【速報】二階派・鶴保秘書「和歌山で感染した」と県に抗議!?

カテゴリー: 政治 | タグ: , , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

自民党二階派・門博文衆議院議員、鶴保庸介参議院議員の秘書が1月8日、和歌山市内の繁華街アロチのカラオケバー『DAY BREAK』で飲食し、クラスターを発生させていた。実はその場に鶴保事務所の第一秘書・S氏(男性)が東京から和歌山入りし同席。感染源はS氏というのが濃厚だ。和歌山県は1月21日の報道発表でもちろん匿名だがS氏感染ルートを示唆していた。ところが当の秘書氏、報告が不満と1月27日に同県庁に抗議し“修正 ”させていたというのだ。和歌山県と言えばご存知の通り「二階王国」。まさか側近議員秘書までそのご威光にあやかれるのか。

クラブ通いの自民議員が離党の中で

二階幹事長、鶴保・門両氏が揃い踏み(アイキャッチ画像ともに鶴保氏FBより)。

緊急事態下でクラブ通いをした公明党・遠山清彦前幹事長代理が1日に衆議員を辞職。その後、自民党・田野瀬太道文部科学副大臣、大塚高司国対副委員長、松本純元国家公安委員長の同席が発覚。3氏とも離党勧告を受け離党した。

もちろん行動自体は軽率だが、しかしクラスターを起こしたわけではない。ところが議員秘書が繁華街で飲食し、感染拡大させたのはどう処分されるべきか。

なにしろ地元では“秘書クラスター ”と揶揄されるこの一件。門・鶴保両議院の秘書が1月8日にカラオケバーで感染したのは先に報じた通り。ところが東京から来たS氏も同席し、12日に感染。そして21日、県は発症状況についてこう説明した。

360番関係ですが、365番関係から始まっています。感染経路としては、1月8日に東京からの陽性者を含めた365番関係者が来店され、そこで飲食やカラオケをしてうつり、その後、従業員にうつり、お客さんにうつっていった可能性が高い。こうしたことから、365番、365の1番、360番、360の1番、360の3番、360の4番、360の6番、360の7番の8名で、クラスターに認定いたします。

ここで言う365関係というのが前回、報じた門・鶴保両秘書。「東京からの陽性者」がS秘書だ。つまりS秘書が感染経路と目された。これが気に入らなかったのか1月27日に同県庁を訪れ、「和歌山で感染したんだ」と抗議したという。

抗議が相当な剣幕だったのか? あるいは鶴保議員、二階幹事長への忖度なのか、和歌山県が方針を変え釈明したのだ。1月29日の発生状況説明概要では

「DAY BREAK」のクラスターにおける感染経路についてですが、1月21日の会見において、「1月8日に、東京からの陽性者を含めた方々が来店され、飲食やカラオケを通じて、従業員や他のお客さんにうつっていった可能性が高い」と、その時点での調査結果をもとに説明をいたしましたが、その後の調査において、東京の陽性者の発症日が1月12日ということでしたので、他の来店者から感染が拡大したことは十分可能性が高いと考えられます。ただ、いずれにしても、私どもは犯人探しをするわけではありません。店内での飲食やカラオケを通じて感染拡大し、クラスターになることを注意喚起したいと思いますので、ご配慮をよろしくお願い申し上げます。

この通り「東京感染ルート」を訂正。文面からもどことなく“配慮感 ”が垣間見える。

秘書氏らが飲食した店の付近の貼り紙(地元提供)。

12日に発症して27日に和歌山に訪れるのは明らかにおかしい。本来ならば経過観察中のはずで外出は控えるべき。となると東京都の感染者管理、感染防止策も問題ということにならないか。

もちろん感染自体を責めるのではない。飲み会に、カラオケバーと政治家秘書でありながら不注意すぎるというものだ。

感染状況を管理する和歌山県知事室広報課総務報道班に確認してみたが、予想通り「個人のケースについて答えられません」との回答。

また鶴保議員事務所にS秘書について聞いてみると「現在、不在です。いつ戻るのか分かりません。本人に連絡があったことは伝えます」ということだ。

それにしても側近議員秘書がクラスターを起こしたとは二階幹事長も苦々しい思いだろう。銀座のクラブ通い議員には離党勧告したが、側近議員秘書の行動についてはどんな処分を下すのか見ものである。

鶴保議員の元事実婚のあの人も二階幹事長に接近とか。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【速報】二階派・鶴保秘書「和歌山で感染した」と県に抗議!?」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    門議員、1月9日~11日は、和歌山市に居たことが、Facebookで確認できる。
    8日のカラオケバーに、議員は居なかったのだろうか?

    返信
    1. 三品純 投稿作成者

      そこなんですよ
      ある店での情報はありますが確証を
      調べ中です。
      確証があればクラブ通いよりもたちが悪いから
      どう処分されるのか。

      返信

関連記事

国民・岸本周平(衆)が 和歌山県知事選出馬表明へ    二階王国再編の シナリオ

国民民主党幹事長代行の岸本周平衆議院議員(和歌山一区)は、今年12月に任期満了を迎える和歌山県知事選に出馬することが周辺への取材で判明した。岸本氏出馬の背景は仁坂県政に不満を持つ自民党同県連の思惑も見逃せない。また長らく […]

議員なりすましキセルで御用の立民岐阜県連顧問・山下八洲夫(元参)の“同和界隈”の過去

令和に蘇った旧社会党の亡霊? 旧民主党の残党? まさかこの名がニュースで浮上するとは…。岐阜県選挙区から衆議員議員、参議院議員を務め現在は立憲民衆党岐阜県連常任顧問の山下八洲夫元参議院議員が国会議員になりすまし東海道新幹 […]

【Youtube企画】「桜を観る会、行きました」 天野二三男氏 特別インタビュー(自由同和会編)

天野二三男氏と言えば、既に除名となってしまったが、以前は自由同和会神奈川県本部会長を務めていた。同和団体と言えば部落解放同盟が圧倒的に有名で、自由同和会は多くの人にとっては謎の多い団体なのではないだろうか。せっかくなので […]

【緊急告発】「お前、コラァ!」橿原市 維新議員が市長に 放った“ドン引き ”恫喝音声

奈良県第二の都市、橿原市。東に香久山、西に畝傍山、北に耳成山、『万葉集』でも歌われた大和三山、神武天皇を祀った橿原神宮―――。古(いにしえ)の風を今に留める古都だ。歴史ロマンの地の“ 代表”である市議会で橿原運動公園(雲 […]

沈む朝日に 灰色の虹“ 二階堂進孫” 朝日新聞記者と 経産官僚不倫は「令和の西山事件」

1971年、沖縄返還協定にからみ毎日新聞・西山太吉記者が既婚の外務省事務官を泥酔させた上で強引に肉体関係を結び、返還協定の機密情報を入手する。俗にいう「西山事件」。沖縄本土復帰「50周年」を迎える今年、「令和の西山事件」 […]

【東京都】小池知事と 活動家が ゴリ押しする パートナーシップ宣誓制度は “人権の専制 ”

行政とは狡猾で恐ろしい。「情報公開」は渋るが「個人情報」は異常に厳格で、「人権」「SDGs」といった分野については肝心な業務よりもやたらスピーディー、なおかつ住民の声に耳を傾ける訳でもないのに「特定団体」「特定人物」には […]