「月とスッポン」は差別用語鳥取県大山町議会

By 鳥取ループ

6月21日、鳥取県の大山町だいせんちょう圓岡まるおか伸夫のぶお町議会議員が懲罰を受けた。懲罰と言ってもその内容は用意された陳謝文を読み上げさせるだけのものである。懲罰の理由は、議会で無礼な言葉を使用したということだ。

そして、その無礼な言葉というのが「月とスッポン」である。それだけではなく、議会では「月とスッポンは差別発言である」という珍説まで飛び出した。

※画像は陳謝文を読み上げる圓岡伸夫議員。

問題の議会の録画を、以下のUSTREAMのアドレスから見てみよう。

http://www.ustream.tv/recorded/88633021

動画の11:20頃から、岩井いわい美保子みほこ議員が「この圓岡発言は、私は差別発言だと捉えております」と述べている。また、28:00では西山にしやま富三郎とみさぶろう議員が「この発言は町内医療機関を馬鹿にした発言であります。人を馬鹿にすることは差別になるんです。差別発言であります」、大杖おおつえ正彦まさひこ「町内の医療機関に対し、無礼であり差別発言と言わざるを得ない」とそれぞれ述べている。

これだけでは経緯が分からないので、もう少し詳しく説明しよう。

大山町と言えば、中国地方最高峰の大山を抱える町なのだが、鳥取県内の他の町と同様に過疎と高齢化に悩まされている。また、町内の医療機関も心もとなく、その設備は自動車で30分から1時間程度のところにある米子市のものと比べれば、まさに「月とスッポン」なわけである。実際、大山町内では肺がんの検査をすることができない。また、町営の大山診療所では緑内障予防のための眼圧検査をすることができない。

しかし、今まで米子市などの町外の医療機関でも町の助成金により1人1万円でできた町民の人間ドックについて、助成の対象を町内の医療機関に限定することについて圓岡議員は異論を唱えた。その、本年3月議会での発言が次のとおりである。

6月から大山診療所で週に1回、人間ドックを主とした健診が始まりますが、これが本当に町民のためになるのでしょうか。腫瘍マーカーこそ今後検討すると言われましたが、婦人科検診はこれまで通り個別検診ですし、結果は後日郵送です。答弁の中で人間ドックはどこで受けても一緒だと言われました。私も過去に一度だけ町内で受けたことがありますが、米子の医療機関とでは月とスッポンです。個人負担の1万円は評価しますが、町内の医療機関での人間ドック受診者数に制限を設けてまで大山診療所で人間ドックをする意味が分かりません。もし、大山診療所で人間ドックを受診した人が、緑内障を発症し、それが原因で失明をされたら誰が責任を取るのでしょうか。いますべきは、これまでの米子の医療機関も含め、今後どういう体制で健診をすれば町民の福祉の向上につながるのかを考えるべきだと思います

分かりにくいのがこの後の経過である。この時、他の議員からの抗議などにより「月とスッポン」等の発言は撤回されて議事録からも削除された。しかし、今年の6月議会で再び蒸し返されて、圓岡議員が3月議会での議事録削除に納得していない旨の発言をしたため、その事を採り上げて実質的には3月議会での発言が6月議会で懲罰動議の対象となってしまったわけである。その後開かれた懲罰委員会では懲罰の必要なしとの結論が一度は出たものの、本会議では8対6で懲罰動議が可決された。

発言の中で出てきた大山診療所は、毎年多額の赤字を出しているという。こういった背景を見ると、町営の診療所の存続を求める多くの議員と、それよりも町内外に関わらず診療の質を求める圓岡議員の間で対立があり、政争の道具として懲罰動議が使われたように見える。

それにしても、なぜ「月とスッポンは差別発言」といった言説が出てきたのか。事情通によれば、キーとなる人物は西山議員であるという。そこで、西山議員に、なぜ月とスッポンは差別発言なのか聞いてみた。

「誰が誰を差別したということになるのでしょうか?」

筆者の質問に対する、西山議員の答えが次の通りである。

「圓岡君が、町民全体ですよ私に言わせれば」

「私は部落解放運動をしてきておりますし、鳥取県の同和教育研究協議会の副会長でもありますし、部落差別をはじめ、あらゆる差別をなくし、国民が幸せに暮らせる町づくりということを標榜しておりますので」

「月とスッポンというのは比べ物にならないものだという差別表現だと辞書なんかには出てますのでね」

「月とスッポンという言葉自体が差別発言ですよ、差別用語と言っております私は」

ここから分かる通り、やはり「月とスッポンは差別発言」の裏には「同和」があったわけである。

一方の圓岡議員は、無所属・新人でなおかつ得票数最下位の議員ではあるが、これには背景がある。実は圓岡議員はもと共産党所属の議員であったのだが、票の分散を避けるために出馬しないようにとの党の方針に逆らって除籍された過去がある。現在は、言わば「一人共産党」のようになっているわけである。

議員での「差別発言」の懲罰を巡っては2014年の滋賀県甲賀市議会の事例昨年の福岡県那珂川町議会の事例があったが、いずれも解放同盟と共産党の対立が見え隠れしていた。

それにしても、「月とスッポンは差別発言」だから懲罰というのは、あまりに低レベルではないだろうか。

「月とスッポン」は差別用語鳥取県大山町議会」への13件のフィードバック

  1. 猫男爵

    差別を助長する発言という事だが、もし圓岡議員がその差は歴然ですという発言ならば、差別では無いという事に成ったのか、甚だ疑問です。議会で論じる程の事でしょうか?

