パワハラ大谷派僧侶の「部落解放」研修に 疑問の声

カテゴリー: 宗教 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

真宗大谷派は日本有数の仏教団体。護憲、死刑廃止、そして部落解放運動といった左派活動にも協力的だ。「解放運動推進本部」という部署が示す通り、同和問題にも熱心だが、先ごろ同教派徳泉寺(川崎市)住職によるパワハラ騒動が発生した。実はこの住職、同教派東京教区・同和協議会元会長。そんな御仁がパワハラ発言とくれば反発は一層、強まるというもの。それが10月に名古屋市内で「解放推進運動要員研修」の講師を務めるからブーイングは収まらない。

小森龍邦氏以来の「是旃陀羅」不読問題

本論の前に教派の長年の難題、大乗仏教経典「観無量寿経かんむりょうじゅきょう」の是旃陀羅ぜせんだらの不読問題を解説しておこう。

地元、京都新聞ももちろん活動家寄り添いポエム記事。

「観無量寿経」は浄土真宗にとって重要な経典。その中で旃陀羅はインドの被差別民(チャンダラー)を意味し、日本でも「被差別民」の意味で使用されてきた。

「観無量寿経」の教説の中で母親を殺そうとする阿闍世王に月光大臣が「是旃陀羅のような悪逆の者だ」と諭した。これが部落差別を助長するとして部落解放同盟広島県連(尾道市)から大谷派に対して是旃陀羅の「不読」を要求されてきた。

「不読」とは文字通り読経する際に是旃陀羅を読まないということだ。読経の中で「是旃陀羅」だけ読み飛ばすのか、まさかピー音が入るわけでもあるまい。「経典の用語を厳密に解釈すれば不読だらけになる」(宗議会議員)との危機感が強まる。

「今なお根強い差別」などと訴える人々が差別事例として執着するのが数千年前に成立した経典の一節。むしろ「他にやることがないのか?」と同情すら覚える。

日常生活の中でどれほど経典に触れる機会があるのか分からない。「是旃陀羅」と聞いてどんな人が「差別」「痛み」と感じるものだろうか。

確かに不読問題の歴史は長く、水平社結成当時から書き換えや訂正を求められてきた。ただし現状の不読要求は広島県連が中心。

「不読問題」は部落解放同盟広島県連の独自活動といってもいい。こんな背景がある。県内の解放運動の指導者、故・小森龍邦氏(県連委員長、衆議員議員、新社会党委員長)は真宗大谷派内で「先生」と信奉されてきた。同氏は著作でも是旃陀羅問題を論じ、不読要求の中心人物だ。

つまり広島県連は小森氏の活動を踏襲しており、また大谷派から不読について「配慮」が滲み出るのも小森氏の遺産といったところ。こうした経緯を説明した上で本題に入ろう。

リモートワーク会議中に「給料泥棒!」となじる

パワハラ発言の原因はズバリ、「不読問題」。それは今年2月21日、真宗大谷派同朋社会専門委員会のリモート会議に遡る。会議には大谷派教学研究所(教研)の役職者他、委員(宗議会議員)が出席して是旃陀羅問題について討議した

岩嵜氏が代表を務める「いし・かわら・つぶて(石瓦礫)舎」機関誌『共生』より。

パワハラ発言主は委員の一人、東京教区徳泉寺・岩嵜徹住職。先述した通り同氏は同教区同和協議会元会長でホームレス支援といった活動にも関わる。そして同時に、是旃陀羅不読の推進派だ。会議中に岩嵜住職は教研所員に対して

「教研が宗派として(不読についての)見解を書けないようでは給料泥棒だ」

と迫った。一介の所員に対して「給料泥棒」とは酷だ。ご承知の通り、パワハラは社会問題の一つ。政治家あるいは大手企業役員、著名人ならばそれこそ“週刊誌ネタ ”というもの。

同所員は傷つき休職を余儀なくされた。確かに不読をめぐる教派の姿勢は非常に曖昧だ。その点、岩嵜住職の苛立ちも一面、理解できる。しかしこの苛立ちは「教派の姿勢」というよりも、同所員が「不読」反対派の論客という点が大きい。

