慰安婦報道・植村隆の原点は早稲田奉仕園だった!

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

長年、左翼運動・市民運動の主要テーマだった「従軍慰安婦問題」。その最大の根拠となったのが作家、吉田清治(故人)による「吉田証言」。戦時中、旧日本軍が韓国・済州島で朝鮮人女性を拉致、強制連行したと自著『私の戦争犯罪』で述べた。慰安婦問題に取り組む活動家にとって吉田証言はいわばバイブルであり、多大な影響を与えてきた。

しかし90年代、同証言を報じた朝日新聞が2014年8月に過去記事を訂正、謝罪に至った。このため最近は関連シンポジウム、抗議デモもかつての勢いを失っている。どっちらけ気味、落日の慰安婦運動。しかし一方で1991年、朝鮮人従軍慰安婦を報じた朝日新聞の元記者・植村隆氏の闘いは続いている。そんな植村氏の過去を辿ると保守層から「反日の館」などと揶揄される早稲田奉仕園(新宿区西早稲田2-3-1)に行きつくのである。


すっかり慰安婦報道の代名詞的存在になった植村氏。しかし慰安婦報道をめぐっては彼に限ったことではない。過去記事を見れば活動家の言をそのまま垂れ流す記事は他紙でも多数、散見される。この点においてはやや気の毒な気もする。しかし植村隆=慰安婦報道になったのは以下の記事にある。

朝日新聞記者時代の1991年8月11日、12月25日に朝鮮人慰安婦とされるきむ学順はくすんの「女子挺身隊の名で戦場に連行された」という証言を記事にした。しかし金学順の証言に対して疑問が噴出。麗澤大学客員教授(現)の西岡力氏からは90年代から「捏造記者」と批判されてきた。そして2014年、週刊文春の取材に対して西岡氏が「捏造」とコメントしたことに対して、植村が名誉棄損裁判を起こしたのである。

そして1月31日、植村氏は参議院会館で弁護団らと裁判の報告集会を開催。支援者らを前にこんな話を始めた。

いよいよ今年は決戦の年です。今から40年前に早稲田奉仕園の寮に住んでいました。
実はここは聖なるエリアで、教会があって神社があってお寺があります。(寮の裏にある)穴八幡宮には一陽来復の4文字があって、私の今年の運命を占うというかスローガンと思っています。今年は一陽来復を合言葉にして暗い時代から明るい時代、私だけじゃなくて日本も。みなさんぜひお力をください。

穴八幡宮は植村氏の母校、早稲田大学付近にある。そしてこの穴八幡宮から徒歩3分程度の場所にに公益財団法人早稲田奉仕園がある。同氏にとってこの周辺はパワースポットというわけだ。さてこの早稲田奉仕園。キリスト教系の施設であり、敷地内には教会、学生寮「友愛学舎」、セミナーハウス、NGO団体が入っている。1908年に早大生のための寄宿舎として設立されたのがルーツだ。戦時中、運営困難になったため1942年に早大に譲渡されたが、1954年に大学側から土地・建物が全面返還された。現在は単なる寮だけではなく教育、社会事業、文化事業も関わっている。

もっともこれはタテマエ。実際のところは「女たちの戦争と平和資料館」など、慰安婦問題などの活動拠点になっている。こうした性質上、早稲田奉仕園は保守派から「西早稲田系」「反日の館」などと揶揄されることも。

慰安婦問題はもちろん朝鮮学校の無償化問題、死刑廃止集会、脱原発、沖縄基地問題をテーマとするシンポジウムを多数開催。また特徴的なのは在日コリアンの要求闘争の受け皿にもなっており施設内には

  • 在日韓国人問題研究所
  • 在日韓国基督総会全国青年協議会
  • 外国人学校・民族学校の制度的保障を実現するネットワーク
  • 戦時性暴力問題連絡協議会

こういった団体の事務局が入居している。

慰安婦報道の火付け役的な存在である植村氏と早稲田奉仕園。「早稲田奉仕園通信」(2009年11月20日)によれば植村氏が友愛学舎で韓国人留学生と交流を持ったことが語られている。現在でも熱心の支援者のようで「早稲田奉仕園通信」を見ると、寄付者欄にも名を連ねている。ある意味、慰安婦問題の火付け役に祭り上げられた植村氏の原点は早稲田奉仕園だったのである。なんでも「一陽来復」には「悪いことが続いた後、良いことが訪れる」という意味があるそうだが、早稲田奉仕園、穴八幡宮というパワースポットの力も受けて、「名誉回復」の年になるか!?

