学術・研究:部落探訪(281 後編)京都府 八幡市 八幡 六区

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

前回訪れたポンコツ街道は部落内ではなく、部落の南外れの、もともと田畑だった場所である。

昔から部落があった場所は、現在の八幡軸、八幡長田周辺の複数の小字にまたがる範囲で、昔の航空写真から、ここに住宅が密集していたことが確認できる。

ポンコツ街道の北の端にあるこの吉野家から、さらに北に行くと…

ここが小字で言えば八幡三反長となる。奥の方に公営住宅らしき建物があるのがお分かりいただけるだろうか?

マッポン! で名字の分布を調べてみた。巖 巌 嵓はポンコツ街道の北の広い範囲に散らばっており、部落の範囲を推定することが出来る。ただ、さすがに八幡市役所の周辺から北の辺りは範囲外なので、移住していることが分かる。

この辺りから八幡軸である。

さきほどの公営住宅から道を挟んで向かい側が八幡人権文化センター、隣保館である。

さきほどの公営住宅の近くにあるこの団地。これは一番古い時期の公営住宅で、昭和40年代後半辺りに作られたものだ。なお、さきほどの「三戸一」の公営住宅はデザインからすると昭和50年頃のものだ。

三戸一の裏側に回り込むと、このようになっている。玄関側から見ると無機質だが、裏側にはベランダと庭があり、鉢植えや盆栽も楽しむことができるようになっている。

さらに西側に進むと公営浴場を見つけた。「八幡市営南ケ丘浴場」である。

入浴料は大人200円、子供100円と格安だ。しかも、ここは今も営業中である。入浴した人のレポートによればこんな感じ。

その隣にあるのが南ヶ丘集会所。草ぼうぼうなので閉鎖されているのかと思ったが。

一応利用できるようだ。

そして、この部落で必ず訪れたい「聖地」がある。

亀井文夫監督による記録映画『人間みな兄弟』にあるこのシーン。この場所の現在地が特定されている。

記録映画に映った共同井戸の付近は、現在公園になっている。道路が拡幅されているので、正確には公園前の交差点上に井戸があったことになる。

記録映画に近いアングルで撮影してみた。お分かりいただけるだろうか? 井戸の水が流れ込んでいた水路は暗渠になっているが現在も存在している。道路の水路側が拡幅されたことが分かる。

しかも、記録映画に映った建物が1つだけ残っている。この黒い壁の家はリフォームされているが、当時からここに存在していた。

ここは第六区公会堂。六区という自治会名は残っている。軽自動車は自治会所有の車である。とても大きな自治会だ。

これは老人憩の家。

この辺りも昔からの住宅地だが、古い家と新しい家が入り混じっている。

かろうじて昔の佇まいを残しているのはこの路地だろう。車が入っていけないからか、奥の方は空き家が多くなっていた。

今度は東側に進んでみた。途中で自動車が放置された一角を通りがかったが、スクラップ業者の在庫には見えないので、これは不法投棄ではないだろうか。

そして、目当てのものが見えてきた。部落の北東の一角には非常に特徴的な公営住宅があるのが航空写真でも確認できる。

一見すると巨大な豪邸のようだが、番号が振ってあることから、明らかに公営住宅だ。

実は、3階建ての住宅は上下二層構造になっており、それぞれ玄関があるのだ。1,2階、2,3階が別世帯になっているという、かなり変わったニコイチである。

いや、実はその2戸がさらに連結されて「四戸一」になっており、さらにそれがいくつも連結されている。

デザインからすると1980年代でなおかつバブル前と推定したが、まさにその通りだった。これは市営小松団地で、1982年に建設されたものである。1980年前半の自由な世相を反映したアクロバティックなデザインである。

駐車場にある車もアクロバティックなものが多いように感じた。これは「とっとこハム太郎」が描かれた車高の低いミニバンで、物置になっていた。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(281 後編)京都府 八幡市 八幡 六区」への24件のフィードバック

  1. 質問です

    地図に名前の方の点が入れてありますね。そして名前も特定していますね。
    (マッポンではより詳しくわかりますが)

    そしてこの地区は部落と公表してますね

    これは、ここは部落でこの人は部落民だと特定したことになりませんか?
    個人情報保護法にひかかりまんせんか?

    素人で申し訳ありませんが
    宮部さん解説願えますか。

    返信
    1. 匿名

      部落とされる地区に住んでるだけでは部落民にならないのでは?
      その地区名においても全体が必ず部落とも限らないと思いますが。

      結局部落の定義、部落民の定義はどこを見てもわからない。とりあえず昔学校で習っていたものは全くのデタラメであることだけは最近知りました。

      返信
      1. 法を知らない示現舎

        >部落とされる地区に住んでるだけでは部落民にならないのでは?

