学術・研究:部落探訪(281 前編)京都府 八幡市 八幡 六区

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

今回は八幡市の「六区」という部落を訪れた。この部落は規模が大きく、見所も多いので、前編後編に分けて紹介する。

前編で訪れたのは部落の南側、京阪国道から分かれる道にスクラップ業者が集中している、通称「ポンコツ街道」である。

八幡市の部落の本来の場所は八幡軸、八幡長田の辺りである。複数の地名にまたがっているが「第六区」が部落の呼称で、八幡六区は地元解放同盟の支部名にもなっている。

昭和初期は310世帯あったとされるが、今は明らかに1000世帯を超えている。

おそらく全般には労働型部落であったと考えられる。なお、写真はラ・ムー付近の公営住宅と集会所である。

しかし、この部落の南、昔は田畑が広がっていた辺りは、今では違う様相を見せている。

部落の中でも昔からの小作人は農地解放で土地を得た。1970年前後、ここに道路ができ、道路両側の田畑だった広い土地を利用して自動車のスクラップで商売をする者が出始めた。

まさにモータリゼーションが急速に進んだ時期なので、農業をやるよりもずっと儲かったのだろう。付近に土地を持つ農家は次々と真似をし始めて。ほどなく、辺りは廃車となった自動車だらけになった。

今ほど自動車が電子化されておらず、自前での修理も当たり前だった時代、この通りは自動車の修理や改造に使う中古パーツを求める人で賑わった。そのため、「ポンコツ街道」と呼ばれるようになった。

スクラップ業者の屋号は「イワオ」が多い。これは、この部落に多い苗字を反映している。会社の名前、経営者の名前は、同じイワオでも巌、巖、嵓、IWAOとバリエーションは様々である。

なお、巌一族と誤解されることがあるが、単に地縁で同じ苗字を名乗っただけであって、親戚関係にあるというわけではない。

ポンコツ街道の名物と言えば、店に置かれた廃車から客が必要な部品をもぎ取って買い取るスタイルである。

しかし、その買い方ができる店は限られているようで、もぎ取りができると誤解している客向けなのか、部品の販売はしていないと書かれた表示があちこちにあった。

「ポンコツ街道」は昔はもっと道が狭く、しかも道の両側にまでスクラップがはみ出し、ここに放置すれば処理されるだろうと、勝手に廃車を投棄する者も多かったという。

今でも側道に置かれた自動車が若干見られるが、カオスだった昔よりは、はるかに整然とした状態になった。

中古車以外のリサイクルに転換する業者もある。ここは、再生燃料を扱ってるようだ。

なぜか電車まで置かれている。

それでも、巖ブランドは健在である。周辺の住民はもちろん、自動車の改造が趣味な人や、自動車修理業者にとっては身近な存在なのではないだろうか。

このリサイクルマークのデザインは、なかなか秀逸なのではないだろうか?

(次回に続く)

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(281 前編)京都府 八幡市 八幡 六区」への34件のフィードバック

  1. 匿名

    うわ〜懐かしい。
    関西では車が壊れたら「八幡へ行け」が合言葉みたいになっていました。ドア1枚、ミラー1つみたいな感じで探しに行く人が多かったです。
    部落であることは誰もが知っていましたが周りでどうこう言う人はいなかったなぁ。
    ラ・ムーは場所によっては建設反対運動が起こることがあるらしいがここはすんなり建てれたのかな。

    返信
    1. 匿名

      匿名 2022年8月3日 9:11 AMさん

      君すごいわーーーー

      この記事掲載されてすぐ投稿ですね

      すごい眼力

      感心するわ

      ワハハ

      返信
  2. 匿名

    宮部さん次回訪問よろしくお願いします

    鳥取市下味野
    あなたが、「少なくとも男系の先祖は3代前まで全国部落調査に掲載された下味野の出身である。」
    というところです。

    よくご存じでしょうから、ことこまやかに勉強させてください。

    返信
    1. 匿名

      それさ、笑うね
      >「少なくとも男系の先祖は3代前まで全国部落調査に掲載された下味野の出身である。」

      宮部の父は二代前までしか遡れないと言うことかねーーー
           ワハハ

      返信
      1. 匿名

        そうですね
        宮部さんの父は二代前までしか遡れないと言うことになりますね。
        宮部さんが幼少のころ居たであろうお爺さんは先祖をまったく辿れないと言うことになります。

        そんなことは無いでしょう
        宮部さんが調べようとしないか、隠したいのでしょうか?

        いずれにせよ、宮部氏は自分の故郷である下味野を探訪して明らかにしたほうが良いかもしれません。

        自分の故郷だけ訪問しない理由はなんだろう?

        返信
        1. 匿名

          (宮部が)自分の故郷だけ訪問しない理由はなんだろう?

          たぶん迷惑がかかるからでしょう
          ウン?

          すると他の部落は迷惑をかけてもいい???
          それとも隠してることある???

