甲府市施設に 家賃&光熱費無償で 入居する 横浜国際人権センターとは何か?

カテゴリー: 地方 | タグ: , , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

甲府市役所に、なぜか「全日本同和会山梨県連合会」と「国連NGO横浜国際人権センター山梨ブランチ」なる団体が入居しているという情報を頂いた。

正確には甲府市環境センターという、甲府市のごみ処理や資源回収を行っている施設の一角にある、「なでしこ工房」という建物に入っている。しかも、家賃は無償で、光熱費は市が負担しているという。

同和対策事業が活発だった頃、行政施設に同和団体の事務所があるということは当たり前だった。しかし、2005年に解放同盟が関係する不祥事が相次ぎ、同和事業が活発だった関西では、不当な優遇ではないかと共産党から追及されるということもあって、行政施設から同和団体の事務所が退居させられる例が相次いだ。

そのため、今では関西の同和地区では解放同盟の事務所は隣保館近くのプレハブや民家に入っている例が多い。皆無になったというわけではないが、行政施設に同和団体が入っている事例はかなり減った。

それが山梨県で、しかも全日本同和会というのは正直言って盲点だった。

「全日本同和会山梨県連合会」はグーグルマップにも載っている。カーナビで現地に着いてみると、そこはゴミ収集車と作業服の人が出入りする、市の施設。その広い敷地の一角に黄色い建物がある。

確かに、そこには2団体が入っている旨が表示されていた。

しかし、入り口には鍵がかけられており、中に人がいる様子はない。ウェブサイトがあるので、その電話番号にかけてみたが、誰も出てこなかった。

隣の事務所の人に聞いてみると、いつも誰もいないというわけではなく、車が停まっていて、誰かいることも多いという。

それにしても、「国連NGO横浜国際人権センター山梨ブランチ」とは何なのか、それがなぜ「全日本同和会」と同じ事務所に入っているのか。

「山梨ブランチ」のウェブサイトによればその会長は横山隆史氏である。横山氏は、全日本同和会山梨県連合会会長を兼ねている。ということは、実質的には「山梨ブランチ」と山梨県連合会は一体のものと見てよいだろう。

「国連NGO横浜国際人権センター」はその名前の通り、本部は横浜にある。神奈川県の同和史に精通する事情通によれば、これは「全日本同和会神奈川県連合会」により作られた団体なのだという。

以前、元自由同和会神奈川県本部長の天野二三男氏へのインタビュー記事の中で、全日本同和会が横浜市のパシフィコ横浜を糾弾した「みなとみらい糾弾事件」に触れた。

1991年10月15日に、そのことを報じた朝日新聞の記事によれば、当時の全日本同和会神奈川県連合会会長は「杉藤旬亮」とある。実はこの人こそ、現在の横浜国際人権センター会長なのである。

前出の事情通によれば、同和対策事業関係の特措法(地対財特法)の期限切れが迫っていた当時、「同和」以外にも裾野を広げようということで、同和団体が別の人権団体を作ることが流行っていた。神奈川県の場合、解放同盟は「一般社団法人神奈川人権センター」、共産党の人権連(当時は全解連)は「かながわ人権フォーラム」を設立した。それに習って全日本同和会が1989年4月に設立したのが「神奈川県人権総合センター」である。その後、1992年11月に「横浜国際人権センター」に名前を変えた。

横浜国際人権センターは当初は全日本同和会が協賛する形で運営していたが、次第に杉藤氏はそちらの方に入れ込むようになり、ついには全日本同和会の会長職を言わば「ほっぽり出して」しまったのだという。そして、現在は全日本同和会からは独立した団体となっている。しかし、「山梨ブランチ」が存在し、それが全日本同和会山梨県連合会と一緒になっているのは、杉藤氏と横山氏が昔から仲が良いためではないかという。

別の元横浜市関係者によれば、横浜国際人権センターは全日本同和会神奈川県連合会の内輪もめで分裂したと言うが、実際の経緯は、対立したわけではなくて、単に疎遠になったということのようである。しかし、市関係者の間では、横浜国際人権センターも全日本同和会も「機関誌を売りに来る団体」という認識で、あまり評判はよくなかったという。

その機関誌というのは、月間啓発誌「語る・かたる・トーク」で、年間購読料は6600円と良心的である。これは部落探訪すると各地の隣保館でよく見る本なので、各地の自治体でかなりの数が購読されていることが想像できる。実際2014年の収支報告書では機関誌の売上金は13,452,000円となっており、毎月2000部以上売れている計算だ。

