「誤解を招く表現」と
部落が参加した祭りの記事が
宍粟市の広報から消された

By 鳥取ループ

同じ神社の氏子ではないながら、他の4地区と一緒に伊和いわ神社の祭りに参加するようになった宍粟しそう一宮町いちのみやちょう嶋田しまだ部落。2009年11月の「広報しそう」にその祭りの様子が掲載され、「幼いころから憧れてきた」と部落の出身者の喜びのコメントも載せられた。無論、市の広報に「同和」や「部落」といったことは一言も書かれていない。しかし、解放同盟から差別ではないかといった申し入れが市役所にあり、「誤解を招く表現」であるとして広報から消されてしまった。

未だに西日本に残る、行政による「同和タブー」の実態の1つだ。

「真宗大谷派同和関係寺院協議会」が発行した『同関協だより』(2013年5月31日)にフリーライター・平野次郎氏による「伊和神社に見る巧妙な差別」という記事が掲載された。その記事は、宍粟市の『広報しそう』(2009年11月号)にある「伊和の秋燃ゆ」という記事を問題にしている。その記事によれば「部落解放運動にかかわる人たち」が市長あてに申し入れ書を出し、その内容が「なぜ神事にA地区が入れないことまであえて記述するのか」「偏見をあおる内容となっている」地区出身者の実名で出ていることに対し「あまりにも無警戒で人権に対する配慮のかけらもない」ということなのだ。

さて、問題の『広報しそう』の内容がどのようなものかと言えば、次の通りである。

伊和の秋燃ゆ

『播磨一の宮』で知られる伊和神社の秋季大祭が10月16日、本宮を迎えた。練り子の半てんや屋台には「頑張れ!一宮」のステッカーがはられ、豪雨災害からの復興も祈願された。

復興願う豪快な練り

巨樹のすき間からこぼれる秋の日差しが境内に差し込む午後3時20分。揖保川河川敷の御旅所で神事を済ませた氏子屋台4台が、次々と伊和神社の境内に戻り、嶋田地区の屋台1台が加わった本宮の練り合わせが幕を開けた。

「エーンヤー、エーンヤー」太鼓の音とともに威勢のいい掛け声が響き、東市場地区の屋台が勇ましく境内の中央に練る。続いて安黒地区、伊和地区、須行名地区、嶋田地区の順で境内へ。豪快な差し上げや2台練り、3台練りを競い合うように繰り返し、絢爛豪華な屋台が上下に激しく揺れるたびに観衆からは大きな拍手が起こった。練り子に疲れが見える終盤、すべての屋台が一直線に揃う5台練りを繰り広げ、祭りはクライマックスを迎えた。

友人に誘われ嶋田地区の屋台で初めて練り子を務めた一宮町百千家満の薄木亮辰さん(りょうたつ・26)は「高校時代から憧れていた。想像以上の楽しさで興奮している。これからも続けたい」とすがすがしい笑顔を見せた。

最高齢の練り子となった田中譲さん(神戸市・57)は一宮町嶋田の出身。「10年前に嶋田地区の屋台が誕生したときはうれしかった。幼いころから憧れてきた練りに参加できて満足している。力の続く限り務めたい」と話していた。

沖縄から板前の修業に

伊和地区の練り子を務めた沖縄県出身の上原寛弥さん(ともや・23)は、勤務する市内の料亭の仲間に誘われたのがきっかけで今年が2年目となる。「根っからの祭り好き。9月からほぼ毎晩練習をしてきた。スカッとするのがいい」と話す。

『同関協だより』には「広報の記事はどこが問題なのか。事情を知らない人が読んだら、そのまま読み過ごしてしまうかもしれない。しかし、被差別部落であるA地区が氏子から排除された歴史があり、ようやく2000年から祭りに参加できるようになった事情を知っている人なら、この広報の記事が差別を容認し助長するものだと思うだろう。」とある。

しかし、ご覧の通り「読み過ごしてしまうかもしれない」どころか、100%「部落」とか「同和」と結びつける要素などとこにもない記事である。また、「氏子から排除された」ということも、はっきり言って何の根拠もない。事情を知って読めば、差別が解消された事例を示した記事であるように見える。

『同関協だより』には一宮町嶋田部落はもともとは伊和神社の氏子だったが、後に氏子から排除された「らしい」と主張しているが、あくまで「らしい」であって、それが部落差別であるという根拠は書かれておらず、伊和神社とは関係のない神戸市や生田神社や住吉神社の事例を出して、部落差別を結びつけている。

『同関協だより』は一貫して地名を伏せているが、宍粟市の広報には地名が書かれているので何の意味もない。そして、宍粟市の広報には「部落」とか「同和」といったことは一言も書かれていないので、「地区出身者の実名で出ている」ということは、むしろ『同関協だより』を見て初めて分かることだろう。

