国民・岸本周平(衆)が 和歌山県知事選出馬表明へ    二階王国再編の シナリオ

カテゴリー: 地方, 政治 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

国民民主党幹事長代行の岸本周平衆議院議員(和歌山一区)は、今年12月に任期満了を迎える和歌山県知事選に出馬することが周辺への取材で判明した。岸本氏出馬の背景は仁坂県政に不満を持つ自民党同県連の思惑も見逃せない。また長らく自民党の対立候補を退け、一区の議席を守ってきた岸本氏が“卒業 ”となると、自民党議員による仁義なきイス取りゲームへ発展するだろう。二階王国・和歌山の再編が始まるのだ。

知事選を想定した政治活動

岸本氏の和歌山県知事選出馬は二階俊博が 次期知事選、岸本周平擁立の “噂の真相 ”(2022年3月18日)で紹介したが、地元政界では既成事実として動いてきた。当の岸本氏も知事選を意識した活動を展開。現在、自民党と距離を縮め連立を模索する国民民主党だが立ち位置は明確ではない。また一方で国民民主党は4月、日本維新の会との参院選協力を破棄した。

ところが岸本氏の動きは“一人連立 ”といってもいいだろう。

2月27日の紀の川市長選は、岸本健現市長(自公国民推薦)を支持し、自民党関係者も居並ぶ中で応援演説に立った。

さらに高野町(伊都郡、4月17日投開票)町長選で自民推薦の現職候補の応援に訪れたというが

「紀の川市長選は党推薦だから応援するのも分かります。しかし全く無関係の高野町町長選というのは知事選を意識したとしか思えません」(和歌山政界通)

という指摘は岸本氏の本気度が伝わってくる。近日中に国民民主党から離党し、出馬表明する予定だが前の政界通によれば

「22日に後援会、支援者へ説明会を行った後、23日にダイワロイネットホテル和歌山(和歌山市七番丁)で記者会見を開きます」

というスケジュール。永田町・議員会館の岸本事務所に確認したところ「こちらは全く承知しておりませんのでお答えしかねます」という回答だ。

岸本氏出馬は 中央政界も左右する!?

岸本氏は東大法卒、大蔵官僚上がりの絵に描いたようなエリート。当選回数5回の実績もある。それに対して国民民主党では選挙対策委員長(旧)、選挙対策委員長を歴任し現在は幹事長代行という微妙すぎる処遇だ。

キャリアに反して党内の存在感は薄い。というのも自民党・二階俊博元幹事長と懇意にしており、地元では「事実上の二階派会員」とも揶揄されている。過去記事でも紹介したが

「維新の有名議員が和歌山で講演会を行った時に“岸本(周)さんは国民民主党内で干されている ”と話すと会場は大ウケでした」(地元記者)

この通り、他党議員からもイジられるほど。もっとも国民民主党自体、先行きは心許ない中で国政よりも県知事でキャリアハイを狙うというわけだ。

さらに岸本氏の出馬は自民党和歌山県連にとっても歓迎すべき話。

「和歌山一区から岸本氏が抜ければ自民党候補を同区に押し込めるということ。先の総選挙で落選した門博文前衆議員議員などは岸本氏の応援に動くということです。ホンマ、もう何でもアリで呆れますわ」(事情通)

対する仁坂吉伸知事は当選回数4回でなおかつコロナウイルス対応でも評価された。

「正確には保健技官が有能という話なんですが(笑)」(前出事情通)

と疑問視する声がある一方で有権者にとっては仁坂知事の手腕とみる向きが強いだろう。盤石そうな仁坂知事だが脛に傷も。

「IR(カジノを含む統合型リゾート施設)計画が頓挫したのは百条委員会設置まで囁かれました。当然、岸本氏もIRを追及すると思います」(地元記者)

予定されている23日の出馬表明。岸本氏からどのような意気込みが語られるか――。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【浜松市土石流】また 静岡で 盛り土の被害!「残土受けれます」看板主の 責任能力は?

静岡県で盛り土の悪夢が再び! 台風15号の影響で24日深夜、浜松市と掛川市で土砂災害が発生。しかも浜松市の土砂崩れは家屋敷地の盛り土が原因とみられ約3世帯が被災した。盛り土家主はごく普通の高齢女性…。数年前から浜松市に相 […]

【カルトと韓国】伊豆市の 怪寺・平和寺本山に 潜む韓国人脈と 遺骨収集利権

統一教会に対するメディアスクラムは非常にありがたい。平素は韓国を論じるだけで排外、差別と断じるマスコミや左派の面々から「韓国とカルト」追及に“お墨付き ”を頂戴した。ならば裏社会、不法投棄などで名高い怪寺・平和寺本山(静 […]

「安倍晋三」終焉の地、奈良の 元組長が 語った「非常に 特質な地域」の 意味とは?

安倍晋三元首相の終焉の地「奈良」。訳アリ地域なのは弊社の過去記事をご参考に。今回は“ 解放化する奈良自民”なるテーマで取材を始めた。そんな矢先、岩田國夫県議(自民会派)が奈良新聞社を相手取った民事訴訟を検証する中で、倉本 […]

【号外】津市・高洲町教育集会所に「示現舎」を名乗る 怪文書が届いた!

こんな変な 改行しないぞ! 津市相生町自治会長事件に関わってから約2年。その後、同市柳山津興自治会元副会長が相生町元自治会長と同種案件のごみ箱補助金詐取で逮捕された。これも事件の余波である。 いまだにキナ臭い津市。 そん […]

【政局】仁義なき 和歌山県知事選 小谷氏擁立はドン 二階&世耕の 大芝居だった!

統一教会報道で弱り目に祟り目の自民党。しかし選挙戦術の狡猾さは他党の追随を許さない。NHKが訳アリ明白の“ 報道しない自由”を行使する和歌山県知事選(11月27日投開票)で自民党県連が青森県総務部長・小谷知也氏推薦を見送 […]

奥サマのNHK? 和歌山知事選 自民候補を報じない NHK和歌山は“ 岸本周平妻デスク”への 忖度だ!

「忖度」の二文字に小躍りする日本のマスコミ。森友・加計学園問題の渦中で多用されたのは記憶に新しい。その実、「忖度」を最も体現するのがマスコミ諸氏かと。当サイトが昨年から注目する和歌山県知事選でも露骨なのだ。すでに同知事選 […]