【京都 笠置町】堕ちた「笠やん」 補助金不正受給事件の裏に 町に寄付された 土地の横取り計画

カテゴリー: 地方 | タグ: , , | 投稿日: | 投稿者:
By 啓発センター

日本最少人口の町笠置町で、4年ほど前に総務省の補助金の不正受給が発覚した。2020年2月13日にこの件に関連して3人が書類送検されたが、不正受給された補助金が返還されたとして不起訴となっている。

しかし、この事件の背景を調査したところ、事件関係者が町に寄付された不動産を勝手に個人の所有にしていたことが分かった。そして、その個人というのが町公認のゆるキャラ「笠やん」の著作権者なのである。後述する通り補助金の不正受給自体が、この土地横取り計画と一体のものであると見られるが、後者の事件は町ぐるみでもみ消されようとしている。

笠置町有市の部落探訪記事で、補助金の不正受給事件があったことについて触れた。総務省管轄の「過疎地域等集落ネットワーク圏形成支援事業」補助金を不正受給した容疑で、京都府職員の石川栄基、笠置町職員の小林慶純、事業の事実上の委託先である「合同会社笠置クリエイツ」代表の山本博幸の3人が書類送検された。

この事件については、2021年1月25日に町が調査委員会の報告書を公表している。それによれば、補助金の大部分を受け取っていたのが「笠置クリエイツ」という団体である。


部落探訪記事で「株式会社山本組」と同じ建物に 「合同会社Eng.エンジンヤマモト」 の表記があるが、その登記簿を取得してみた。もとは「合同会社笠置クリエイツ」の名前で登記されていたことが分かる。代表者はやはり、補助金不正受給事件で書類送検されたのと同じ人物。そして、以前の記事でも触れた通り、山本博幸氏は「笠やん」の権利者でもある。

しかし、本店所在地は有市ではなく、笠置町大字笠置小字和田前20となっているので、実際に訪れてみた。現在では「ゆめや」というアンティークショップとなっている。

2つの建物が隣接しており、どちらにも「ゆめや」の看板がある。見るからに、もとは普通の民家だったところを改装している。

後述する通り、実際に町内の女性が土地を所有していた民家だった。それが2016年頃、町役場職員だった建物の所有者(故人)の意向もあって、町のために役立てて欲しいと女性から笠置町に寄付の申し出がされた。

町の事情を知る人によれば、笠置町は過疎自治体なので、使わなくなった不動産を町に寄付する申し出はそれなりにあるのだが、利用価値のない不動産をやみくもに受け入れても、かえって管理のための費用がかかるだけなので、この件についても町は慎重であったという。

しかし、気づいてみると、この物件は写真のように誰かの店になっていた。

家の表札には「合同会社Eng. ヤマモト」「笠やん倶楽部」とある。店のウェブサイトにも、「ゆめや」の運営会社がEng.ヤマモトであることが明示されている。

そして、問題はこの物件の登記情報である。町に寄付されたと言われていたのに、土地と建物が前の所有者から博幸氏に贈与されたことになっている。

念の為、町に寄付された他の土地の登記簿謄本を取得してみた。当然のことであるが、所有者は笠置町となり、移転原因は寄付ということになる。

本当に土地は博幸氏に贈与されたのか。前の所有者の女性に聞いてみると、この件について町とトラブルがあったのは事実だが、いずれにしても自分は町に寄付したという認識だ。女性の家族も「もうこれは何年も前に終わったことです、登記のことは笠置町と山本さんの問題ではないですか」と話す。とにかく、この件は蒸し返して欲しくないという様子だった。

いずれにしても、女性の言い分と登記内容は矛盾している。登記内容によれば物件が町に寄付されたことは一度もない。前の所有者から直接博幸氏に贈与されたことになっているのである。

しかし、ここでもう1つ気になることが分かった。補助金の不正受給に関わって処分された町役場の職員の小林慶純氏と、京都府からの出向職員(石川栄基氏のことと思われる)が前所有者の家まで謝罪に来ていたというのである。そして、京都府警がこの件を捜査していたが、現在のところ立件されないままである。

さらに取材を進めたところ、町では次のような噂が広まっていた。小林慶純氏が町に寄付されるはずだった土地の登記を勝手に博幸氏に移転したという。無論、これは単なる噂ではなくて、概ね事実であろう。関係者の証言や状況が噂と符合しているからだ。

当然、これは犯罪が疑われるのだが、小林慶純氏は笠置寺の息子であり、前所有者の女性も含めて様々な町民が檀家としてのしがらみがあり、また「小林さんが自殺しかねない」といった事情から不問にされたというのである。