        根本的に部落と関係なく、本人の了解なしに名前と住所を公表することは個人情報保護法違反です。

        部落民かどうかについては不明とした場合
        該当の方が部落民でない場合にはあなたの言うことは通用するかもしれませんが
        その該当の方が部落民であった場合 ピンポーーンで街頭の方は法的に訴えることもできます。

        返信
      2. 匿名

        >昔学校で習っていたものは全くのデタラメであることだけは最近知りました。

        昔って何時のごろですか?
        どのように習いましたか?
        できれば、どこの教育委員会の管轄の学校ですか?
        抽象的でわかりませんよ 

        宮部さん達が言う部落の定義は????
        訪問したり公表したりしてるのですから教えてください

        その定義に従って部落民の地祇も決まるかもしれませんね 

        返信
        1. 匿名

          失礼
          宮部さん達が言う部落の定義は????
          訪問したり公表したりしてるのですから教えてください

          その定義に従って部落民の定義も決まるかもしれませんね

          返信
          1. 匿名

            宮部をまた虐めてるね。前も言ったでしょ
            宮部は3流のジャーナリストだって
            3流と思えば、笑って楽しく記事も読めるよ

        2. 見事です

          宮部の部落の定義から
          その定義に従って
          部落民を定義づけることは可能
          ただし、宮部流定義になる

          返信
    2. 宮部アウトです

      アウトでしょうね。
      彼は部落民のキーワードとしてイワオを特定してます。
      イワオはこの地域のブランドとも前回言っています。

      訴えられなければ良いと言うものでなく法違反でしょうね

      返信
      1. 宮部アウトです

        この文面からもアウトでしょうね

        >巖 巌 嵓はポンコツ街道の北の広い範囲に散らばっており、部落の範囲を推定することが出来る。ただ、さすがに八幡市役所の周辺から北の辺りは範囲外なので、移住していることが分かる。<

        移住と言う言葉を使っています

        返信
  2. 匿名

    作家の故宮崎学氏の父親が組長を務めていた会津小鉄会系寺村組の事務所がある場所ですよね。

    返信
  3. 匿名

    録画を初めて拝見しましたが
    ここは部落ですと言う以外なんかないのでしょうか。
    部落差別の解消に寄与するどころか差別を助長しかねない録画です

    返信
  4. 萩原 篤志

     安倍元総理やテレビ局が2006年秋に「部落民はケガレを受け止めこれを祓う影の存在に戻れ」という意味の表現を何度もした。公の電波を使ったので、一般民の出の日本人全員が部落民全体にこの表現をしたことになった。部落民はケガレた血筋を薄めることで劣等感を解消しようとした。だから、部落民と結婚しろと言ってきた。宮部さんは知らないだろう。知っても認めたくないだろう。根本から「部落とは」を間違えているからだ。行政上の手続きで決まるものではない。うわべをかすった理解を理屈だけで自己解釈したものと思われる。脳内でつじつまを合わせて理解したことにするのではなく、知らないことを専門家や上記のマスコミに確認したらこんなことにならなかった。血筋です。どこに引っ越しても部落民は部落民。解同もそれをわかっている。この劣等感を解消したいから、「血筋ではない、土地差別ということにしろ」と行政にせまって、力で押さえられた行政が仕方なく「土地差別です」と本音と違うことを言っただけ。宮部さんはうわべだけを解釈しやすいようだ。これでもケガレとハレから根本的に見直さないのだろうか。
     ケガレを祓う影の存在に戻れという表現自体、2007年大河ドラマの中で効果的に使われている。本来のストーリー上の脚本に、この意味をうまくかぶせてどちらとも受け取れる手法でこの表現をしていた。確認しましたか?知らないことが自己理論に不都合なら見ないようにするのですか?それが人相手の研究家の正しい姿勢だろうか。間違いを素直に訂正できないプライドの高さがそうさせるのなら、人相手の研究をやめ、物相手の研究者になったほうがいい。
     法律ばかり守って人を無視する無神経なところがある。宮部さんは無自覚だから罪の意識がないのでタチが悪い。人の話を聞かず自己論理を法律に照らしてばかりだから解同に訴えられたのだ。情けないと思わないといけない。
     私はあなたに無視をされているのか。そのことに腹を立てている。私は解同のようなアホの存在に肩入れはしないが、あなたのように勘違いした人にも肩入れはしない。どっちも間違っているから裁判になったのだ。撮影許可をとってみて、住民の反応を知ることも研究の発見だったはず。なぜ断られるのかそこで知っていれば訴えられなっただろう。なんでも法律じゃない。法律を盾にするのは自分で責任をとらなくて済むことばかり考えていたからではないだろうか。プライバシーの侵害にあたるかあたらないかという法律ばかり見て、目の前の住民の気持ちを最初から見ていなかった。人として常識が足りなかったのだろうか。人の話や政府マスコミがすでに認めている「部落とは」を認めなさい。ひとりよがりもここまでいけば迷惑になる。ケガレとハレをマスコミに確認してでも正しく理解しなさい。部落民が何かが見えていないのに勝手に語るな。「部落とは」の動画は間違い。消してくれ。消さないと思うが。意地の張り合いやプライドの問題ではない。