その後、岩嵜住職は自身のFacebookにこう投稿した。パワハラに監視て事情聴取を受けたことを明かした上で

宗議会報告 10日、3日間に渡る議会が終わった。 今日、私は議長から呼び出しを受け、 同朋社会専門委員会での、教学研究所の職員へのパワハラに関して事情聴取を受けた。 これは、是旃陀羅問題の教学的解明を、今まで行ってこなかった教学研究所ねあり方を聞いている中で、何時聞いてもやって来なかった理由をのべす、これからやると言った返答を繰り返してきた事に対し、私が腹をたてた事によるものだ。 相手を罵倒した行為は謝る事にしても、のらりくらり、まともな問答をしない教学研究所は、やはり指弾されるべきだと考えている。 教学研究所所長からの告発が、宗務総長と議長に届き、議会としても私の謝罪を求めており、今後を穏便にするためにも、私は私が行った言動に対しては謝罪をするつもりである。 兎に角、教学研究所には、是旃陀羅問題に対する教学的視座をきちっと表明してもらいたい。 その表明がいい加減であれば、私はパワハラ表現無しの批判を徹底的にするつもりでいる。(原文ママ)。

と訴えた。議論でエキサイトするのは人間誰しも起こりえる。しかし大谷派はあまねく同朋の公議公論をつくす「同朋公議」を是としている。そこで「給料泥棒」とは「同朋公議」に逆行しないか。

この詳細については『宗教問題』(季刊2022年春季号)でレポートしており当時、岩嵜氏に取材を申し込んだところ

「今回の私への取材に関してお断り致します。また今後とも、電話、メール、郵便、面談等のすべての取材はお断り致します」(原文ママ)

とメールで返答があった。

その後、パワハラ発言は どうなった?

さて教学研究所所員に対するパワハラ発言の処分はその後、聞かない。過去、教派では同様にパワハラ問題が発生しているが、いずれも対応が不十分だと内部で不満が渦巻く。

今回のパワハラ発言について十分な総括がない中で、岩嵜住職は10月4日、名古屋別院で「第11期解放運動推進要員研修」の講師として登壇する。プログラムを見ると是旃陀羅不読問題についての講演だ。自身が抱える問題を説明することなしに、人権や差別を説く――。

岩嵜住職に関する情報が寄せられるのも不満、反発が強いがゆえだ。

こうした疑問や反発に同氏はどう応じるだろう。

「一切話をしないと言ったはずですが。なぜ連絡してくるのですか。取材には応じません」

前回同様に説明や反論もなかった。「同朋公議」という教派の理念はいずこへ、だ。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

パワハラ大谷派僧侶の「部落解放」研修に 疑問の声」への11件のフィードバック

  1. 匿名

    三品さん、取材お疲れ様です。
    しかし数千年前の経典の文章、しかも原典がインド、中華を経由して入ってきたものを日本の人権団体が読まないことを要望するとは・・・

    返信
  2. 萩原 篤志

     宮部さんが同和は血筋じゃないと言ってますが、政府マスコミの本音は血筋と言ってます。建前は土地差別とか「調べてもわからない」風に濁していますが。マスコミが2006年秋に「ケガレとハレの正しい説明」と「部落民はケガレを受け止めこれを祓う影の存在に戻れ」と具体的に表現しにきました。ケガレとハレの宗教的関係を述べている番組もありました。京都チャンネルで「処刑場めぐり」、読売テレビで「皇室で働いていた高齢女性が出てきて、ケガレとハレの説明を私生活の中で説明しています」。2007年の大河ドラマ「風林火山」で「部落民はケガレを祓う影の存在に戻れ」という意味の表現をセリフにかぶせていました。これでも、血筋やケガレの本当の意味を否定するのでしょうか。訂正をお願いします。本物のジャーナリストなら。
     相手の建前と本音を見極められていないことが多いです。宮部さんは。オカルトとか「処方」とか失礼な言葉を言うべきではありません。
     訂正した動画をお願いします。戸籍についても間違っております。同和団体が「本人であっても戸籍を調べるな」と言っています。行政も戸籍をわざとなくしません。建前と本音がここからわかりませんでしたか?
     でも、同和団体の不祥事追及の活動は応援しています。宮部さんも三品さんも同和ボスからの妨害に負けず頑張ってください。和歌山市から応援しております。

