部落解放同盟大阪府連合会による 大阪府部落調査

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

示現舎は1935年の全国部落調査を公開して出版禁止にされてしまったが、一方で部落解放同盟大阪府連合会が一昨年も昨年も部落調査を実施した。示現舎では、その結果概要を入手した。

文書のタイトルは「暮らしのアンケート調査報告書」。部落の調査と明示されていない所に配慮が感じられる。

対象者は「部落解放同盟大阪府連合会傘下の各支部の支部員及び本調査に協力していただく地域の世帯の世帯主」とされる。要は部落の中でも解放同盟員と、その協力者を対象にしたということである。

調査は2回に分けて行われており、今回の結果は「第2次調査」のものである。

そして、これがアンケートの配布と回収の状況だ。これを検証すると興味深いことが分かる。

大阪の部落に同盟員は多いのか少ないのか? 筆者は非常に多いのではないかと感じた。ただ、地域ごとのばらつきが非常に大きい。

大阪市内の部落の世帯数は「50年のあゆみ」により2000年頃のものが分かっている。

それと比較してみると、例えば生江地区では2000年に736世帯であり、現在もなお300世帯にアンケートが配布され、216世帯分回収されたということは多いように思う。ちなみに、2015年の国勢調査によれば、同和地区とされた生江3丁目の世帯数は968世帯なので、「50年のあゆみ」の世帯数が同和関係世帯に限ると考えても、やはり多い。

一方、加島地区は「50年のあゆみ」の世帯数が353世帯、2015年の加島1丁目の世帯数が1757世帯であり、もともと地域全体の世帯数と同和関係世帯と思われる世帯数の乖離が大きい。ただ、それでも186世帯にアンケートが配られ、166世帯から回収されたということは、少なくないように思う。

極体に少ないのは西成地区である。「50年のあゆみ」によれば10443世帯で、アンケートが配布されたのは450世帯、回収されたのは250世帯に留まる。西成地区ではもともと解放同盟の組織率が低いと考えられる。

ただ、繰り返しになるが調査対象者は「部落解放同盟大阪府連合会傘下の各支部の支部員及び本調査に協力していただく地域の世帯の世帯主」なので、地域全体の状況を反映したことにはならない。もちろん、中津、舟場、長柄、日本橋といった、同和地区指定がされず、解放同盟も組織されなかった部落は調査の対象外である。

調査結果よれば、回答者の2人に1人が高齢者で、大阪府全体の高齢化率の2倍になっていることを指摘している。ただ、それは解放同盟員の世帯が高齢化しているということを言っているだけで、部落や同和地区が高齢化しているというわけではない。

もちろん、調査結果には部落とか同和といったことは書かれていないのだが、それにしても、何のために何を調査したいのか、よく分からないものであることは間違いない。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

部落解放同盟大阪府連合会による 大阪府部落調査」への8件のフィードバック

  1. 音野

    現在同和地区指定されてない峯地蔵も載ってますね
    高槻の春日って元々同和地区に指定されていたり、解同が結成されていたんでしょうかね
    人権ふれあいセンター的な施設ならありますが

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      峯地蔵というのは淡輪支部のことでしょうか?
      地区指定されていないというのは初めて知りました。
      参考文献等あれば教えて下さいませ。

      返信
  2. 北芝、浪速など表記されていない所はなぜなんでしょう
    運動自体が下火になっているからでしょうか。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      残念ながらそれは分かりません。
      これは2次調査なので、単に1次調査でやったからということかも知れません。

      返信
  3. 淡輪四区

    こんなのみつけました。
    【大阪の街探訪】大阪府泉南郡岬町淡輪 消滅した同和地区(部落)
    ttps://matome.naver.jp/odai/2150142764555647801

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      ありがとうございます。
      実際、淡輪ってどういった扱いなんでしょうか。
      解放同盟は組織されているものの、正式に同和事業は実施されなかったということなのでしょうか。

      返信
      1. 音野

        峯地蔵は戦前堀田又吉って人が主導して融和事業が行われてたようですね。
        「大阪の同和事業と解放運動」には峯地蔵の名前が挙げられてるますね。
        鳥飼とか林みたいな地区ですね。解放同盟も結成されていたようですし、小規模な改善事業が行われていたのかもしれませんね。

        返信
  4. 大阪府人権啓発委員会

    結構若い人でも子供の保育なりで有利になりやすいといった理由でも同盟員でいることに繋がるようですね。団地とかは公明支持者が多くても同盟員が多いことも珍しくないとか。

    返信

関連記事

【津市自治会問題】ごみ箱補助金詐取で 柳山港中路町自治会副会長に 有罪判決

津市相生町自治会長事件から再び――。自治会のごみ箱設置の補助金を津市から詐取したとして、詐欺罪を問われていた津市港中路町自治会元副会長、前田紀行被告に対して26日、津地裁は懲役1年4月(求刑1年6月)、執行猶予3年を言い […]

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。 部落名は金山 […]

【野党研究】国民・岸本周平氏、和歌山知事選問題で見えた 自民党の“ エグさ”

前回に続き国民民主党幹事長代行、岸本周平衆議院議員の和歌山県知事立候補問題。岸本氏は本日、和歌山市内で正式に出馬表明する予定だ。表面的には野党の現職議員が知事選出馬というニュースに過ぎない。しかし内情を検証するに、自民党 […]

国民・岸本周平(衆)が 和歌山県知事選出馬表明へ    二階王国再編の シナリオ

国民民主党幹事長代行の岸本周平衆議院議員(和歌山一区)は、今年12月に任期満了を迎える和歌山県知事選に出馬することが周辺への取材で判明した。岸本氏出馬の背景は仁坂県政に不満を持つ自民党同県連の思惑も見逃せない。また長らく […]

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(後編)「同和の名刺」の 影響は?

12日、熱海市百条委員会で証人尋問を受けた前土地所有者。もうご存知だろう。かつて同市議会で「同和系列の会社」と答弁された人物である。約2時間に及ぶ証人喚問の中で焦点はやはり“ 同和の名刺”がどの程度、行政に影響したのかと […]