全国部落調査事件
第3回口頭弁論が行われました

By 鳥取ループ

12月12日14時に東京地裁103号法廷で全国部落調査事件が行われました。例によって傍聴は抽選でした。

今回は双方が5分ずつ概要を説明しました。


被告側(示現舎)の説明は次の通りです。

・原告の一部は自分は直接関係ないけど親戚が解放同盟関係人物一覧に掲載しているから当事者だと言った主張をしているが、そのような考えこそ血縁関係による差別である。
・原告らは復刻・全国部落調査の書籍が横浜地裁に提出されたことから、書籍が存在しないと被告らが嘘をついていると言うが、横浜地裁に提出したのはオンデマンド印刷物であって、単なるコピーと変わりがない。
・戸籍の不正取得が即座に部落差別と結びつくことはない。例えば2010年に家系図の制作業者が最高裁で逆転無罪になった事件があったが、あの事件では業者が戸籍謄本を不正取得していたが、記念品としての家系図の作成のためで、部落差別とは何の関係もなかった。
・被告宮部の戸籍謄本を証拠として提出したので、全国部落調査と照合して宮部「被差別部落出身者」かどうか調べて結果を答えて欲しい。答えられないのであれば、戸籍で部落民が分かるなどという根拠のない風評を広めているのは原告らである。
・原告らは被告らがアウティングをしていると言うが、被告らはむしろ部落の地名から部落民が分かるものではないと言っている。アウティングというのは、解放同盟がやっていた狭山同盟休校のようなことを言うのではないか。
・解放同盟の部落民認定はいい加減なものである。また、部落や同和地区を特定しなければ、同和行政に関わる事件の報道はできない。『同和の会長』殺人未遂事件がその実例である。

被告側提出書面

準備書面-H28-12-5.pdf

証拠説明書-H28-12-5.pdf

原告側(解放同盟)の説明は次の通りです。

・水平社からの当事者の努力で戸籍の閲覧が制限されるようになった。
・個人情報保護法に係る、金融庁のガイドラインで社会的身分はセンシティブ情報とされた。
・ツイッターで被告宮部は「でも、全国部落調査の発禁が解除されたら、今度は本格的にバンバン売って金儲けしますよ。それによってアホが憤怒して発狂することを含めて表現でありアートなので。別に押し売りするつもりはないので地名総鑑事件の糾弾ビジネスよりはるかに良心的です。」などと言っている。

そして、以下のツイートをA1サイズくらいの紙に印刷したプレートを掲げようとしましたが、もう証拠調べは終わったからということで裁判官にやんわりと止められていました。

原告側提出書面

原告-準備書面2-H28-12-12.pdf

片岡明幸陳述書.pdf

裁判終了後のネット放送を録画で視聴いただけます。

今後の裁判の日程ですが、2月17日までに被告側が書面を提出し、3月13日 14時に同じ法廷で口頭弁論が行われます。

原告側の要望は「被告側の主張は全て出し切ってください」とのことです。そして、原告側の書面の提出日は未定ですが、部落差別解消推進法にからめた主張をするとのことです。また、裁判官からは原告に対して当事者適格性の件について明確にする用に要望が出されました。原告は早く結審させたいようでしたが、いつ結審するかは未定です。

関連記事

全国部落調査事件
第3回口頭弁論が行われました
」への14件のフィードバック

  1. うんじゃらげ

    本当に「バンバン売って金儲け」などというツイートをする必要があったんですか? 裁判で不利になるだけではないですか。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      理屈の上では不利になることはありません。出版物は、あくまでその内容が判断の基準ですから。

      返信
  2. カミツレ茶

    そこがループさんのループさんたるゆえんじゃないでしょうか。
    そもそも差別でもなんでもないものをバンバン売って金儲けして何が悪いのか、という。

    片岡陳述書を読みましたが、俺が正しいんだから俺は正しいのだのオンパレードで、挙げる事例とやらに部落差別そのものはさっぱり出てこず、あるに決まってるからあるんだの繰り返しですよね。

