部落解放研究第24回滋賀県集会に有田芳生来たる?

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

2017年2月10日に滋賀県米原市で部落解放研究集会があり、有田芳生が来る。そのような情報を耳にした。また、分科会では本誌のことがテーマになるという。無論、これは行かない手はないだろう。

ところが、会場となる滋賀県立文化産業交流会館(文産会館)のウェブサイトのイベントスケジュールには掲載されていない。筆者が調べた限りでは、ネット上には開催案内は見つからなかった。しかし、滋賀県内の役所や同企連企業等にチラシが配布されていたというので、イベントが開催されることは間違いない。

当日はあいにくの雪模様であったが、文産会館に来ると、受付の看板が出ていた。一般参加も出来るということで、一安心である。

会場は自治体や企業の関係者で賑わっており、物販コーナーも出ていた。滋賀の部落のイベントらしく、「さいぼし」が売られている。

なぜか「コリアン袋」なる物が。

見ると、京都の朝鮮学校のようで、売られていたのは朝鮮料理の惣菜だった。

なぜか靴や靴下といったものも。

もちろん、商売だけではなく、このようなパネルもあった。

この類のイベントは無料ではない。「資料代」ということで、いくらかの出費が発生する。今回は1人3000円であった。アイドルのコンサートよりは安いが、映画よりは高いといったところである。

配られた資料を見て驚いた。大会の討議資料に加えて、部落解放同盟滋賀県連が毎年作成している冊子を2冊渡されたのだが表紙からしてこれである。まさに、今年は全国部落調査イヤーといった感じだ。

「部落差別は今」という冊子は「全国のあいつぐ差別事件」の滋賀県版みたいなものである。中身は解放新聞の切り抜きがほとんどだ。ご覧の通り160ページのうち48ページまでが全国部落調査の話題である。

「同和と在日」の写真も掲載されている。ここまでくると、もはや示現舎の宣伝に近いのでは? という感じがする。

しかし、なんと本誌が1月31日に発売した「部落問題入門」が「新たな全国部落調査」として紹介している。無論、これは全国部落調査とはまた別のもので、タイトル通り部落問題の入門書である。

ちなみに、キンドルで電子版も発売したので、事情により電子版で楽しみたい方は、ぜひご利用いただきたい。

さて、早速会場に入って、有田芳生氏による記念講演を期待していたのだが、ここで主催者から残念なお知らせがあった。有田芳生氏は議員活動が多忙のため、来られなくなったというのである。そこで、代わって演台に立ったのが、ヘイトスピーチ問題に取り組むジャーナリストとして知られる安田浩一氏である。

しかし、内容は主に在特会と在日コリアンの話で、部落の話は全く出なかった。

部落の話題を避けた安田氏の判断は賢明だろう。「士農工商えた非人」で糾弾されたサイゾーの事例の通り、「部落万歳」としていたつもりでも、思いがけないところで言葉尻をとらえられて糾弾されてしまいかねない。また、あまり「解放同盟万歳」をやってしまうと、解放同盟の対立勢力の共産党から抗議されてしまうこともある。

解放同盟は明らかに「反ヘイトスピーチ」との連携を目指しているが、当の反ヘイトスピーチ陣営にとっては同和との連携はおっかなびっくりといったところだろう。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

部落解放研究第24回滋賀県集会に有田芳生来たる?」への6件のフィードバック

  1. うんじゃらげ

    『部落問題入門』が「新たな全国部落調査」とは噴飯ものですね。部落調査の本ではないことは一目瞭然なのに。

    解放同盟は、オールロマンス事件と何ら関係ない同和行政公金不正支出事件(鳥居事件)に「第二のオールロマンス事件」というキャッチフレーズを付けて騒いでいたことがありました。「センセーショナリズム上等、人目を惹けるなら何でもいい、細けえことはいいんだよ!」が彼らの本音なのでしょうか。あるいは、単に頭が悪いのでしょうか。

    今回の場合、好奇心を起こして『部落問題入門』を買う人もいるかもしれないから示現舎としては「宣伝してくれてありがとうございます」なのかもしれませんが。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      困ったことに、同和故にそのようなセンセーショナリズムに異を唱えるメディアがないですし、社会全体のモラルを低下させることになったと思います。
      近頃は、言葉狩りや印象操作をメディアが進んで乗っかるようになりました。
      そういう手段が単純に効果があるからでしょう。

      返信
  2. 匿名

    お疲れ様です。
    革靴は滋賀県近江八幡市八幡の特産品ですね。
    値段が一足一万円ぐらいしていますが、誰か買ったのでしょうかね。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      すみません、値段は見てませんでした。革靴が一足一万円なら、まあ普通の値段という気がしますね。

      返信
  3. 匿名

    今でも靴トントン叩いてはるんやねー。
    最近は安い靴が沢山出回って大変やな。
    そう言えば、この間見かけた部落の靴やさんのショーウィンドウに、トカゲの靴が飾ってあったけど、4万円やったわ。
    雪駄も値上がりする一方で、おしゃれもは憚られます。

    返信
    1. 匿名

      それ、何処の靴屋さんですか?
      ひょっとして、大分県の日田市豆田の靴屋さんですか?私も似たような物を見かけました。

      返信

関連記事

【富士市】無許可盛り土で 逮捕業者の背景は――

盛り土、不法投棄王国の静岡県…。県民には失礼だが熱海市土石流を筆頭に同種案件の事件が絶えない。今月29日、同県富士市で市長の許可なしで盛り土造成をしていたとして山梨県身延町の佐野浩信容疑者、同県南部町の美容師、若林厚子容 […]

学術・研究:部落探訪(276)滋賀県 近江八幡市 堀上町

ぜひ探訪して欲しいとリクエストがあったので、中小森(なかこもり)3部落を探訪することにした。ここは『滋賀の部落』では中小森村枝郷三部落として紹介されており、中小森には日吉村、赤尾、白鳥という一般地区があり、細工(さいく) […]

【熱海市土石流】「安全対策不足を 削除して」と県に頼んだ 熱海市役所の 役人根性

昨年の土石流発災からもうすぐ一年。原因の検証は途上―――どころか行政側の本気度、誠意を疑いたくなる事態が起きていた。本来は原因究明の資料になるはずの「逢初川土石流災害に係る行政対応検証委員会報告書」。この作成過程の中で熱 […]

「新・破産者マップ」が話題に 出口が見えない 官報の 破産者公告問題

2019年3月に「破産者マップ」が登場しいわゆる炎上状態となったが、先日から「新・破産者マップ」がインターネットメディア等で話題となっている。共通するのは、官報に掲載された破産者の情報を実名と共に地図上に配置していること […]

学術・研究:部落探訪(275)香川県 丸亀市 土器町東 二軒茶屋

香川県の被差別部落―現地研修報告―に掲載されている部落には、全国部落調査に掲載のないものがある。同資料によれば丸亀市には指定同和地区が3つあり、さらに1つ未指定地区があるとしている。 3つの指定地区のうち「A地区」は既に […]

維新の 「共同親権推し」は“ DV癖支持者”対策!?

離婚後の父母が共同で子供の親権を持つ「共同親権」の議論が進んでいる。法務省法制審議会家族法制部会はこの夏にも共同親権に関する中間試案を発表する予定だ。離婚後の共同親権はG7諸国で日本が唯一認めていないが、推進派は「片親に […]