全国部落調査事件 証人尋問始まる

カテゴリー: 全国部落調査事件 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

昨日8月31日13:30、東京地裁で全国部落調査事件の口頭弁論が開かれました。長らく非公開の弁論準備手続が続いていたので、ここにきてようやく公開の裁判が再開されました。

今回は証人が3名の予定でしたが、九州からの1名が自身および家族が高齢のために東京を避けたいという理由で不出頭となったため、2名に対する証人尋問となりました。

最初に東京地裁の大法廷で口頭弁論をした時は毎回傍聴席は満席で原告席はぎゅうぎゅう詰めでしたが、今回はかなり間が開けられていました。

そして、奇妙だったのは原告側から裁判記録の閲覧制限がされているために、最初に裁判官から証人の氏名と部落名は言わないように注意がありました。しかし、今回の証人は中央本部副委員長と、東京都連副委員長という役職にあることからほぼ公然のものです。普段から弁論準備手付きの中で双方が実名をやりとりしていたことから、あまり秘密という意識がなく、裁判官や被告もうっかり何度も実名を出してしまうという奇妙な展開でした。

今回の書面のやりとりは、ほぼ証拠書類だけだっただめ、証拠証明書だけ掲載しておきます。

原告側
証拠説明書-R2-8-20.pdf

被告側
証拠説明書-R2-8-24.pdf

証人尋問は最初に原告の弁護士から原告の証人に質問する方式で、内容のほとんどは今まで準備書面等で述べてきた過去の差別事件の事例(1970年代、80年代)の話や部落差別解消推進法についての主張で、裁判から注意される場面もあったのですが、新しい話や非常に興味深い話もありました。

証拠説明書にある通り、今年の7月から8月にかけて、片岡副委員長の家に「特殊珍肉エタオカ」等の宛名でアダルトグッズが送られてきたとのことです。これは部落解放同盟関係人物一覧等が原因だというのが解放同盟側の主張でしたが、結局それを送ったのは誰かといったこと等、明確な根拠は示されませんでした。

後で被告側の反対尋問ができたので、被告側からも聞いてみたのですが、他にも様々な興味深い事実が分かっています。それは以下のことです。

・解放同盟の会員は現在約4万人、36都府県連合会
・解放同盟には部落民でなくても入れる(このことが妙に強調されて、部落民の定義についての話題を避けているような印象でした)
・片岡副委員長は部落民であることを4代前まで確認したと豪語していたが、結局先祖の身分を確認したわけではない
・解放同盟は全国の部落の場所は概ね把握してきたが2015年以前は全国部落調査を保有してはいない
・解放同盟の支部は部落がある地域に設置されている
・示現舎の2人に対する顔写真入り手配書は片岡副委員長自身が作った

…等です。

松島都連副委員長の証人尋問では、次のことが分かっています。

・名前や役職や出身部落の地名を不特定多数に販売される書籍で言及したことは事実
・上記の書籍に書かれている結婚差別を受けた兄が暴走族の特攻隊長だったのは事実(ただし、結婚差別を受けた時は足を洗っていた)
・出身地の部落についての詳細が書かれた書籍が出版販売されていたことは知っている
・解放同盟東京都連が被差別部落に関する固有名詞を東京都とやり取りしていたことについては知らない(…というより答えたくないというようなニュアンスでした)

他にも様々なやり取りがあったので、詳しくはぜひYoutubeの動画を御覧ください。

次回証人尋問は9月14日13:30 東京地裁で行われます。
時間ギリギリに行っても入れないので、傍聴したい方は1時間くらい前に行って傍聴券の抽選に参加してください。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

