人権派弁護士業界の若手ホープは“あの両夫妻”の娘だった

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

10月29日、死刑廃止に取り組む「人権監獄センター」が主催したセミナーで「死刑も終身刑もない国・スペインの刑事施設」と題した講演をするこの女性。同団体相談部に所属する海渡双葉弁護士だ。事情通の読者ならばこの苗字を聞いてピンとくるかもしれない。社民党・福島みずほ元党首と同じく死刑廃止、慰安婦問題などに取り組む海渡雄一弁護士(監獄人権センター代表)の“ご令嬢”である。夫婦別姓制度を推進する福島・海渡夫妻は「事実婚」であり、双葉氏は父性を名乗っている。双葉氏も両親と同じく死刑廃止派の弁護士として活動しており“人権派弁護士二世”というわけだ。二世と言っても世襲ではなく、実力勝負の弁護士になるのだから才女である。

同セミナーで双葉氏はスペインの刑務所事情について報告。マドリード市内の第七刑務所をモデルケースにあげ受刑者は、テレビや新聞の視聴や閲覧可能、また制限つきとは言え買い物もできる上、パートナーとのセックスが可能で専用の部屋があることなどを紹介。スペインは厳罰よりも自由を与えることで受刑者の更生、社会復帰につながっていることを訴えた。

そんな双葉氏だが、早稲田大学のロースクールに通い、学生時代から人権監獄センターの仕事に従事していたという。まだ弁護士になってから3年というが、さすがに福島・海渡両夫妻の血を引くだけに演説も板についたもの。みずほ氏は演説などで「こ」を発音するときにややこもったようになるが、そんなところもそっくり。日弁連は、今年、死刑廃止宣言を採択したことで死刑問題に注目が集まったが、双葉氏は運動のホープになるかもしれない。

さらにゆくゆくは、母・みずほ氏を継いで「政界出馬」の可能性もあるのか。なにしろ現在の社民党は政党要件を満たすのが精一杯の状況。悲しいかな社民党の主張や政策も、手詰まり感が強い。みずほ氏のライフワーク「慰安婦問題」だが昨今、追及が緩まっている。また社民党は、旧社会党の系譜を継ぐだけに本来、「同和問題」もお家芸のはずが、部落解放同盟の組織内候補は民進党へ。「若者の労働問題」「格差・貧困問題」は共産党の専売特許のような状況だ。そんな中で最近の社民党は「LGBT」(レズ・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーの権利運動)にテコ入れしている他、先の参院選では、「ペットの権利」をまで掲げたが、有権者の心を掴んだとは思えない。

かつては人権派のマドンナとして討論番組などで活躍し、政界入りしたみずほ氏。今度はその子、双葉氏が社民党の救世主となる日がくるかも!?

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

人権派弁護士業界の若手ホープは“あの両夫妻”の娘だった」への2件のフィードバック

  1. ><

    私の知人は留置場で同房のヤクザに殴られてケガをし、看守に被害を訴えても取り合ってもらえず、監獄人権センターに人権救済の申し立てをしたことがあります。しかし「うちでは代用監獄の問題は扱ってないんですよ」の一言で、あっさり門前払い。

    後でウェブサイトを見たら、監獄人権センターは代用監獄の問題も扱っていることがわかりました。これはあたりまえのことです。代用監獄制度そのものが日弁連から問題視されているのに、監獄人権センターがそれを扱わないわけがない。

    なぜ監獄人権センターがウソをついたかといえば、私の知人の逮捕理由というのが社民党と共闘する同和団体との揉め事だったからでしょう。こういう、ダブルスタンダードを弄する団体に「人権」を語ってもらいたくないものです。

    返信
  2. 部落マニア

    あの親にして、この子有って感じですかね。
    スペインの刑務所と比べてるようですが、犯罪者が犯罪を犯しても、塀の中で自由に暮らせるなんて、
    とんでもない話です。
    刑期が終わっても更生しない犯罪者も結構いますよね。
    何度も出たり入ったり・・・。
    衣食住ついて病気の心配までしてくれるんですから、刑務所の中での暮らしが恋しくなって入るために犯罪を犯す人が居るくらいです。
    犯罪者の人権は厳しく制限するべきですよ。
    【人権がカネになる】なんていう浅ましい考えが生まれる世の中を助長するのが、人権は弁護士のようです。
    本当に日本の司法は腐りきっていますね。

    返信

関連記事

【富士市】無許可盛り土で 逮捕業者の背景は――

盛り土、不法投棄王国の静岡県…。県民には失礼だが熱海市土石流を筆頭に同種案件の事件が絶えない。今月29日、同県富士市で市長の許可なしで盛り土造成をしていたとして山梨県身延町の佐野浩信容疑者、同県南部町の美容師、若林厚子容 […]

学術・研究:部落探訪(276)滋賀県 近江八幡市 堀上町

ぜひ探訪して欲しいとリクエストがあったので、中小森(なかこもり)3部落を探訪することにした。ここは『滋賀の部落』では中小森村枝郷三部落として紹介されており、中小森には日吉村、赤尾、白鳥という一般地区があり、細工(さいく) […]

【熱海市土石流】「安全対策不足を 削除して」と県に頼んだ 熱海市役所の 役人根性

昨年の土石流発災からもうすぐ一年。原因の検証は途上―――どころか行政側の本気度、誠意を疑いたくなる事態が起きていた。本来は原因究明の資料になるはずの「逢初川土石流災害に係る行政対応検証委員会報告書」。この作成過程の中で熱 […]

「新・破産者マップ」が話題に 出口が見えない 官報の 破産者公告問題

2019年3月に「破産者マップ」が登場しいわゆる炎上状態となったが、先日から「新・破産者マップ」がインターネットメディア等で話題となっている。共通するのは、官報に掲載された破産者の情報を実名と共に地図上に配置していること […]

学術・研究:部落探訪(275)香川県 丸亀市 土器町東 二軒茶屋

香川県の被差別部落―現地研修報告―に掲載されている部落には、全国部落調査に掲載のないものがある。同資料によれば丸亀市には指定同和地区が3つあり、さらに1つ未指定地区があるとしている。 3つの指定地区のうち「A地区」は既に […]

維新の 「共同親権推し」は“ DV癖支持者”対策!?

離婚後の父母が共同で子供の親権を持つ「共同親権」の議論が進んでいる。法務省法制審議会家族法制部会はこの夏にも共同親権に関する中間試案を発表する予定だ。離婚後の共同親権はG7諸国で日本が唯一認めていないが、推進派は「片親に […]