福永法源、シベ超出演は、実現する!?

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

「最高ですか」との呼びかけに、「最高でーす」と信者たちの声がこだまする。

被害総額約600億円という巨額詐欺事件で2000年に逮捕された法のはな三法行さんぽうぎょう福永ふくなが法源ほうげんのセミナーの光景。あまりに有名なシーンだろう。同氏は、2014年3月に刑期を終え出所。現在は、法の華三法行の後継団体「天華てんか救済きゅうさい」のイベント、SNS、動画サイトなどを中心に活動を続けている。

今年1月には、半生を描いた映画『塀の中の神様』が公開された。事件から時は立ったが今でも福永氏と法の華事件に関心を持つ人は多いようだ。さらに福永氏の俳優活動は、これに留まらない。

昨年11月14日、東京・阿佐ヶ谷ロフトで開催された「シベリア超特急」のクランクイン直前報告会にゲストとして登場。映画評論家の故・水野みずの晴郎はるお氏が監督、原作を務めた本作は、1996年に初公開された。以来、5作目まで続く人気作品だ。初公開当時は、酷評されたものの徐々に”カルト的”な人気を得て、ファンイベントなども多数開催される他、芸能界でもファンを公言する人は少なくない。

水野氏の後を受けて6作目の監督、脚本を担当する”ぼんちゃん”こと西田和昭かずあき氏によるとシベリア超特急も5作目以降、新作が出ておらず”やるやる詐欺”と揶揄されたこともあったという。そこに巨額詐欺事件の主、福永氏がゲストとは、妙な取り合わせではある。

なにしろ190cm超の福永氏。老いたとは言え迫力は十分。そしてシベリア超特急の出演オファーを受けた証としてなぜかヒヨコの着ぐるみを着こみ”最高ですか~”とあのフレーズがさく裂。往年のテンションが蘇ったかのようだ。

かつてカリスマと言われた福永氏が意外な茶目っ気を見せたわけだが、今後、何を目指しているのか? イベント終了後、「大学の後輩です」(*厳密には異なる)と福永氏に呼びかけ名刺を渡したが、うなずくだけで反応なし。残念ながら”神との対話”はかなわなかった。

そこでシベ超への出演は、実現するのか「天華の救済」に問い合わせたが「広報担当が不在」とのこと。また福永氏の個人サイトの連絡先にも問い合わせてみたものの、「天華の救済」と同じ電話番号なので同様の回答だ。福永氏とシベ超、まさかのコラボは実現するのか、「天華の救済」の動向と合わせてウォッチしてみたい。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【富士市】無許可盛り土で 逮捕業者の背景は――

盛り土、不法投棄王国の静岡県…。県民には失礼だが熱海市土石流を筆頭に同種案件の事件が絶えない。今月29日、同県富士市で市長の許可なしで盛り土造成をしていたとして山梨県身延町の佐野浩信容疑者、同県南部町の美容師、若林厚子容 […]

学術・研究:部落探訪(276)滋賀県 近江八幡市 堀上町

ぜひ探訪して欲しいとリクエストがあったので、中小森(なかこもり)3部落を探訪することにした。ここは『滋賀の部落』では中小森村枝郷三部落として紹介されており、中小森には日吉村、赤尾、白鳥という一般地区があり、細工(さいく) […]

【熱海市土石流】「安全対策不足を 削除して」と県に頼んだ 熱海市役所の 役人根性

昨年の土石流発災からもうすぐ一年。原因の検証は途上―――どころか行政側の本気度、誠意を疑いたくなる事態が起きていた。本来は原因究明の資料になるはずの「逢初川土石流災害に係る行政対応検証委員会報告書」。この作成過程の中で熱 […]

「新・破産者マップ」が話題に 出口が見えない 官報の 破産者公告問題

2019年3月に「破産者マップ」が登場しいわゆる炎上状態となったが、先日から「新・破産者マップ」がインターネットメディア等で話題となっている。共通するのは、官報に掲載された破産者の情報を実名と共に地図上に配置していること […]

学術・研究:部落探訪(275)香川県 丸亀市 土器町東 二軒茶屋

香川県の被差別部落―現地研修報告―に掲載されている部落には、全国部落調査に掲載のないものがある。同資料によれば丸亀市には指定同和地区が3つあり、さらに1つ未指定地区があるとしている。 3つの指定地区のうち「A地区」は既に […]

維新の 「共同親権推し」は“ DV癖支持者”対策!?

離婚後の父母が共同で子供の親権を持つ「共同親権」の議論が進んでいる。法務省法制審議会家族法制部会はこの夏にも共同親権に関する中間試案を発表する予定だ。離婚後の共同親権はG7諸国で日本が唯一認めていないが、推進派は「片親に […]