国民・岸本周平(衆)が 和歌山県知事選出馬表明へ    二階王国再編の シナリオ

カテゴリー: 地方, 政治 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

国民民主党幹事長代行の岸本周平衆議院議員(和歌山一区)は、今年12月に任期満了を迎える和歌山県知事選に出馬することが周辺への取材で判明した。岸本氏出馬の背景は仁坂県政に不満を持つ自民党同県連の思惑も見逃せない。また長らく自民党の対立候補を退け、一区の議席を守ってきた岸本氏が“卒業 ”となると、自民党議員による仁義なきイス取りゲームへ発展するだろう。二階王国・和歌山の再編が始まるのだ。

知事選を想定した政治活動

岸本氏の和歌山県知事選出馬は二階俊博が 次期知事選、岸本周平擁立の “噂の真相 ”(2022年3月18日)で紹介したが、地元政界では既成事実として動いてきた。当の岸本氏も知事選を意識した活動を展開。現在、自民党と距離を縮め連立を模索する国民民主党だが立ち位置は明確ではない。また一方で国民民主党は4月、日本維新の会との参院選協力を破棄した。

ところが岸本氏の動きは“一人連立 ”といってもいいだろう。

2月27日の紀の川市長選は、岸本健現市長(自公国民推薦)を支持し、自民党関係者も居並ぶ中で応援演説に立った。

さらに高野町(伊都郡、4月17日投開票)町長選で自民推薦の現職候補の応援に訪れたというが

「紀の川市長選は党推薦だから応援するのも分かります。しかし全く無関係の高野町町長選というのは知事選を意識したとしか思えません」(和歌山政界通)

という指摘は岸本氏の本気度が伝わってくる。近日中に国民民主党から離党し、出馬表明する予定だが前の政界通によれば

「22日に後援会、支援者へ説明会を行った後、23日にダイワロイネットホテル和歌山(和歌山市七番丁)で記者会見を開きます」

というスケジュール。永田町・議員会館の岸本事務所に確認したところ「こちらは全く承知しておりませんのでお答えしかねます」という回答だ。

岸本氏出馬は 中央政界も左右する!?

岸本氏は東大法卒、大蔵官僚上がりの絵に描いたようなエリート。当選回数5回の実績もある。それに対して国民民主党では選挙対策委員長(旧)、選挙対策委員長を歴任し現在は幹事長代行という微妙すぎる処遇だ。

キャリアに反して党内の存在感は薄い。というのも自民党・二階俊博元幹事長と懇意にしており、地元では「事実上の二階派会員」とも揶揄されている。過去記事でも紹介したが

「維新の有名議員が和歌山で講演会を行った時に“岸本(周)さんは国民民主党内で干されている ”と話すと会場は大ウケでした」(地元記者)

この通り、他党議員からもイジられるほど。もっとも国民民主党自体、先行きは心許ない中で国政よりも県知事でキャリアハイを狙うというわけだ。

さらに岸本氏の出馬は自民党和歌山県連にとっても歓迎すべき話。

「和歌山一区から岸本氏が抜ければ自民党候補を同区に押し込めるということ。先の総選挙で落選した門博文前衆議員議員などは岸本氏の応援に動くということです。ホンマ、もう何でもアリで呆れますわ」(事情通)

対する仁坂吉伸知事は当選回数4回でなおかつコロナウイルス対応でも評価された。

「正確には保健技官が有能という話なんですが(笑)」(前出事情通)

と疑問視する声がある一方で有権者にとっては仁坂知事の手腕とみる向きが強いだろう。盤石そうな仁坂知事だが脛に傷も。

「IR(カジノを含む統合型リゾート施設)計画が頓挫したのは百条委員会設置まで囁かれました。当然、岸本氏もIRを追及すると思います」(地元記者)

予定されている23日の出馬表明。岸本氏からどのような意気込みが語られるか――。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

東京都の 住民監査請求は 身バレせずに できる!?

昨年、示現舎は東京都に提出された、一般社団法人Colabo関係の住民監査請求の内容を情報公開請求していたが、結果は「特定の個人を識別することができる」等の理由で非開示とされた。それだけでなく、東京都の住民監査請求は請求人 […]

自民のドンが 党本部で沈黙! 和歌山衆院補選の 混乱で見えた 二階→世耕の世代交代

4月予定の和歌山県衆院一区補選だが、まだ自民党候補は決定していない。現状、有力視されているのは衆院への鞍替えを狙う鶴保(つるほ)庸介(ようすけ)参議院議員。一時は門博文前衆議院議員を推す動きもあったがその線は消えた。昨年 […]

【和歌山 衆院補選】門博文「公認おねだり音声」流出で 見えたドン二階の 落日

岸本周平知事が初の公務で18日、御坊市で開催された「きのくにロボットフェスティバル2022」に登壇(写真)。来賓席には岸本知事擁立に動いた二階俊博元幹事長が鎮座する。他方、知事の長年の政敵だった門博文氏は来年の衆院補選に […]

【Colabo問題】仁藤氏が「ナヌムの家」 元スタッフと 講演会! 女性支援は 左翼人脈が鮮明に

炎上中の一般社団法人Colabo(仁藤夢乃代表理事)問題。運営状況をめぐり疑問が噴出するが、報道陣や活動家らはただ「罵倒」で応じている。この状況下で左派の人物関係を浮き彫りにしたのが、昨日18日のトークイベント。仁藤氏、 […]

【二階王国】和歌山衆院 1区補選、自民候補に 世耕氏支持率42%の 衝撃データ入手!

候補者選定で揺れた和歌山県知事選挙だが終わってみれば自民党が推薦した元衆議院議員、岸本周平氏が他候補に大差で圧勝。岸本氏当選は予想通りだが、すでに関心は来年4月予定の和歌山一区補選。今回、自民党和歌山県連の事前調査を入手 […]

【Colabo問題】支える会 際立つ慰安婦人脈! 厚労省&東京都公認の 日本版「ナヌムの家」なのか

SNS内の炎上だった一般社団法人Colabo(仁藤夢乃代表理事)の会計問題も政治案件化しつつある。ここである疑問を抱く。バスカフェや見回りなど若年女性の支援事業を行うが、救済された女性らが「仁藤氏守れ」の声を挙げてもいい […]