全国部落調査事件 証人尋問始まる」への5件のフィードバック

  1. 豆太郎

    「解放同盟の支部は部落がある地域に設置されている」

    これは嘘ですね。埼玉県連の草加支部や三郷支部の地元は部落ではありません。

    返信
  2. 豆太郎

    東京都連江戸川支部は江戸川区平井にありましたが、ここも部落ではないですね。指定地区でも未指定地区でもなく、旧賤民の集住地でもありません。

    神奈川県連川崎支部も明らかにそうでしょう。

    返信
  3. 菅四ジャイアンツ

    「2020年7月25日、原告片岡明幸の自宅に「特殊珍肉エタオカ」などとして、
    ①被差別部落を椰楡する「特殊部落」から「特殊」という表現
    を、
    ②被差別部落出身者を賎称する「エタ」 という表現を、
    ③原告片岡の実家である食肉店を椰楡する「珍肉」という表現を、
    それぞれ部落差別以外の何者でもない表現を3つも用いて」
    http://files.tottoriloop.miya.be/data/2016/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%9C%B0%E8%A3%81-H28-4-19/2020-8-31-%E7%AC%AC%EF%BC%99%E5%9B%9E%E5%8F%A3%E9%A0%AD%E5%BC%81%E8%AB%96/%E5%8E%9F%E5%91%8A/%E8%A8%BC%E6%8B%A0%E8%AA%AC%E6%98%8E%E6%9B%B8-R2-8-20.pdf

    片岡明幸はこんなことを言い張っていますが、デタラメもいいところですね。「特殊珍肉」というのは「ぶっちゃー」のウェブサイトにある業務内容の説明文「内容:食肉小売・食肉及び惣菜業務卸・手造り惣菜・個人宅配送主取扱品:牛肉・生ホルモン全般・希少部位・豚肉・鶏肉・手造り惣菜・ジビエ肉・特殊珍肉」の一部です。「部落差別以外の何者でもない表現」というのはこじつけです。

    まさに針小棒大。「エタ」も歴史用語であって差別表現と言えるかどうかは微妙です。何かというと被害者ぶって平気で嘘をつく解放同盟の異常体質が、如実にあらわれています。

    https://www.google.com/search?q=%22%E7%89%B9%E6%AE%8A%E7%8F%8D%E8%82%89%22&oq=%22%E7%89%B9%E6%AE%8A%E7%8F%8D%E8%82%89%22&aqs=chrome..69i57.3911j0j1&sourceid=chrome&ie=UTF-8

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      その通りだと思います。特殊珍肉という言葉を生み出したセンスは正直素晴らしいです。

      返信
      1. 菅四ジャイアンツ

        検索してみると

        「特殊 珍柄」
        「特殊珍術」
        「特殊珍種」

        などの語も他のショッピングサイト等で使用例があります。「特殊珍肉」は、それらに倣って「ぶっちゃー」が創った造語でしょう。https://www.google.com/search?q=%22%E7%89%B9%E6%AE%8A%E7%8F%8D%22&source=lnms&sa=X&ved=2ahUKEwiZ3NH74MT4AhWYwosBHQ45BJw4MhD8BSgAegQIARAC&biw=1920&bih=969&dpr=1

        いずれにせよ、「部落差別以外の何者でもない表現を3つも用いて」という片岡の主張は単なるデタラメで言いがかりですね。片岡がどういう異常な精神世界に生きている人間なのかを窺わせるに足るエピソードです。おそらく病的な被害妄想と虚言の底なし沼に沈没して這い上がれなくなった気の毒な人なのでしょう。解放同盟でもここまで「いかれてしまった」人は珍しいかもしれません。

        返信

関連記事

全国部落調査事件 控訴審第1回口頭弁論が 開かれます

8月3日(水)14:00から東京高裁で全国部落調査事件控訴審の最初の口頭弁論が行われます。当日は傍聴券が配布されます。13:30までには裁判所に来ておきましょう。なお、13:00頃に日比谷公園かもめの広場に来ると、私に会 […]

全国連から「公開質問状 5」が 送られてきました

前回から少し空いて、また全国連から公開質問状が送られてきました。しかし、このところ一方的に質問を送りつけるのみで、筆者の回答をウェブサイトに掲載しないし、全国連自身が行っている同和を利用した金儲け行為に対しては何の反論も […]

全国部落調査事件 東京地裁が判決と矛盾した決定

昨年9月27日に東京地裁で判決が下された全国部落調査事件の裁判、双方とも控訴したものの、書類がずっと地裁に留め置かれる状態になっていました。そして、先日4月15日にようやく東京高裁に書類が届き、担当部署が決まったことが確 […]

全国部落調査事件 東京地裁判決の全内容

9月27日の全国部落調査の出版禁止に関する裁判の判決について各社が報じている。しかし、結局のところは判決の内容を見ないことには理解できないであろう。今回は原告が誰かということ自体がプライバシーとされたわけだが、判決書では […]