【号外】津市・高洲町教育集会所に「示現舎」を名乗る 怪文書が届いた!

カテゴリー: 津市相生町自治会長事件 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

こんな変な 改行しないぞ!

津市相生町自治会長事件に関わってから約2年。その後、同市柳山津興自治会元副会長が相生町元自治会長と同種案件のごみ箱補助金詐取で逮捕された。これも事件の余波である。

いまだにキナ臭い津市。

そんな折、相生町近隣の高洲町教育集会所に16日早朝、一通の怪文書が届いたと地元関係者から連絡が入った。

情報提供者によると送り主は弊社名になっているという。現物を送ってもらうと確かに「示現舎より」とある。弊社が取材依頼したかのような文面だ。怪文書は「郵送」ではなく、集会所入り口扉に挟んであったという。夜間に侵入し怪文書を置いたと思われる。

文書を作成して集会所に忍び込んだ。ワープロソフトは何? 出力はまさかコンビニ? そんなことを想像すると可笑しくて、微笑ましくもある。

仮に依頼するにしても集会所は訪問経験があり、連絡先も分かる。こんな面倒なことはしない。過去、津市議会等に怪文書が出回ったが、それらと共通するのは改行が多く謎スペースが多いこと。

用紙は市役所の 再生紙!?

文書は同館館長を通じて津市役所に報告された。担当した教育委員会人権教育課によれば

「高洲町教育集会所から連絡を受けて確認しました。しかし示現舎さんが送った文書ではないとすぐに分かりましたし“放置 ”しています」

文書は人権教育課を通じて市民部人権課にも共有されたという。指摘された内容も特に事件性はないとみられる。しかし奇怪なことが一点。

実はこの怪文書、市販のコピー用紙ではなく「再生紙」。市役所仕様という。市職員の何某かが怪文書主に提供した、あるいは市役所内部で作成された可能性も排除できない。確実に言えるのは今もトラブルの火種を抱えていることだ。

怪文書は選挙と議会の華

国会議員会館、また地方議会、あるいは選挙でしばし発生する怪文書。収集を得意にするライターもいれば、また怪文書を真に受ける一部メディア関係者もいる。その多くは真偽が入り乱れ、それを目利きするのもまた力量。

怪文書は選挙と議会の華なのだ。

津市内で出回る怪文書の多くはこの通り「謎改行」で構成されており、形式が人口ピラミッド風で中央寄せタイプが多かった。この怪文書では自治会長事件を究明する百条委員会の急先鋒だった公明党会派の青山昇武市議を名指し批判。強い怨念が伝わる。

またハガキで特定議員を名指しで郵送されてくることもあった。筆跡から女性の手によるものだと思われる。自治会長事件の当事者、田邊哲司氏の名が出ている辺り同事件絡みなのは明白だ。

なにしろ三重、和歌山、奈良、紀伊半島は記事ネタの宝庫。もうしばらく津市とも縁がありそう。

怪文書の稀な成功例。和歌山市芦原地区連合自治会長事件ではこの怪文書が役立った。またこの怪文書をもとにFRIDAYや週刊ポストが二階氏&門氏絡みのスキャンダルを報じた。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【号外】津市・高洲町教育集会所に「示現舎」を名乗る 怪文書が届いた!」への12件のフィードバック

  1. 松本亙章

    昔から文は人なりといって個性丸出しの証拠になります。一般人と違ってジャーナリストなど日本語をツールとする者は、シロウトからはただ字を書いているようにしか見えないのか、論理・文体を駆使して書いているのが判らないんですね。こんな変な改行をしないぞ!は、笑わせて頂きました。そんなんで人を騙せるなら、田原総一朗著『今日からあなたも田原総一朗!』なんて本もインチキで書いて売れるかも。

    返信
    1. 三品純 投稿作成者

      なんでも集会所の職員さんは真に受けてしまったそうですが。

      こんなの書く訳ないでしょってのに。

      返信
  2. 第三者

    2枚目の怪文書作成者は「納税者として複雑」だそうですが、払っているのは消費税とガソリン税くらいかとw

    返信
    1. 三品純 投稿作成者

      うーん作成主が想像の人物であれば…。
      アンタも随分税金使ったねと思います。

      返信
      1. 鍋鉄

        カネも使いましたが、市役所職員に気も遣わせました。
        税金をロクに払っていない連中が行政のリソーセスを蝕んでいるのがねぇ(脱力感)

        返信

関連記事

【津市相生町 自治会長事件】増田被告に 実刑判決! しかし トラブルの火種は 燻っている

2020年9月から当サイトが報じてきた津市相生町自治会長事件。すでに有罪判決を受けた同町元自治会長、田邊哲司氏と共謀し自治会の掲示板設置、集会所修繕工事補助金の詐欺の罪に問われた増田宏和被告に対し津地裁は11日、集会所分 […]

【速報】津市相生町 補助金詐欺事件で 共犯の 増田宏和被告が 判決直前に 暴行で 逮捕!

津市から自治会関係の補助金詐取の罪を問われ、現在公判中の増田宏和被告が今日7日早朝、暴行、傷害の疑いで逮捕されていたことが捜査関係者への取材で判明した。増田被告は同事件で昨年、判決を受けた田邊哲司元相生町自治会長(懲役3 […]

【津市自治会問題】ごみ箱補助金詐取で 柳山港中路町自治会副会長に 有罪判決

津市相生町自治会長事件から再び――。自治会のごみ箱設置の補助金を津市から詐取したとして、詐欺罪を問われていた津市港中路町自治会元副会長、前田紀行被告に対して26日、津地裁は懲役1年4月(求刑1年6月)、執行猶予3年を言い […]

【津市の闇】田邊氏、維新新人市議 “圧力 ”のウラに「政活費不正」福田慶一市議が いた!

長らく報じてきた「津市相生町自治会長事件」。当の田邊哲司氏は裁判で起訴事実を認めたものの、『津市役所の闇 津市自治会問題』(田邊哲司、三重タイムズ編集部)で反論を試みている。本書は先般の津市議選(投開票1月23日)を想定 […]

【津市相生町 自治会長事件】田邊哲司著『津市役所の闇』を ファクトチェック【後編】

前回に続き津市相生町自治会長事件の当事者、田邊哲司氏の『津市役所の闇』(タイムズ出版)のファクトチェック。津市長、幹部、しかも自身のイタい話も晒した内容に「津市役所内ではベストセラーです」(市議)というのはうなずける。特 […]

【津市相生町 自治会長事件】田邊哲司著『津市役所の闇』を ファクトチェック【前編】

12月13日、津市内限定で発売された『津市役所の闇 津市自治会問題』(田邊哲司、三重タイムズ編集部)が地元関係各氏の間で話題だ。お騒がせ書評家・豊崎由美風の「田邊哲司はご存知? 知らなかったらおバカさん、無知蒙昧な文盲さ […]