【森友学園改ざん問題】赤木さん妻の訴状を入手

カテゴリー: 政治 | タグ: , , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

森友学園への国有地売却をめぐる決裁文書の改ざんに関与させられたことを苦に自殺した 財務省近畿財務局職員・赤木俊夫さん。その遺書を報じた『週刊文春』(3月26日号)「森友自殺〈財務省〉職員遺書全文公開 『すべて佐川局長の指示です』」( 大阪日日新聞・相澤冬樹記者)は多くの反響を呼んだ。また赤木さん妻は3月18日、国と佐川宣寿元国税庁長官に総額約1億1200万円の損害賠償を求め大阪地裁に提訴。本誌は訴状を入手した!

関心がある方、ダウンロードはこちらから。
財務省職員自殺事件訴状.pdf

左派団体に取り込まれた籠池夫妻。

もしコロナウイルスがなければより大スクープになったであろう、赤木さん遺書報道。奇妙なことに週刊文春と相澤記者以外の報道機関記者、ジャーナリストたちが自らの成果の如く小躍りしているのが面白い。

43ページに及ぶ訴状。

それにしても不思議だ。普段、左派の活動家は議員会館の院内集会に官僚、官公庁職員を呼びつけ集団で罵声を浴びせ、デモで直接役所に押しかけている。ところがSNSを見ると「#赤木さんを忘れない」などのタグが散見される。同じ官公庁職員でも扱いが随分違う。しかもあれほど「右翼」「反動」と批判した籠池夫妻も今や“こっち側 ”という具合で集会、講演会に引っ張りだこ。この辺りはお家芸の手のひら返しとしか言いようがないが…。

自衛隊中東派遣への抗議デモに包囲される防衛庁職員。役人も大変だ

政治問題ではなく過労死案件?

請求は国に対して1億712万8017円、佐川氏には550万円。赤木さんは平成29年7月上旬頃にうつ病を発症し、平成30年3月7日に自殺した。享年54歳。略歴は高校卒業後、昭和56年(1981年)4月1日に国鉄に入社。民営化に伴い昭和62年(1987年)に鳥取財務事務所管財課に転職。平成元年(1989年)に立命館大法学部に通学するため近畿財務局に転任、京都財務事務所、和歌山財務事務所、神戸財務事務所を経て平成27年(2015年)に近畿財務局管財部管財総括第1課に。自殺時の役職は上席国有財産管理官。趣味は書道、落語、音楽鑑賞、美術鑑賞、安藤忠雄の建設物鑑賞。

原告は訴訟の目的として自殺に追い込まれた原因究明、行政内部の問題点・職場環境の改善、改ざんの指示などの解明、この3つを挙げている。

赤木さんは平成29年(2017年)2月から森友学園案件を担当。同年2月9日、森友学園案件について、 「近畿財務局が売却額等を非公表にしている」、 「売却額は同じ規模の近隣国有地の10分の1」、 「森友学園が買った土地には、今春に同学園が運営する小学校が開校する予定」、 「同校の名誉校長は首相の妻」などの報道があった。これ以降、本省理財局に対して国会議員等からの資料要求、個別の説明要求、会議出席要求が相次ぎ、国有財産審理室の担当者をはじめ、職員は国会関係の対応に追われる状況になった、としている。この時期は新聞、テレビでも森友学園報道が過熱していた頃だ。そんな最中のことだった。

平成29年2月26日、赤木さんは妻とその母親の3名で梅林公園を訪れていたが、
15時30分頃、管財部管財総括第1課の池田靖統括国有財産管理官(池田統括)から 「本省からの指示の作業が多いので、手伝って欲しい」、 「16時30分頃に登庁して欲しい」 との連絡を受けた。「池田統括が困っているから助けに行くわ」 と述べて近畿財務局へ出勤したところ、上記改ざんの指示を受けた。この辺りから精神的に追い詰められたようだ。

寝て起きて仕事というほどの過酷な状況だ。

休日出勤もはさみ平日の仕事は深夜未明まで続いた。同年7月15日にはメンタルクリニックでうつと診断された。同月19日に体を震わせながら、妻に対し、 「辛い辛い」、「もう仕事に行けない」 「森友のことだけやないんや」などと述べた。11月29日には上司を通じて検察から取り調べをしたいとの打診を受ける。これ以降、恐怖心を募らせた赤木さんは

かかる大阪地方検察庁からの打診以降、ヘリコプターが自宅の上を通ったり、 自宅の前を歩く人の足音が聞こえたり、町中で知らない人を見たりすると極端に恐れるようになり、原告に対して小さな震えた声で、 「検察か警察が僕を狙っている」、 「警察じゃないか?検察じゃないか?」などと妄想を話すようになると共に、 「死にたい」などと自殺願望を口にするようになった。

という様子だった。

11月28日、近畿財務局産業医・前久保医師と面談しその際、同医師はうつ病を詐病扱いして「うつ病になって給料貰う人がいるんや」 と述べ、岩井医師の処方を見て「こんなんで治るか」などと叱責した。その後、亡俊夫は、前久保医師を非常に恐れるようになった、としている。

