虎姫のニコイチ群が消滅へ

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

その見た目のインパクトから、滋賀の部落の中でも圧倒的な知名度を誇った虎姫とらひめの改良住宅群がいよいよ消滅に向かう見込みである。今年度で全てのニコイチの持ち家化が完了する。

そもそも、虎姫の改良住宅群は旧虎姫町(現在の長浜市桜町さくらちょう)の同和対策で建設されたものである。かつて「小桜こざくら」と呼ばれた桜町はもともと住宅密集地であり、何度か大火に見舞われている。そのため、昭和50年代に密集地域を改良する事業が行われた。密集した住宅地を町が買い上げて、代替の改良住宅を住民に提供したのである。

同和対策事業の対象はあくまで現在の桜町の区域であったが、そこだけでは改良住宅を作る用地が足りず、桜町と隣接するにも改良住宅を建てられた。しかし、それでも足りず西大井町にしおおいちょう新旭町しんあさひちょう長田町ながたちょうかきにも改良住宅が作られた。

しかし、現地の地図を見て頂ければ分かる通り、改良住宅群はあまりにも巨大で、いくら桜町が密集地だったとは言っても、もともとこれだけの戸数が桜町にあったとは考えにくい。

そこで、地元住民や行政関係者から言われるのは、改良住宅が建設された時に、親戚の名義を使って1人でいくつもの改良住宅を借りた人がいたということである。そのため、区画整理のために立ち退いた人が入るための改良住宅が足りず、同和地区外に次々と改良住宅が建設されることになった。

2011年1月に新旭町の市営住宅で起こったガス爆発事故をきっかけに、市営住宅や改良住宅の又貸しが明るみになった。改良住宅の6割、市営住宅の4割で不正使用の疑いがあるとされ、まさに村ぐるみで不正が行われていたのではないかという疑惑が生まれた。しかし、これについて、ある住民はこう説明した。

「森さん(ガス爆発事故があった市営住宅を派遣会社社員に又貸ししていた、町の助役は“みんなやっている”みたいなことを言ってたけど、それは違うで。やっとったのは解放同盟と、町議会議員で20人くらいや」

不正をしたのは一部であって、ほとんどの住民は町の言われるとおりに立ち退いて、代替として改良住宅を借りた。つまり、「みんなやっている」というのは「解放同盟がみんなやっている」という意味なのだそうだ。

改良住宅は本来は桜町の元住民のための代替住宅なのだが、6親等までの親族には譲渡できるという決まりがあるため、それを悪用して親戚名義でいくつも住宅を借り、町に対しては月に3~5千円の家賃で済む住宅を、数万円で又貸ししていたのだ。改良住宅だけではなく、町営住宅も町議会議員のコネがあれば、同様の方法でいくつも借りることができたという。そして、解放同盟員や町議会員に見返りとして金銭が支払われた。

本来改良住宅には元桜町の住民が住んでいるはずなのだが、実際はよそから来た人も多いという。住民はこう証言する。

「例えば公明党のポスターがある家なんか、よそから来た学会員の家。古くからの住民は地元の寺の檀家だから」

しかし、ガス爆発以降は、又貸しはできなくなった。とばっちりを受けたのは、実態を知らずに住んでいた人だ。

「又貸しされた住宅に住んでいた婆さんとか、不正をしていない人を追い出している。もともと高い家賃を払わされていたし、あの人らが一番の被害者」

そう住民は憤る。ちなみに、住民によれば改良住宅の家賃の請求書が来るようになったのは長浜市になってからで、少なくとも合併前はほとんど家賃が払われていなかったのではないかということだ。また、改良住宅の払い下げは、建設された当初から想定されていたことで、そのために住民が積み立てた金もあったのだが、その金が行方不明になってしまったという。

長浜市によれば、改良住宅の払い下げはほとんど終わっており、あとは桜町の一部を残すのみで、今年度で全ての改良住宅が払い下げられるという。、住宅の払い下げ金額は200万円程度。田舎とはいえ、かなり格安だ。払い下げたあと、10年間は転売や貸与は出来ないことになっているが、その後どうするかは自由だ。