          宮部さん
          やっぱあんたズルイよ

          返信
  3. 匿名

    後半かな野中広務がでてくるのは?
    地元しかわからない情報あるのですが、、
    宮部さん後半でよろしく

    返信
    1. 匿名

      八幡市職労現業評議会の
      ネットでは探せない裏情報も
      宮部さん後半でよろしく

      返信
  4. さくぞう

    いつも楽しみに拝見しております。
    近江八幡の探索は一段落でしょうか?
    先日たまたま通った国道421号線の東近江市との境界の近江鉄道平田駅の北側に広大なニコイチ見つけたのですが、地区ではないでしょうか?武佐町?末広町?とかいう町名でした。
    良ければまた訪ねて下さい。

    返信
    1. さくぞうさんへ

      さくぞうさん
      この記事のどこがどのように勉強になりましたか?
      筆者の励みとか今後の訪問の役に立つと思いますので披露ください。

      返信
        1. 匿名

          載せない方も良い投稿をする宮部
          さて
          宮部よ八幡町第六区農業協同組合との関係は知ってますかな?

          返信
          1. 匿名

            君すごいね
            >八幡町第六区農業協同組合
            ですか

            筆者は
            >「第六区」が部落の呼称<
            と言っているので

            この農協は興味がありますね
            たぶん後編で触れられるでしょう。
            こりゃあ 見ものだ

  5. 宮部さん辞めてよ

    鉄スクラップ(鋼スクラップ)価格は下がってますよ

    録画でいい加減な事を流すんじゃないですよ

    いつものことですが、、、、

    返信
    1. 匿名

      鉄のスクラップ価格

      関西地区(トンあたり)
      2022年7月  41,000~42,500円
      2021年8月  49,500~50,500円

      です。ここのところさがってますよ。
      長いレンジで見れば上がっていますが、、、、
      とくひつすべきことじゃないですよ、、

      また当然 売値が高けりゃ、買値も高いですよーーーー
      昔から鉄を倉庫にいっぱい持ってて、倉庫代がかからない人は儲かったでしょがね・・・

      流通の視点が宮部さんには皆無

      トホホ

      返信
        1. 匿名

          あんたが興味がないんだろ、それを
          >誰も・・なんて、

          さもみんなが興味が無いように言うのは???
          私は興味あるね?この部落の産業が今潤ってるか潤ってないか。

          返信
          1. 匿名

            俺も興味あるな
            宮部の知ったかぶりだけどさ
            宮部の馬鹿キャラが好きだなWW

  6. 匿名

    116明日天気になあれ (ニククエ a9b1-Yn6i)2022/03/29(火) 20:05:07.08ID:no4/M7sC0NIKU
    横道にそれてスイマセン

    鳥取ループの話でしたね
    彼らは「結婚差別は無い」と断言しています。
    「私がそれは憶測の何物でもない。実際私の知人でもいますし、お会いさせましょうか」
    これもループはなしのつぶて
    「アンケートを取られたらいかがでしょう?部落民以外の方へ。
    あなたの子供が部落の人と結婚したいと言ってきたらどうしますか。
    1,まったく気にしない
    2,気になるが仕方がない
    3,反対するがその後を見て
    4,絶対反対
                                    」

    と提案してもなしのつぶて

    ループのやっていることは同和を利用した金儲けですよ。

    返信
  7. 匿名

    久しぶりです
    相変わらずですね
    宮部さんに期待してもダメですよ
    昔の記述を引っ張り出してきたりしてるだけ
    訪問と言っても、深く探求しようとしない。
    数多くの人と会い取材すれば良いがそれもしない。

    利己的な頭の中で同和を語ってるだけ。
    こんなの信用できないね。

    たいした訪問でも無いし、嫌がられてるし、辞めたらいいのに

    相変わらず匿名コメントのほうが勉強になる
    正しい情報はコメントにある
    皆さんご苦労様です。
    宮部さん間違った情報は大小を問わずバンバン指摘してください。楽しみにしています。

    宮部氏の嘘が拡散するのを防ぐためでもあります。

    返信
  8. 宮部さん?

    >「第六区」が部落の呼称

    六区の中に部落があるが正解では?

    良く調べてください。

    また
    >昭和初期は310世帯あったとされるが、今は明らかに1000世帯を超えている。

    ですが
    六区を指していますか?部落を指していますか?

    返信
    1. 匿名

      〇 六区の中に部落がある
      これは正解です

      ?世帯数について、
      これは出所を筆者が示さないわからない。310世帯はほぼあってると思うが、、1000世帯?