そもそも「部落解放運動にかかわる人たち」とはいったい何者なのか、なぜ伊和神社ではなく市役所に申し入れるのか、記事には不可解な点が多い。

伊和神社に、抗議がなかったのか聞いてみるとこんな返事が返ってきた。

「うちは抗議は受けていないし、抗議をされる謂れがないです。それは部落解放同盟が勝手に言っていることではないですか」

神社によれば、嶋田部落は昔から伊和神社とは別の七社ひちしゃ神社の氏子で、祭礼の日が一緒だから祭り一緒にやろうということになっただけだという。七社神社の歴史的な由来はよく分かっていなくて、嶋田部落を排除したというのも何もはっきりしたことはないという。

「仮に七社神社が伊和神社から別れたとしても、それぞれが祭りをして、円満にやってきたことです。伊和神社の氏子にしてくれという話もありません。(議員に)立候補した人が、「ワシの投票してくれたら伊和神社の氏子にしてやろう」みたいな話はありましたけどね」

嶋田部落は伊和神社ではなく七社神社の氏子なのだから、伊和神社の神事に参加しないのは当然のことで、そのことで嶋田部落の住人から何か言われたことはなくよその人間が勝手に騒いでいるだけのことではないかということなのだ。

確かに、嶋田部落の住人が不満を持っているなら市役所の広報にあのようなコメントを載せることはないだろう。

また、現地の地図を見ると、嶋田部落は他の4地区と比較すると伊和神社から最も離れた位置にあり、地理的に伊和神社の氏子でなかったとしても不自然な点はない。

宍粟市のウェブサイトでは『広報しそう』のバックナンバーが掲載されており、少なくとも2014年7月の時点では当該記事を見ることができたのだが、現在ではごっそり問題のページが抜けている。宍粟市広報課に電話で聞いてみると、次のような返事だった。

「誤解を招く表現があったので削除したと聞いています」

部落問題と関係あるのかと聞いて見たが、「誤解を招く表現があった」と繰り返されるだけで、そそくさと電話を切られてしまった。

先日の記事の、鳥取市吉岡温泉町谷山の事例と比べると興味深いだろう。全国各地の村々の関係は様々であると思うが、そこに「部落」が関わるだけで、差別と結びつけて何かしらイチャモンを付けたくなる人がいるのではないか。そう考えざるを得ない。

「誤解を招く表現」と
部落が参加した祭りの記事が
宍粟市の広報から消された
」への29件のフィードバック

  1. 一研究者

    抑々伊和神社の氏子ではなく、七社神社(ひちしゃじんじゃ)の氏子であったというなら、伊和神社の祭礼に参加していなかったというのは至極当然の事なのではないでしょうか。全く記事本文中にお書きになられている通りだと思います。
    先日の記事で「一部落問題研究者」とハンドルネームを入れましたが、よく考えれば本腰で研究している訳でもなく、発掘調査で稀に地区に絡む事もあるが故に興味を抱いているだけの者ですので、ハンドルネームを「一研究者」とします。

    伊和神社の言う通りに合同で祭礼を行うようになったまでと云うなら、被差別部落に係る問題とは全くの無関係な状況と見えます。

    七社神社の氏子であった嶋田地区の住民の方々も、伊和神社と祭礼を合同で行う事になったおかげで伊和神社の祭礼の特徴である屋台を初めて嶋田地区からも出して皆が楽しめた。

    と記述を変えればいいだけの事でしょうに。
    七社神社(ひちしゃじんじゃ)、東京都北区の七社神社(ななしゃじんじゃ)とは関係があるのでしょうか?興味が尽きないです。

    返信
  2. 一研究者

    コメント文章が乱れました。
    申し訳ございません。

    先日の記事で「一部落問題研究者」とハンドルネームを入れましたが、よく考えれば本腰で研究している訳でもなく、発掘調査で稀に地区に絡む事もあるが故に興味を抱いているだけの者ですので、ハンドルネームを「一研究者」とします。

    抑々伊和神社の氏子ではなく、七社神社(ひちしゃじんじゃ)の氏子であったというなら、伊和神社の祭礼に参加していなかったというのは至極当然の事なのではないでしょうか。全く記事本文中にお書きになられている通りだと思います。

    以降原文ママとなります。

    返信
  3. 名無しのプログラマー

    「ひちしゃじんじゃ」が正しいんですかね。京都の人から、「七」の読み方は「ひち」が正しいと長年思い込んでいたと聞かされたことがありますが、兵庫でも「ひち」ですか。

    返信
  4. 鳥取ループ 投稿作成者

    伊和神社の方は、しちしゃじんじゃと言ってました。
    「しち」と言うか、「ひち」と言うか、個人差があるのかも知れません。

    返信
  5. 通行人

    こう言うことを言っている間は、差別はなくなりません。差別を盾に、横暴を働く、差別されて当然の輩だ。

    返信
  6. 一研究者

    神社本庁や当の宍粟市七社神社のサイトでの振り仮名は「ひちしゃじんじゃ」となっておりました。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      本当だ。神社庁では「ひちしゃじんじゃ」ですね。これが公式ということで、ルビを修正しておきました。

