全国連から「糾弾状」が送られてきました

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

去る6月10日、部落解放同盟全国連合会(全国連)から「糾弾状」が郵送されてきました。全国連が何なのかご存じない方は、「真相レポート 関西連続部落差別投書事件」をお読みください。

糾弾状の全文はこちらからお読みください。

具体的に、いつ糾弾会を行うのかということは書かれていませんが、「確信犯には実力糾弾も辞さない。「やってもいいんだ!」。胸のつかえを取っ払い、思いを解き放つ。そのような大衆行動こそが今求められる。」とのことです。

今後、何かあれば全国連のことも思い出してください。

さて、7月5日15:00に東京地裁で口頭弁論が行われる予定の「全国部落調査事件」ですが、6月1日にさらに33名が事実上原告に加えられました(別訴として提起され、前の事件に併合されます)。訴額も3630万円が加えられ、合計2億6950万円となりました。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

全国連から「糾弾状」が送られてきました」への14件のフィードバック

  1. 斉藤ママ(部落在住なのに減免なし)

    訴状を作る人、通す人にはかなり問題ありですね。
    これでは海外で通用する司法にはとてもなれません。
    全くのヤクザです。

    万が一、バカな裁判官にあたってしまい、負けてしまって債権者が
    自宅に押しかけてきても、ループさんは、住所でポンをやめませんか?

    返信
  2. 匿名

    くっだらねえ紙切れが届いたものだ。こんなバカみたいな紙切れを用意している暇があれば、もっと楽しいことでも考えようよ。

    返信
  3. 鳥取ループ病人 認定者

    宮部龍彦は情報公開を謳いながら自らは鳥取ループを名乗り他者の顔写真を用いる屑に過ぎない。

    奴は我が国が戦後創り上げてきた社会規範を嘲笑し多くの人々が誤った社会を糺そうとして来た想いと努力を台無しにせんとする輩に過ぎない。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      戦後でさえなくて、1975年の部落地名総鑑事件以降の40年の間に起った、企業や行政へのゆすりたかりは、国民的な議論を阻んできました。
      そのような悪しき「社会規範」は嘲笑され、台無しにされて当然です。

      返信
  4. 匿名

    裁判中に脅迫文を係争相手に送りつけて、これはマイナス材料にしかならないね。
    普通の裁判では。
    そういえばご存じかもしれませんが、最近、反日団体との裁判費用を支援する「すみれの会」が
    立ち上がりましたね。より多くの人の目に触れるために、ダメ元で接触してみるのはありかも?

    返信
    1. 名前

      鳥取ループ・示現舎を提訴したのは解同。全国連とは別組織。全国連は解同から分裂した過激派。

      全国連は解同の遵法闘争方針を生ぬるいと批判しているから、鳥取ループ・示現舎を提訴することはないだろう。

      返信
  5. 斉藤ママ(部落在住なのに減免なし)

    多くの人に見てもらう、というの、賛成です。

    認知症老人を最高裁まで導いた反日組織の実態を暴きたい。

    返信
  6. 匿名

    これって、法的にえええの?何の権限があるんだろ・・ 多勢で押しかけて恫喝するw 何も変わってないわ

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      もとが過激派ですから。東京地裁の警備が厳しくなりますね。

      返信
  7. 斉藤ママ(部落在住なのに減免なし)

    わかった! この裁判は、法曹が解同に声をかけたんですよ!
    戦後からずっと法曹はマフィアしかなれなかったんですよ。
    それで世襲であれば、ずっと法の支配は実現しません。
    こういう事なのではないでしょうか。

    返信
  8. 徒然人

    皆さんの言説は私にとって鮮烈で学ぶことがたくさんあります。私の余命も長くはないだろうから、見過ごして来た事実に触れる良い機会です。負けん気オヤジですが体力はカラキシなので、少しずつ整理して行きたいと思います。
    今まで何とか生きてきましたが、生かされて来たのかな?
    身辺の安全にはくれぐれもご留意下さいますよう。今後ともよろしくお願い致します。

    返信
  9. 名無し

    調べていたらこちらのサイトにたどり着いた者です。
    糾弾状と書かれていますが、内容を見る限り脅迫状に思えてなりません。
    いい大人が集団になって追い詰めようとする行為は正義なのでしょうか。
    他人の行いを批判する前に自分たちの行いを疑問に思って欲しいものです。
    溝を埋めなければいけないところをあえて広げようとする意味がわかりません。

    貴重な記事でした。ありがとうございました。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      はい、いわゆる部落民と運動団体が別物であることが分かっていただけると思います。

      返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(286)埼玉県 本庄市 児玉町児玉 吉田林

小林初枝『こんな差別が』には次の記述がある。 私の友人の弟で岩上姓なる青年が、部落外の娘と恋仲になりましたが、娘の親戚から、「せめてもう少し離れた土地の岩上なら、世間さまへいいわけもきくが、児玉で岩上といやあ、だれでもい […]

【カルトと韓国】伊豆市の 怪寺・平和寺本山に 潜む韓国人脈と 遺骨収集利権

統一教会に対するメディアスクラムは非常にありがたい。平素は韓国を論じるだけで排外、差別と断じるマスコミや左派の面々から「韓国とカルト」追及に“お墨付き ”を頂戴した。ならば裏社会、不法投棄などで名高い怪寺・平和寺本山(静 […]

「安倍晋三」終焉の地、奈良の 元組長が 語った「非常に 特質な地域」の 意味とは?

安倍晋三元首相の終焉の地「奈良」。訳アリ地域なのは弊社の過去記事をご参考に。今回は“ 解放化する奈良自民”なるテーマで取材を始めた。そんな矢先、岩田國夫県議(自民会派)が奈良新聞社を相手取った民事訴訟を検証する中で、倉本 […]

学術・研究:部落探訪(285 後編)埼玉県 本庄市 児玉町児玉 下町

前回に引き続き、下町の探訪である。そもそも「下町」とはどこの、どの範囲を指すのか、文献だけでは分かりにくかったが、現地を探訪するうちに次第に全容が分かってきた。 それを理解する鍵は、小林初枝『こんな差別が』で挙げられてい […]

【速報】“ ガーシー参議院議員” オンラインサロン支払い トラブル発生で被害届も!

暴露系YouTuber、NHK党所属の参議院議員、ガーシーこと東谷義和氏。人気YouTuberや芸能人のスキャンダルを暴露してきた他、今年7月の参院選で当選したのもご存じだろう。ところが昨年、YouTuber・ヒカル氏の […]

パワハラ大谷派僧侶の「部落解放」研修に 疑問の声

真宗大谷派は日本有数の仏教団体。護憲、死刑廃止、そして部落解放運動といった左派活動にも協力的だ。「解放運動推進本部」という部署が示す通り、同和問題にも熱心だが、先ごろ同教派徳泉寺(川崎市)住職によるパワハラ騒動が発生した […]