ポルシェ中川事件から10年!奈良市環境部が再び・・・

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

奈良市環境部でまた不祥事が! 今年、奈良市環境清美センターの職員ら4人が窃盗、業務上横領事件が発生した。さらに同センターの職員が施設内の駐車場にトレーニング室を作っていたことも話題になっている。同市環境部といえば“ポルシェ中川”こと同職員・中川昌史の奈良市部落解放同盟員給与不正受給事件(2006年)は、未だ記憶に新しい。

ポルシェ中川事件から10年経ったが、またしてもの環境部の不祥事。奈良市現業職の問題の根深さを物語ってはいないか。逮捕されたのは、同センター職員で主任の八木橋政人、奥川成敏、中尾好伸、八木橋の長男で市が出資する株式会社清美公社の社員、八木橋一斗。4人は今年2月13日、センターで自転車51台とアルミ缶約860キロを盗み出したという。

また八木橋と奥川、同センター主務の堤栄一郎が公用車の伝票を使ったガソリンの横領で6月に逮捕された。

今回の不祥事を受けて対応にあたる同市総務部の担当者によると「5月12日に自転車、空き缶の不正転売で逮捕されたことから庁内にプロジェクトチームが立ち上がった。その中でセンター内にトレーニング施設を作っていたことが分かった」としている。トレーニング室は、ベニヤ板で四方を囲ったもの。ベンチプレス、パワーラックなどの器材がある。ダンベルなども複数あり、一通りの筋力トレーニングができそうだ。(写真参照)

窃盗に横領にトレーニング室、センター内には、放置自動車もあるという。いわば”治外法権”のような状況だ。2006年の不祥事から職員のモラルは、改善されていなかったのだろうか。そして注目すべきは、環境部と同和の関係だ。しばし指摘される同和と環境局(清掃局)の関係性。こうした現業公務員の不祥事と言えば、かつて京都市環境局で不祥事が相次いだ時、2006年に同局での「同和雇用枠」の存在が不祥事の原因であったことを桝本ますもと頼兼よりかね京都市長(当時)が認めたことがある。

奈良市の場合は、同和枠について言及はない。しかし、逮捕された八木橋は自治労奈良市従業員労働組合の役員を務めており、さらに部落解放同盟全国連合会(全国連)HPの2011年6月21日の投稿に興味深い記述がある。

「奈良のきょうだいは5月21日(土)、奈良市内にある春日野荘で自治労奈良市従業員労働組合が主催する『石川一雄さん不当逮捕48ヵ年糾弾! 狭山事件と裁判の“いま”を考える5・21狭山学習集会』に参加しました。奈良市従労組は、約400人の組合員のうちほとんどが部落民労働者ということもあり、昨年秋に「三者協議が30数年ぶりに開催されており、狭山裁判が動きだしている。労組が先頭に立って発信し、この闘いを奈良・関西の地から拡大して狭山の大運動を復活させよう!」ということが執行委員会決定され、『10・31狭山事件の再審を考える労働者のつどい』に引き続き開催されたものでした」

背景に「部落民労働者」ということが関係しているのかについては、同市総務部は「把握していない」と説明する。今後、庁内のプロジェクトチームがどこまで解明できるのか注目だ。またトレーニング施設の設置については「当時のセンターの上司が設置を認めたとの証言もあり、現在本人に確認している」(同)という。これが事実であればセンターぐるみで施設の私物化を許したことになる。

一方、生涯学習・スポーツを担当する自治体職員に写真を見せたところこんな指摘をした。

「器具を見ると公共のトレーニング施設で納入されているタイプが目立つ。新旧の器具の入れ替えで、不要になったマシンを引き取ってきて使用しているならばこれもまた大問題だ。これら器具の出所についても調査してみては?」

トレーニング室は、エアコンなども設置されており、意外と手の込んだもの。職員の持ち込みか、あるいはその他の手段で入手したものか? 確かに気になるところだ。現在、奈良市は、調査を継続しており、その実態は未知の部分が多い。市は、同センターの改善策として「有価物の在庫管理の徹底。重機の給油は、上司の立ち合い」などをあげたが、果たして浄化されるか。次回は、センター内の取材を予定しているので、続報を待って頂きたい。(文中敬称略)

Exif_JPEG_PICTURE

写真は奈良市役所提供

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ポルシェ中川事件から10年!奈良市環境部が再び・・・」への11件のフィードバック

  1. 匿名

    もっともっとこの件について追及してほしい。この記事には書いてないが、この施設には、放置車両も何台かあったとの報道もある。ここまで人の話を聞かないし自浄能力のない連中は、多くの人が介入しない限り正常化しない。

    返信
  2. 匿名

    奈良の同和は非常に厚かましいようです。鋼鉄のようなハートの持ち主が多いようです。これは取材のし甲斐がありますね。

    返信
  3. ジャパニーズオンリー

    トレーニングして体力をつけて糾弾の時に相手をぶん殴ろうとしていたんだろう

    返信
  4. 斉藤ママ(部落在住なのに減免なし)

    猪瀬元都知事が、自民都連の怖い人の話を記事にしましたが、
    自民の首相クラスでもどうにもならない事があるのでしょうか。

    返信
  5. 匿名

    今日の報道によると、市費で買ったとのこと。どうも、奈良の同和には、一度、厳しいお灸をすえる必要がありそうだ。平成18年から全く体質は変わっておらず、反省していないようだ。ぜひ懲らしめてやりたいですね。古市部落などは一度徹底調査するべき。

    返信
  6. 名前

    エロビデオの鑑賞ルームもあったそうです。

    ttp://www.sankei.com/west/news/160804/wst1608040002-n1.html

    >テレビも2台。棚には100本以上のアダルトビデオが並び、職員がテレビやビデオの鑑賞に使っていたとみられる。

    返信
  7. おかしいことです。

    こういう記事をもっともっとたくさんの人に読んでもらいたい。
    おかしいことは正してほしい。
    正すべきです。
    どう考えても間違っているのですから。
    暴力で人を制するのは間違ってる。

    返信

関連記事

【津市自治会問題】ごみ箱補助金詐取で 柳山港中路町自治会副会長に 有罪判決

津市相生町自治会長事件から再び――。自治会のごみ箱設置の補助金を津市から詐取したとして、詐欺罪を問われていた津市港中路町自治会元副会長、前田紀行被告に対して26日、津地裁は懲役1年4月(求刑1年6月)、執行猶予3年を言い […]

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。 部落名は金山 […]

【野党研究】国民・岸本周平氏、和歌山知事選問題で見えた 自民党の“ エグさ”

前回に続き国民民主党幹事長代行、岸本周平衆議院議員の和歌山県知事立候補問題。岸本氏は本日、和歌山市内で正式に出馬表明する予定だ。表面的には野党の現職議員が知事選出馬というニュースに過ぎない。しかし内情を検証するに、自民党 […]

国民・岸本周平(衆)が 和歌山県知事選出馬表明へ    二階王国再編の シナリオ

国民民主党幹事長代行の岸本周平衆議院議員(和歌山一区)は、今年12月に任期満了を迎える和歌山県知事選に出馬することが周辺への取材で判明した。岸本氏出馬の背景は仁坂県政に不満を持つ自民党同県連の思惑も見逃せない。また長らく […]

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(後編)「同和の名刺」の 影響は?

12日、熱海市百条委員会で証人尋問を受けた前土地所有者。もうご存知だろう。かつて同市議会で「同和系列の会社」と答弁された人物である。約2時間に及ぶ証人喚問の中で焦点はやはり“ 同和の名刺”がどの程度、行政に影響したのかと […]