亀井文夫監督作品「人間みな兄弟 部落差別の記録」(前編)

By 鳥取ループ

今年の夏、示現舎にある映画のDVDが送られてきた。タイトルは「人間みな兄弟 部落差別の記録」。1960年に作成された記録映画である。

この映画では、当時の様々な部落の映像が映し出される。それらの部落のその後を見ると、様々な発見がある。DVDを見たくなった方は、日本ドキュメントフィルムに問い合わせてみよう。

vlcsnap-2016-09-18-20h22m46s174

後援団体の表示。部落解放同盟と部落問題研究所の協力のもとに制作されたことが分かる。現在では、解放同盟と対立している部落問題研究所も、当時は協力関係だった。

vlcsnap-2016-09-18-20h24m10s311

最初に映し出されたのが、「一般と部落」の境界となる場所。部落に入った途端に道が細くなっている。

石柱に「光雲寺」とあることから場所が特定される。実はこの場所は京都市左京区の錦林きんりん地区で、現在の様子をグーグルストリートビューで見ることが出来る。

このように細い道は拡張され、部落には市営住宅が立ち並んでいる。しかし、石柱と石垣、生け垣、電柱の位置は当時と全く変わっていない。

vlcsnap-2016-09-18-20h31m34s718

こちらは奈良県御所市の小林部落。住井すゑの小説「橋のない川」に出てくる「小森部落」のモデルになったとされる部落である。

Youtubeに現在の様子の動画があった。

vlcsnap-2016-09-18-20h32m01s438

和歌山県西牟婁にしむろ上富田町かみとんだちょう朝来あっそにある大谷部落。文字通り谷間にある。

vlcsnap-2016-09-18-20h32m39s159

和歌山県田辺市本宮町ほんぐうちょう本宮にあるこけという部落。

現在は、階段状の土地がコンクリートで固められて整備され、ニコイチ住宅が立ち並んでいる。

※読者の方から、ストリートビューの場所は移転先で、苔部落は2kmほど南の大日山のふもとにあったとの指摘を頂きました。

vlcsnap-2016-09-18-20h33m51s684

ナレーションによれば奈良県五條の川原にあるという部落。現在の奈良県五條市五條と考えられる。ゴミが散らばっているのは、伊勢湾台風の被害に遭ったためである。

vlcsnap-2016-09-18-20h34m51s029

和歌山県和歌山市くいの平坦地にある部落。現在地を地図で見ると、かなり都市化が進んでいる。

vlcsnap-2016-09-18-20h35m18s670

京都八幡の部落。おそらく現在の八幡市八幡軸やわたじくと考えられる。

※読者の方から、正しくは八幡軸を背にして南ヶ丘から八幡東林方向を撮影したものではないかとの指摘がありました。共同洗濯場は、現在の「あけぼの公園」ではないかということです。ストリートビューで現地で見ると、道の形や傾斜が一致し、映像にあるのと同じ形の古民家が見えます。

vlcsnap-2016-09-18-20h35m54s141

和歌山県串本の部落。おそらく現在の東牟婁ひがしむろ串本町くしもとちょう和深わぶかと思われる。

vlcsnap-2016-09-18-20h36m37s028

和歌山県有田郡湯浅町ゆあさちょう湯浅。

山の稜線からすると、現在地はここだろう。

vlcsnap-2016-09-18-20h36m47s446

vlcsnap-2016-09-18-20h37m06s325

小諸の部落。詳しくは部落探訪(15)を御覧いただきたい。

vlcsnap-2016-09-18-20h38m07s694

大阪の矢田やた部落。現在の大阪市東住吉区矢田は市営住宅が多くて空き地も多く広々としているが、当時はこのように住宅が密集していた。

vlcsnap-2016-09-18-20h39m29s822

堺市の耳原部落。詳しくは部落探訪(3)を御覧いただきたい。

vlcsnap-2016-09-18-20h42m00s955

就職差別により吹田駅で女学生が列車に飛び込み自殺したという部落。猫の毛皮が干してある。残念ながらどの部落かは分からなかった。なお、映画ではその女学生の轢死体と思われる映像が映し出され、製作者の本気度がうかがえる。

