【湘南外伝】天野二三男と お騒がせ芸能人、清水健太郎の 交遊㊙録

カテゴリー: 熱海土石流 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

ある時は自由同和会神奈川県本部会長として「人権」「同和問題」を雄弁に語り、その裏で「同和で相続税が安くなる」と地主に持ちける。一介の塾経営者から行政を手玉に取る「同和系列の実業家」という人生。熱海市土石流遺族、被災者あるいは不動産取引の被害者からすれば「不快」そのものに違いない。だが湘南の怪紳士、天野二三男氏は「ノンフィクション」の題材として非常に面白い。だから天野氏にまつわるエピソードは聞き知った以上、話さずにいられない。90年代から大麻、覚醒剤所持・使用でたびたび芸能ニュースを騒がせた歌手、俳優の清水健太郎氏、天野氏の間に交遊があったといえば興味津々ではないか。

同和と芸能界、天野氏と芸能人の接点

1977年、デビュー曲『失恋レストラン』でこの年のレコード大賞新人賞、日本有線最優秀大賞など賞を総なめにし同年の紅白出場を果たした昭和のスター、清水健太郎氏。同曲が出世作となり清水氏は音楽活動以外でも俳優として活躍していく。妙齢の女性にすれば未完の大作『ガラスの仮面』(白泉社)での描写、「失恋レストラン オーディション」といえば顔がほころぶ人も多いはずだ。

端正なルックスと歌唱力は定評があったが80年代から複数回、大麻・覚醒剤所持で逮捕されたのはご存知の通り。あるいはひき逃げ・交通事故も芸能ニュースを賑わせてきた。ご本人には申し訳ないが“お騒がせ芸能人 ”というのが一般的なイメージだろう。

そんな清水氏と天野二三男氏との間に「交遊」があったと元関係者らの取材の中で耳にした。天野氏と芸能人といえば往年の名女優、磯村みどり氏とも関係がある。

左が往年の名女優、磯村みどり氏。映画にドラマ実績は多数だ。

磯村氏は湘南オーガニックファームの役員にも名を連ねる。実績ある女優がなぜ怪紳士・天野氏と関係を持ったのか理解に苦しむ。強いていえば知名度はあるが、芸能界のメインストリームにいない歌手、俳優、タレントを同和団体関係者、あるいは反社組織が利用するのはありがちな現象だ。

そこをいくと清水氏はVシネマなど任侠映画、ギャンブル映画といった作品群の常連俳優。アウトローなる人々が憧れ、擦り寄ってくる要素がある。また怪しげな紳士が接近したことも少なくないだろう。その一人が天野氏というわけだ。

天野氏を取り巻く関係人物、関係企業は多数。関連エピソードも枚挙にいとまがない。そのせいか時に盛り土や同和行政といった本丸の話題から脱線し“サイドストーリー ”になることもしばし。元関係者らが同席し小田原談義が盛り上がる。やり取りが面白かった。

「芸能人? 音楽ショーなんかもやってたよね」

「清水健太郎じゃん」

ん? 意外な名前が飛び出したから“ 耳がダンボ”というものだ。

「ホテルで清水さんを招いてショーをやったんだよ。同和会の活動? 会社の主催? どっちでもないよね。(人権団体も会社も)一緒なんだもん」

ショーは何の目的なのか聞いてみる。

「要するに資産家や地主を集めた囲い込みパーティーだよ。ご機嫌とりだよね」

話は続く。

大井町、天野物件に住んでいた清水氏

清水氏は一時期、足柄上郡大井町に住んでいた。同町では割とよく知られた話だ。先の元関係者らによれば件の物件は天野氏も売買に関与していた。90年代、覚醒剤事件などで清水氏のもとに芸能記者、レポーターらが殺到。そこで天野氏関係人物が清水氏を匿ったとの話である。

とにかく天野氏に関わった人物は高確率で損害を被るものだ。もしや清水氏も何らかのトラブルに巻き込まれたかもしれない。また一体、どういう縁だったのか。清水氏の所属事務所「オフィスKS」に天野氏との交流、また大井町に在住した当時のことを質問してみた。すると一旦は

先日、天野氏についてのお問い合わせにつきまして、清水に確認したところ記憶になく、お答えすることができません。との事でした。お役に立てず申し訳ごさいませんが、宜しくお願い致します。

と事務所側は関係を否定した。しかしこれまで非常に精度が高い情報を提供してきた元関係者らの情報だ。間違いや記憶違いとは思えない。

再び大井町時代の所在地を明記した上でもう一度、問い合わせてみると担当者から連絡がきた。

「確認したところ清水は“天野さん ”という方の記憶があると申しております。ただ大井町在住は天野さんという方と無関係です。刑務所から出所した96年頃、帰住地が必要ということで身元引受人が紹介してくださったのがその住所です。ショーについてですが親しい方に頼まれて歌うことはありますが、天野さん主催のショーは本人(清水氏)も記憶にないと申しています」

一体、どういう接点なのか気になるところだ。

「大磯町の床屋さんに清水が通っており、天野さんも常連の一人だったそうです。床屋さんのご主人に“こういう人(天野氏)がいるよ ”と紹介されたということです。もともと(清水氏は)大磯には知り合いも多いですし、そのお一人という認識ですね。どんな交流? 一度食事をしたとかそのぐらいではないでしょうか」(担当者)

天野氏と清水氏は面識があったという点は事実だった。芸能人とはつくづく因果な商売だ。純粋なファンだけではなく、胡散臭い人物も寄ってくるもの。当時の清水氏もまさか後の「天野二三男」とは想像だにしなかったことだろう。

食中毒を逃れた悪運の強さ――そして尽きたか?

