ついに「部落地名総鑑」の原典が発見される

By 宮部 龍彦

1975年11月に発覚し、翌月12日の部落解放同盟の記者会見によりその存在が全国に発表された「人事極秘 特殊部落地名総鑑」。果たして部落地名総鑑とはどのような物だったのか。

筆者は長らくその謎を追求してきましたが、奇しくも部落地名総鑑事件から40年にあたる昨年12月、部落地名総鑑の原典である「全國部落調査」(1936年 財團法人中央融和事業協會作成)を発見し、電子化に成功しました。

そのデータは、同和地区研究サイト「同和地区Wiki」に掲載しています。

この件については近日「追跡! 部落地名総鑑」と題して特集しますので、ご期待ください。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

大川原有重 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ついに「部落地名総鑑」の原典が発見される」への15件のフィードバック

  1. .

    中央融和事業協会編『全国部落調査』(中央融和事業協会、1936年)と比較してみると、さらに部落研究が捗りそうですね。

    返信
  2. 復興大臣

    すごい資料が現存しているのですね。
    訂正依頼を1カ所。大阪府池田市は同和地区なしになっていますが、北F江がありますね。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      間違えてますね。なおしておきます。
      できればぜひ編集にご参加いただけると有り難いです。

      返信
  3. 匿名

    同和地区wiki大阪府箕面市の
    旧地名の芝は一般地区です。
    北芝(きたしば)の誤りです。(北が付きます)
    自治会は今でも北芝自治会、

    返信
  4. 毛人具夢洲目海山城

    この本は国民全員の財産
    ぜひ発行して多くの人が気軽に手に取れるようにしないといけない

    返信
  5. えた

    間違えて2回同じ文章を押して投稿してしまいました。
    どちらかは削除してください鳥取さん

    返信
  6. ピンバック: 新刊「全国部落調査」の予約注文を開始しました※中止 | 示現舎

  7. 名無し

    「森友学園問題」で森友学園が建設しようとしていた「大阪府豊中市野田10」の土地が、昭和40年頃から阪神大震災頃まで同和部落だったようです。航空写真が発掘されネットで見ましたら、長屋が国有地にびっしりひしめき合って建っていました。それで「部落」問題に興味を持ち、この豊中の部落でも立ち退き訴訟があったのか調べていてこちらのサイトに来ました。

    同和地区wikiをクリックすると「セキュリティに問題があります。すぐに閉じてください」と警告が表示されます。残念ながら名簿をみることができませんでした。改善をよろしくお願いいたします。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      野田の土地は、昭和23年の時点ではただの田んぼです。よって同和部落ではありません。ただのスラムです。
      同和地区Wikiは私にはどうにもなりません。

      返信

関連記事

【王将研究】大連撤退、稲森和夫、PCR検査…「王将人脈」にチラつく 同和と中国

餃子の王将、大東隆行社長銃殺事件の追跡取材。事件の一方で、王将周辺を探ると「中国人脈」が浮かび上がった。在大阪中華人民共和国総領事館と大阪市が共催する「中秋名月祭」実行委員長、王天佐氏がその一人。周辺情報によると王将が中 […]

学術・研究:部落探訪(293)埼玉県 狭山市 柏原 下宿

柏原(かしわばら)の部落は高杉晋吾『部落差別と冤罪』で、狭山事件に絡めて引き合いに出されている。狭山事件との接点と言えば、石川一雄氏の友人で一度逮捕されたものの釈放された東島明氏がこの地区の出身である。 なお、石川一雄氏 […]

星野ロミ出所後初YouTube出演 漫画村×破産者マップ 日本最凶サイト対談

去る11月12日、漫画村運営者星野ロミ氏と破産者マップ運営者遠藤有人氏のYouTube対談を公開しました。漫画村がどのように漫画を配信していたのか、またアフィリエイト会社等との関係を語っています。破産者マップは個人情報保 […]

先鋭化する 現代アート業界は 社会の 厄介者!?

政党、芸能界、学界、社会の広いシーンで「先鋭化」が進む昨今、美術界も例外ではない。作品に歴史認識問題、政治イデオロギーを込めるのは2019年、「あいちトリエンナーレ」が最たるもの。芸術家たちは自身の作品で平和や正義を説く […]

学術・研究:部落探訪(292)熊本県 熊本市 南区 城南町隈庄 萱木

熊本では数多くの部落を探訪する準備をしてきたものの、いろいろあって気がついたら日没が近づいていた。最後の探訪先に選んだのが萱木(かやのき)である。ここを選んだ理由は、たまたま今いる場所から近かったからである。 地名で言え […]