【速報】“ ガーシー参議院議員” オンラインサロン支払い トラブル発生で被害届も!

カテゴリー: 政治 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

暴露系YouTuber、NHK党所属の参議院議員、ガーシーこと東谷義和氏。人気YouTuberや芸能人のスキャンダルを暴露してきた他、今年7月の参院選で当選したのもご存じだろう。ところが昨年、YouTuber・ヒカル氏のキャスティング費用の返金をめぐりドバイに国外逃亡した。現在はドバイから情報発信中だが、参議院議員にも関わらず国会に登院していない。登院義務違反と批判される中で、オンラインサロン『GASYLE(ガシる)』の課金をめぐりトラブルとの情報が多数、寄せられた。

すでに週刊誌にも タレコミが殺到

先の参院選では比例選候補者の得票ランキングで第10位。ガーシー効果というものだ。「ウソの正義よりも真実の悪」をスローガンにNHK党内でトップ当選を果たした。得票数からして有権者としてもガーシー参議院議員に期するものがあったのだろう。しかし政治活動どころか登院すらしないのは有権者への裏切り。

しかも自らのオンラインサロン『GASYLE(ガシる)』でトラブルとは「信者」に対しても背信行為ではないか。すでに一部週刊誌にも多数の情報提供が寄せられている。

『GASYLE(ガシる)』は無料期間を経て本会員登録になる。有料会員になると月額3980円が課金されるシステムだ。ところが

「二重請求が起こる」

「無料期限終了直前で退会ボタンが機能しなくなる」

「退会したのにログインができて課金が発生する」

といった苦情が相次ぐ。

ウォッチャーによると

「素直に返金に応じれば良かったのにガーシーは“ 文句があれば警察に行け”と逆ギレしています」

「GASYLE」はとっておきの暴露が期待されたが「拍子抜け」との声が続出中。それでいて退会後も課金されたらたまらない。

「サロンの課金システムが脆弱」(ウォッチャー)との指摘もあり、運営体制にも問題がありそうだ。

すでに警察に被害届を提出したユーザーもおり、課金トラブルでさらに帰国は遠のきそうだ。かつては「良識の府」と言われた参議院だが、むしろタレントやスポーツ選手、著名人の退職金と化した。はからずもガーシー氏が「参議院議員」の不毛さを“ 暴露”したようだ。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【速報】“ ガーシー参議院議員” オンラインサロン支払い トラブル発生で被害届も!」への4件のフィードバック

  1. 匿名

    ガーシーがこんなんになったのってBTS詐欺でZ李に詰められてからですかね
    その時瀬戸際ビジネスの指南を受けたのか、それとも首輪を付けられたのか

    返信

関連記事

【Colabo問題】“ネオ同和” 東京都若年 女性支援事業に マスコミが 肩入れする理由

まさに第二の同和事業? 東京都若年女性支援事業の委託団体の一つ「一般社団法人colabo」(仁藤夢乃代表理事)の会計報告、活動内容の疑問点をSNS上等で告発する暇空茜(ひまそらあかね)氏に対し弁護士とマスコミが“ 連帯” […]

【王将研究】大連撤退、稲盛和夫、PCR検査…「王将人脈」にチラつく 同和と中国

餃子の王将、大東隆行社長銃殺事件の追跡取材。事件の一方で、王将周辺を探ると「中国人脈」が浮かび上がった。在大阪中華人民共和国総領事館と大阪市が共催する「中秋名月祭」実行委員長、王天佐氏がその一人。周辺情報によると王将が中 […]

【和歌山知事選】二階元幹事長 死亡デマを ファクトチェック!

「二階(俊博)さん何かあったんですか?」。今月9日まで著者のもとに自民党・二階俊博元幹事長の安否に関する問い合わせが相次いだ。そこでSNSなどを確認すると、コロナウイルス感染による二階氏死亡説が飛び交っていた。明確なソー […]

【スピリチュアル 日本】参政党信者が 崇拝する「アートテン農法」は ムー風味

先の参院選で話題になった「参政党」。同党関係者が関心を寄せる「アートテン農法」をご存じだろうか。宇宙情報を入れたカードを畑の四方に埋めれば「収穫量3倍」「品質向上」だという。“ オカルト農法”と揶揄する声もあるが、確かに […]

関西生コン、旧統一教会、辻元サンは 令和の疑惑の総合商社やで!

勇ましい政府批判、対して自身の疑惑には逆ギレ。左翼、野党、マスコミに共通するこの現象を地で行くのが立民・辻元清美参議院議員だ。長らく取沙汰された関西生コンとの関係のみならず旧統一教会系団体にも関与とはかつて自身が言い放っ […]

マスコミの“ 山拓”忖度が 物語る 統一教会報道は「アベガー目的」だ!

マスコミと野党議員のショー化した統一教会報道。「検証」というよりも「喧騒」の中で事情通らは「なぜ自民党・山崎拓元幹事長を報じないのか」という疑問を投げかける。通称“山拓 ”と呼ばれた大物の歩みは統一教会検証の重要情報にな […]