淡路5人殺害事件の現場を歩く

By 鳥取ループ

昨年の3月9日、兵庫県の淡路島で、平野浩之さん一家8人のうち5人が殺害されるという凄惨な事件があった。

やったのは平野達彦。彼は以前からツイッターやフェイスブックで「電磁波犯罪」「集団ストーカー」といった発言を繰り返しており、明らかに統合失調症、妄想性障害の患者であった。

精神病者が関わる犯罪では、なぜか詳しい報道がぱたっと止んでしまう。御存知の通り未成年者の場合は少年法により、当事者を特定するような報道を控えることが明文化されているのだが、精神病者に関してはそのようなものはない。ただ、違うのは俗に「キチガイ無罪」と言われるように、精神病者であれば刑が軽減されたり、免除されたりすることだ。

個人を特定して報道するかどうかはあくまで「公共性」の問題であるというのが建前だが、実際のところは報道自体が「晒し者」にするための刑の一環として行われているようなところがあり、その結果、どれだけ詳しく報じるかは公共性というよりも罪の軽重に連動しているように思う。精神病者であれば罪が軽くなるので、それに連動して報道も控えるといったところだろう。

また、「精神病者と犯罪を結びつけるな」と非難することを恐れてということもあるだろう。

IMG_2354

さて、今年の1月某日、筆者は事件の現場である洲本市中川原町中川原にやってきた。ここがその平野達彦の家である。

筆者が歩いていると、なぜか兵庫県警のパトカーがやってきた。変な誤解をされても嫌なので、「例の事件」の取材に来た旨を告げると、「ああそうですか」といった反応であった。しょっちゅう記者が来ているので、警察もあまり気にしていない様子である。普段からパトロールしているので、今たまたま通りがかっただけだという。

家の周辺は片付けられており、人の気配がある。

IMG_2349

早速インターホンを押してみると、初老の女性が出てきた。事件について聞こうとすると、「取材はお断りします」とのことだった。

IMG_2351

こちらが事件の現場となった家だ。こちらも片付いているが、人の気配はなく、インターホンを押しても返事はなかった。

近隣の住民によれば、もう現場の家には誰も住んでおらず、生き残った家族は近くにも住んでいないという。ただ、「やった側」の家にはまだ家族が住んでいるということだ。そして、事件についての続報も、警察の取り調べの内容も、住民にはほとんど聞こえてこないという。事件について聞くと。

「新聞社のほうがよく知っているんじゃないかな。自分でも分からんようなことを知っている。」

平野達彦は中学まではおとなしくて「いい子」であったという。その後、しばらく島外に出ていたが、それから変わってしまったのではないかということだ。そして、事件に対しては怒りや恐れというより、ただ戸惑いの声が聞かれた。

「近所同士で仲が良かったのに、なんでこんなことになったのかね」

しかし、平野達彦が重度の精神病を患っていたのは間違いない。ひょっとすると無罪になってしまうのではと問うと。

「それはあり得るだろうね」

ということだ。

平野達彦の家のすぐ近くの家の住人はこう語る。

「テレビを見てたら、なんか外で騒いでて、巡査が来て、はやく戸を締めて鍵かけてと言っていて何事かと思った」

平野達彦について聞くと、やはりこんな答えが返ってきた。

「達彦くんはおとなしい子。(事件については)何の前触れもなかった」

現場となった地域は、淡路島らしい風景が広がっている。ところどころに溜池ががあり、あちこちに段々畑や棚田が広がっている。その間に家があり、集落というより散村という様相だ。また、どの家も大きくて立派だ。

「この辺りの家はみんな土地を持っていて、専業農家。達彦くんの家もそうだよ」

結局、事件の原因は誰も分からず。現時点では精神を患っていた「達彦くん」が突如発狂して事件に及んだ偶発的なものとしか言いようが無い。

しかし、今日もツイッターで「電磁波犯罪」で検索すれば、妄想性障害の患者のものと思われるツイートが流れ続けている。この病気は何なのか、淡路5人殺害事件とどう関係しているのか。可能な限り筆者は解明して行こうと思う。

淡路5人殺害事件の現場を歩く」への20件のフィードバック

  1. .

    宮崎家族3人殺害事件は、姑の「部落に帰れ。これだから部落の人間は」という発言がきっかけで発生したと報じられていますが、犯人の出身地の福岡県豊前市求菩提は『全國部落調査』には出ていませんでしたね。

    あと、奈良県月ヶ瀬村女子中学生殺人事件も部落差別が関係していたという噂がありましたが、奈良市月ヶ瀬もやはり『全國部落調査』には出ていませんでした。同調査がすべての被差別部落を網羅しているわけではないにせよ、このような検証が容易にできるようになったのは便利で、鳥取ループさんのおかげです。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      ありがとうございます。
      知らないことは差別と言いますが、良く知ることは差別解消に役立つことでしょう。

      返信
    2. murou

      月ヶ瀬の事件に、部落差別が関係しているなどという話はありません。あなたが聞いた単なる噂です。犯人の母親は在日コリアンで非常に働き者だったそうですが、保守的な土地柄なので他地域から来たよそ者を受け入れなかったということです。

      返信
  2. 通行人

    それを言うと、平成18年に福岡県筑前町立三輪中学校いじめ自殺も、同和問題が理由の1つと言われているし、広島東部は小森龍邦のせいで自殺者が続出したのは公然の秘密。同和地区wikiにそういう情報も追加できるようにすればどうか?