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

慰安婦報道・植村隆の原点は早稲田奉仕園だった!」への6件のフィードバック

  1. 斉藤ママ

    植村隆は嫁が在日なんですよね。
    アジア女性基金のおかげで反日が加速した感じがします。
    お金がある所には人が寄ってきます。
    ここには、法テラスの初代理事金平輝子がいたり、
    国連女子差別撤廃委員で痴漢〇罪を推進している林陽子がいるなど、怪しさ満杯。
    今、役所や警察でやっているDV講習会のテキスト作りにも関与しています。
    アジア女性基金が何に使われたのか、日本人あまり知らないです。
    調べて教えてください。

    返信
  2. 読んでられない劣悪な記事

    民族差別野郎がつまらないこと書いてないで、部落問題だけやっとれよ。

    返信
    1. 三品純 投稿作成者

      人権派の方から部落記事は書いても良いというお墨付きを頂きました。ありがたいことです。

      返信
    1. 通りすがり

      こんばんわ。
      結局、植村隆氏は高校生時代から成田管制塔占拠をした第四インターに傾注してた人物ですし
      極左に近いんだと思います。(ソースは早稲田雄弁会出身の潮匡人氏)

      返信
      1. 三品純 投稿作成者

        実態は分かりませんが、活動家肌の記者さんは割とセクト上がりの人が
        多いんじゃないですかね。

        返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(256)滋賀県 蒲生郡 日野町 豊田

蒲生郡日野町豊田は滋賀県の中でも有名な部落の1つである。最も環境が厳しかった一方で、環境改善事業が早い時期から行われ1991年11月に「環境改善事業完了祭」が行われ、同和対策の終結を目指すことを宣言した。 昭和初期の記録 […]

【CLP・BJの怪】立憲民主党 資金提供の ウラに潜む「物乞い ジャーナリズム」の哀れ

旧民主党以来のお家芸、ブーメランが立憲民主党に直撃! インターネット報道番組を配信する「Choose Life Project(CLP)」(共同代表・佐治洋、工藤剛史)の出演陣、エッセイスト・小島慶子氏、ジャーナリスト・ […]

【南海の 角栄】衆院小選挙区「10増10減」で 二階王国の 終焉!?

二階前幹事長が激怒! 1月10日、県内選出の国会議員を集めた和歌山放送ラジオの新春座談会で二階氏は衆院小選挙区「10増10減」に不快感を示した。「一票の格差」解消を理由に導入されるアダムズ方式によって浮上した「10増10 […]

学術・研究:部落探訪(255)滋賀県 東近江市 御園町

今回訪れたのは御園町。かつては薗畑という名前で、例のデータだと昭和初期には103戸の部落だった。近世は横井村と呼ばれ、明治初期の記録では156戸とあるから、明治以降から昭和初期にかけて世帯数が減った珍しい部落である。 さ […]

J・マーク・ラムザイヤー教授『アイデンティティ政治の 発明について:日本における 被差別部落民』②

On the Invention of Identity Politics: The Buraku Outcastes in Japanの日本語訳の続きを掲載する。前回はこちらを参照のこと。 今回は、近代の部落研究の成果 […]

【同和化する LGBT】「東京都同性 パートナーシップ制度」は “仕事をやってる感 ”まる出し!

東京都は来年度から同性の事実婚カップルも一般的な夫婦と同様にみなす「東京都同性パートナーシップ制度(仮称)」を導入する方針だ。12月8日のNHKニュースによれば昨年10月から当事者や都民などを対象にアンケート調査を実施し […]