鳥取ループは「同和地区出身者」であることを表明します

カテゴリー: 全国部落調査事件 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

誰が「同和地区出身者」なのかということは、そもそも非常にいい加減なことであって、裁判で主張すべきことではないと思っていたのですが、奇しくも横浜地裁で鹿子木康裁判官が「同和地区出身者」の存在を認めて、その要件を明らかにしました。すなわち、同和地区という一定の区域の出身者が同和地区出身者ということです。

この要件によれば、私は同和地区出身者ということになるので、今後は積極的に主張することにしました。これはハッタリで言っているわけではなく、私の場合は出身地は「戸籍の附票」で証明できますし、その地名が同和地区指定された証拠もいくつかあります。裁判所および各方面に提示してそれを主張します。無論、同和対策特措法時代はそんな要件はなかったはずですが、今になって裁判所がそう「見なした」ので、正当な主張と言えるでしょう。

ということで、「全国部落調査」に関する件は、未だ同和地区出身者であることを証明していない自称同和地区出身者の部落解放同盟員と、戸籍の附票などにより同和地区出身者であることを証明する鳥取ループとの対決ということになります。

さて、その横浜地裁の決定に対しては、東京高裁に保全抗告をしました。次の通り、広告理由書を提出しました。

保全抗告理由書A-H29-4-10.pdf
保全抗告理由書B-H29-4-10.pdf
証拠説明書A-H29-4-10.pdf
証拠説明書B-H29-4-10.pdf

以下は、横浜地裁相模原支部に提出した書面です。埼玉在住の解放同盟幹部の片岡明幸が私のマンションを差し押さえた件です。私は同和地区出身者であることを疎明する一方、片岡明幸が住所から被差別部落出身者が分かると言っておきながら、後に住所地が同和地区でないことを認めた点を追及し、片岡明幸に出身地を疎明するように求めています。

準備書面-H29-4-10.pdf
証拠説明書-H29-4-10.pdf

さらに、私が問題提起したのは、いわゆる「一般地区」の出身地であれば、自分の出身地の歴史や政治的背景を研究し発表することは自由であると考えられるのに、「同和地区」の出身であれば様々な制約を受けるのは部落差別ではないかということです。同和地区出身者には「糾弾権」があるようなので、同和地区出身者に対して「ふるさとを隠す」ことを強制した部落解放同盟員を糾弾して参ります。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

鳥取ループは「同和地区出身者」であることを表明します」への18件のフィードバック

  1. 匿名

    頑張ってください。そして、自分が同和地区出身者であることが明らかになった今こそ、全国部落調査を出版する資格を獲得したともいえるでしょう。

    解放同盟は解放出版社や解放新聞、支部所在地などの建物には、当該地域が旧被差別部落であったことをわかるようにしているのだから、鳥取ループも、どこが同和地区であるかを、堂々と指し示す資格があるのです。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      はい、これからは部落民同士の対決なので、私の行為が差別だとは言わせません。

      返信
  2. 匿名

    あの団体の人達が怒ってる理由は、
    全国部落調査の公開のせいで、
    単なるスラムみたいな「なんちゃって部落」の場所と、
    「なんちゃって部落民」が逆にバレちゃうからですよね?

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      それもありますし、他にもいろいろな矛盾が明らかになりますし、何より権威の低下というのが痛いですね。
      活版印刷の登場で長らく教会の奥にしまわれていた聖書が一般に広く出回り、宗教改革が始まった現象に近いものがあります。

      返信
  3. 奈良ループ

    全国には尼崎市戸ノ内部落のような「なんちゃって部落」って何ヶ所あるのでしょうか?

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      全國部落調査に掲載されていない部落は疑ってみるべきですが、実態の把握にはさらなる研究が必要です。

      返信
  4. とある鳥取県民

    いつか立場宣言をするだろうと、予想していました。
    まさに異次元の戦いですね。

    相手や裁判所がどう判断するか楽しみです。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      こうやって、1つ1つ同和地区名非公開の理由を潰してきましたが、また別の理由が持ち出されるでしょう。
      どうせ結論ありきなので、どこまで屁理屈が先鋭化するかがポイントです。

      返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      ありがとうございます。しかし、今のところは自主自立でやってまいります。

      返信
  5. 通りすがり

    抗告人出生地は昔放し飼いの犬が多数いて大問題でしたね。
    今はたぶんいないけど。
    猫は知らない。

    返信
  6. 南部博章

    私は高知県四万十町七里の出身ですが、高知県同和地区の欄で柳田国男が四万十町七里も被差別部落であると記載されていたのが、四万十町七里にも部落があると訂正されたのは何故ですか。自分のルーツを知りたいのでよろしくお願いします

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      同和地区wikiのことであれば、あれはほとんど匿名で第三者が編集したものなので私は分かりません。
      柳田國男の本を図書館で見て実際に調べてみることをおすすめします。

      返信
  7. 出直 太郎

    ファンです応援します。。。が
    youtubeの音声が不明瞭です。
    スッキリ音でゆっくりに録音お願いします。。。
    ゆっくりでいいですよ。。声裏返しにならないように
    ゆっくりでいいですよ。お願いします

    返信

関連記事

全国部落調査事件 東京地裁が判決と矛盾した決定

昨年9月27日に東京地裁で判決が下された全国部落調査事件の裁判、双方とも控訴したものの、書類がずっと地裁に留め置かれる状態になっていました。そして、先日4月15日にようやく東京高裁に書類が届き、担当部署が決まったことが確 […]

全国部落調査事件 東京地裁判決の全内容

9月27日の全国部落調査の出版禁止に関する裁判の判決について各社が報じている。しかし、結局のところは判決の内容を見ないことには理解できないであろう。今回は原告が誰かということ自体がプライバシーとされたわけだが、判決書では […]

全国部落調査事件 東京地裁で最終弁論が 開かれます

2021年3月18日 13:30 に東京地裁で全国部落調査事件の最後の弁論が行われます。当日の16:00にYoutubeにてオンラインで被告(示現舎)側の会見を行います。チャットでリアルタイムでの質疑応答を受け付ける他、 […]