加藤智大死刑囚の艦これアートに何を想う!?

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

2008年6月8日、買い物客で賑わう東京・秋葉原の中央通りの歩行者天国が惨劇の場と化した「秋葉原通り魔事件」。当時、元自動車工場派遣社員の加藤かとう智大ともひろが2tトラックで突入し、通行人をはねる、ナイフで刺すなど7人を殺害、10人を負傷させた。そして昨年2月17日、最高裁で死刑が確定し、現在は東京拘置所に収監されている。

事件当時、大手メーカーなどの派遣社員切りが社会現象となっている中で、同事件も派遣切りの弊害として議論の的となった。また加藤死刑囚の犯行を誘発したのが、ネットの掲示板だったことやオタク趣味があったことから、インターネット社会やオタク文化の弊害を指摘する声も少なくなかった。

事件後、秋葉原の歩行者天国は一旦、休止(2011年に再開)され、いわゆる“オタク風”の男性らが執拗に警官から職務質問されるという光景が随所に見られた。事件からすでに8年も経つがやはり“アキバ加藤”のインパクトは強烈で、現在でも根強く語り継がれている。

現在の加藤死刑囚は、支援者を得て拘置所生活を続けており、今年の「大道寺だいどうじ幸子さちこ赤堀あかほり政夫まさお基金 死刑囚表現展」に『艦これ―イラストロジック全65問』を出展した。

死刑囚たちの表現展

同展は、「三菱重工爆破事件」(1974年)など9件の「連続企業爆破事件」で1987年に死刑判決を受けた東アジア反日武装戦線“狼”部隊のリーダー格、大道寺だいどうじ将司まさしの母、幸子氏(故人)と「島田事件」(1954年)で死刑判決が下るも再審で無罪判決を受けた赤堀政夫氏の寄付により創設。毎年、死刑囚の文芸、絵画といった作品を募集し、優れた作品に対して表彰を行っている。

ごく普通の文芸や絵画作品もあるが、中には安倍首相のイラストに「天誅」「独裁暴権」という文言を加えた作品も。純粋な死刑囚支援というよりは、むしろ左派文化人、左翼団体、人権団体による政治運動の一環なのだ。

さて10月15日、都内で開催された「世界死刑廃止デー企画 響かせあおう死刑廃止の声」では、こうした死刑囚らの作品集が公開されたが、その中でも目を引いたのが加藤死刑囚の『艦これ―イラストロジック全65問』だ。艦これとは、2013年に角川ゲームスからリリースされた艦隊育成シミュレーションブラウザゲーム『艦隊これくしょん-艦これ-』のこと。旧日本海軍の軍艦を美少女に擬人化したゲームでいわゆる“萌えキャラ”として男性を中心に人気が高い。

同ゲームは、加藤死刑囚が収監された後に運営が開始されたものだから、支援者の“差し入れ”で艦これの存在を知ったわけだ。遊び方は、パズルを解いて、マスを埋めていくと艦これのキャラクターたちが出てくるというもの。なかなか凝った作品である。加藤死刑囚の短大時代(中日本自動車短期大学)を知る人物は、「『機動戦士ガンダム』などのアニメ好きという印象はある。ゲームをしている時に相手が負けると“軟弱もの!”(*ガンダム劇中のセリフ)とからかっていた」という。そんなアニメ趣味がある加藤死刑囚にとって“堀の中”とは言え、艦これも気になる作品だったのだろう。

今は艦これパズル制作に興じる加藤死刑囚だが、やがて死刑執行の日も訪れるだろう。今は「反省」と「悔恨」の日々か、それとも新たな制作意欲なのか。

%e5%8a%a0%e8%97%a4%e6%99%ba%e5%a4%a7%ef%bc%88%ef%bc%93%ef%bc%89

パズルのルールの説明。いわゆる「お絵かきロジック」「ピクロス」と呼ばれるパズルである。

%e5%8a%a0%e8%97%a4%e6%99%ba%e5%a4%a7-%ef%bc%92

問題一覧。

%e5%8a%a0%e8%97%a4%e6%99%ba%e5%a4%a7%ef%bc%88%ef%bc%94%ef%bc%89

解き方の解説。

14876151_1193977480677330_1532046679_o
そして、これが出題されたパズルである。なかなかの大作である。

%e6%9e%97%e3%81%be%e3%81%99%e3%81%bf

こちらは「和歌山ヒ素カレー事件」で死刑判決を受け、無罪再審を主張している林真須美死刑囚の作品。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