2018年(平成30年)2月に入ると、 口を開くと検察や警察に関する妄想や自殺願望を口にするようになり、不安と焦燥からか自分の体を「ちくしよう ちくしよう ! 」などと言いながら叩き続けるようになった。訴状によれば夫妻は結婚してから22年間喧嘩をしたことがほとんどなかったが、赤木さんの悪化で妻も精神的肉体的に疲弊し、喧嘩が絶えないようになった。

平成30年3月7日16時頃、手記や遺書を遣し自殺に至った。

以上が自殺に至る経緯だが赤木さんは非常に責任感が強い人間性のようだ。そのため一層、不安と恐怖心に苛まれたのだろう。そんな赤木さんの手記には「 刑事罰、懲戒処分を受けるべき者」として

佐川理財局長、当時の理財局次長、中村総務課長、企画課長、 田村国有財産審理室長ほか幹部担当窓口の杉田補佐(悪い事をぬけぬけとやることができる役人失格の職員)

の名前が挙がっているが、佐川氏(元理財局長、元国税庁長官)の責任を民事訴訟でどこまで問えるのか? 昨今、官公庁の職員の超過勤務が問題となっており「過労死」は認められる可能性はある。森友学園問題より官公庁職員の労働問題に一石を投じる訴訟になるかもしれない。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【森友学園改ざん問題】赤木さん妻の訴状を入手」への4件のフィードバック

  1. 黒鳥

    近畿財務局の産業医の前久保医師とは、おそらく前久保クリニックの前久保邦昭院長でしょう。変人です。気持ちで何でも治るというポジティブシンキングの持ち主。合わないという患者さんの評判も多く聞きます。産業医には向いてないかと。
    https://doctorsfile.jp/h/73306/df/1/

    返信
    1. 三品純 投稿作成者

      もし前久保氏についてご存知のことがあればぜひ情報をお寄せください!!

      返信
  2. 青鳥

    訴状にある佐川さんの家、官僚なのにこんなものか・・・、という感じですね。
    表札が漢字一文字というのが気になりますが。

    返信
    1. 三品純 投稿作成者

      とある省庁の「審議官」という方のお宅に伺って取材したことがあるんですが本当に普通の一軒家でした。世間が妬むほど高収入でもなくこれじゃあ東大卒がIT企業に行くでしょうねえ。

      返信

関連記事

【野党研究】国民・岸本周平氏、和歌山知事選問題で見えた 自民党の“ エグさ”

前回に続き国民民主党幹事長代行、岸本周平衆議院議員の和歌山県知事立候補問題。岸本氏は本日、和歌山市内で正式に出馬表明する予定だ。表面的には野党の現職議員が知事選出馬というニュースに過ぎない。しかし内情を検証するに、自民党 […]

国民・岸本周平(衆)が 和歌山県知事選出馬表明へ    二階王国再編の シナリオ

国民民主党幹事長代行の岸本周平衆議院議員(和歌山一区)は、今年12月に任期満了を迎える和歌山県知事選に出馬することが周辺への取材で判明した。岸本氏出馬の背景は仁坂県政に不満を持つ自民党同県連の思惑も見逃せない。また長らく […]

議員なりすましキセルで御用の立民岐阜県連顧問・山下八洲夫(元参)の“同和界隈”の過去

令和に蘇った旧社会党の亡霊? 旧民主党の残党? まさかこの名がニュースで浮上するとは…。岐阜県選挙区から衆議員議員、参議院議員を務め現在は立憲民衆党岐阜県連常任顧問の山下八洲夫元参議院議員が国会議員になりすまし東海道新幹 […]

【Youtube企画】「桜を観る会、行きました」 天野二三男氏 特別インタビュー(自由同和会編)

天野二三男氏と言えば、既に除名となってしまったが、以前は自由同和会神奈川県本部会長を務めていた。同和団体と言えば部落解放同盟が圧倒的に有名で、自由同和会は多くの人にとっては謎の多い団体なのではないだろうか。せっかくなので […]

【緊急告発】「お前、コラァ!」橿原市 維新議員が市長に 放った“ドン引き ”恫喝音声

奈良県第二の都市、橿原市。東に香久山、西に畝傍山、北に耳成山、『万葉集』でも歌われた大和三山、神武天皇を祀った橿原神宮―――。古(いにしえ)の風を今に留める古都だ。歴史ロマンの地の“ 代表”である市議会で橿原運動公園(雲 […]

沈む朝日に 灰色の虹“ 二階堂進孫” 朝日新聞記者と 経産官僚不倫は「令和の西山事件」

1971年、沖縄返還協定にからみ毎日新聞・西山太吉記者が既婚の外務省事務官を泥酔させた上で強引に肉体関係を結び、返還協定の機密情報を入手する。俗にいう「西山事件」。沖縄本土復帰「50周年」を迎える今年、「令和の西山事件」 […]