    返信
    1. 匿名

      厳密には養子も血筋ではないですね。
      徒弟制度や(有能な)赤の他人を育てて家督を継がせるのは血筋ではないですね。
      チベットみたいな輪廻転生信仰も血筋ではありません。(輪廻転生信仰は日本にも一部あります。)

      不思議に思うのですが同和の人はほんとに戸籍や家系図がまったくないのですか。
      神社があるんでしたらなにかがあるように感じてしまうんですが地域によりけりなのでしょうか。

      返信
      1. 匿名

        ここに戸籍がある人もいるのではないかと指摘があったのですが消されています。

        ここは都合の悪いコメントを消すのでしょうか。
        スパムっぽい投稿もあったのはわかるんですけど、消され方が異様で驚きました。

        開示請求でも来ました?

        返信
  3. 匿名

    仏教は肉食を禁じていません。
    お釈迦様も肉食しています。
    仏教僧が自分のために動物を殺生をすることを禁じているだけです。

    返信
  4. 匿名

    くだらん。パワハラは権力がある側の人間がすること。
    同和は弱者であり何を言ってもパワハラになど成り得ない。
    むしろ同和にパワハラなどと因縁をつけるのは差別!
    猛省せよ!

    返信

関連記事

【スピリチュアル 日本】参政党信者が 崇拝する「アートテン農法」は ムー風味

先の参院選で話題になった「参政党」。同党関係者が関心を寄せる「アートテン農法」をご存じだろうか。宇宙情報を入れたカードを畑の四方に埋めれば「収穫量3倍」「品質向上」だという。“ オカルト農法”と揶揄する声もあるが、確かに […]

【スピリチュアル 三重】工業団地に ポツリと 世界平和統一家庭連合 みえ中央家庭教会の ナゾ

“ お騒がせ自治体”津市はやっぱり世界平和統一家庭連合(旧統一教会)ネタでもお騒がせ。企業を対象にした工業団地「中勢北部サイエンスシティ」(津市あのつ台)に昨年、みえ中央家庭教会が建った。企業施設の中にポツリ、統一教会施 […]

マスコミの“ 山拓”忖度が 物語る 統一教会報道は「アベガー目的」だ!

マスコミと野党議員のショー化した統一教会報道。「検証」というよりも「喧騒」の中で事情通らは「なぜ自民党・山崎拓元幹事長を報じないのか」という疑問を投げかける。通称“山拓 ”と呼ばれた大物の歩みは統一教会検証の重要情報にな […]

【カルトと韓国】伊豆市の 怪寺・平和寺本山に 潜む韓国人脈と 遺骨収集利権

統一教会に対するメディアスクラムは非常にありがたい。平素は韓国を論じるだけで排外、差別と断じるマスコミや左派の面々から「韓国とカルト」追及に“お墨付き ”を頂戴した。ならば裏社会、不法投棄などで名高い怪寺・平和寺本山(静 […]

聖地「成約ビル」元所有者は 民団役員! マスコミが 必死で隠す 統一教会と在日の “密”

統一教会報道の狂騒が続く。ほんの僅か前までは「宗教団体」と名を伏せたマスコミが雪崩を打って報じる様に不気味さを感じないものだろうか。しかし統一教会バブル渦中にあって全く論議されないことがある。それが教団と在日社会の関係だ […]

【和歌山市】“スピリチュアル すぎる” 市議選補選に 市民からも 失笑の声

大手メディアは旧統一教会こと世界平和統一家庭連合ネタ一色。またそれ以前は神真都Q、参政党などスピリチュアルな団体や陰謀論が社会の関心を集めた。おそらくオウム真理教の「地下鉄サリン事件」以来のインパクトではないか。そんな世 […]