全国部落調査事件 東京地裁で最終弁論が 開かれます

カテゴリー: 全国部落調査事件 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

2021年3月18日 13:30 に東京地裁で全国部落調査事件の最後の弁論が行われます。当日の16:00にYoutubeにてオンラインで被告(示現舎)側の会見を行います。チャットでリアルタイムでの質疑応答を受け付ける他、答えて欲しい質問を事前に本サイトの問い合わせフォームかFAXで送っていただいても構いません。

どなたでも自由にご覧いただけます。また、録画を後で見ることもできます。

当日は13:10から傍聴券が配布されます。詳しくは東京地裁の傍聴券交付情報をご覧ください。

以下が被告側が提出した書面です。原告側の書面、詳細の解説は3月19日に掲載予定です。

最終準備書面14-R3-2-23.pdf
証拠説明書-R3-2-23.pdf
上申書-R3-3-8.pdf
意見陳述要旨-R3-3-8.pdf
証拠説明書-R3-3-8.pdf

なお「上申書」は、要はコロナウイルス感染症の影響で緊急事態宣言が発令されており、現状での口頭弁論の方法は、裁判の公開原則に反するので対策して欲しいというものです。控訴になれば、当然被告は手続き上の違憲を主張する旨を書記官に伝えていますが、裁判所はそのまま口頭弁論を開くでしょう。

記者会見はメディアからの希望があり、東京地裁で行うことも検討しましたが、感染対策と将来を見据えてのリモート化推進ということでオンラインで行うこととしました。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

全国部落調査事件 東京地裁で最終弁論が 開かれます」への2件のフィードバック

  1. ジェム

    この国の司法で勝てるとは思いませんが、ここまでの勇気には尊敬の念を持ちます。
    どのような結論でも上級審に戦場は移るでしょうから、頑張って下さい。
    そして、司法の判断が全て終わった後も、日本法の施行地外での戦いが続くことを期待しております。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      ありがとうございます。同和クレーマーを撃滅するまで戦いは終わりません。

      返信

関連記事

全国部落調査事件 東京地裁が判決と矛盾した決定

昨年9月27日に東京地裁で判決が下された全国部落調査事件の裁判、双方とも控訴したものの、書類がずっと地裁に留め置かれる状態になっていました。そして、先日4月15日にようやく東京高裁に書類が届き、担当部署が決まったことが確 […]

全国部落調査事件 東京地裁判決の全内容

9月27日の全国部落調査の出版禁止に関する裁判の判決について各社が報じている。しかし、結局のところは判決の内容を見ないことには理解できないであろう。今回は原告が誰かということ自体がプライバシーとされたわけだが、判決書では […]