      返信
  9. 匿名

    近江八幡の八幡町を差し置いて六区ですか。
    それはないでしょう。イワちゃんも怒るかも。

    返信
  10. 匿名

    宮部のアンチ解同はわかるけど

    解同の組織員なんて僅かだろ

    地名公表なんて解同以外の部落民にとっても
    迷惑なんだろ 

    ガキでもわかるよ
    「人が迷惑がることするな!」

    返信
    1. 匿名

      部落民にとって迷惑かどうか知りません。
      でも自分は楽しく見てます。
      部落の街並みがわかって面白いじゃないですか。
      私のような人が圧倒的多数でしょう。
      難しく考えるのはやめましょうよ。

      返信
      1. 匿名

        まあ 野次馬根性でこういう示現舎の記事は読めばいい。
        彼らだって、何も訪問は正義だと思ってないし、嫌われてるのは百も承知。

        裁判になってるが
        別に読者が責任散る必要ないし、示現舎の責任だなんだから

        三流記事なんて嘘が多いのは当たり前、楽しんで読んでりゃいいだけ。

        返信
        1. 匿名

          追記
          宮部を一流のジャーナリストと思うから腹が立つのではないのかな。
          三流だと思えば、腹も立たないし可愛いもんだよ。

          返信
  11. 無知宮部

    宮部ヨーー

    御前の無知をさらけ出したり、間違いやウソを拡散させる部落探訪はもうヤメにしたら。

    ここんとこ随分お前の無知を指摘されてるよ

    返信
  12. 萩原 篤志

     素朴な疑問。
     動画にアップするのはカネ儲けによる生活のためか?
     視聴者が宮部さんに動画紹介を頼んだのか?
     もし、頼まれてもいないのに動画撮影をするのなら誰のためにやっているかだ。教え広めたいだけなら示現舎の記事に載せるだけでいいはず。
     知らず知らず、無意識のうちに、生活のためにお金が必要だからやっている側面が出てきていないだろうか。同和をネタに金儲けというのが、たとえ悪意がなくても、悪く受け取られてしまうだろう。素朴な疑問だが、記事だけじゃなく動画にした理由はいくつかあるのでは?
     同和をネタに生活するのなら、撮影許可をもらわないと。法律に違反してるかどうかじゃなく、常識や礼儀としてだ。法律に反していなかったら何をしてもいいわけではない。解同が出てくるまで他の誰も自分を訴えにこなかったから、宮部さんが正しかったというのもおかしい。宮部さんも私も「部落差別を受けたことのない例外的な同和」に過ぎない。差別の怖さを知っている解同や他の団体や住民は、必死に正体だけは隠す。今でもだ。隠したいから宮部さんに直接「撮影するな」と言いたくても姿を見せたくなくて黙ったままという場合が考えられる。どこの文献にも資料にも載っていない部落民の心情だ。理屈でわかる問題ではない。
     私は実践でたまたま深く知ることができた。その私を病気扱いとは恐れ入る。処方とか病気とか、見下した片づけ方は良くない。あなたを中心に同和問題が回っているのではない。あなたの理論に賛同してくれる人にだけ「いいね」をしていても、視野は狭いままだろう、研究者としていかがなものか・・。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(281 後編)京都府 八幡市 八幡 六区

前回訪れたポンコツ街道は部落内ではなく、部落の南外れの、もともと田畑だった場所である。 昔から部落があった場所は、現在の八幡軸、八幡長田周辺の複数の小字にまたがる範囲で、昔の航空写真から、ここに住宅が密集していたことが確 […]

学術・研究:部落探訪(280)滋賀県 野洲市 小篠原 和田

野洲市小篠原と言えば、野洲駅と市役所ががある、野洲市の中心街だが、その地域の和田という地区が部落である。明治初期は10戸、昭和初期は51戸。1996年頃は205戸であった。 もとは低湿地帯の小さな村であったが、市街化地域 […]

学術・研究:部落探訪(279)滋賀県 近江八幡市 若宮町

近江八幡市若宮町は滋賀県内でも異色の部落である。中小森3部落の中では最大規模であるが、同和地区指定がされていない。その経緯は10年以上前の記事「同和地区指定を拒否した全国水平社初代委員長の故郷」に書いたので、ぜひ読んでい […]

学術・研究:部落探訪(278)滋賀県 近江八幡市 池田本町 住吉

中小森3部落のもう1つを探訪する前に池田本町住吉に立ち寄った。中小森に近いが、ここはかつての池田村であり、中小森3部落には含まれない。江戸時代は木原村、その後池田村枝郷西村となり、桐原村の一部となった後1954年に近江八 […]

学術・研究:部落探訪(277)滋賀県 近江八幡市 大森町

『近江八幡の部落史 くらしとしごと』によれば、かつての村名は「細工(さいく)」で、文字通り竹細工を作っていた。しかし、竹細工が村名の由来であるとは断定できず、地元の寺から「西久」と書かれた紙が出てきたというので、途中で漢 […]

学術・研究:部落探訪(276)滋賀県 近江八幡市 堀上町

ぜひ探訪して欲しいとリクエストがあったので、中小森(なかこもり)3部落を探訪することにした。ここは『滋賀の部落』では中小森村枝郷三部落として紹介されており、中小森には日吉村、赤尾、白鳥という一般地区があり、細工(さいく) […]