そして、 山本博幸氏が解放同盟笠置支部長の息子であることもよく知られている。 父親の幸男氏は単に支部長というだけでなく、解放同盟京都府連執行委員であり、解放同盟山城地協議長の肩書も持つ。言ってみれば笠置町のみならず京都山城地区の「同和のドン」である。

複数の町民が、お寺に対してはなかなか頭が上がらないことを率直に認めていたし、ましてや「同和」についてはさらに言葉を選んで話すような有様である。

補助金の不正受給についての町の報告書と、他の情報から時系列をまとめるとこうなる。

  • 2016年頃にある女性が笠置町に不動産の寄付を申し出た。
  • 2016年に京都府から笠置町に出向してきた石川氏が総務省補助金の受給を提案。関係者によれば小林氏が実務作業を進め、「笠置町のため」としてかなり熱心に上層部に認めるよう頼み込んでいた。
  • その結果、総務省への申請が認められ、2016年11月30日に1900万円の交付が決定した。
  • 2017年3月21日に笠置町から、直接の補助事業者である「笠置創造・デザイン会議」に1900万円が振り込まれた。この直後に、委託先である「笠置クリエイツ」に1805万円が送金され、95万円が「管理費」としてデザイン会議に残された。
  • 2017年5月5日に「ゆめや」の土地が博幸氏に移転される。
  • 2017年10月から2018年2月にかけて実施された通例の監査で問題が指摘される。
  • 2018年6月11日に「合同会社笠置クリエイツ」が法人登記される。
  • 2019年1月15日に笠置町がデザイン会議を刑事告発。しかし、デザイン会議には嫌疑がないと判断され、代わりに笠置クリエイツが捜査対象となる。
  • 2020年2月13日に前述の博幸氏ら3人が京都地検に書類送致。
  • 2020年2月28日にデザイン会議が補助金の不正受給分約1180万円を笠置町に返還、同年3月10日に加算金約370万円を笠置町に納付。この原資は石川氏が約1000万円、小林氏が約500万円を負担したものと町では知れ渡っている。
  • 2020年3月31日に博幸氏ら3人が不起訴。
  • 2020年7月1日に「合同会社笠置クリエイツ」が「合同会社Eng. ヤマモト」に名称変更。

「笠置創造・デザイン会議」 は笠置山にある「松本亭」が主催する任意団体である。代表者に事情を聞いてみると、実質的には補助事業者として名前を使われただけであり、補助金については笠置クリエイツに右から左にお金を流しただけで、補助金返還の原資も含めて自分は知らないということだった。

なぜか町の報告書では笠置クリエイツに渡った1805万円がどのように使われたのか解明されていない。報告書には「不正確な噂等への適切な対応の必要性について」として「意図的かどうか問わず、「犯罪」となり得ることを理解し、悪質な噂やデマの根絶に関係者は努力する必要がある」と書かれているが、その「デマ」に「石川氏が約1000万円、小林氏が約500万円 」の件も含まれているのか、結局のところ真相はどうだったのかについては曖昧にされている。

時系列を見ると、補助金受給と土地登記に関する出来事が連動している。ここで、前述の通り石川氏も土地登記のことに関わっていたことを思い出して欲しい。土地登記について博幸氏と小林氏の名前が出てくるのなら分かるが、そこに石川氏が出てくるというのであれば、補助金の件と関係があると考えざるを得ない。

補助金受給は関係者が意図的に進めたことだが、不動産の寄付は偶然降ってきたような話だ。とすると、一連の出来事は女性の寄付申し出がきっかけということだ。

そして、状況証拠からすると、まず寄付された土地の「横取り」計画があり、その費用を捻出するために補助金の不正受給が計画され、支払われた補助金は「ゆめや」の開店に使われたと見るべきだろう。

ただ、過疎自治体である笠置町で土地を持っていても、なかなか買い手がつくものではない。一見立派に見えるこの物件も、数百万円の価値しかないのではないかと言われる

しかし、この写真からまた別の事情が読み取れる。「ゆめや」の直前で道路が急に細くなっている。この道路は京都府道33号奈良笠置線、またの名を笠置街道という。その名の通り、先に進むと奈良県に抜ける。道路を自然な形で拡幅するのであれば、「ゆめや」 の土地が必要になる。そこで、町内で囁かれているのは、いずれ府道の拡幅で京都府に買収されるのではないかということだ。その時、実際に店舗を影響していれば、土地代だけではなくて営業補償金も入ってくる可能性がある。ただ、京都府山城南土木事務所に聞いたところでは、今の所拡幅の計画はないということである。