    福岡県県議会では、当時、三輪中学校と同和との関係を聞く質問が出てたのでは?

    同和利権の真相には広島の惨劇について触れている。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      もちろん、同和地区Wikiにはそういう情報を書いて頂いても構いません。

      返信
  3. Blackbird

    中川原には被差別部落があったかと思いますが・・・
    (同和地区wiki45ページ)
    もちろん、部落と殺人を結びつける訳ではありません

    この病気は、統合失調症の陽性症状ないしは執着が強くなるパラノイア症状との推測しかできません
    田舎ではまだ精神科への抵抗が強く「脳病院」と言ったりして忌避する傾向があります
    NIMBY “Not In My Back Yard” になっていないのは都市部だけです
    今も閉じ込める対処しかしてなかった可能性があります

    なぜ「電磁波攻撃」や「陰謀論」がTwitterやネットであふれるのか・・・
    幻覚に追い込まれた人が、ネットやPCなどに向くがあるのはなぜか・・・
    特定の鍵となるような事柄に偏執するだけでなく、行動が異常な形で表出するのをコントロールするには、
    今は服薬しかないでしょう。

    部落と障害には関係があるということを言う人がいますが、やむを得ず近親婚が多かった頃の偏見でしょう。
    100人に1人は統合失調症と言われますが、精神疾患に関しても調査をしようとすると「差別だ」と騒ぎ立てる
    団体がありますね。あの団体ですが。

    キチンと調べキチンと開示し迷信を排すことが必要だと思います。
    鳥取ループさんの今後の取材に期待してます。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      あの団体というのは、全国「精神病」者集団のことでしょうか?

      返信
  4. .

    大阪府精神障害者家族会連合会(大家連:だいかれん)のM氏(原文では実名)は「自身がかつてアルコ—ル中毒で大阪の中宮病院に入院し(略)激しい院内闘争を行なった経験があり、若い頃から部落解放同盟の活動を行なっている」と、『続・差別用語』(汐文社)4頁にあります。

    筒井康隆の「無人警察」事件の時、てんかん協会と解同や解同の番犬(朝日新聞社の本田雅和ら)が筒井糾弾で手を組みました。ある種の「障害者」団体と解同が繋がっているのは事実です。

    返信
  5. 斉藤ママ

    障害者団体は左翼が乗っ取って活動してきた長い歴史があります。
    とある団体に問い合わせをしたら在日の会長から回答をいただき驚きました。
    精神障害者と知的障害者は性格が素直なので利用してきたみたいです。

    会費を集めたり、当事者のふりをして行政交渉をし、
    福祉事業が横取りできる様になっているのかもしれませんね。

    横取りしてサービスをしないので、福祉が行き届かないのは安倍のせいだ、
    政府を打倒するように頑張りましょう、って教えられているでしょう。
    ダウン症の方が、こぶしを上げて「エイエイオー」ってやっている写真も見せてもらいましたよ。

    返信
  6. 斉藤ママ

    今読んでいる本、「ピストルと荊冠 」には小西邦彦が自閉症の長男を利用してきた事が
    書いてありますし、障害者団体は同和団体と切っても切れないつながりがあります。
    改善しつつありますが障害者福祉(エセ福祉?)のモデルは同和団体が作ったようです。
    つい数年前まで、施設の都合で追い出したり、他人が連れ去る事件もあったようです。
    当然ご家族には実態は知らされなままです。

    返信
  7. .

    解同の専従にも知的障害とのボーダーラインぐらいの人が結構いるような気がします。

    都連の某専従(その後、支部長に就任)から貰った手紙が日本語として間違いだらけで意味が通らず、このひと本当に大丈夫かな? と思ったことがあります。知能の高い人なら「朝田理論」のような雑な運動理論に洗脳されてしまうことは少ないでしょう。

    返信
  8. 斉藤ママ

    それが…。

    「解放研」で検索をすると、高校や大学にサークルが結構あるのがわかりますよ。
    「解放研 奈良」をキーワードにすると、同和支配が健在なようすがうかがえます。

    東大にもあったようで、次のような本が見つかりました。
    http://ci.nii.ac.jp/ncid/BB10502232
    解同朝田派と共産党との闘いを綴ったものです。
    東大は他大学と違ってGoogleにコネが効くのか、怪しいサークルは
    見つからないようにしていますね。

    返信
  9. Blackbird

    全国「精神病」者集団もなかなか攻撃的ですが(苦笑)
    やはり部落解放同盟が、障害者の人権を守るという名目で、あちこちの障害者団体に手を伸ばしています
    一方で左翼も入り込んで、障害者を食い物にしています
    どちらの勢力も障害者のことを思ってやっているわけではありません
    難しいのは、精神障害者「だけ」でまとまる(団結する)ことが困難であること
    家族が関わったとしても、いつのまにか有象無象が入り込み「ぜんかれん」みたいになってしまっては
    どうしようもありませんし・・・