それを見越してか、住民によれば既に住宅を次々と「買い上げている」人がいると言う。ほとぼりが冷めた頃に、また転売するか貸与(この場合、もはや“又貸し”には当たらない)するつもりなのだろうということだ。

「正直者がバカを見る」そのような結果になってしまっていることは否めないが、ともかく同和事業の負の遺産を精算するためには、こうするしかなかったのだろう。

町営住宅も空き家が目立つ。

町営住宅も空き家が目立つ。

img_3594

長田と柿ノ木の間にある、「やな漁」の施設。これをめぐる利権が原因で地区内で対立が起きたこともあったという。

長田と柿ノ木の間にある、「やな漁」の施設。これをめぐる利権が原因で地区内で対立が起きたこともあったという。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

虎姫のニコイチ群が消滅へ」への5件のフィードバック

  1. iga-nin

    三重県伊賀市も同和が根強く残ってて同じような不正が多いと聞いてます。
    未だに自治体の税金が億単位で同和事業に使われているみたいです。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      桑名も残っていると聞きますね。あとはトヨタ絡みの民間企業からの金とか。

      返信
  2. 匿名

    私のここへ行ったことがある。たしか、非常に広大で、北陸本線の車窓からも眺めることができる、かなり目立つ部落だったような気がする。まさしく、アウティングを地で行くような部落だったはず。しかも、大がかりな不正も影でなされていたなんて。これを機に有名になって、多くの人に訪れてもらい、解放同盟の悪行の数々と、同和事業のばかばかしさを、みなさん知ってもらいましょう。全国に発信しましょう。徹底した情報公開・情報発信こそが、似非同和根絶の第1歩です。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      おっしゃる通りで、又貸し問題では同和事業が絡んでいるとMBSで報道されましたが、その後のフォローがありません。
      関わっていたのは解放同盟等の一部の人なのに、村人全員が関わったように思われると困ると地元の方はおっしゃってました。

      返信
  3. ニコイチ

    又貸し、不正など過去の同和行政の負の遺産のモニュメントとして行政が保存ずべきですよ。それが出来てやっと行政自身の不正をただす事になると思います。差別では無く現実を直視して各自で判断すれば良いので、あるべき姿として保存すべきです。皆が見に行けば地域も活性化されるでしょうし、第一、虎姫=タイガープリンセス=タイプリ=青い屋根 というブランドは他にありません。もったいないですよ。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(293)埼玉県 狭山市 柏原 下宿

柏原(かしわばら)の部落は高杉晋吾『部落差別と冤罪』で、狭山事件に絡めて引き合いに出されている。狭山事件との接点と言えば、石川一雄氏の友人で一度逮捕されたものの釈放された東島明氏がこの地区の出身である。 なお、石川一雄氏 […]

星野ロミ出所後初YouTube出演 漫画村×破産者マップ 日本最凶サイト対談

去る11月12日、漫画村運営者星野ロミ氏と破産者マップ運営者遠藤有人氏のYouTube対談を公開しました。漫画村がどのように漫画を配信していたのか、またアフィリエイト会社等との関係を語っています。破産者マップは個人情報保 […]

先鋭化する 現代アート業界は 社会の 厄介者!?

政党、芸能界、学界、社会の広いシーンで「先鋭化」が進む昨今、美術界も例外ではない。作品に歴史認識問題、政治イデオロギーを込めるのは2019年、「あいちトリエンナーレ」が最たるもの。芸術家たちは自身の作品で平和や正義を説く […]

学術・研究:部落探訪(292)熊本県 熊本市 南区 城南町隈庄 萱木

熊本では数多くの部落を探訪する準備をしてきたものの、いろいろあって気がついたら日没が近づいていた。最後の探訪先に選んだのが萱木(かやのき)である。ここを選んだ理由は、たまたま今いる場所から近かったからである。 地名で言え […]

【王将研究】「王将人脈」から連なる 情熱ホルモン、安藤忠雄、華僑要人、そして中国政府

社長射殺事件で揺れる餃子の王将。部落解放同盟中央本部元執行委員長・上杉佐一郎氏の実弟、昌也氏との間で起きた不可解な土地売買、貸付を報じてきた。不思議な人脈を持つ会社だ。同社周辺を探ると意外な関係人物が浮上、その先に「中国 […]