この通り、天野取材をしていると思いがけない場所で名前が浮上したり、意外な人物が登場する。清水氏もその一人だ。おそらく日常的に天野氏は広くアンテナを張り巡らせているからだろう。こうした点も天野氏の力の一要素かもしれないが…。そこで先の元関係者トークに戻らせてほしい。

「資金繰りに困ると必ず人のいい地主と知り合って金を引っ張るんだよ」

「SFCG(旧商工ファンド)からも億単位の金を引っ張ったけど向こうが倒産しちまったからな」

天野氏の「強運」について証言する元関係者たち。行政指導を受けても対象は部下を社長に据えた子会社で本人は雲隠れ、袂を分かった元部下がまた天野氏を頼ってくる、そしてなぜか現れる純朴な資産家、用意周到なのか天運なのか異様な悪運があったことは事実だ。

それを象徴するのが先の清水氏のショーだという。実は先のショーにはこんなオチがついた。

「あのショーって確か食中毒を起こしたんじゃない?」

「そうだったね。天野さんは酒が飲めないし資産家や地主を口説かないといけないから飲食するヒマもない。ところがスタッフ連中は飲食して発症したけど、天野さんは難を逃れたんだ。こういうところなんだよ。あの人の悪運の強さは…」

元関係者の間で天野二三男の“ すべらない話”の如く伝わっていた。やはり天野氏には説明がつかない「強運」が備わっている気がしてならない。そこに「行政」というバックがつけば鬼に金棒である。

ところが神がかった悪運も伊豆山土石流とともに崩れ去った。もちろん事件の解明は道半ばとはいえ少なからず天野氏の所業が露見した。だがこのことを裏返せば死者26名、行方不明者1名、また多数の被災者を引き換えにしなければ天野氏の曲事を暴けなかったことを意味する。「同和行政」という存在に対し不条理と絶望を感じないではいられない。天野氏、それから彼を支えた人々は何を思うか。

神奈川県との交渉の様子。機関誌バックナンバーはマスキング加工された。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

三品純 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【湘南外伝】天野二三男と お騒がせ芸能人、清水健太郎の 交遊㊙録」への2件のフィードバック

  1. うましかの一つ覚え

    司法が動き出すようなことになって審判が下されたとしても、
    津市の時と同じように同和(を自称する)側も行政側も屁でもないような処分しか下されないんだろうなぁ
    アウトロー辞めたら同和になるべきって言いたくもそらなるよなぁって思いました

    返信
    1. 三品純 投稿作成者

      同和万歳している人たちが万一、同和絡みの反社に不利益を
      受けた場合、司法は決してご自身らの味方にならない、なれない、と。
      老婆心ながらお伝えしたいです。

      返信

関連記事

【富士市】無許可盛り土で 逮捕業者の背景は――

盛り土、不法投棄王国の静岡県…。県民には失礼だが熱海市土石流を筆頭に同種案件の事件が絶えない。今月29日、同県富士市で市長の許可なしで盛り土造成をしていたとして山梨県身延町の佐野浩信容疑者、同県南部町の美容師、若林厚子容 […]

【熱海市土石流】「安全対策不足を 削除して」と県に頼んだ 熱海市役所の 役人根性

昨年の土石流発災からもうすぐ一年。原因の検証は途上―――どころか行政側の本気度、誠意を疑いたくなる事態が起きていた。本来は原因究明の資料になるはずの「逢初川土石流災害に係る行政対応検証委員会報告書」。この作成過程の中で熱 […]

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(後編)「同和の名刺」の 影響は?

12日、熱海市百条委員会で証人尋問を受けた前土地所有者。もうご存知だろう。かつて同市議会で「同和系列の会社」と答弁された人物である。約2時間に及ぶ証人喚問の中で焦点はやはり“ 同和の名刺”がどの程度、行政に影響したのかと […]

【前所有者余話】熱海市百条委員会 トホホ後日談

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(前編) 後編の前所有者証言。これは強く思うところがあり、気が滅入る部分もあった。そこで読者諸氏におかれても気分転換をして頂く意味で余話。トホホな後日談をど […]

【Youtube企画】「行政、報道もおかしい!」 天野二三男氏 特別インタビュー(熱海土石流編)

当サイトも長らく報じてきた昨年7月3日の熱海土石流。土砂崩落地付近造成地の「元所有者」こと旧新幹線ビルディング元代表、自由同和会神奈川県本部前会長、天野二三男氏に責任を求める声が強く、ここにきて行政側は天野氏に責任転嫁す […]