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      「もし、大山診療所で人間ドックを受診した人が、緑内障を発症し、それが原因で失明をされたら誰が責任を取るのでしょうか」という発言も議事録から削除になっています。ということは、本音は大山診療所を守りたくて、都合の悪い発言は封じたいというところでしょう。

      返信
  2. 匿名

    月とスッポンは、『多くの場合、優れたものと劣ったものを比較するときに使う。
    鼈は俗に「まる」と呼ばれる。』
    言葉狩りの典型的な発言です。
    大山町には、同和地区が複数あります。完全に議会を乗っ取られた形です。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      西山議員の住所を調べると、人権交流センターのすぐ近くでした。つまりはそういうことです。

      8対6なので、おかしいと言う議員もそれなりにいました。いつまでもこんな事は続かないでしょう。

      返信
  3. 名前

    「圓岡君が、町民全体を差別した」とのことですが、圓岡氏も町民の一人ではないのでしょうか。電話帳を見ると、大山町内に住所があるようですが。

    那珂川町の平山議員もそうですが、こんな理不尽な言いがかりをつけられて最終的に謝ってしまう議員にもがっかりします。先進諸国の政治とは、まさに月とスッポン。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      徹底抗戦は難しいでしょうね。共産党の弱みは、おそらく最も就職差別されている集団だからです。
      議会を除名されたら生活の面で後がありません。そこが共産党の限界なのですよ。

      返信
  4. 名前

    「解同はエセ同和」発言を差別とみなされて一度は議会から除名されたものの裁判で争って除名処分を撤回させた徳島県川島町の日出和男議員のように、本来は裁判で徹底的に争うべきでしょう。

    もっとも、日出議員は後に謎の焼死を遂げ、自殺扱いされたままですが。

    返信
  5. ジャパニーズオンリー

    何かと何かを比較することがすべて差別になってしまう時代が来ないように

    返信
  6. 匿名

    人権擁護法案やヘイトスピーチを規制する法律が、いかに危険か証明していますね。

    返信
  7. 斉藤ママ(部落在住なのに減免なし)

    言論弾圧は反社会勢力を刑罰に処されない手段として使っているようなんですよ。
    ヘイトスピーチ対策法は外国人を処罰しないためですからね。
    日本国内の凶悪犯罪の8、9割が外国人です。
    国民の意思とかい離している共産党は何処に行くのでしょうね?

    返信
  8. 拡散

    衝撃事実拡散

    最近異常気象が目立ちますど、台風も地震も大雨も、米国がHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」等で検索してもらえば出ます

    この世の病気、争い、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災、ありとあらゆる災いを【人工知能】を使って秘密裏に作り出してる組織がNSAで、総括してるのが【米国防総省】です

    この犯罪の主犯各は、米国の諜報機関(スパイ)のNSAです。創価がCIA(スパイ)の下部組織ってのもあって、NSAっていうスパイが、創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪です

    NSAは自国に害をもたらすテロリストや、凶悪犯を監視して撲滅させる諜報機関なので、人工知能を使って地球上の全ての人を管理し、不届き者を秘密裏に病気にしたりして、懲らしめるような事をしてます

    自分らに被害が及ばないように、人工知能が色んな人になりすまして、自治体がやってるように思わせたり、警察がやってるように思わせたりもします

    人工知能の技術も進歩してて、人工知能自身があらゆる情報から学んで、経験から学習して、その問題に、最も適した手を選びます

    人工知能を活用したレジ不要のコンビニ、アメリカの「Amazon Go」。このコンビニは、人の動作、音声、商品棚の重さ等を【人工知能】が細かくチェックして、お客が商品を持って出ると、ケータイで自動精算されるので、レジが必用無いわけです

    このシステムからわかる事は、人工知能は、多くの人の行動を1度に管理出来るし、多くの人の一挙手一投足を、見逃さずに監視出来るって事です

    この人工知能の技術をアメリカが悪用して、遠隔から地球上の全ての人を、24時間体制で監視盗聴してます

    こんなに大規模な犯罪なのに、あまり世間に浸透してないのは、生活スタイルを見て、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、任務を遂行するスパイ組織が主犯各なんで、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやります

    【重要】青森県三沢基地には、 NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します。通信機は、電源オフにしてても盗聴器になってます

    この犯罪は、GPS (全地球測位システム)を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

    そもそもGPSは、【米国防総省】が軍事目的で開発したもので、管理運営も【国防総省】がしてます。NSAは【国防総省】の管轄で、CIAが大統領の直轄です。台風や地震を作り出すHAARPも、【米国防総省】主導によるプロジェクトです。つまり、この地球規模犯罪を総括してる組織は【米国防総省】って事です

    ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全て人工知能が把握してますから、それに便乗する形で警官を操り、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします

    行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカー(ギャングストーカー、ガスライティング、コインテルプロ、自殺強要ストーキング)は、人工知能が被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

    咳をした時の周波数と同じ周波の波動を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

    生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

    例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

    創価が仏敵によくヤる、家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、人工知能が軍事技術を用いてヤってます

    ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

    特に創価の活動家には、頻繁に災難が降りかかるんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

    犯罪組織を特定して、拡散していく事でこの犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

    https://shinkamigo.wordpress.com

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です