      返信
  7. 奈良ループ

    私には女の子が2人いますが、この2人には「部落解放同盟の者とは絶対に結婚しないように!」と躾ようと思います。
    ヤクザ以上の恫喝で善良な市民を脅す部落解放同盟の者と結婚したら、娘もヤクザな女になりそうな気がします。
    被害妄想とか、恨み辛みとか、そんなマイナス精神とは無縁であって欲しいと思うのです。
    これって差別なのでしょうか?

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      う~ん、創価学会員や共産党員を嫌うのと同じことなのではないでしょうか。

      返信
      1. 奈良ループ

        (上記に追記ですが、)
        私は、2人の娘には「部落の者とは絶対に結婚しないように!」と躾ようと思います。
        理由は本人が部落解放同盟と無関係であっても、本人の家族や友人知人に部落解放同盟の関係者がいるかもしれないからです。関わりがまったくゼロとはいえないでしょう。
        可愛い娘をヤクザのような者と一緒にさせたくはありません。
        http://www.bll.gr.jp/
        こんな輩には関わりたくありません。

        もちろん、これは差別ではありませんよね?

        返信
        1. 鳥取ループ 投稿作成者

          横浜地裁曰く、同和地区出身というのは同和地区という一定の区域の出身という意味合いに過ぎず、身分ではないそうですし、そうであれば「門地による差別」にも当たらないのでよいのではないかと思います。
          「京都ぎらい」という本にありましたが、京都の洛中の人間が洛外の人間を格下に見るのと同じようなもんでしょう。
          横浜地裁によれば、同和地区出身というのは法律上の判断にも影響するみたいですしね。
          差別だと文句を言うやつがありゃあ、「文句なら横浜地裁に言え」と言っておきましょう。

          返信
          1. うんじゃらげ

            鳥取ループさんは娘さんが将来、部落出身者と結婚しようとしたらどうしますか。

          2. 奈良ループ

            現代社会において差別は存在しません。
            部落解放同盟は早く解散消滅すべきです。
            組坂繁之他は「先祖の恨み」をはらすために活動を行っていますが、
            迷惑している人がたくさんいることを自覚すべきです。

          3. うんじゃらげ

            では、鳥取ループさんは娘さんが将来結婚しようとした時「お前の父ちゃんは下味野出身だって? 部落民の娘と結婚するのはお断りだ」と言われたらどうしますか。

            あるいは「お前の父ちゃんは、解放同盟に訴えられて何億円も請求されてるんだって? そんな物騒な人間の娘と結婚するのはお断りだ。こっちまでとばっちりを受けたら大変だ」と言われたら?

          4. 鳥取ループ 投稿作成者

            そういう人は未だかつて見たことがないし、解放同盟との裁判はその頃には終わっていると思います。

  8. エドガワ

    解同の過去の暴虐も、「同和利権の真相」も、飛鳥会事件さえ知らない人が増えてきているようです。5月26日の大阪・同和奨学金返還訴訟で返還を命じた判決を、リベラルな人がツイッターで批判的に取り上げていました。リベラルな人ほど、人権という言葉によって、思考が落とし穴にはまってしまうように感じました。解同の新世代がうごめくのを阻止するには、彼らが行政の末端に圧力をかけて要求を通してきた過去の事実を、若い人々に正確に知らせることが必要だと思っています。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      というか、地方自治体のしくみがあまり理解されていないと思います。
      監査委員は行政が徴収を怠っているものがあれば徴収を命ずることしか出来ないし、徴収を怠っていたものを職員は徴収する義務があるので、あのような判決になるのだと思います。
      行政に過去の口約束の責任を取らせたいなら、奨学金を借りた側が大阪市か職員を訴えるしかないと思います。

      返信
  9. 奈良ループ

    「お前の父ちゃんは下味野出身だって? 部落民の娘と結婚するのはお断りだ」と言われたらどうしますか。

    うんじゃらけさん、言われる理由があるんですよ。
    あなたは部落解放同盟が嫌われていることを知らないんですか?
    部落解放同盟って、怖くて避けられていることを知らないんですか?
    部落解放同盟が消滅しないかぎり、部落差別はなくならないんですよ。

    「お前の父ちゃんは、解放同盟に訴えられて何億円も請求されてるんだって? そんな物騒な人間の娘と結婚するのはお断りだ。こっちまでとばっちりを受けたら大変だ」と言われたら?

