福永法源、シベ超出演は、実現する!?

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

「最高ですか」との呼びかけに、「最高でーす」と信者たちの声がこだまする。

被害総額約600億円という巨額詐欺事件で2000年に逮捕された法のはな三法行さんぽうぎょう福永ふくなが法源ほうげんのセミナーの光景。あまりに有名なシーンだろう。同氏は、2014年3月に刑期を終え出所。現在は、法の華三法行の後継団体「天華てんか救済きゅうさい」のイベント、SNS、動画サイトなどを中心に活動を続けている。

今年1月には、半生を描いた映画『塀の中の神様』が公開された。事件から時は立ったが今でも福永氏と法の華事件に関心を持つ人は多いようだ。さらに福永氏の俳優活動は、これに留まらない。

昨年11月14日、東京・阿佐ヶ谷ロフトで開催された「シベリア超特急」のクランクイン直前報告会にゲストとして登場。映画評論家の故・水野みずの晴郎はるお氏が監督、原作を務めた本作は、1996年に初公開された。以来、5作目まで続く人気作品だ。初公開当時は、酷評されたものの徐々に”カルト的”な人気を得て、ファンイベントなども多数開催される他、芸能界でもファンを公言する人は少なくない。

水野氏の後を受けて6作目の監督、脚本を担当する”ぼんちゃん”こと西田和昭かずあき氏によるとシベリア超特急も5作目以降、新作が出ておらず”やるやる詐欺”と揶揄されたこともあったという。そこに巨額詐欺事件の主、福永氏がゲストとは、妙な取り合わせではある。

なにしろ190cm超の福永氏。老いたとは言え迫力は十分。そしてシベリア超特急の出演オファーを受けた証としてなぜかヒヨコの着ぐるみを着こみ”最高ですか~”とあのフレーズがさく裂。往年のテンションが蘇ったかのようだ。

かつてカリスマと言われた福永氏が意外な茶目っ気を見せたわけだが、今後、何を目指しているのか? イベント終了後、「大学の後輩です」(*厳密には異なる)と福永氏に呼びかけ名刺を渡したが、うなずくだけで反応なし。残念ながら”神との対話”はかなわなかった。

そこでシベ超への出演は、実現するのか「天華の救済」に問い合わせたが「広報担当が不在」とのこと。また福永氏の個人サイトの連絡先にも問い合わせてみたものの、「天華の救済」と同じ電話番号なので同様の回答だ。福永氏とシベ超、まさかのコラボは実現するのか、「天華の救済」の動向と合わせてウォッチしてみたい。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

学術・研究:部落探訪(255)滋賀県 東近江市 御園町

今回訪れたのは御園町。かつては薗畑という名前で、例のデータだと昭和初期には103戸の部落だった。近世は横井村と呼ばれ、明治初期の記録では156戸とあるから、明治以降から昭和初期にかけて世帯数が減った珍しい部落である。 さ […]

J・マーク・ラムザイヤー教授『アイデンティティ政治の 発明について:日本における 被差別部落民』②

On the Invention of Identity Politics: The Buraku Outcastes in Japanの日本語訳の続きを掲載する。前回はこちらを参照のこと。 今回は、近代の部落研究の成果 […]

【同和化する LGBT】「東京都同性 パートナーシップ制度」は “仕事をやってる感 ”まる出し!

東京都は来年度から同性の事実婚カップルも一般的な夫婦と同様にみなす「東京都同性パートナーシップ制度(仮称)」を導入する方針だ。12月8日のNHKニュースによれば昨年10月から当事者や都民などを対象にアンケート調査を実施し […]

J・マーク・ラムザイヤー教授『アイデンティティ政治の 発明について:日本における 被差別部落民』①

以前、ラムザイヤー教授による『日本の 被差別民政策と 組織犯罪:同和対策事業 終結の影響』の和訳を掲載した。今回からは、それに続く論文を和訳したものを掲載する。前の論文は日本の被差別部落民の起源が近世の被差別民であること […]

【京都 笠置町】堕ちた「笠やん」 補助金不正受給事件の裏に 町に寄付された 土地の横取り計画

日本最少人口の町笠置町で、4年ほど前に総務省の補助金の不正受給が発覚した。2020年2月13日にこの件に関連して3人が書類送検されたが、不正受給された補助金が返還されたとして不起訴となっている。 しかし、この事件の背景を […]