学術・研究:部落探訪(235) 長野県 佐久市 瀬戸 西耕地坂上

By 鳥取ループ

佐久市瀬戸に小さな白山神社が残る部落がある。戦前の記録ではわずか9戸の部落ではあるが、水平社が結成された。水平社同人として高橋市次郎、高橋豊一という名前挙げられる。

そして特筆すべきは、宗教法人GLA創立者の高橋信次の出身地であるということだ。

見た目は何の変哲もない農村。特に同和施設があるわけでもなく、おそらく同和地区指定はされていないと考えられる。
高橋信次は戦後に復員した後、大学で学び直し、電子技術者となった。部落には彼が設立した会社が今も残っていた。

しかし、今回訪れたときには閑散としていた。

実は2016年にもこの場所を訪れている。当時、この「高電工業株式会社」は操業しており、授業員が出入りするのも見えた。調べてみると2019年に市内の別の場所に移転し、今年の4月には「長野コーデン株式会社」に社名変更していた。代表的製品として蛍光灯用インバーターが紹介されている。

長野県の部落は高橋姓が多い。ここも表札は全て高橋。最大部落である小諸市加増に高橋が多く、この部落も加増から派生したということだ。

そして、長野県の部落も白山神社があることが多い。部落の起源が長吏であり、弾左衛門と関係があったのだろう。ただ、この白山神社はしめ縄が傷んでおり、蜘蛛の巣が張っていた。

これが2016年に撮影したもの。一応しめ縄は交換されているように見える。

中を除くと、氏子の名前が例外なく高橋であることが分かる。

中を撮影した。

これが2016年の撮影。

この石柱には弘法大師、観音菩薩の文字が見える。白山信仰はもともと神仏習合のものだが、長野県の白山神社は特に神仏習合の色合いが残っているそうだ。

この白山神社の周辺のごく小さな一角が部落である。

周囲の地形は特徴的だ。崖があるのだが、その上は馬の背のようになっていて、すぐ反対側にも崖がある。

崖の上に墓地がある。

真夏で日差しは強かったが、風が涼しかった。やはり信州の部落を探訪するなら夏がよいだろう。

学術・研究:部落探訪(235) 長野県 佐久市 瀬戸 西耕地坂上」への3件のフィードバック

  1. 神仏習合

    >>長野県の白山神社は特に神仏習合の色合いが残っているそうだ。
    同行者の方の話なんでしょうが、何を根拠としてそう言っているのでしょうか?
    大体の所で神宮寺が併設されて残っているとかなら分かりますが、ご神体に権現
    と書かれたものがあるとか、境内地に仏教系の石塔が見られるぐらいではそもそも
    神仏習合なので当たり前では?

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      同行者のコメントです。同行者は何千箇所も全国の神社を巡っているそうです。
      その上での主観ということでしょう。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo