鳥取市役所で人権侵害救済法等の制定を求める署名

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

部落解放共闘会議というものが各地にあり、解放同盟と連合系の労働組合が連携し、様々な政治活動を行っている。これは、解放同盟の政治力の根源の1つになっている。

その政治活動の1つが署名活動である。例えば鳥取市役所では、解放同盟→自治労→鳥取市役所職員労働組合という流れで組合委員への署名の要請がされることがある。

その署名活動が今まさに行われている最中だ。その内容は以下の画像のようなものである。

page1

page2

国会と内閣に「差別禁止法」「人権侵害救済法」「部落差別の解消の推進に関する法律」の早期制定を求めている。

一昔前は、家族等も巻き込んで1組合員あたり3筆のノルマが課せられていたものだが、今回は1人1筆である。このことから、以前に比べれば若干力は弱くなってきていることがうかがえる。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

鳥取市役所で人権侵害救済法等の制定を求める署名」への5件のフィードバック

  1. 匿名

    つまらん署名活動。めんどくさそう。自治労関係者も本心はうんざりしているのでは?逆らうと陰険陰湿な嫌がらせが待ち構えているので、仕方なく署名活動しているだけだろう。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      市役所の労組は強制加入だったのですが、最近は、こういうのが嫌で労組を脱退する人もいるようです。

      返信
  2. 徒然人

    この署名は労組が絡んでいるから市職は拒否しにくい。震災や原発、地震でアップアップやってる日本に、人権関連法案を施行する余裕などあるのか。福島は放射能汚染の真っ只中。鳥取だっていつ被害をうけるかわからない。北からはミサイル。まずは身近な遺伝子を救済しなさい。なにやっとるんだ日本!

    返信
  3. 匿名の匿名(こんなサイトにコメントしていることがばれると法による懲戒処分を受けかねない。じゃなくて明らかにヤバイ仕事)

    鳥取市どころか鳥取県職員連合(県職員の組合)でも署名を集めていますよ
    私は、前のGoogle mapのときも署名していないので、署名していないけど

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      情報ありがとうございます。
      前回も、県と一緒にやっていましたね。自治労なので、県下自治体でやっているんでしょうね。

      返信

関連記事

【津市自治会問題】ごみ箱補助金詐取で 柳山港中路町自治会副会長に 有罪判決

津市相生町自治会長事件から再び――。自治会のごみ箱設置の補助金を津市から詐取したとして、詐欺罪を問われていた津市港中路町自治会元副会長、前田紀行被告に対して26日、津地裁は懲役1年4月(求刑1年6月)、執行猶予3年を言い […]

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。 部落名は金山 […]

【野党研究】国民・岸本周平氏、和歌山知事選問題で見えた 自民党の“ エグさ”

前回に続き国民民主党幹事長代行、岸本周平衆議院議員の和歌山県知事立候補問題。岸本氏は本日、和歌山市内で正式に出馬表明する予定だ。表面的には野党の現職議員が知事選出馬というニュースに過ぎない。しかし内情を検証するに、自民党 […]

国民・岸本周平(衆)が 和歌山県知事選出馬表明へ    二階王国再編の シナリオ

国民民主党幹事長代行の岸本周平衆議院議員(和歌山一区)は、今年12月に任期満了を迎える和歌山県知事選に出馬することが周辺への取材で判明した。岸本氏出馬の背景は仁坂県政に不満を持つ自民党同県連の思惑も見逃せない。また長らく […]

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(後編)「同和の名刺」の 影響は?

12日、熱海市百条委員会で証人尋問を受けた前土地所有者。もうご存知だろう。かつて同市議会で「同和系列の会社」と答弁された人物である。約2時間に及ぶ証人喚問の中で焦点はやはり“ 同和の名刺”がどの程度、行政に影響したのかと […]