    同和教育や啓発の成果が何であるかくらい書けばいいのにそこも誤魔化し、同和地区の特定と個人情報の関係も在日やアイヌなど地区でないものを曖昧に混ぜて誤魔化し、坪田の発言と重大な人権侵害とやらの関係も誤魔化し、都合の悪いことは反論するに値しないだの同和問題を理解できないだのと、よくもまあ事実を糊塗した作文ができるものだと、逆に感心しました。

    仮処分を無視するのは裁判所に対する挑戦だの、IMADR の国連NGO騒動の時には裁判所を利用するだけしておいてよく言うよ。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      >そもそも差別でもなんでもないものをバンバン売って金儲けして何が悪いのか、という
      その通りです。「もう売りません」と言わないと出版禁止が解除されないなら、裁判の意味なんてないですよ。
      バンバン売るために出版禁止を解除させるのです。
      売って何が悪いのか分かりません。村上春樹が小説を売って儲けたら、村上春樹の作品は文学ではないということになるんでしょうか。

      片岡陳述書のもう1つのポイントは、中津の件にはかみついておきながら、舟場が同和地区指定されなかった理由についてスルーしていることです。
      舟場の住民に解放同盟に対する反発があったから地区指定されなかったということが、よほど都合が悪いんでしょうね。

      返信
      1. 匿名

        話は脱線するけど、御社から出版される本は、解放出版社などから出される本よりも、比較にならないくらい料金設定が良心的で、電子版ならもっと安いので、飛ぶように売れても、解放同盟が言うほどは金もうけにならないと思うが・・・・。むしろ、解放同盟こそ、本を売って、差別で稼いでいるではないか。

        返信
        1. 鳥取ループ 投稿作成者

          一応、赤字にならないようにはしています。何とか印刷費用をケチって、いずれヒット作が出るのを夢見ているのが実情です。

          返信
          1. 匿名

            『同和の会長』殺人未遂事件は予約した。
            来月発売の、全国部落解放協議会の本も予約する。
            同和と在日も全巻揃えています。

            これからも楽しい本を待っています。

          2. 鳥取ループ 投稿作成者

            ありがとうございます。皆様のご期待に沿えるような本を作れるように努力して参ります。

  3. 差別云々以外の所でちょっと気になったことが…
    原告準備書面の中の「原告解放同盟が把握している差別事象について」の「(6)行政窓口に対する問い合わせ」項目で、「行政窓口から原告解放同盟に対して報告などがあり」となってるけど、これって守秘義務違反じゃないの?。
    この文章を読む限り役所が一民間団体に情報漏えいしてるだけにしか見えないんだけど。
    これが事実なら公務員の守秘義務違反は親告罪じゃないから普通に刑事事件でしょ。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      守秘義務違反というのは、かなりいい加減なもので、市町村長が「秘密ではないんだ」と言い張れば守秘義務違反になりませんし、
      大したことでなくても「秘密だ」と言い張れば守秘義務違反になってしまったりします。
      滋賀県の愛荘町と東近江市は問い合わせした人の個人名や生活保護を受けていたことまで解放同盟に漏らしていましたが、それを指摘しても無視でした。
      それから、取材者の立場としては、情報管理にルーズな方がありがたいので、もうとやかく言わないことにしています。

      返信
  4. 匿名

    おつかれさまでした。
    東京地裁傍聴致しました。
    「この日の傍聴券配布の列に小学生位の
    子供が3名ほど親と一緒におりました」
    子供まで動員する解放同盟の慣習を見た気になりました。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      傍聴にお越しいただきありがとうございます。
      全般に年寄りが多いとは思っていましたが、
      子供がいたのには気が付きませんでした。
      差し障りなければ、次回は日比谷公園かもめの広場にお越し頂ければと思います。

      返信
  5. 某傍聴人

    3回目の口頭弁論を傍聴。裁判官から原告に対して当事者適格性の件について明確にする用に要望が出された際、あれだけ滔々と主張していた原告弁護士が口ごもったのを見逃しませんでした。次回どんな説明があるか楽しみですな。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      俺は部落民だ、という事以外に何も拠り所がない人もいますからね。どう説明するのでしょう。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。