全国部落調査事件 第9回弁論準備手続

カテゴリー: 全国部落調査事件 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

2019年11月6日午前11時から、東京地裁民事13部で全国部落調査事件の弁論準備手続がありました。以下の報告動画をご覧ください。

被告(示現舎)側の書面はこちらです。

準備書面9-R1-10-31.pdf
証拠説明書-R1-10-31.pdf

原告(解放同盟)側の書面はこちらです。

準備書面13?.pdf
請求の趣旨拡張申立書.pdf

準備書面13は実は解放同盟側の番号付けミスで、本来であれば準備書面14です。

次回の弁論準備手続きは12月26日午後4時です。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

斉藤ママ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

全国部落調査事件 第9回弁論準備手続」への4件のフィードバック

  1. 斉藤ママ

    どうでもいい話かもしれませんが、
    解放同盟側の弁護士はここに載っている人ばかりですね!
    解同は関西生コンと関係があるのですね。

    http://www.tu-rentai.org/?p=582

    昨日、新御茶ノ水の連合会館に行って、いろいろと発見がありました。
    お勧めです。

    返信
    1. 斉藤ママ

      連合会館にはこういうチラシも置いてありました。反戦とか闘争とかそういうのばかりです。
      連合など聞いても、何がなんだか、普通の人はわからないですが、普通じゃないです。
      連合推薦の議員が沢山いるのはすごく恐ろしい事です。
      (関西生コンの実行犯がなかなか逮捕されなかった理由はこれです。)

      返信
  2. .

    根本的な疑問ですが、同和地区Wikiを最初から「運営者不明」ということにしておかなかったのはなぜですか。

    現在の同和地区.comと同じように、誰がやっているかわからないサイトということにしておけば、今回の訴訟はなかったのでは?

    返信

関連記事

全国部落調査事件 東京地裁が判決と矛盾した決定

昨年9月27日に東京地裁で判決が下された全国部落調査事件の裁判、双方とも控訴したものの、書類がずっと地裁に留め置かれる状態になっていました。そして、先日4月15日にようやく東京高裁に書類が届き、担当部署が決まったことが確 […]

全国部落調査事件 東京地裁判決の全内容

9月27日の全国部落調査の出版禁止に関する裁判の判決について各社が報じている。しかし、結局のところは判決の内容を見ないことには理解できないであろう。今回は原告が誰かということ自体がプライバシーとされたわけだが、判決書では […]

全国部落調査事件 東京地裁で最終弁論が 開かれます

2021年3月18日 13:30 に東京地裁で全国部落調査事件の最後の弁論が行われます。当日の16:00にYoutubeにてオンラインで被告(示現舎)側の会見を行います。チャットでリアルタイムでの質疑応答を受け付ける他、 […]