部落マニア へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

加藤智大死刑囚の艦これアートに何を想う!?」への4件のフィードバック

  1. 部落マニア

    死刑執行までの間、来る日も来る日も反省に専念するものとばかり思ってたけど、
    三食タダ飯食べられて、パズルまで楽しむ時間があるんですね。
    亡くなられた方は全く予期せぬ日に命を絶たれ、残された家族は悲しみに暮れ、癒されることはないのに・・・。早く死刑を執行するべきですね。
    犯罪加害者の人権は厳しく制限されるべきものです。
    もう、法の番人の司法もおかしな判断しかしないし、弁護士なんて人権ゴロばかりです。
    大きな制度の見直しが必要ですね。

    返信
  2. 匿名

    入場料を徴収して、それを全額被害者に寄付するなら、理解されるだろうけど、単なるオナニー画の展示会だ。

    下品なイベントだ。

    返信
  3. 123

    死刑判決うけたらならとっとと死刑にしてほしい
    10年以上拘置所にいれられ(刑務所より過酷)な環境で
    これくらいしかすることないんだからな
    楽しみがないから自身で妄想して執念で作り上げたのがわかる
    無論罪を犯した本人が一番悪いが

    返信
  4. 匿名

    加藤元死刑囚のオタク趣味はほとんどクローズアップされてなかったように記憶しています。前に図書館で新聞記事を検索したことがあるのですが、加藤元死刑囚をオタクと読んでいたのは元死刑囚の弟が中学時代の同級生に「兄にはオタクっぽいところがある」と話したという毎日新聞の記事ぐらいですかね。

    返信

関連記事

【王将研究】大連撤退、稲森和夫、PCR検査…「王将人脈」にチラつく 同和と中国

餃子の王将、大東隆行社長銃殺事件の追跡取材。事件の一方で、王将周辺を探ると「中国人脈」が浮かび上がった。在大阪中華人民共和国総領事館と大阪市が共催する「中秋名月祭」実行委員長、王天佐氏がその一人。周辺情報によると王将が中 […]

学術・研究:部落探訪(293)埼玉県 狭山市 柏原 下宿

柏原(かしわばら)の部落は高杉晋吾『部落差別と冤罪』で、狭山事件に絡めて引き合いに出されている。狭山事件との接点と言えば、石川一雄氏の友人で一度逮捕されたものの釈放された東島明氏がこの地区の出身である。 なお、石川一雄氏 […]

星野ロミ出所後初YouTube出演 漫画村×破産者マップ 日本最凶サイト対談

去る11月12日、漫画村運営者星野ロミ氏と破産者マップ運営者遠藤有人氏のYouTube対談を公開しました。漫画村がどのように漫画を配信していたのか、またアフィリエイト会社等との関係を語っています。破産者マップは個人情報保 […]

先鋭化する 現代アート業界は 社会の 厄介者!?

政党、芸能界、学界、社会の広いシーンで「先鋭化」が進む昨今、美術界も例外ではない。作品に歴史認識問題、政治イデオロギーを込めるのは2019年、「あいちトリエンナーレ」が最たるもの。芸術家たちは自身の作品で平和や正義を説く […]

学術・研究:部落探訪(292)熊本県 熊本市 南区 城南町隈庄 萱木

熊本では数多くの部落を探訪する準備をしてきたものの、いろいろあって気がついたら日没が近づいていた。最後の探訪先に選んだのが萱木(かやのき)である。ここを選んだ理由は、たまたま今いる場所から近かったからである。 地名で言え […]