全国部落調査事件 第11回弁論準備手続

カテゴリー: 全国部落調査事件 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

去る2月10日3時から、東京地裁民事13部で全国部落調査事件の弁論準備手続がありました。以下の報告動画をご覧ください。

被告(示現舎)側の書面はこちらです。

準備書面11-R2-2-3.pdf
証拠説明書-R2-2-3.pdf

乙586の2 反訳書.pdf

これ以外に、原告のほとんどの情報が解放新聞ウェブ版などのインターネット上に既に掲載されていたということを示す、対応表をエクセルデータとして裁判所に提出済みです。これは裁判官から求められたものです。

原告(解放同盟)側の書面はこちらです。 当日になって提出されたものです。

原告準備書面16,17.pdf

今後の予定としては、まず4月8日14時30分に次回の弁論準備手続が行われます。

その後は、ようやく一般傍聴可能な公開の口頭弁論に移行します。口頭弁論では証人尋問が行われる予定です。次の日が候補日ですが、まだ確定ではありません。

6月15日
6月29日

8月24日
8月31日
9月14日
9月28日

当日は傍聴券が配布されます。日時が確定次第、お知らせします。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

全国部落調査事件 第11回弁論準備手続」への4件のフィードバック

  1. .

    「そもそも、原告川口が差別はがきの受領等をした時点で、原告川口の住所等が「同和地区.com」に掲載されていた可能性も否定できないし、その時点で掲載があったとしても何ら不自然ではない」ということは、解放同盟は「同和地区.com」の完全なログを持っていないんですね。完全なログがあれば確認できる投稿履歴や差分を確認できないということは…

    返信
  2. 奈良の人

    ようやく口頭弁論の見通しが立ちましたが、カルロス・ゴーンが国外逃亡して法廷が空いたのが影響してるのでしょうか?

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      裁判官が言うには、あまり関係なかったみたいです。どちらにしても103号法廷を抑えるのは大変です。
      昨日、裁判所から連絡があって、6月中は無理で8月以降の期日になるそうです。

      返信
  3. バス運転手

    被告側からは同和の会長の石井被告を証人尋問に出廷してもらうのはどうでしよう。

    返信

関連記事

全国部落調査事件 控訴審第1回口頭弁論が 開かれます

8月3日(水)14:00から東京高裁で全国部落調査事件控訴審の最初の口頭弁論が行われます。当日は傍聴券が配布されます。13:30までには裁判所に来ておきましょう。なお、13:00頃に日比谷公園かもめの広場に来ると、私に会 […]

全国連から「公開質問状 5」が 送られてきました

前回から少し空いて、また全国連から公開質問状が送られてきました。しかし、このところ一方的に質問を送りつけるのみで、筆者の回答をウェブサイトに掲載しないし、全国連自身が行っている同和を利用した金儲け行為に対しては何の反論も […]

全国部落調査事件 東京地裁が判決と矛盾した決定

昨年9月27日に東京地裁で判決が下された全国部落調査事件の裁判、双方とも控訴したものの、書類がずっと地裁に留め置かれる状態になっていました。そして、先日4月15日にようやく東京高裁に書類が届き、担当部署が決まったことが確 […]

全国部落調査事件 東京地裁判決の全内容

9月27日の全国部落調査の出版禁止に関する裁判の判決について各社が報じている。しかし、結局のところは判決の内容を見ないことには理解できないであろう。今回は原告が誰かということ自体がプライバシーとされたわけだが、判決書では […]