山本博幸氏に電話取材し、事実関係を聞いた。1805万円を「ゆめや」の開店費用に使ったのではないかと単刀直入に聞くと「否定も肯定もしない」ということであった。そして、登記移転の件については「登記簿の通り」なのだという。では、前の所有者の女性が嘘をついているのかと問うと言葉を濁した。石川氏からの約1000万円、小林氏からの約500万円については「知らない」ということである。

実は父親の幸男氏にも話を聞いてみたのだが、「ゆめや」の土地の件について知っていた。「(前所有者)から博幸が借りてるわけや」と答えた。そこで、登記によれば所有者が博幸氏になっていることを指摘すると「 (前所有者) と博幸の問題や」ということだ。

しかし、前述の通り前所有者の話とも登記内容とも食い違っている。補助金返還の原資についても、デザイン会議が笠置クリエイツから振り込まれた金をそのまま返還しただけなのであれば、笠置クリエイツの代表である博幸氏が事情を知らないというのは明らかにおかしい。

事情を知る町政関係者によれば、あの土地についてトラブルがあったのは事実で、町は博幸氏に町に登記を移すように求めたが、拒んでいるのだという。一方で、土地を笠置町のために使うという念書を書いたのだという。

しかし、これも矛盾している。笠置町のためというのであれば、登記を笠置町に移転すれば済むことである。念書など何の意味もない。

今のままであれば、仮に土地が買収されることになれば、博幸氏に買収費用が渡ることになる。しかし、それは本来であれば笠置町に入るはずの金だ。町内会規模の自治体にとっては、決して小さな額ではない。

笠置町のゆるキャラ、笠やんの権利者が関わったこの事件、笠置町にとっては不名誉なことであろう。しかし、それだけに、町のイメージが人質に取られているようにも見えてしまう。

補助金不正受給だけでなく、本件の経緯については町は説明する必要があるだろう。そして、過去に笠置町に土地を寄付した方は、その土地の所有権が本当に笠置町に移転されているか、今一度確認すべきだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【京都 笠置町】堕ちた「笠やん」 補助金不正受給事件の裏に 町に寄付された 土地の横取り計画」への18件のフィードバック

  1. 2021年12月現在の町の人口推計値(少数順)

    >>日本最少人口の町笠置町で、

    ①福島県双葉町0人、②福島県大熊町733人、③山梨県早川町1038人、④京都府笠置町1092人…

    返信
    1. 啓発センター 投稿作成者

      そこに突っ込まれると思いました。
      福島原発周辺の自治体は特別な例ですし、毎月かなり人口の変動があるのでご容赦を。

      返信
  2. うましかの一つ覚え

    京都府「解放同盟の支部長かなんか知らんけど、こいつらの手を離れてから道路拡幅したろw」
    まぁこうだよね

    返信
  3. 不動産の所有権移転

    所有権移転登記をする際には、売買なり贈与なりの原因証書と権利を手放す人の実印よる押印・印鑑証明書の添付が必要。また司法書士に登記業務を委託しておれば、本人確認および意思確認を行う。
    司法書士が介在していれば、職務怠慢・債務不履行になるかな。本人申請であったならば、法務局による確認も疎かだったと言えよう。

    返信
    1. 匿名

      当方は司法書士法人に勤務する者です。司法書士も入らず、勝手に譲渡人の見知らぬ人(知らない人)に登記申請をしたならば、刑法による犯罪にあたります。譲渡人と譲受人の双方の確認が無ければ登記申請が無効で偽装行為にあたります。司法書士ならこのような行為(登記申請手続き)をしません。なぜなら、即、司法書士免許が違法で罰せられます 司法書士だけでは、ありません、役場の職員がこのような行為をしたなら刑事罰でしょう。

      返信
  4. 匿名

    逆ですよ。府にとっては、解放同盟に堂々と金を払えるチャンスです。まあ、今は動けないでしょうけど。

    返信
  5. 正義は勝つ

    土地建物を贈与された山本氏が笠置町に出した念書を笠置町行政は町民に公開するべきだ。笠置町行政がこの事件を隠し通すことは、公共機関の倫理に反する行為だ恥を知れ。町長は、謝罪をし、隠している内容を公開しろ。

    返信
  6. 笠置町の皆様 寄付者のお気持ちを考えてください

    寄付された前の所有者の方が気の毒でなりません。善意の気持ちで笠置町に寄付されたのに見知らぬ第三者に贈与されているとは、本当に悲しく悔しい思いをなさっているでしょう。笠置町は元の所有者に返還し、信頼回復をするべきです。もっと寄付者の気持ちを考えてあげてほしい。

    返信
  7. 匿名

    町長は何してるんや? 給料もらてるだけが能じゃないで
    責任とれよ 中町長

    返信
  8. 匿名

    悪い事は悪いです。
    今回の事件との関係はわかりませんが
    土地の寄付ってのはありがた迷惑の所もあるのですよね。行政として断るケースもあるようです。この土地をもし、寄付しなかった場合、売却できたのかが不明?私のところも過疎で町を出て行った人の荒屋が問題になってます。寄付されても、建物の、撤去費用や草ボウボウになると役場が管理しないとクレームがつくから寄付を断っています。買い手がつく事はほとんど無いし、、売却できないが固定資産税は取られるし、綺麗にしないと周りから揶揄されるし、困った問題です。

    ところで筆者は何故いつも出身大学を公表するのですか?
    何か意図でもあるのですか?学歴自慢??自慢するほどの大学でも無いし??
    なんだろう?部落と関係ある??