その他の活動と言えば、講演会やパネル展である。事務所の中を覗くと、そのための道具が置かれていた。環境センターに入った経緯は分からないという。

甲府市の担当者によれば、全日本同和会と横浜国際人権センターが市の施設に家賃無償で入居し、光熱費も市が負担しているのは事実であるという。いつ頃かと言うと、2010年1月からだそうである。実際、過去の電話帳からもそのことが確認でき、それより以前はなぜか2団体が山梨県農業共済組合の施設(NOSAI会館)に入っていた。ただ、

そして、全日本同和会山梨県連合会は甲府市唯一の同和事業の「窓口団体」であり、かつては同和向けの住宅貸付金の窓口になっていたということだ。貸付金事業が終了した現在では、現在は同和関連の相談業務を行っているということだ。

それでは、相談してみようとウェブサイトに載っている両団体の電話番号にかけてみたが、今のところ何度かけても誰かが出ることはなかった。なお、横浜国際人権センターの本部にも電話してみたが、一度はつながったものの、代表は外出中と言われ、その後何度かけても誰も出てこなかった。

この件の情報を寄せてくれたウォッチャーによれば、会長の横山氏の自宅は豪邸であり、ベンツが停まっているという。確かに、ストリートビューで見ると、豪邸かどうかは微妙だが、確かに差別された人の家には見えない。なお、その場所は部落ではない。そして、横山氏も杉藤氏も意外と言うべきか予想通りと言うべきか、かなり高齢である。

甲府市内の部落は昭和初期に記録によれば、現在の甲府市善光寺にあった。今となっては同和施設は確認できないが、実際、貸付金事業は善光寺地域を対象に行われていたという。現在は償還業務が行われていたが、総額約40億円の半分程度しか回収されていないという。

それにしても「国連NGO」とは何を意味するのか。

同和関係の国連NGOと言えば、部落解放同盟による「反差別国際運動(IMADR)」が知られている。同団体は国連経済社会理事会から協議資格を持つと公認されている団体である。

一方、横浜国際人権センターは国連広報局登録NGO(DPI/NGO)として登録されており、これは言わば国連の事務方と情報交換をする立場で、IMADRよりは「格下」ということになる。

ただ、だからと言ってそれらの団体が日本政府を代表するというわけではないし、国連の事務方の非民主的で不透明な運営の実態が知られるようになってきた。そのため昨今では、消防署員ではないのに「消防署の方から来ました」(消防署の方角から来たという意味)と言って消火器を売りつける悪質商法になぞらえて、このような団体は「国連の方から来ました詐欺」と揶揄されるようになってきた。実際、創価学会インターナショナル(SGI)等も国連広報局登録NGOであることからすると、それがどのようなものであるかは推して知るべしである。

先述の通り、まだ団体からのコメントは得られていないので、続報があればまたお伝えしたい。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

甲府市施設に 家賃&光熱費無償で 入居する 横浜国際人権センターとは何か?」への5件のフィードバック

  1. 同団体のやっている「マテリアル事業のコンサルティング業務」とやらがゴミ収集との繋がりですかね。

    返信
  2. 令和4年度『語る・かたる・人権トーク』

    「差別戒名」をご存じでしょうか? 講師:斎藤洋一氏

    2022年8月24日水曜日
    開場 12:30 開演 13:30~16:00 予定
    ※入場無料 / 申込不要 / 手話通訳・要約筆記あり
    茅ヶ崎市民文化会館(大ホール)
    《主催》 国連NGO横浜国際人権センター

    返信
  3. 匿名

    任意団体とは言えネーミングなんとかなりませんかーーー

    示現舎もしかり
    神奈川県人権センター これは社団法人だから良いでしょう

    神奈川県人権啓発センター・・・・これは任意団体でしょ、公的機関と間違えそう

    学術・研究:部落探訪も拝見しましたが
    学術・研究というより地名公表が主目的では?
    また当事者たる部落民の賛同を得られるどころか迷惑がられてるようですし、、

    返信
  4. 萩原 篤志

     2006年8月の第一水曜日の深夜、つまり木曜の午前2時前後、京都チャンネルでとある放送があった。関西地域では関西放送のチャンネルで。京都市の昔あった獄舎から罪人が街中を歩いて東西の処刑場のどちらかに行くというもの。ナビゲーターの人が次のことを説明。平安時代、貴族の生活で生じたケガレを当時の鴨川の水に流し、ケガレを京都七条に住んでいた人たちが川からあげてそれを浄化し、ハレの状態に戻して貴族に返していたと。これがケガレとハレの循環の関係だ。目に見えないがケガレという悪しき状態、またはそれを呼び起こす宗教的作用、観念を説明していた。この番組の最後にテロップ。この番組の内容は個人または特定の団体を誹謗中傷するものではありません。つまり、同和社会や同和団体に配慮して書いたのだ。

