ジンケンのグルメ 「三重県四日市の焼肉定食ランチ」

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

「時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる」こんなナレーションで始まるのは人気ドラマ『孤独のグルメ』。同作にちなんで我々は同和地区、コリアンタウンなど「ジンケンのグルメ」で空腹を満たしてみよう。もともと同和地区、コリアンタウンは穴場店が多く、特に「肉料理」はガイドブックなどで取り上げられることも少なくない。今回、食したのは三重県四日市の地元の人気店「焼肉 幸」(寺方町2268−5)のランチメニュー「牛焼肉定食」だ。

人権プラザ神前に設置された標語。

『全国部落調査』によれば寺方町はもともと神前かんざき村という部落だった。店近くの「人権プラザ神前」には「基本的人権を尊重し部落差別をなくして明るい地域社会を作りましょう」と標語が掲げられている。そんな町だ。さてお目当ての「幸」は隣接する精肉店「神前ミート」の直営店である。三重県牛が安価で食べられるということで地元では人気店なのだ。そして興味深いのは経営者の川村幸康氏は現職の四日市市議会議員で、部落解放同盟三重県連の役員ということだ。さらに2007年、同店はBSE対策特別措置法で特定危険部位に指定された牛の「こめかみ」(牛の頭部肉)を市食肉センターから持ち出し、提供していたことが発覚した。

店の隣にある市営駐車場。

とは言えそんな過去はお構いなしにと、11時30分の開店前から待つ客もいた。その間、焼肉店と併設されている精肉店「神前ミート」を覗いてみると、牛肉だけではなく総菜類も安価で、「さいぼし」も販売されている。しかもこれまた安い。お土産として一つ買ってみた。そんなことをしながら開店を待つ客たちと話してみる。常連風の男性はもちろんこめかみの一件もよく知っていた。ところが意に介していない様子である。要は旨ければいいというわけだ。

おいおいこれは当たりじゃないのか?

定食類も豊富。

さて開店だ。いかにもリタイア世代と思しき常連風の客はさっそく酒を頼んでいる。ランチのメニューは牛焼肉定食(1000円・税込)と定食類。ロースとんかつ膳、串かつ・コロッケ膳、若鶏からあげ膳、豚しょうが焼き膳、煮込みハンバーグ膳、若鶏焼肉定食でいずれも700円(税込)とお値打ちだ。続々と客が入ってくるが注文するのは一様に焼肉定食だ。それだけ人気ということだろう。コンロに火が灯ると次々に料理が運ばれてくる。

「おいおいなんだか凄いことになっちゃったぞ」

純’s セレクション。ではなくこれが定番のセットです。

どこからともなくこんなつぶやきが。ランチから本格的な焼肉タイムだ。カルビ、ロースが約150G、ライス、赤だしの味噌汁、キャベツ、そして小鉢のきゅうりの漬物とさいぼしが泣かせる。コリアンタウンの焼肉店の場合、おおかたニンニクが効いたわかめスープが出てくるものだ。しかし「幸」は赤だしの味噌汁。もしや好き好きもあるだろうが、東海地方の人間にとっては嬉しい。

美味しく食べるにはあまり焼きすぎないようにということだ。カルビもロースも表面を炙る程度にして食べてみる。旨い、甘い、そして柔らかい。厚めにカットされた肉なのにカルビ、ロースともにとても柔らかい。タレはシンプルな醤油ベースで、さっぱり頂ける。肉質がいいのでこういうあっさりタレがいい。あるいは塩だけでもいいと思った。

箸休めにさいぼしを一口。これは神前ミートで購入したものと同じだ。「さいぼし」とは一種の燻製肉のようなもので、「被差別部落」を語る時に欠かせない食品。地域の名産として販売されることもある。他地域で食べたものはむしろ燻製に近い味わいだったが、幸のさいぼしはむしろハムに近い味わい。ライスに合う。

あっと言う間のひと時だった。当初はもっと“いじる”つもりで来店したのが、本当に美味しかったので驚いた。四日市市中心部からは遠く、決してアクセスは良くないが食べてみる価値は大いにある。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

三品純 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ジンケンのグルメ 「三重県四日市の焼肉定食ランチ」」への10件のフィードバック

  1. とある隣保館職員

    このテーマは面白いですね。
    続編を楽しみにしています。
    むしろ一緒に行きたいです。近場の取材があるなら誘ってほしいです。

    返信
  2. 長野

    こういう記事面白いですね。

    地方の、そこそこ開けた同和地区に有りがちな個人経営の焼き肉店ですが
    チェーン店とは違い、肉の厚みと量が結構なものだったりします。
    どうやって仕入れているのか、興味が湧きます。

    返信
    1. 三品純 投稿作成者

      ここの仕入れはまた異なる事情がありそうだからそれは別途やりますよ。

      返信

関連記事

【野党研究】140文字を彷徨う 三宅雪子は Twitter真理教の 殉教者(前編)

「Twitter」。わずか140文字に過ぎないSNSに政党、報道、学会、芸能人といった人々が翻弄され過ぎてはいないか? 時に暴走し、時にトラブルへ発展する。その根底にはTwitterへの異様な執着が潜む。2020年1月、 […]

学術・研究:部落探訪(251) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 長塚

筆者が長塚を訪れるのは初めてではなく、実は10年ほど前にも一度訪れている。その頃と何も変わっていないように見えた。その時の様子は『同和と在日②』に書いている。 昭和初期の戸数は50。生活程度は悪くなく、明治21年の調査記 […]

【暴走する性自認①】女性スペースを 守れの声を「分断」する 朝日新聞記者の正体

「性自認」「性自認の尊重」の法制化に反対する「女性スペースを守る会」「一般社団法人芙桜会」「日本SRGM連盟」「白百合の会」は11月25日、千代田区・参議院会館で「性自認の法制化等についての4団体の共同声明発表記者会見& […]

「破産者マップ事件」裁判の全貌が 分かってきた

本サイトでも取り上げ、様々なメディアでも話題となった「破産者マップ」のことを覚えているだろうか。当初から様々な弁護士が過敏に反応し、運営者に対して法的措置を取るためにクラウドファンディングまで行われていたが、ようやく運営 […]

学術・研究:部落探訪(250) 大阪府 大東市 北条3丁目“東之町”

前回は大東市野崎を訪れたが、当然北条も訪れねばなるまい。戦前の記録では333戸とされているが、1958年の記録には200戸とある。しかし、この地は一貫して都市化していることから、戸数が減ることはあり得ない。戦後間もない頃 […]

学術・研究:部落探訪(249) 大阪府 大東市 野崎1丁目

今回は大東市にやってきた。ここには2つの部落があり、いずれも元は農村にあった。そして、その後都市化して今に至っている。 野崎は戦前の記録では138戸と既にそれなりの戸数であった。過去の航空写真では比較的家が密集しており、 […]