    返信
  9. 匿名

    念書があるんだ。それを警察に出しなさい
    即、逮捕。

    町ぐるみの隠ぺい 怖い笠置町。

    テレビの報道番組やマスコミで笠置町が有名になるね

    返信
  10. 匿名

    町ぐるみでもみ消されようとしているとは、

    そんな町に住みたくないな やはり北朝鮮の日本版の町みたい 過疎になる原因はそれだね

    返信
  11. 匿名

    三品さん
    他人の家を撮影することは敷地に入らなければ犯罪行為とみなされませんが。
    その使用方法により処罰の対象となりますのでご注意を。
    一応、公表の許可は持ち主から取っておいたほうが良いですよ。私の家なら裁判でもなんでもやりますよ。勝つ見込みは高いですよ。

    返信
  12. 匿名

    すべて警察に委ねましょう。それよりも、寄付された方のお気持ちを無駄にしない町政を願います。

    返信
    1. 匿名

      寄付された方の情報が記載されていないのでナントモ

      引用失礼
      土地の寄付ってのはありがた迷惑の所もあるのですよね。行政として断るケースもあるようです。この土地をもし、寄付しなかった場合、売却できたのかが不明?私のところも過疎で町を出て行った人の荒屋が問題になってます。寄付されても、建物の、撤去費用や草ボウボウになると役場が管理しないとクレームがつくから寄付を断っています。買い手がつく事はほとんど無いし、、売却できないが固定資産税は取られるし、綺麗にしないと周りから揶揄されるし、困った問題です

      返信

関連記事

【熱海市 土石流】公表ファイル 番号「A135」に 秘められた 不法盛り土の 謎

7月3日午前10時30分、静岡県熱海市伊豆山で発生した土石流は26名の人命を奪い、半壊・全壊家屋131軒、避難者約200人という甚大な被害をもたらした。本来は今頃、犠牲者、被災者たちも師走の喧騒を過ごしながらも元日の静寂 […]

【津市相生町 自治会長事件】田邊哲司著『津市役所の闇』を ファクトチェック【後編】

前回に続き津市相生町自治会長事件の当事者、田邊哲司氏の『津市役所の闇』(タイムズ出版)のファクトチェック。津市長、幹部、しかも自身のイタい話も晒した内容に「津市役所内ではベストセラーです」(市議)というのはうなずける。特 […]

【津市相生町 自治会長事件】田邊哲司著『津市役所の闇』を ファクトチェック【前編】

12月13日、津市内限定で発売された『津市役所の闇 津市自治会問題』(田邊哲司、三重タイムズ編集部)が地元関係各氏の間で話題だ。お騒がせ書評家・豊崎由美風の「田邊哲司はご存知? 知らなかったらおバカさん、無知蒙昧な文盲さ […]

【武蔵野市】住民投票条例騒動 “税金ポエム ”自治基本条例が 元凶だ!

3カ月以上住民基本台帳に登録され、18歳以上の外国人住民にも投票権を認める東京都武蔵野市の「住民投票条例案」をめぐり議会、賛成派・反対派が紛糾している。同案は今月19日開会の同市議会で提出される見通し。「外国籍住民の投票 […]

【熱海市土石流】発生直前に 伊豆山に 土を運んだ「横浜ナンバー」ダンプを追え!!

「伊豆山で見かけたトラック」。11月8日の配信記事で今年2,3月まで土砂が熱海市伊豆山に搬入されたという関係業者の証言を紹介した。それどころか7月3日の土石流発生直前まで建設残土を運ぶ大型車両が伊豆山を出入りしていたとの […]

【熱海市土石流】南足柄市 岩原“天野造成地”の「グリーンシート」は 隠蔽目的!?

7月3日に発生した熱海市土石流からはや4ヶ月が経つ。この間の行政・警察の動きといえば静岡県・熱海市の黒塗り公文書公開、ようやく決まった同市百条委員会設置、遅すぎる家宅捜索…。事件の追及と真相究明の本気度を疑いたくもなる。 […]