※読者の方によれば、これは1959年1月の吹田市立第二中学校3年生に対する住友信託銀行による「就職差別事件」で、映し出されている部落は「大阪の同和事業と解放運動」によれば獣皮加工が主産業とされる、現在の吹田市岸部中ではないかとのことでした。女学生は両親が部落外の出身で戦後ここに移り住んできており、本人は、自分より成績の悪い同級生が合格したので、落ちたのは差別によるものと思い込んでいたとナレーションがされています。

vlcsnap-2016-09-18-20h48m09s241

食肉で有名な大阪府羽曳野はびきの市の向野むかいの部落。ハンナンの浅田満元会長の出身地としても有名になった。映画では屠場の様子も映し出されていた。

vlcsnap-2016-09-18-20h49m15s565

奈良県曽我そが川の土手下にある部落。おそらく磯城しき三宅町みやけちょう上但馬かみたじまのこと。野球グローブ等の革製品の製造で潤い、豪邸が立ち並ぶ珍しい部落として描写されている。現在も奈良県スポーツ用品工業協同組合があり、野球用品の一大産地である。

vlcsnap-2016-09-18-20h51m04s848

三重県有馬の南地みなみじ部落。現在の熊野市有馬町の海岸沿いにある。映画では、ここには「鈴木」姓が多く、研究の結果武士の末裔であることが分かり、「もはや部落ではない」として記念碑を建てる様子が映し出されている。

その記念碑が今はここにあるようだ。現在は紀州の典型的な田舎町のたたずまいで、同和地区指定された形跡がない。

vlcsnap-2016-09-18-20h54m14s027

vlcsnap-2016-09-18-20h55m23s438

日高川の土手下のそのという部落。現在の御坊市薗のことである。日雇い労働者の部落であった。

(次回に続く)

亀井文夫監督作品「人間みな兄弟 部落差別の記録」(前編)」への3件のフィードバック

  1. 匿名

    少なくとも、ここで紹介されている部落に対しては、これ以上、同和対策事業は必要ないようである。街が見違えるように生まれ変わった。

    思うに、全国部落調査を公開する意義は、ここにもあると思う。全国民に部落とされる場所の位置を知ってもらい、現状を自分の目で確認する。そうすることで、解放同盟の主張が空虚で副収入目的であることが看破され、同和対策事業や各種補助金がますます減らされていく。

    返信
  2. ニコイチ

    本年も宜しくお願い致します。また質問させて下さい。冒頭に部落と一般との境界として紹介されている場所ですが。確かに道が細くなっています。いつも不思議に感じています。なぜ部落地域に入ると道が狭くなるのか?と言う事です。想像するに部落民がスラムとして勝手に家を建ててしまうのか?これは朝鮮部落も同じではないか? 本来道などの都市計画は行政が行う物ですよね?行政も部落地域には改善を積極的に行わ無かったのですかね?都市計画の前にスラムがあったのですかね?部落民は計画など考えずに家を建てまくったのでしょうかね?稚拙な質問でスミマセン。知れば知るほど部落差別がねじ曲がって伝えられている点に気が付きます。隠す必要は無く情報をオープンにして各人の判断に委ねて良いと思います。同和利権、在日利権、少数民族利権にはカンベンして貰いたい。これがあるから差別が無くならないのですよ。もうそんな時代では無いですよ。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      それは、土地を持たない人が家を建てるには、道路の隅っこを占拠するのが一番手っ取り早いからでしょう。また、既存の家も家族が増えて手狭になった時には、ひさしを道路側に伸ばすのが最も簡単な方法です。そういう事を繰り返して、スラムの道はどんどん細くなっていきます。

      もちろん、普通の地域ならそんな事をしたら立ち退かされます。しかし、立ち退かせてもどこかに受け皿がなければ根本的な解決にはならず、スラムがまさにその受け皿であり、スラムであれば仕方がないという意識が当の住民や周辺住民、行政にあったのではないでしょうか。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です