    返信
  10. 斉藤ママ

    障害者が団結するのは無理です。家族会も無理。
    一人一人からアンケートを取るぐらいがやっと。
    高齢者介護はまあまあうまくいっているのに、障害者は解同がはいっているから、
    いつまでも横取り体質がなおりませんね。解同を追い出すしかないです。
    市職員が浄化する事は出来ないので国が頑張るしかない。

    返信
  11. フリ

    [email protected] [email protected]クノロジー犯罪被害者です

    集団ストーカーと同和対策は少なからず関係してると思います

    「ひとりごと」というブログを書いていらっしゃる集団ストーカー被害者さんも2002年から被害が始まった、というようなブログを書いていらっしゃいます
    http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp/?m=1

    妄想性ではない場合もあります
    どうか認知をよろしくお願いいたしますm(__)m

    返信
  12. らりお

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    精神医療における統合失調症や双極性障害、そう鬱病、不眠症などと「名付け」られているものには、なんと分子・細胞レベルの「医科学的な」定義が存在しません。
    医学における「病気」とは、その多くが内因的あるいは遺伝的または環境因子・ウィルスなどにより心身に起こる不具合であり、生物学的な根本原因とプロセスが解明されて初めて「病気」と認定されるのですが、精神医療におけるこれらの症状はなぜか単なる症状による分類でありレッテル
    に過ぎません。分子・細胞レベルでの医科学的な定義がない医学的なひびきのする単なるレッテルに、なぜか薬が処方され、国家資金から保険が下り、多額の医療費が浪費されているのです。
    結論からいいますと、それらの心身の異常は、人工的な「電磁波」から引き起こされている可能性が最も高いかもしれません。
    電磁波の生体影響に関する研究は、第二次世界大戦より前から、軍事用レーダーの操作員に起こった心身の異常をきっかけに研究がはじまったといわれており、これらの技術は決して新しい技術ではなく半世紀以上の歴史を持ち、古い技術が洗練され進歩してきたものです。
    共産主義社会における政治犯の隔離などにも精神病院が利用されてきた歴史があり、精神病といわれるものの多くが先進国や工業国に偏っていること、電磁波の生体影響とこれらの種々の異常はもちろん、ぴたりと一致します。
    昨今では携帯電話基地局の健康被害の訴訟例、90年代の携帯基地局の拡大とともに増加してきた心身の異常を訴える人々など、こういった身体の種々の異変の裏に電磁波を利用した凶悪な犯罪が蔓延しているのは明白です。

    統合失調症、うつ、不眠の原因(1)
    note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n293301

    ◆一般の”日本人”が被害者になる電磁波犯罪◆
    ttp://ai.2ch.sc/test/read.cgi/bouhan/1403683193/

    ■■■■【 電磁波犯罪・認知撲滅スレ 】■■■■
    ttp://ai.2ch.sc/test/read.cgi/soc/1448035377/

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      おそらく実体験に基づく、生々しいコメントありがとうございます。

      返信
  13. らりお

    まあ、想像のとおりですね、同○部○在○マイノリティー系と対するマジョリティの構図、そういう
    ことでしょう。電磁波犯罪と集団ストーカーについては、明らかにやってる人間の
    ものすごい反発心というか妬みとか、そういう感情に基づいた動機があるのがはっきりわかります。
    精神医療の歴史、政治的な背景、電磁波犯罪と集団ストーカーが監視社会やこういった対立から
    生じる犯罪行為だということ、全部つながってるわけです。
    海外の某諜報員が、国がやっているのだ、としゃしゃり出てきてアピールしてたりしますが、
    そんなあいまいなものでないことくらいは素人にもわかります。権力を動かしてる者にそういった
    勢力が関係しているということです。

    返信
  14. まーち

    こんにちは
    本日、当事件の被告へ対し、死刑判決が出ましたね。

    心神耗弱というものの定義は非常にむずかしいですね・・・
    「いや、異常なんだったら、それこそ拘束しておくべきでしょ?」という思いが逆に惹起されてしかるべきと思う筋があって当然と思いつつ、一生病院暮らしをさせることが可能かどうか等、精神疾患への取り組み問題へと拡大していってしまって、なかなか答えが出ない気がします。

    この犯人は当時、適切に医療機関にかかり、服薬をおこなっていたのでしょうか?
    本人の自己管理が期待できない分、ある程度、家族・親族・地域・役所が協力してかからないといけないのではないでしょうか。

    この地域が被差別部落であったかどうか わかりませんが、そういった地域での介入は また尚更むずかしくなるのか、ならないのか・・・
    疑問は尽きません。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      一時期、服薬していた時期があり、その時は落ち着いていたそうです。
      また、本人は部落や同和ということは明石に行った時に知ったことで、地元では知らなかったそうです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です