通によれば、元世界人権問題研究センター研究員の保護者が、きらきら福祉会の関連会社の「株式会社ボークス」が製作販売している美少女フィギュアが「性的搾取」であると中傷したことが原因ではないかという。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(198) 岐阜県大垣市南若森町

アバター By 鳥取ループ

大垣市南若森町は全国部落調査に掲載されていない。なおかつ、歴史的にも部落ではないのだが、周辺地域も含めて同和地区指定された。そして、ここには解放同盟大垣支部が組織されているが、これも部落とは無関係である。

つまり、南若森町はエセ同和地区であり、解放同盟大垣支部もエセ同和であると言える。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(197) 愛知県名古屋市中区新栄

アバター By 鳥取ループ

現在では新栄しんさかえという名称の地域は、かつては不良住宅が密集する都市スラムであった。しかし、1980年代から住宅地区改良事業が始まり、現在は巨大な団地が立ち並んでいる。

1930年頃は下奥田という地名で、664世帯の部落があり、生活程度は悪かったと言われる。

続きを読む

ハッカーミミ Part4 サイドチャネル攻撃①

アバター By 鳥取ループ

ミミはランサムウェアに暗号化されたビットコインウォレットを復元した報酬として6000万円相当のビットコインを受け取ったが、ニセのウォレットソフトをインストールさせられ、過去に稼いた分も含めて全てのビットコインを盗まれてしまった。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(196) 三重県伊賀市老川下出

アバター By 鳥取ループ

伊賀市老川には戦前の記録では22戸の部落がある。山間部にあり、家が建てられる場所は限られており、世帯数が大幅に増えたとは考えられない。しかし、ここには隣保館と教育集会所がセットで存在する。

通常、隣保館は50世帯以上、教育集会所は30世帯以上の部落に作られるが、老川はその条件を満たしておらず、周囲にも他に大きな部落は見られない。

続きを読む

解放同盟三重県連委員長による 伊賀市八幡町市営住宅 駐車場収益横領疑惑

アバター By 鳥取ループ

2006年に大阪市の飛鳥地区で発覚した「飛鳥会事件」は、解放同盟飛鳥支部の小西邦彦が大阪市の市有地の駐車場の運営を委託を受けたものの収益を過少申告し、差額を横領していたというものである。

そして、それに近いことが伊賀市八幡町やはたちょうでも行われてきたことが市議会等で指摘されている。八幡町に多数ある市営住宅の駐車場の管理が地元自治会と解放同盟支部に委託され、事実上収益が両者で折半されており、うち解放同盟支部の取り分が、支部長でもある松岡克己解放同盟三重県連合会委員長個人の収入となっているのではないかという疑惑である。

続きを読む

ハッカーミミ Part3 GPGPU⑦

アバター By 鳥取ループ

前回までのあらずじ:3億円相当のビットコインが入ったウォレットの復元に成功し、報酬として6千万円相当のビットコインを受け取りお金持ちになったミミ。家を買って独立することを画策していたが…

続きを読む

学術・研究:部落探訪(195) 三重県津市中河原大井町

アバター By 鳥取ループ

津市大井町は同和地区だが、住宅が建ち始めたのは伊勢湾台風後のことであり、この土地自体は近世の部落では全くない。現在でも住所表記上は中河原の一部である。大井町という自治会名も、津市民に広く認識されているというわけではないようである。

現地を訪れると、合計で100戸近い市営ニコイチ住宅、そして大井アパートという40戸の団地形式の市営住宅がある。

続きを読む

ハッカーミミ Part3 GPGPU⑤

アバター By 鳥取ループ

前回までのあらずじ:暗号化された3億円相当のビットコインの復元を依頼されたミミ。一度諦めたものの、1990年代に通信保全監査隊により開発され闇に葬られた謎の暗号解読技術を手に入れ、仕事を再開する。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(194) 三重県津市高洲町

アバター By 鳥取ループ

津市高洲町の1930年代の地図を見ると、池と沼地と田んぼと少しの家があるだけだ。それが1950年代になると、伊勢湾台風の被災者向けの住宅が作られた。そして1980年代には、同和事業によるニコイチの市営住宅群ができた。

