ジンケンのグルメ 「三重県四日市の焼肉定食ランチ」

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

「時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる」こんなナレーションで始まるのは人気ドラマ『孤独のグルメ』。同作にちなんで我々は同和地区、コリアンタウンなど「ジンケンのグルメ」で空腹を満たしてみよう。もともと同和地区、コリアンタウンは穴場店が多く、特に「肉料理」はガイドブックなどで取り上げられることも少なくない。今回、食したのは三重県四日市の地元の人気店「焼肉 幸」(寺方町2268−5)のランチメニュー「牛焼肉定食」だ。

人権プラザ神前に設置された標語。

『全国部落調査』によれば寺方町はもともと神前かんざき村という部落だった。店近くの「人権プラザ神前」には「基本的人権を尊重し部落差別をなくして明るい地域社会を作りましょう」と標語が掲げられている。そんな町だ。さてお目当ての「幸」は隣接する精肉店「神前ミート」の直営店である。三重県牛が安価で食べられるということで地元では人気店なのだ。そして興味深いのは経営者の川村幸康氏は現職の四日市市議会議員で、部落解放同盟三重県連の役員ということだ。さらに2007年、同店はBSE対策特別措置法で特定危険部位に指定された牛の「こめかみ」(牛の頭部肉)を市食肉センターから持ち出し、提供していたことが発覚した。

店の隣にある市営駐車場。

とは言えそんな過去はお構いなしにと、11時30分の開店前から待つ客もいた。その間、焼肉店と併設されている精肉店「神前ミート」を覗いてみると、牛肉だけではなく総菜類も安価で、「さいぼし」も販売されている。しかもこれまた安い。お土産として一つ買ってみた。そんなことをしながら開店を待つ客たちと話してみる。常連風の男性はもちろんこめかみの一件もよく知っていた。ところが意に介していない様子である。要は旨ければいいというわけだ。

おいおいこれは当たりじゃないのか?

定食類も豊富。

さて開店だ。いかにもリタイア世代と思しき常連風の客はさっそく酒を頼んでいる。ランチのメニューは牛焼肉定食(1000円・税込)と定食類。ロースとんかつ膳、串かつ・コロッケ膳、若鶏からあげ膳、豚しょうが焼き膳、煮込みハンバーグ膳、若鶏焼肉定食でいずれも700円(税込)とお値打ちだ。続々と客が入ってくるが注文するのは一様に焼肉定食だ。それだけ人気ということだろう。コンロに火が灯ると次々に料理が運ばれてくる。

「おいおいなんだか凄いことになっちゃったぞ」

純’s セレクション。ではなくこれが定番のセットです。

どこからともなくこんなつぶやきが。ランチから本格的な焼肉タイムだ。カルビ、ロースが約150G、ライス、赤だしの味噌汁、キャベツ、そして小鉢のきゅうりの漬物とさいぼしが泣かせる。コリアンタウンの焼肉店の場合、おおかたニンニクが効いたわかめスープが出てくるものだ。しかし「幸」は赤だしの味噌汁。もしや好き好きもあるだろうが、東海地方の人間にとっては嬉しい。

美味しく食べるにはあまり焼きすぎないようにということだ。カルビもロースも表面を炙る程度にして食べてみる。旨い、甘い、そして柔らかい。厚めにカットされた肉なのにカルビ、ロースともにとても柔らかい。タレはシンプルな醤油ベースで、さっぱり頂ける。肉質がいいのでこういうあっさりタレがいい。あるいは塩だけでもいいと思った。

箸休めにさいぼしを一口。これは神前ミートで購入したものと同じだ。「さいぼし」とは一種の燻製肉のようなもので、「被差別部落」を語る時に欠かせない食品。地域の名産として販売されることもある。他地域で食べたものはむしろ燻製に近い味わいだったが、幸のさいぼしはむしろハムに近い味わい。ライスに合う。

あっと言う間のひと時だった。当初はもっと“いじる”つもりで来店したのが、本当に美味しかったので驚いた。四日市市中心部からは遠く、決してアクセスは良くないが食べてみる価値は大いにある。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ジンケンのグルメ 「三重県四日市の焼肉定食ランチ」」への10件のフィードバック

  1. とある隣保館職員

    このテーマは面白いですね。
    続編を楽しみにしています。
    むしろ一緒に行きたいです。近場の取材があるなら誘ってほしいです。

    返信
  2. 長野

    こういう記事面白いですね。

    地方の、そこそこ開けた同和地区に有りがちな個人経営の焼き肉店ですが
    チェーン店とは違い、肉の厚みと量が結構なものだったりします。
    どうやって仕入れているのか、興味が湧きます。

    返信
    1. 三品純 投稿作成者

      ここの仕入れはまた異なる事情がありそうだからそれは別途やりますよ。

      返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。 部落名は金山 […]

【野党研究】国民・岸本周平氏、和歌山知事選問題で見えた 自民党の“ エグさ”

前回に続き国民民主党幹事長代行、岸本周平衆議院議員の和歌山県知事立候補問題。岸本氏は本日、和歌山市内で正式に出馬表明する予定だ。表面的には野党の現職議員が知事選出馬というニュースに過ぎない。しかし内情を検証するに、自民党 […]

国民・岸本周平(衆)が 和歌山県知事選出馬表明へ    二階王国再編の シナリオ

国民民主党幹事長代行の岸本周平衆議院議員(和歌山一区)は、今年12月に任期満了を迎える和歌山県知事選に出馬することが周辺への取材で判明した。岸本氏出馬の背景は仁坂県政に不満を持つ自民党同県連の思惑も見逃せない。また長らく […]

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(後編)「同和の名刺」の 影響は?

12日、熱海市百条委員会で証人尋問を受けた前土地所有者。もうご存知だろう。かつて同市議会で「同和系列の会社」と答弁された人物である。約2時間に及ぶ証人喚問の中で焦点はやはり“ 同和の名刺”がどの程度、行政に影響したのかと […]

【前所有者余話】熱海市百条委員会 トホホ後日談

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(前編) 後編の前所有者証言。これは強く思うところがあり、気が滅入る部分もあった。そこで読者諸氏におかれても気分転換をして頂く意味で余話。トホホな後日談をど […]