部落解放同盟大阪府連合会による 大阪府部落調査

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

示現舎は1935年の全国部落調査を公開して出版禁止にされてしまったが、一方で部落解放同盟大阪府連合会が一昨年も昨年も部落調査を実施した。示現舎では、その結果概要を入手した。

文書のタイトルは「暮らしのアンケート調査報告書」。部落の調査と明示されていない所に配慮が感じられる。

対象者は「部落解放同盟大阪府連合会傘下の各支部の支部員及び本調査に協力していただく地域の世帯の世帯主」とされる。要は部落の中でも解放同盟員と、その協力者を対象にしたということである。

調査は2回に分けて行われており、今回の結果は「第2次調査」のものである。

そして、これがアンケートの配布と回収の状況だ。これを検証すると興味深いことが分かる。

大阪の部落に同盟員は多いのか少ないのか? 筆者は非常に多いのではないかと感じた。ただ、地域ごとのばらつきが非常に大きい。

大阪市内の部落の世帯数は「50年のあゆみ」により2000年頃のものが分かっている。

それと比較してみると、例えば生江地区では2000年に736世帯であり、現在もなお300世帯にアンケートが配布され、216世帯分回収されたということは多いように思う。ちなみに、2015年の国勢調査によれば、同和地区とされた生江3丁目の世帯数は968世帯なので、「50年のあゆみ」の世帯数が同和関係世帯に限ると考えても、やはり多い。

一方、加島地区は「50年のあゆみ」の世帯数が353世帯、2015年の加島1丁目の世帯数が1757世帯であり、もともと地域全体の世帯数と同和関係世帯と思われる世帯数の乖離が大きい。ただ、それでも186世帯にアンケートが配られ、166世帯から回収されたということは、少なくないように思う。

極体に少ないのは西成地区である。「50年のあゆみ」によれば10443世帯で、アンケートが配布されたのは450世帯、回収されたのは250世帯に留まる。西成地区ではもともと解放同盟の組織率が低いと考えられる。

ただ、繰り返しになるが調査対象者は「部落解放同盟大阪府連合会傘下の各支部の支部員及び本調査に協力していただく地域の世帯の世帯主」なので、地域全体の状況を反映したことにはならない。もちろん、中津、舟場、長柄、日本橋といった、同和地区指定がされず、解放同盟も組織されなかった部落は調査の対象外である。

調査結果よれば、回答者の2人に1人が高齢者で、大阪府全体の高齢化率の2倍になっていることを指摘している。ただ、それは解放同盟員の世帯が高齢化しているということを言っているだけで、部落や同和地区が高齢化しているというわけではない。

もちろん、調査結果には部落とか同和といったことは書かれていないのだが、それにしても、何のために何を調査したいのか、よく分からないものであることは間違いない。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

部落解放同盟大阪府連合会による 大阪府部落調査」への8件のフィードバック

  1. 音野

    現在同和地区指定されてない峯地蔵も載ってますね
    高槻の春日って元々同和地区に指定されていたり、解同が結成されていたんでしょうかね
    人権ふれあいセンター的な施設ならありますが

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      峯地蔵というのは淡輪支部のことでしょうか?
      地区指定されていないというのは初めて知りました。
      参考文献等あれば教えて下さいませ。

      返信
  2. 北芝、浪速など表記されていない所はなぜなんでしょう
    運動自体が下火になっているからでしょうか。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      残念ながらそれは分かりません。
      これは2次調査なので、単に1次調査でやったからということかも知れません。

      返信
  3. 淡輪四区

    こんなのみつけました。
    【大阪の街探訪】大阪府泉南郡岬町淡輪 消滅した同和地区(部落)
    ttps://matome.naver.jp/odai/2150142764555647801

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      ありがとうございます。
      実際、淡輪ってどういった扱いなんでしょうか。
      解放同盟は組織されているものの、正式に同和事業は実施されなかったということなのでしょうか。

      返信
      1. 音野

        峯地蔵は戦前堀田又吉って人が主導して融和事業が行われてたようですね。
        「大阪の同和事業と解放運動」には峯地蔵の名前が挙げられてるますね。
        鳥飼とか林みたいな地区ですね。解放同盟も結成されていたようですし、小規模な改善事業が行われていたのかもしれませんね。

        返信
  4. 大阪府人権啓発委員会

    結構若い人でも子供の保育なりで有利になりやすいといった理由でも同盟員でいることに繋がるようですね。団地とかは公明支持者が多くても同盟員が多いことも珍しくないとか。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(286)埼玉県 本庄市 児玉町児玉 吉田林

小林初枝『こんな差別が』には次の記述がある。 私の友人の弟で岩上姓なる青年が、部落外の娘と恋仲になりましたが、娘の親戚から、「せめてもう少し離れた土地の岩上なら、世間さまへいいわけもきくが、児玉で岩上といやあ、だれでもい […]

【カルトと韓国】伊豆市の 怪寺・平和寺本山に 潜む韓国人脈と 遺骨収集利権

統一教会に対するメディアスクラムは非常にありがたい。平素は韓国を論じるだけで排外、差別と断じるマスコミや左派の面々から「韓国とカルト」追及に“お墨付き ”を頂戴した。ならば裏社会、不法投棄などで名高い怪寺・平和寺本山(静 […]

「安倍晋三」終焉の地、奈良の 元組長が 語った「非常に 特質な地域」の 意味とは?

安倍晋三元首相の終焉の地「奈良」。訳アリ地域なのは弊社の過去記事をご参考に。今回は“ 解放化する奈良自民”なるテーマで取材を始めた。そんな矢先、岩田國夫県議(自民会派)が奈良新聞社を相手取った民事訴訟を検証する中で、倉本 […]

学術・研究:部落探訪(285 後編)埼玉県 本庄市 児玉町児玉 下町

前回に引き続き、下町の探訪である。そもそも「下町」とはどこの、どの範囲を指すのか、文献だけでは分かりにくかったが、現地を探訪するうちに次第に全容が分かってきた。 それを理解する鍵は、小林初枝『こんな差別が』で挙げられてい […]

【速報】“ ガーシー参議院議員” オンラインサロン支払い トラブル発生で被害届も!

暴露系YouTuber、NHK党所属の参議院議員、ガーシーこと東谷義和氏。人気YouTuberや芸能人のスキャンダルを暴露してきた他、今年7月の参院選で当選したのもご存じだろう。ところが昨年、YouTuber・ヒカル氏の […]

パワハラ大谷派僧侶の「部落解放」研修に 疑問の声

真宗大谷派は日本有数の仏教団体。護憲、死刑廃止、そして部落解放運動といった左派活動にも協力的だ。「解放運動推進本部」という部署が示す通り、同和問題にも熱心だが、先ごろ同教派徳泉寺(川崎市)住職によるパワハラ騒動が発生した […]