鳥取市役所で人権侵害救済法等の制定を求める署名

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

部落解放共闘会議というものが各地にあり、解放同盟と連合系の労働組合が連携し、様々な政治活動を行っている。これは、解放同盟の政治力の根源の1つになっている。

その政治活動の1つが署名活動である。例えば鳥取市役所では、解放同盟→自治労→鳥取市役所職員労働組合という流れで組合委員への署名の要請がされることがある。

その署名活動が今まさに行われている最中だ。その内容は以下の画像のようなものである。

page1

page2

国会と内閣に「差別禁止法」「人権侵害救済法」「部落差別の解消の推進に関する法律」の早期制定を求めている。

一昔前は、家族等も巻き込んで1組合員あたり3筆のノルマが課せられていたものだが、今回は1人1筆である。このことから、以前に比べれば若干力は弱くなってきていることがうかがえる。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

鳥取市役所で人権侵害救済法等の制定を求める署名」への5件のフィードバック

  1. 匿名

    つまらん署名活動。めんどくさそう。自治労関係者も本心はうんざりしているのでは?逆らうと陰険陰湿な嫌がらせが待ち構えているので、仕方なく署名活動しているだけだろう。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      市役所の労組は強制加入だったのですが、最近は、こういうのが嫌で労組を脱退する人もいるようです。

      返信
  2. 徒然人

    この署名は労組が絡んでいるから市職は拒否しにくい。震災や原発、地震でアップアップやってる日本に、人権関連法案を施行する余裕などあるのか。福島は放射能汚染の真っ只中。鳥取だっていつ被害をうけるかわからない。北からはミサイル。まずは身近な遺伝子を救済しなさい。なにやっとるんだ日本!

    返信
  3. 匿名の匿名(こんなサイトにコメントしていることがばれると法による懲戒処分を受けかねない。じゃなくて明らかにヤバイ仕事)

    鳥取市どころか鳥取県職員連合(県職員の組合)でも署名を集めていますよ
    私は、前のGoogle mapのときも署名していないので、署名していないけど

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      情報ありがとうございます。
      前回も、県と一緒にやっていましたね。自治労なので、県下自治体でやっているんでしょうね。

      返信

関連記事

三浦瑠麗氏の 夫企業が 太陽光投資詐欺で 告発!「一切知り得ない」は 通用するか!?

太陽光発電投資をめぐる10億円もの詐欺で刑事告発された投資会社「トライベイキャピタル」(千代田区永田町2)と代表者自宅に今月19日、東京地検特捜部が家宅捜索したと報じられた。同社代表は国際政治学者・三浦瑠麗氏の夫、三浦清 […]

東京都の 住民監査請求は 身バレせずに できる!?

昨年、示現舎は東京都に提出された、一般社団法人Colabo関係の住民監査請求の内容を情報公開請求していたが、結果は「特定の個人を識別することができる」等の理由で非開示とされた。それだけでなく、東京都の住民監査請求は請求人 […]

自民のドンが 党本部で沈黙! 和歌山衆院補選の 混乱で見えた 二階→世耕の世代交代

4月予定の和歌山県衆院一区補選だが、まだ自民党候補は決定していない。現状、有力視されているのは衆院への鞍替えを狙う鶴保(つるほ)庸介(ようすけ)参議院議員。一時は門博文前衆議院議員を推す動きもあったがその線は消えた。昨年 […]

学術・研究:部落探訪(297)茨城県 古河市 諸川 西部

部落と言われてもピンとこない茨城県でも、どこが部落かといった地元での伝承は存在する。ただし、それらは不正確であることが多いので、文献に基づいた検証が必要である。そのような検証で、ほぼ間違いないと特定されたのが、今回訪れた […]

「仁藤夢乃氏と 半島人脈」いわくつき 慰安婦映画、親北 “冬ソナ俳優 ”も 浮上した!

掘れば掘るほど怪しい若年女性支援事業。こと昨年から炎上中のColabo・仁藤夢乃代表理事と慰安婦団体人脈は過去記事で指摘した。関係人物をたどると寄付金の私的流用で懲役5年を求刑された慰安婦団体前理事長、尹美香被告、いわく […]