国民・岸本周平(衆)が 和歌山県知事選出馬表明へ    二階王国再編の シナリオ

カテゴリー: 地方, 政治 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

国民民主党幹事長代行の岸本周平衆議院議員(和歌山一区)は、今年12月に任期満了を迎える和歌山県知事選に出馬することが周辺への取材で判明した。岸本氏出馬の背景は仁坂県政に不満を持つ自民党同県連の思惑も見逃せない。また長らく自民党の対立候補を退け、一区の議席を守ってきた岸本氏が“卒業 ”となると、自民党議員による仁義なきイス取りゲームへ発展するだろう。二階王国・和歌山の再編が始まるのだ。

知事選を想定した政治活動

岸本氏の和歌山県知事選出馬は二階俊博が 次期知事選、岸本周平擁立の “噂の真相 ”(2022年3月18日)で紹介したが、地元政界では既成事実として動いてきた。当の岸本氏も知事選を意識した活動を展開。現在、自民党と距離を縮め連立を模索する国民民主党だが立ち位置は明確ではない。また一方で国民民主党は4月、日本維新の会との参院選協力を破棄した。

ところが岸本氏の動きは“一人連立 ”といってもいいだろう。

2月27日の紀の川市長選は、岸本健現市長(自公国民推薦)を支持し、自民党関係者も居並ぶ中で応援演説に立った。

さらに高野町(伊都郡、4月17日投開票)町長選で自民推薦の現職候補の応援に訪れたというが

「紀の川市長選は党推薦だから応援するのも分かります。しかし全く無関係の高野町町長選というのは知事選を意識したとしか思えません」(和歌山政界通)

という指摘は岸本氏の本気度が伝わってくる。近日中に国民民主党から離党し、出馬表明する予定だが前の政界通によれば

「22日に後援会、支援者へ説明会を行った後、23日にダイワロイネットホテル和歌山(和歌山市七番丁)で記者会見を開きます」

というスケジュール。永田町・議員会館の岸本事務所に確認したところ「こちらは全く承知しておりませんのでお答えしかねます」という回答だ。

岸本氏出馬は 中央政界も左右する!?

岸本氏は東大法卒、大蔵官僚上がりの絵に描いたようなエリート。当選回数5回の実績もある。それに対して国民民主党では選挙対策委員長(旧)、選挙対策委員長を歴任し現在は幹事長代行という微妙すぎる処遇だ。

キャリアに反して党内の存在感は薄い。というのも自民党・二階俊博元幹事長と懇意にしており、地元では「事実上の二階派会員」とも揶揄されている。過去記事でも紹介したが

「維新の有名議員が和歌山で講演会を行った時に“岸本(周)さんは国民民主党内で干されている ”と話すと会場は大ウケでした」(地元記者)

この通り、他党議員からもイジられるほど。もっとも国民民主党自体、先行きは心許ない中で国政よりも県知事でキャリアハイを狙うというわけだ。

さらに岸本氏の出馬は自民党和歌山県連にとっても歓迎すべき話。

「和歌山一区から岸本氏が抜ければ自民党候補を同区に押し込めるということ。先の総選挙で落選した門博文前衆議員議員などは岸本氏の応援に動くということです。ホンマ、もう何でもアリで呆れますわ」(事情通)

対する仁坂吉伸知事は当選回数4回でなおかつコロナウイルス対応でも評価された。

「正確には保健技官が有能という話なんですが(笑)」(前出事情通)

と疑問視する声がある一方で有権者にとっては仁坂知事の手腕とみる向きが強いだろう。盤石そうな仁坂知事だが脛に傷も。

「IR(カジノを含む統合型リゾート施設)計画が頓挫したのは百条委員会設置まで囁かれました。当然、岸本氏もIRを追及すると思います」(地元記者)

予定されている23日の出馬表明。岸本氏からどのような意気込みが語られるか――。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【和歌山県】仁坂知事5選断念! VS 二階俊博“ に・に戦争”は痛み分け

和歌山県・仁坂吉伸知事が5選出馬断念。今年12月に任期満了を迎える仁坂知事は「慣例により議会で表明する」との意向を示しており注目が集まった6月定例会。6月15日、5選目の県知事選に出馬せずと明言した。地方のイチ県知事の動 […]

【速報】津市相生町 補助金詐欺事件で 共犯の 増田宏和被告が 判決直前に 暴行で 逮捕!

津市から自治会関係の補助金詐取の罪を問われ、現在公判中の増田宏和被告が今日7日早朝、暴行、傷害の疑いで逮捕されていたことが捜査関係者への取材で判明した。増田被告は同事件で昨年、判決を受けた田邊哲司元相生町自治会長(懲役3 […]

【津市自治会問題】ごみ箱補助金詐取で 柳山港中路町自治会副会長に 有罪判決

津市相生町自治会長事件から再び――。自治会のごみ箱設置の補助金を津市から詐取したとして、詐欺罪を問われていた津市港中路町自治会元副会長、前田紀行被告に対して26日、津地裁は懲役1年4月(求刑1年6月)、執行猶予3年を言い […]

【野党研究】国民・岸本周平氏、和歌山知事選問題で見えた 自民党の“ エグさ”

前回に続き国民民主党幹事長代行、岸本周平衆議院議員の和歌山県知事立候補問題。岸本氏は本日、和歌山市内で正式に出馬表明する予定だ。表面的には野党の現職議員が知事選出馬というニュースに過ぎない。しかし内情を検証するに、自民党 […]

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(後編)「同和の名刺」の 影響は?

12日、熱海市百条委員会で証人尋問を受けた前土地所有者。もうご存知だろう。かつて同市議会で「同和系列の会社」と答弁された人物である。約2時間に及ぶ証人喚問の中で焦点はやはり“ 同和の名刺”がどの程度、行政に影響したのかと […]

【前所有者余話】熱海市百条委員会 トホホ後日談

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(前編) 後編の前所有者証言。これは強く思うところがあり、気が滅入る部分もあった。そこで読者諸氏におかれても気分転換をして頂く意味で余話。トホホな後日談をど […]