全国部落調査事件 第2回弁論準備手続

カテゴリー: 全国部落調査事件 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

示現舎は本日から8月19日まで、お盆休みのため更新をお休みします。8月13日には東京地方裁判所で第2回弁論準備手続がありますが、その模様のご報告は当日午後5時からYoutubeで行います。


全国部落調査事件の裁判に関心のある方は、8月13日午後5時から以下の放送をご視聴ください。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

全国部落調査事件 第2回弁論準備手続」への8件のフィードバック

  1. .

    http://archive.is/DFMfy

    自称「みなみあめん坊」こと南健司による、このようなコラージュは名誉毀損で反訴すれば確実に勝てるでしょう。なんなら刑事事件でも行けるかも。興味ないですか。

    返信
      1. .

        実際に、他人をネットでサイコパス呼ばわりして名誉毀損容疑で家宅捜索に至った例があります。

        下記のような記述も名誉毀損にあたることは明白です。私だったら訴えますね。

        http://archive.is/t8WF9
        (以下引用)
        「鳥取ループ 宮部龍彦」の画像検索すると、我がサイトからパクったとみられる画像がやたら出てくる。其れもヤツとは無関係なものがほとんどだ。このサイコパスヤローが差別煽動のために悪利用を企んでいる事は明らかだ。
        カモフラージュするため、鎖帷子を被った男をあたかも宮部自身に見せかけているが大違い。実際は挙動不審で視点が定まらず、薄い頭部を帽子で隠し、代わりにヒゲが濃い、情け無い面したサイテーなヤツである。
        (引用ここまで)

        返信
        1. 鳥取ループ 投稿作成者

          しかしですね。「解放同盟員の老人」というカテゴリーの人は、家宅捜索されたり逮捕というのはダメージどころか勲章なんですよ。
          だから、警察に頼ることにあまり意味があるとは思えません。

          返信
  2. ブラッキー

    差別に反対しているであろう人間が小学生の悪口レベルの外見差別をしてる時点で失笑を禁じ得ないしお里が知れますね

    返信
  3. .

    >「解放同盟員の老人」というカテゴリーの人は、家宅捜索されたり逮捕というのはダメージどころか勲章

    それは人によりますね。同盟員も多種多様です。現にあめん坊はこのやり取りを見たらしく、問題の記事を伏せ字にしてしまいました。ブログで小林健治夫妻を中傷して訴えられそうになった時と同じです。

    今さら伏せ字にしたからといってこれまでの責任が消えるわけではありませんので、民事で反訴するだけでも結構な打撃になるでしょう。老婆心ですが。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      なんか、プロバイダに発信者を問い合わせたら、記事を消し始めました。

      返信
      1. .

        キャッシュが残っているうちにアーカイブで保存しておいたほうがいいですよ。徹底的に追い詰めましょう。

        返信

関連記事

全国部落調査事件 控訴審第1回口頭弁論が 開かれます

8月3日(水)14:00から東京高裁で全国部落調査事件控訴審の最初の口頭弁論が行われます。当日は傍聴券が配布されます。13:30までには裁判所に来ておきましょう。なお、13:00頃に日比谷公園かもめの広場に来ると、私に会 […]

全国連から「公開質問状 5」が 送られてきました

前回から少し空いて、また全国連から公開質問状が送られてきました。しかし、このところ一方的に質問を送りつけるのみで、筆者の回答をウェブサイトに掲載しないし、全国連自身が行っている同和を利用した金儲け行為に対しては何の反論も […]

全国部落調査事件 東京地裁が判決と矛盾した決定

昨年9月27日に東京地裁で判決が下された全国部落調査事件の裁判、双方とも控訴したものの、書類がずっと地裁に留め置かれる状態になっていました。そして、先日4月15日にようやく東京高裁に書類が届き、担当部署が決まったことが確 […]

全国部落調査事件 東京地裁判決の全内容

9月27日の全国部落調査の出版禁止に関する裁判の判決について各社が報じている。しかし、結局のところは判決の内容を見ないことには理解できないであろう。今回は原告が誰かということ自体がプライバシーとされたわけだが、判決書では […]