     京都七条の人々というのは、平安時代、すでに被差別部落民がいたとテレビが紹介。ケガレとハレの説明も少しやっている。環境的物理的「よごれ」のことではない。

     他にも同じ時期にケガレとハレを紹介した特別番組が流れている。小泉元総理が終戦記念日に靖国参拝した後すぐ、大阪にある読売テレビのチャンネルで私は見た。皇室で働いていた女性がケガレとハレを説明。何をしたらケガレが持ち込まれるかなどを生活習慣を通して説明。
     2007年の大河ドラマ「風林火山」の第11話から13話あたりで、本来のセリフや脚本の上に「部落民はケガレを受け止めこれを祓う影の存在に戻れ」の意味の言葉をかぶせている。ドラマでは、山本勘助が武田晴信を輝かせる存在になってくれたらよいが、と、その勘助を同和に見立てたかのようにして三条の方が勘助の片目がない姿を見て、「なんじゃあれは、穢らわしい」。他にもあったかも知れないが。これも全国の同和に向けて発した言葉だ。
     
     宮部さんは、ケガレとハレをとらえまちがえていたことを動画で説明すべきだが、プライドが高くてできないかも知れない。しかし、本物の研究家ならば訂正できるはず。訂正は恥ではない。認めないまま行くほうが恥だと思われる。同和はケガレを受け止め祓う影の存在なのだ。そして、一般民の出の日本人を輝かせる。これがカミの国日本の本来の正しい関係。ハレの最高峰が天皇陛下だ。このことを政府マスコミ自治体など、一般民のお偉いさんも認めている。
     まだ、私を「病気」扱いか?
     知らないことを知らないと認めたほうがよかったのではないだろうか。
     宮部さんは同和行政の不正を追及することに専念すべきと思う。それなら世間の人たちも応援してくれるだろう。

    返信
    1. ハレの正しい対となるのはケ。非日常と日常。
      そしてその中に含まれるものとして、清浄と穢れ。
      ハレを理解するのに一番わかりやすい言葉と言えば、晴れ着。

      返信

関連記事

【和歌山市】“スピリチュアル すぎる” 市議選補選に 市民からも 失笑の声

大手メディアは旧統一教会こと世界平和統一家庭連合ネタ一色。またそれ以前は神真都Q、参政党などスピリチュアルな団体や陰謀論が社会の関心を集めた。おそらくオウム真理教の「地下鉄サリン事件」以来のインパクトではないか。そんな世 […]

【津市相生町 自治会長事件】増田被告に 実刑判決! しかし トラブルの火種は 燻っている

2020年9月から当サイトが報じてきた津市相生町自治会長事件。すでに有罪判決を受けた同町元自治会長、田邊哲司氏と共謀し自治会の掲示板設置、集会所修繕工事補助金の詐欺の罪に問われた増田宏和被告に対し津地裁は11日、集会所分 […]

岐阜県関市 “どんぶり勘定” 「融和事業」補助金の 対象地域名が消える

本サイトの人気シリーズである部落探訪。ぜひうちの近くの部落も探訪して欲しいというリクエストは絶えない。最近リクエストがあったのが関市柳町。戦前は22戸、職工や履物が主な産業であったとされる。 ただ、柳町全体が部落と考える […]

【富士市】無許可盛り土で 逮捕業者の背景は――

盛り土、不法投棄王国の静岡県…。県民には失礼だが熱海市土石流を筆頭に同種案件の事件が絶えない。今月29日、同県富士市で市長の許可なしで盛り土造成をしていたとして山梨県身延町の佐野浩信容疑者、同県南部町の美容師、若林厚子容 […]

【熱海市土石流】「安全対策不足を 削除して」と県に頼んだ 熱海市役所の 役人根性

昨年の土石流発災からもうすぐ一年。原因の検証は途上―――どころか行政側の本気度、誠意を疑いたくなる事態が起きていた。本来は原因究明の資料になるはずの「逢初川土石流災害に係る行政対応検証委員会報告書」。この作成過程の中で熱 […]

【和歌山県】仁坂知事5選断念! VS 二階俊博“ に・に戦争”は痛み分け

和歌山県・仁坂吉伸知事が5選出馬断念。今年12月に任期満了を迎える仁坂知事は「慣例により議会で表明する」との意向を示しており注目が集まった6月定例会。6月15日、5選目の県知事選に出馬せずと明言した。地方のイチ県知事の動 […]