    返信
    1. 萩原 篤志 さんへ

      示現舎への活動への批判は賛同します。

      さてあなたの部落の起源にについての考察には興味あります。
      あなたのブログなりあれば投稿しますので紹介ください。
      私のサワリ
      私は、部落の起源は仏教とヤマト王権誕生と天皇制にあると思っています。
      参考
      ヤマト王権は渡来人の倭人の連合体が築いた国家
      征服者と被征服者にに見る差別
      大化の改新‥渡来人派VS倭人はの権力闘争
      飛鳥の公用語は百済語・・松本清張他
      桓武天皇の聖母は百済のブネイ王の末裔・・続日本書紀
      貴賤の令  五色の賤

      いりいろありますね

      返信
      1. 萩原 篤志 さんへ

        その前にあなたに質問
        神道の穢れの概念って矛盾してませんか?
        例えば屠殺や皮革業は穢れるとみなされる職業は穢れとされてきましたが
        戦で人殺しをしていた武士は穢れているとみなされませんでした。おかしくないですか?
        また、魚類は良いのですか?爬虫類は?タヌキ?鼠?は

        次に
        『播磨国風土記』『和名類聚抄』でどのように感じましたか?

        示現舎では無理でしょうからーーーーー

        返信
  5. 示現舎チックな…

    職業の人が捕まりました。

    女性のスカート内を盗撮しようとし、カメラを差し入れたとして、兵庫県警甲子園署は13日、県迷惑防止条例違反の疑いで同県姫路市の皮革加工業手伝いの男(45)を現行犯逮捕した。男は「女性の下着に興味があった。盗撮しようとしたことは間違いない」と容疑を認めているという。

    返信
    1. 示現舎

      「示現舎チックな」 さんへ

      盗撮での検挙は全国で年間5000件を超えており、それと職業との関連性は無いのでチェックできません。

      また、この方が部落に住んでいても従来の当方の主張通り、何代前からか最近なのか、、、
      部落に住んでいるのかわかりませんので部落民と断定できません。

      よって、示現舎としては個々の事件については調査や取材はしません。

      返信
  6. 宮部氏の断末魔のような

    最近アップされた宮部氏のユーチューブ
    【解説】何度でも言う!部落差別は悪質デマ、プロパガンダ、妄想、願望なのである


    正直に対解放同盟や同和団体用の屁理屈と言うべし。
    たかが数%の人たちに対抗するために
    何処の団体にも所属していない部落民(含む部落出身者)を犠牲にしないでください。
    差別はあります。
    その差別を無くすために行政も頑張っています。
    宮部さんの活動は早々にやめて
    解放同盟や似非同和に特化した活動にしてください。

    返信
  7. 勘違いするなよ 宮部

    あなたの記事のコメントが多いのは
    コメント通りあなたへの批判が多いのです。
    反論も何もなく
    一方的にユーチューブで無知な人をあいてにデマを拡散する

    最近アップされた宮部氏のユーチューブ
    【解説】何度でも言う!部落差別は悪質デマ、プロパガンダ、妄想、願望なのである

    宮部は
    現実を知らない、取材をしない

    そんな奴は同和問題を語るなよ

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(293)埼玉県 狭山市 柏原 下宿

柏原(かしわばら)の部落は高杉晋吾『部落差別と冤罪』で、狭山事件に絡めて引き合いに出されている。狭山事件との接点と言えば、石川一雄氏の友人で一度逮捕されたものの釈放された東島明氏がこの地区の出身である。 なお、石川一雄氏 […]

学術・研究:部落探訪(292)熊本県 熊本市 南区 城南町隈庄 萱木

熊本では数多くの部落を探訪する準備をしてきたものの、いろいろあって気がついたら日没が近づいていた。最後の探訪先に選んだのが萱木(かやのき)である。ここを選んだ理由は、たまたま今いる場所から近かったからである。 地名で言え […]

学術・研究:部落探訪(291)熊本県 熊本市 南区 日吉2丁目 7, 14

熊本では時間が限られていたので、どの部落を探訪するのか迷った。その中で選んだのが、比較的規模の大きな未指定地区と推定される場所である。現在の熊本市 南区 日吉2丁目7番地、14番地で、昭和初期は100世帯あったとされる。 […]

学術・研究:部落探訪(290)熊本県 菊池郡 菊陽町 原水 馬場

『各墓地で憤りをあらわに「死んでも差別が」熊本県知事が部落視察』という記事が、2004年11月15日のウェブ版解放新聞に掲載されている。当時の潮谷義子熊本県知事が「部落の人びとは死んでまでも差別をうけるのか」と憤りをあら […]

学術・研究:部落探訪(289 後編)熊本県 熊本市 中央区 本荘・春竹

前回に続き、熊本最大の部落、本荘・春竹を探訪する。 食肉業者が集中し、部落のステレオタイプに合致する部落らしい部落なのだが、少なくとも現在は運動は盛んとは言い難い。むしろ、部落だの同和だのといったことは、既に終わったこと […]

学術・研究:部落探訪(289 前編)熊本県 熊本市 中央区 本荘・春竹

熊本県で最大かつ最も有名な部落と言えば本荘・春竹地区である。昭和初期の記録では本荘111戸、春竹307戸とされる。 2016年に日本テレビで「いのちいただくシゴト 〜元食肉解体作業員の誇りと痛み〜」というドキュメンタリー […]