    もちろん訴えられている鳥取ループさんの娘さんとは結婚したくはありません。災いは避けたいものです。
    しかし我々一般人からすると、部落解放同盟の方が物騒なんですよ。
    うんじゃらけさん、勘違いをしないでください。部落解放同盟の存在が嫌われているんですよ。

    私は被差別部落出身だからといって反対はしません。現に橋下元市長を尊敬しています。
    部落民特権を要求する乞食でなければ、一般人から嫌われませんよ。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      下味野の解放同盟はもうほとんど活動していないと思います…。
      万一、糾弾だの立場宣言だの、怪しげな活動をしたら私が完膚なきまでに叩き潰しますよ。
      そういう事をやりそうな人物の個人名、住所も知っているし、その人が「村じゅうから嫌われている」実情も把握済みです。

      返信
    2. うんじゃらげ

      >私は被差別部落出身だからといって反対はしません。現に橋下元市長を尊敬しています。
      >部落民特権を要求する乞食でなければ、一般人から嫌われませんよ。

      「私は、2人の娘には「部落の者とは絶対に結婚しないように!」と躾ようと思います。
      理由は本人が部落解放同盟と無関係であっても、本人の家族や友人知人に部落解放同盟の関係者がいるかもしれないからです。関わりがまったくゼロとはいえないでしょう。
      可愛い娘をヤクザのような者と一緒にさせたくはありません」というあなたの投稿と矛盾しているでしょう。
      橋下徹の父親や親類は紛れもなくヤクザでした。さらに、いとこは人殺しです。

      さらに、あなたの理屈で行くと、解放同盟員を父親に持つ上原善広も差別されて当然だということになるが、それは何か違うんじゃないですか?

      返信
  10. 奈良ループ

    味噌も糞も一緒にしないで欲しい。
    父親や親戚が犯罪者だったら、橋下さんも犯罪者扱いをされるのか?

    私は部落解放同盟こそが犯罪者集団であると思う。
    そしてその部落解放同盟に関係する者、近い存在の者、要するに反対しない者とは、
    一切関わりたくないと書いてるんだぞ。

    変な言いがかりはやめて欲しい。

    返信
    1. うんじゃらげ

      それをいうなら、上原善広も解放同盟に反対しているわけではないでしょう。西岡智との対談を読めばわかる。そして橋下徹も解放同盟について留保つきで存在価値を認めている。「部落解放同盟が利権や暴力だということを言い切られることでありましたら、これは私の今までの法律家としての感覚からすれば、全く証拠も根拠も何もないことでありまして、それは私も確かにそういうつながりがあるところも知っております、そういう事件があったことも知っています。ただし、そういうことがなく、本当に同和問題の解決に取り組んできたということも知っております。一面的な側面をとらえることなく、きちんと、解放同盟の活動を真摯に見ていただきたく思います」と。

      >部落解放同盟に関係する者、近い存在の者、要するに反対しない者とは、一切関わりたくないと書いてる

      いや、あなたが書いたのは「私は、2人の娘には「部落の者とは絶対に結婚しないように!」と躾ようと思います」ということですよ。「部落解放同盟に反対しない者とは」などとは一言も書いていない。前言と食い違っています。

      私も解放同盟は嫌いだが、解放同盟と闘うにはそれ相応の理論が必要でしょう。あなたが言っていることは残念ながらデタラメすぎる。

      返信
  11. 奈良ループ

    犯罪者集団の部落解放同盟がどうかしたのか?
    その解放同盟を支援する者が部落にいるから、部落のことが嫌いだと書いてるのが理解できないのか?

    言いがかりはやめろ。

    返信
    1. うんじゃらげ

      >その解放同盟を支援する者が部落にいるから、部落のことが嫌いだと書いてる

      解放同盟を支援しているのは部落でもごく僅かですよ。示現舎の読者ならそれぐらい知らなきゃダメです。

      解放同盟と部落を同一視するのは、むしろ解放同盟を利することになるでしょう。

      返信
      1. とある隣保館職員

        お疲れ様です。
        >解放同盟と部落を同一視するのは、むしろ解放同盟を利することになるでしょう。
        これなんですよね。うちのムラでも同盟を良しとしない人たちが多くて、いつまでも同和対策事業を続けるなと同盟員以外の地区住民から言われたりしますからね。
        部落民≠同盟なのは確定的に明らか。

        返信
  12. 奈良ループ

    私は奈良県在住です。
    他の地域は知りませんが、奈良県は部落解放同盟はまだまだ“元気”じゃないでしょうか?
    そして、その恩恵に授かっている部落民はたくさんいますね・・・

    返信
  13. 奈良ループ

    尻切れとんぼになってますが・・・
    >部落民≠同盟なのは確定的に明らか。
    言われるにおよばず当たり前のことです。

    部落差別がない現代に「部落解放」というネーミングは非常に不適切であり、
    元被差別部落の住人のためにも、部落解放同盟は解散消滅すべきだな。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です