無論、1930年代に作られた全国部落調査には掲載されていない。戦後間もない頃には不法占拠のような形で様々な住民が住み着いていたという。つまり、ここは本来部落ではない。

続きを読む

ハッカーミミ Part3 GPGPU④

アバター By 鳥取ループ

前回までのあらずじ:暗号化された3億円相当のビットコインの復元を依頼されたミミ。一度諦めたものの、1990年代に通信保全監査隊により開発され闇に葬られた謎の暗号解読技術を手に入れ、仕事を再開する。

続きを読む

全国部落調査事件 第3回証人尋問

アバター By 鳥取ループ

昨日9月28日13:30、東京地裁で全国部落調査事件で3日目の証人尋問が行われました。今回は示現舎の2人、解放同盟の1人、合計3人が尋問対象となりました。詳細は以下の報告動画をご覧ください。

続きを読む

ハッカーミミ Part3 GPGPU②

アバター By 鳥取ループ

前回までのあらずじ:ランサムウェアに暗号化された3億円相当のビットコインが入ったウォレットの復元を依頼されたミミ。2048ビットのRSAと128ビットのブローフィッシュで暗号化されていることまでは突き止めたものの解読は断念してしまった。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(193) 三重県津市愛宕町

アバター By 鳥取ループ

実は前回の相生町の前に訪れていた部落があった。それが、愛宕町である。戦前の記録では290世帯、職業は様々であり、隣の相生町と似たような様相であった。

明治時代は塔世とうせ村の一部で、明治末期に津市に編入、そして現在の名前となった。当時から都市スラムに近い状態だったと考えられ、相生・愛宕といずれも「愛」にまつわる名前が付けられたのは、何か思い入れがあってのことだろう。

続きを読む

全国部落調査事件 第2回証人尋問

アバター By 鳥取ループ

昨日9月14日13:30、東京地裁で全国部落調査事件で2日目の証人尋問が行われました。今回は5人。原告側が事件記録の閲覧制限をかけていて、証人の名前や、具体的な部落の地名を言ってはいけないという条件で進められたので、非常にやりにくいものとなりました。

詳細な説明はほぼ動画のみで行っていますので、以下をご視聴ください。

続きを読む

ハッカーミミ Part3 GPGPU①

アバター By 鳥取ループ

前回までのあらずじ:ランサムウェアに暗号化された3億円相当のビットコインが入ったウォレットの復元を依頼されたミミ。2048ビットのRSAと128ビットのブローフィッシュで暗号化されていることまでは突き止めたものの解読は断念してしまった。

続きを読む

部落探訪・特別編(192) 三重県津市相生町 ここにも「同和のドン」が!?

アバター By 鳥取ループ

以前、和歌山市芦原地区の町内会長が地元で公共事業を請け負う業者から金を巻き上げる等していた件をレポートした。一方、三重県津市の同和地区でもそれに負けず劣らずの状況があるという。町内会長による市職員へのパワハラが横行しており、市長や幹部も知りながら見て見ぬ振りというのである。

その場所は津市相生あいおい町。隣接する愛宕あたご、大井、高洲の各町も同和地区であり、それらを合わせると三重県でも最大の同和地区と言える。

続きを読む

学術・研究:部落探訪(191) 埼玉県深谷市本郷

アバター By 鳥取ループ

戦前の記録によれば、現在の深谷市本郷に14戸の部落がある。現在の地図を見ると、そこには市の集会所があり、住宅地図では北本という名字の家がいくつか見られる。針ヶ谷の石碑に北本という名字がいくつかあったことから、筆者はここが部落であると推定した。

続きを読む

全国部落調査事件 証人尋問始まる

アバター By 鳥取ループ

昨日8月31日13:30、東京地裁で全国部落調査事件の口頭弁論が開かれました。長らく非公開の弁論準備手続が続いていたので、ここにきてようやく公開の裁判が再開されました。

今回は証人が3名の予定でしたが、九州からの1名が自身および家族が高齢のために東京を避けたいという理由で不出頭となったため、2名に対する証人尋問となりました。

続きを読む