座間市9人死体遺棄事件、事件発覚直前と直後の事件現場の動画を入手

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

当初はSNSで自殺希望者を誘い出した自殺幇助事件と思われた、座間市の死体遺棄事件。ここに来て被害者の所持金を奪っていた、性的暴行をしていたという報道もされ、猟奇大量殺人事件の様相を呈している。

最初に警視庁が遺体を発見したのは10月30日午後4時頃と報道されているが、示現舎では、その時間前後に現場付近を撮影した動画を入手した。

事件現場となったのは、神奈川県座間市緑ケ丘6丁目の「シーバスハイム」。ここは、従来はあまり自動車が通る場所ではなかったのだが、昨年4月に座間総合病院が開院し、その後自衛隊の官舎が完成してからは、市役所からそちらへの抜け道として使われるようになり、頻繁に車が通るようになった。

示現舎が入手したのは、その車のドライブレコーダー動画である。撮影されたのはそれぞれ10月30日の午前10時頃と、午後5時頃だ。画面に表示される日付が違っているのは、ドラレコの時計の設定が違っているため。

午前10時頃に既に事件現場前にバンが停まっているのが確認できる。警察関係者か、単なる配達なのかは分からない。

そして、夕方には覆面パトカーと思われるセダンが停まっている。

現場はやや奥まったところにある住宅地だが、自動車の通行や人通りは少なくない。

地元事情に詳しい近所の商店主に事件のことについて聞いてみたが…

「ああいうの苦手、想像するのも嫌。事件のことは分からないよ、(異臭があったという噂も)何も知らなかった。近所付き合いはそれなりにあるけど、ワンルームマンションの住人のことなんて分からないよ。なんかもう気持ち悪いね。こういう感覚間違ってる?」

と、事件のことは話題にするのも嫌という様子だ。

事件翌日の朝、現場前にはマスコミ関係者が集まっていた。

空には報道のヘリが2機。

夕方には現場前の道路が立入禁止に。近所の住民、中高生も集まり騒然としていた。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

座間市9人死体遺棄事件、事件発覚直前と直後の事件現場の動画を入手」への6件のフィードバック

  1. 気になる名無しさん

    わたしの勤務先(介護施設)の同僚(女・ナース)がこの事件に異様なまでの興味を示しているのか、入居者とこれの話ばかりしている。
    入居者が
    「もうそんな話聞きたくない」
    と言っているに。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      シリアルキラーマニアというのは、一定数いらっしゃいますからね。
      そのうち飽きるでしょう。

      返信
  2. 斉藤ママ

    すごいですね!ニュースからコピペしました。

    日弁連がDVだの虐待だのを理由に、行方不明届の法律を変えたから、
    なかなか見つからなかったのです。
    (家族が探せないようにする)

    ———————————
    警視庁のこれまでの調べで、9人の遺体は、8人が女性、1人が男性とみられているが、白石容疑者は、その後の調べで、「9人のうち、10代後半が4人、20歳くらいが4人、20代後半が1人」と話していることが新たにわかった。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。 部落名は金山 […]

【野党研究】国民・岸本周平氏、和歌山知事選問題で見えた 自民党の“ エグさ”

前回に続き国民民主党幹事長代行、岸本周平衆議院議員の和歌山県知事立候補問題。岸本氏は本日、和歌山市内で正式に出馬表明する予定だ。表面的には野党の現職議員が知事選出馬というニュースに過ぎない。しかし内情を検証するに、自民党 […]

国民・岸本周平(衆)が 和歌山県知事選出馬表明へ    二階王国再編の シナリオ

国民民主党幹事長代行の岸本周平衆議院議員(和歌山一区)は、今年12月に任期満了を迎える和歌山県知事選に出馬することが周辺への取材で判明した。岸本氏出馬の背景は仁坂県政に不満を持つ自民党同県連の思惑も見逃せない。また長らく […]

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(後編)「同和の名刺」の 影響は?

12日、熱海市百条委員会で証人尋問を受けた前土地所有者。もうご存知だろう。かつて同市議会で「同和系列の会社」と答弁された人物である。約2時間に及ぶ証人喚問の中で焦点はやはり“ 同和の名刺”がどの程度、行政に影響したのかと […]

【前所有者余話】熱海市百条委員会 トホホ後日談

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(前編) 後編の前所有者証言。これは強く思うところがあり、気が滅入る部分もあった。そこで読者諸氏におかれても気分転換をして頂く意味で余話。トホホな後日談をど […]