殺人未遂の”同和の会長”の地元、大垣市若森会館運営協議会の中身

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

「父は部落解放同盟の役員だったので暴力団や右翼ともつきあいがあった」。部落解放同盟岐阜県連前執行委員長の石井輝男(故人)の長男で、株式会社イシイ(大垣市)前社長、同県連大垣支部長だった石井涼也が起こした殺人未遂事件公判での一族の証言。当時、これを聞いた時は、衝撃を受けたものだ。事件と同和事業との因果関係については『同和の会長』(小社刊)に詳しい。判決から一年、石井一族とも関係が深い大垣市若森会館の運営協議会が7月31日に開催されたが、事件について何らかの言及があるのか? また事件を受けて運営に影響があったのかを確認するべく傍聴してみた。

このところ部落解放同盟などの集会、シンポジウムでは会場前に運動家らが集結し、本誌を門前払い、強制排除をするのは、過去にも報じた通り。対して若森会館運営協議会は、大垣市主催で一般人・報道関係者にも公開だから、まさか”排除”ということはないだろう。そう思ったものの、想像できないことが普通に起きてしまうこの業界。しかし、すんなりと会場の若森会館集会室に入ることができた。若森会館は、正面から右に集会所、左の建物に部落解放同盟大垣支部の事務所がある。以前も事務所の取材を試みたが、当時も、今回も同様に、少しでも大垣支部の事務所側に近づこうとすると職員側が直ちに制止する。妙なものだ。

受付で協議会の資料をもらうと、職員から別室で待つように指示された。開会のことば、教育長のあいさつ、会長のあいさつが終わった後で傍聴人の入場を許可するとのことだ。

若森会館は同和問題の理解と認識を深めるとともに地域住民のみなさんが明るく住み良い地域づくりをめざして学習や集会活動を通してお互いの人権を尊重し合い地域の健全育成をはかるための施設です

協議会の冒頭で開会の言葉として、この一文が宣言された。若森会館自体は、外見上、解放運動、同和事業色を匂わすものがないが、宣言文を見るにやはり隣保館として運営されていることが分かる。さて議題は、平成28年度事業報告、平成29年度の事業進行状況、また「人権・同和問題をみんなで考える学習会について」の平成28年度実施報告、そして平成29年度の実施計画が報告された。いわゆる株式総会などで言うところの”しゃんしゃん総会”(質問、討議がなく計画通りに進むこと)で、特に事件や、解放運動のあり方、同和教育といった話は皆無だった。


若森会館の活動も手芸、手話講座、識字講座、パソコン教室、といったいわゆる生涯教育やサークル活動などの利用が大半。事実上、町の公民館としての役割を果たしているようだ。さて淡々と進行する協議会だが、用意された資料を職員が読み上げるだけで、当初、1時間予定と聞いていたが、30分程度で何事もなく終了。石井涼也に多少なりとも関係する話を強いて挙げるとすれば、同氏がヤクザ者に絡まれたという部落解放同盟大垣支部主催の「納涼盆踊り」が紹介されたことだろうか。参加、協力が呼びかけられていた。

議事内容について若干、拍子抜けした感もあったのだが、同協議会を含めて改めて思うところがあった。この若森会館は、普段、退職教員などが嘱託で管理業務に関わっている。また報告にもあった「人権・同和問題をみんなで考える学習会について」の講師は、おおかた岐阜県や岐阜市の教育行政に関係した校長、教職員、あるいは公益社団法人人権啓発センターの役員といった面々だ。つまり講演、関連組織、隣保館も人権という名を冠した事実上の天下り、再就職先という側面もある。しかもなまじ「人権」というタテマエがある以上、議会また住民監査などでも取り上げにくいだろう。ある意味、行政にとってはこれほど便利なものはない。

同和団体が役所を恫喝して見返りを得る、という話は同和事業下で頻発した現象。しかし役所を利用したつもりが実は、利用されていた! 中には同和地区住民が隣保館の廃止を願っているにも関わらず役所の天下り先になっているため、延々と続いている地域も少なくない。いわゆる「同和利権」とされるものの実態は、「行政利権」「教育利権」でもある。大垣市、岐阜県の同和行政を見るとそんな気がしてならない。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

殺人未遂の”同和の会長”の地元、大垣市若森会館運営協議会の中身」への2件のフィードバック

  1. テルマ

    多くの業者から無理やり盆踊りの寄付金を集めたので、飲み食いは格安で提供できんだろね。
    元テキヤさんなんで力入れていたんで。
    輝さん亡き後も続いてるのはどうなんだろ!

    返信
    1. 三品純 投稿作成者

      石井氏の葬式パンフの件も併せて貴重なお話ありがとうございました。
      この関係についてはまた別件の話があり、動いています。
      もし内部情報にお詳しいのでしたらぜひお力添えを賜れないでしょうか。
      テルマ様に絶対に御迷惑はおかけしませんし、秘密厳守致します。
      本サイトのメールフォームでも090-2914-5059、[email protected]
      こちらにご一報頂けないでしょうか。

      返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。 部落名は金山 […]

【野党研究】国民・岸本周平氏、和歌山知事選問題で見えた 自民党の“ エグさ”

前回に続き国民民主党幹事長代行、岸本周平衆議院議員の和歌山県知事立候補問題。岸本氏は本日、和歌山市内で正式に出馬表明する予定だ。表面的には野党の現職議員が知事選出馬というニュースに過ぎない。しかし内情を検証するに、自民党 […]

国民・岸本周平(衆)が 和歌山県知事選出馬表明へ    二階王国再編の シナリオ

国民民主党幹事長代行の岸本周平衆議院議員(和歌山一区)は、今年12月に任期満了を迎える和歌山県知事選に出馬することが周辺への取材で判明した。岸本氏出馬の背景は仁坂県政に不満を持つ自民党同県連の思惑も見逃せない。また長らく […]

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(後編)「同和の名刺」の 影響は?

12日、熱海市百条委員会で証人尋問を受けた前土地所有者。もうご存知だろう。かつて同市議会で「同和系列の会社」と答弁された人物である。約2時間に及ぶ証人喚問の中で焦点はやはり“ 同和の名刺”がどの程度、行政に影響したのかと […]

【前所有者余話】熱海市百条委員会 トホホ後日談

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(前編) 後編の前所有者証言。これは強く思うところがあり、気が滅入る部分もあった。そこで読者諸氏におかれても気分転換をして頂く意味で余話。トホホな後日談をど […]